三童兒の歌

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

三童兒の歌[編集]

   これは普通、ダニエル書三章二十三節『三人は縛られたるままにて燃る爐の中に落いりぬ』の次に入るべきものと見らる。

1 かれらかみめ、しゆしゆくしつつ、なかあゆめり。
2 そのとき、アザリヤちて、つぎごとくにいのれり。かれ、ほのほたゞなかにてくちひらき、いひけるは、
3 『むべきかな、われらがせんぞたちのかみなるしゆよ、なんぢみなとこしへたゝへられ、あがめらるるにふさはしきなり。
4 そはわれらにたまへるすべてのことおいて、なんぢたゞしきにましませばなり。に、なんぢのすべてのみわさまことにして、なんぢみちたゞしく、なんぢのすべてのさばきなほし。
5 なんぢわれらのうへもたらたまひしすべてのことおいて、またわれらがせんぞきよみやこエルサレムにたいし、なんぢたゞしきさばきおこなたまへり。そはたゞしきさばきとにしたがひて、われらのつみゆゑなんぢこれらのすべてのことを、われらのうへにもたらしたまへるなり。
6 われつみをかし、ふはふし、なんぢよりはなれたり。
7 すべてのことおいわれつみをかし、なんぢいましめしたがはず、またこれまもらず、またこれまもらばあんぜんならんとわれらにめいたまひしことをなさざりき。
8 ゆゑわれらにもたらたまひしすべてのこと、またわれらにたまひしことはみな、ただなんぢたゞしきさばきによりてたまひしなり。
9 しかしてなんぢわれらふはふなるてきもつといとふべきはいけうしや、またひだうなるわうたぐひなきざんぎやくしやわたたまへり。
10 われらはいまや、くちひらきてかたりえぬものとなれり。われらはなんぢしもべら、またなんぢをがものはづかしめ、まためらるるものとなりたり。
11 されどみなゆゑによりて、われらをまつたたまなかれ、またなんぢみちかひとりけたまなかれ。
12 なんぢあいたまふアブラハム、なんぢしもべイサク、またなんぢせいなるイスラエルのゆゑによりて、なんぢあはれみわれらよりたまなかれ。
13 なんぢかれらにかたりてやくたまへり、そらほしごとく、またはままさごごとく、かれらのすゑふやさんと。
14 そは、しゆよ、われらはいづこたみよりもかずすくなくなり、われらがつみゆゑに、こんにちぜんせかいりてながらふなり。
15 ときあたりて、われらにはきみなく、よげんしやなく、しだうしやなく、まためぐみんとてなんぢみまへさゝぐべきはんさいいけにへそなへものくんかう、などをくべきばしよもあらざるなり。
16 さりながら、われらにくだけたるこゝろへりくだれいとをあたへて、うけいれらるるものとなしたまへ。
17 をひつじをうしとをもてするはんさいごとく、またいくまんえたるこひつじをもてするごとく、こんにちわれらをいけにへとしてみまへさゝげしめたまへ。またわれらをゆるしてまつたなんぢしたがはしめたまへ。そはなんぢよりたのものはづかしめらるることなかるべければなり。
18 いまわれぜんしんをもてなんぢしたがひ、なんぢおそれ、なんぢみかほあふもとめん。
19 われらをはづかしめたまなかれ、われらをなんぢいつくしみなんぢみめぐみおほきによりてあしらいたまへ。
20 しゆよ、なんぢおどろくべきみわざによりてわれらをすくひいだし、なんぢみなえいくわうせしめたまへ。しかしてすべてなんぢしもべらをそこなものはづかしめたまへ。
21 かれらをそのすべてのちからけんゐとにつまづかしめ、かれらのいきほひうちやぶな[た]まへ。 22 しかしてかれらになんぢこそしゆにましまして、ゆゐいつなるかみ、そのえいくわうぜんちあまねきことをらしめたまへ。」
23 こゝかれらをれたるわうしもべらは、きのやにちやんあさくづききれなどをもてさますことなからしめたり。
