下院情報特別委員会覚書についての連邦捜査局声明

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

Washington, D.C.
FBI National Press Office
(202) 324-3691


January 31, 2018

HPSCI覚書についてのFBI声明

FBIはFISA法廷に対する義務と司法省とFBIの専門家が監督する手続きの遵守に真剣に取り組んでいます。我々は、FISA手続きの継続的な完全性を確保するため適切な監督機関と協力しています。

下院情報特別委員会の覚書については、委員会がそれを公表することの採決を取った前日にFBIは文書をレビューする限られた機会が与えられました。 我々の当初のレビューの中で表明しましたように、我々は覚書の正確さに根本的な影響を与える事実の重要な省略について重大な懸念を抱いています。

この文書は翻訳文であり、原文から独立した著作物としての地位を有します。翻訳文のためのライセンスは、この版のみに適用されます。
原文:

この文書は、アメリカ合衆国においては、同国の著作権法に基づき、同国の連邦政府と雇用関係にある公務員がその職務上作成したアメリカ合衆国政府の著作物17 U. S. C. §105参考和訳))に該当するため、パブリックドメインの状態にあります。また、日本国においては、同国の著作権法13条に規定するもの(憲法その他の法令、通達、判決など)に該当するアメリカ合衆国政府の著作物のみに限り、パブリックドメインの状態にあると解されます。それ以外の国では、当該国の著作権法に基づいて、著作権の対象であるか否かが判断されます。


注意: これは、アメリカ合衆国政府の著作物についてのみ効力を有します。アメリカ合衆国の各、その他の地方自治体が作成した著作物に対しては適用できません。また、日本国著作権法13条に規定するものに該当しないアメリカ合衆国政府の著作物の場合、日本国内において著作権が発生しているものとして扱われることになると解されるため、この著作権タグのみでは著作権ポリシーの要件を満たすことができません。その場合は、日本国の著作権上パブリックドメインの状態にある著作物、またはCC BY-SA 3.0及びGDFLに適合しているライセンスのもとに公表している著作物のいずれかであることを提示するテンプレートを追加してください。
翻訳文:

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。