24 かくてよりほとばしづるくわえんながれてんちうすること四十九キユビトにたつし、
25 ほのほちかづきたるカルデヤびとつくせり。
26 されどしゆみつかいくだりて、なかてるアザリヤおよびそのともがらともり、ほのほそとうちしりぞけぬ。
27 かくてたゞなかうるほひたるそよかぜところくわしたり。ゆゑつひかれらにるるあたはず、またかれらをそこなふことも、なやますこともあたはざりき。
28 ときにんものいくどうおんに、なかいまたまかみさんびし、これにえいくわうし、しゆくふくしてへり。
29 むべきかな、しゆよ、われらのせんぞたちのかみよ。なんぢすべてのものにまさりて、よゝうたあがめられたま
30 むべきかな、なんぢえいくわうあるきよみな、すべてのものにまさりて、よゝうたいあがめらるるなり。
31 むべきかな、なんぢは、そのせいなるえいくわうみやにてよゝうたいあがめられたまふ。
32 むべきかな、ふかふち、ケルビムのうへたまものよ、すべてのものにまさりて、よゝうたひあがめられたまふ。
33 むべきかな、なんぢみくにえいくわうあるわうぎたまものよ、すべてのものにまさりて、よゝうたいあがめられたまふ。
34 むべきかな、てんあをぞらにいましたまものよ、すべてのものにまさりて、よゝうたいあがめられたまふ。
35 しゆばんもつよ、しゆいはひ、よゝうたひあがめまつれ。
36 もろもろのてんよ、しゆいはひ、よゝうたひあがめまつれ。
37 しゆみつかひよ、しゆいはひ、よゝうたひあがめまつれ。
38 そらうへみづよ、しゆいはひ、よゝうたひあがめまつれ。
39 しゆばんぐんよ、しゆいはひ、よゝうたひあがめまつれ。
40 つきよ、しゆいはひ、よゝうたひあがめまつれ。
41 そらほしよ、しゆいはひ、よゝうたひあがめまつれ。
42 あめつゆよ、しゆいはひ、よゝうたひあがめまつれ
43 かぜよ、しゆいはひ、よゝうたひあがめまつれ。
44 ねつよ、しゆいはひ、よゝうたひあがめまつれ。
[45及び46なし]
47 よるひるよ、しゆいはひ、よゝうたひあがあまつれ。
48 あかきくらきよ、しゆいはひ、よゝうたひあがめまつれ。
49 あられさむさよ、しゆいはひ、よゝうたひあがめまつれ。
50 こほりゆきよ、しゆいはひ、よゝうたひあがめまつれ。
51 いなづまくもよ、しゆいはひ、よゝうたひあがめまつれ。
52 よ、しゆいはひ、よゝうたひあがめまつれ。
53 やまをかよ、しゆいはひ、よゝうたひあがめまつれ。
54 ふるすべてのさうもくよ、しゆいはひ、よゝうたひあがめまつれ。
56 うみかはよ、しゆいはひ、よゝうたひあがめまつれ。
[55と56とは位置を顚倒す]
55 いつみよ、しゆいはひ、よゝうたひあがめまつれ。
57 くじらすべみづおよものよ、しゆいはひ、よゝうたひあがめまつれ。
58 そらとりよ、しゆいはひ、よゝうたひあがめまつれ。
59 やじうかちぐよ、しゆいはひ、よゝうたひあがめまつれ。
60 ひとよ、みなしゆいはひ、よゝうたひあがめまつれ。
61 イスラエルよ、しゆいはひ、よゝうたひあがめまつれ。
62 しゆさいしよ、しゆいはひ、よゝうたひあがめまつれ。
63 しゆしもべよ、しゆいはひ、よゝうたひあがめまつれ。
64 ぎじんたましひよ、しゆいはひ、よゝうたひあがめまつれ。
65 こゝろきよくへりくだものよ、しゆいはひ、よゝうたひあがめまつれ。
66 ハナニヤとアザリヤとミシヤエルよ、しゆいはひ、よゝうたいあがめまつれ。そはしゆわれらをよみよりすくひ、よりたすいだし、もゆほのほたゞなかよりすくいだたまひたればなり。
67 しゆかんしやせよ、しゆめぐみふかく、そのあはれみよゝゆることなければなり。
68 すべてしゆをがものよ、かみ〳〵かみいはひ、めたたへ、かんしやせよ、そのあはれみとこしへゆることなければなり。