三童兒の歌

提供: Wikisource
移動: 案内検索
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇
  • 註: この文書ではルビが使用されています。ここでは「単語ルビ」の形で再現しています。ルビが正しく見えない場合は、{{Ruby}}の解説に従ってCSSを設定してください。

三童兒の歌[編集]

   これは普通、ダニエル書三章二十三節『三人は縛られたるままにて燃る爐の中に落いりぬ』の次に入るべきものと見らる。

1 彼等かれらかみめ、しゆしゆくしつつ、なかあゆめり。
2 そのとき、アザリヤちて、つぎごとくにいのれり。かれ、ほのほ直中たゞなかにてくちひらき、いひけるは、
3 『むべきかな、われらが先祖せんぞたちのかみなるしゆよ、なんぢ御名みな永遠とこしへたゝへられ、あがめらるるに相應ふさはしきなり。
4 そはわれらにたまへるすべてのことおいて、なんぢ正義たゞしきにましませばなり。に、なんぢのすべての御業みわさ眞實まことにして、なんぢみちたゞしく、なんぢのすべての審判さばきなほし。
5 なんぢわれらのうへもたらたまひしすべてのことおいて、またわれらが先祖せんぞきよみやこエルサレムにたいし、なんぢたゞしき審判さばきおこなたまへり。そは正義たゞしき審判さばきとにしたがひて、われらのつみゆゑなんぢこれらのすべてのことを、われらのうへにもたらしたまへるなり。
6 われつみをかし、不法ふはふし、なんぢよりはなれたり。
7 すべてのことおいわれつみをかし、なんぢいましめしたがはず、またこれまもらず、またこれまもらば安全あんぜんならんとわれらにめいたまひしことをなさざりき。
8 ゆゑわれらにもたらたまひしすべてのこと、またわれらにたまひしことはみな、ただなんぢたゞしき審判さばきによりてたまひしなり。
9 しかしてなんぢ我等われら不法ふはふなるてきもつといとふべき背教者はいけうしや、また非道ひだうなるわうたぐひなき殘虐者ざんぎやくしやわたたまへり。
10 われらはいまや、くちひらきてかたりえぬものとなれり。われらはなんぢしもべら、またなんぢをがもの恥辱はづかしめ、まためらるるものとなりたり。
11 されど御名みなゆゑによりて、われらをまつたたまなかれ、またなんぢ御誓約みちかひ取消とりけたまなかれ。
12 なんぢあいたまふアブラハム、なんぢしもべイサク、またなんぢせいなるイスラエルのゆゑによりて、なんぢ憐愍あはれみわれらよりたまなかれ。
13 なんぢかれらにかたりてやくたまへり、そらほしごとく、またはま眞砂まさごごとく、かれらのすゑふやさんと。
14 そは、しゆよ、われらは何處いづこたみよりもかずすくなくなり、われらがつみゆゑに、今日こんにち全世界ぜんせかいりてながらふなり。
15 ときあたりて、われらには君王きみなく、預言者よげんしやなく、指導者しだうしやなく、また恩惠めぐみんとてなんぢ御前みまへさゝぐべき燔祭はんさい犠牲いけにへ供物そなへもの薰香くんかう、などをくべき場所ばしよもあらざるなり。
16 さりながら、われらにくだけたるこゝろ謙遜へりくだれいとをあたへて、受納うけいれらるるものとなしたまへ。
17 牡羊をひつじ牡牛をうしとをもてする燔祭はんさいごとく、また幾萬いくまんえたるこひつじをもてするごとく、今日こんにちわれらを犠牲いけにへとして御前みまへさゝげしめたまへ。またわれらをゆるしてまつたなんぢしたがはしめたまへ。そはなんぢ信頼よりたのものはづかしめらるることなかるべければなり。
18 いまわれ全心ぜんしんをもてなんぢしたがひ、なんぢおそれ、なんぢ御顏みかほあふもとめん。
19 われらをはづかしめたまなかれ、われらをなんぢ慈愛いつくしみなんぢ恩惠みめぐみおほきによりてあしらいたまへ。
20 しゆよ、なんぢおどろくべきみわざによりてわれらを救出すくひいだし、なんぢ御名みな榮光えいくわうせしめたまへ。しかしてすべてなんぢしもべらをそこなものはづかしめたまへ。
21 かれらをそのすべての能力ちから權威けんゐとにつまづかしめ、かれらの勢力いきほひ打破うちやぶな[た]まへ。 22 しかしてかれらになんぢこそしゆにましまして、唯一ゆゐいつなるかみ、その榮光えいくわう全地ぜんちあまねきことをらしめたまへ。」
23 こゝかれらをれたるわうしもべらは、樹脂きのやに瀝青ちやん麻屑あさくづ木碎ききれなどをもてさますことなからしめたり。
24 かくてよりほとばしづる火焰くわえんながれてんちうすること四十九キユビトにたつし、
25 ほのほちかづきたるカルデヤびとつくせり。
26 されどしゆ御使みつかいくだりて、なかてるアザリヤおよびそのともがらともり、ほのほそと撃退うちしりぞけぬ。
27 かくて直中たゞなかうるほひたる軟風そよかぜところくわしたり。ゆゑつひかれらにるるあたはず、またかれらをそこなふことも、なやますこともあたはざりき。
28 とき三人にんもの異口同音いくどうおんに、なかいまたまかみ讃美さんびし、これに榮光えいくわうし、祝福しゆくふくしてへり。
29 むべきかな、しゆよ、われらの先祖せんぞたちのかみよ。なんぢ一切すべてのものにまさりて、世々よゝうたあがめられたま
30 むべきかな、なんぢ榮光えいくわうあるきよ御名みな、すべてのものにまさりて、世々よゝうたいあがめらるるなり。
31 むべきかな、なんぢは、そのせいなる榮光えいくわうみやにて世々よゝうたいあがめられたまふ。
32 むべきかな、ふかふち、ケルビムのうへたまものよ、すべてのものにまさりて、世々よゝうたひあがめられたまふ。
33 むべきかな、なんぢ御國みくに榮光えいくわうある王座わうぎたまものよ、すべてのものにまさりて、世々よゝうたいあがめられたまふ。
34 むべきかな、てん蒼空あをぞらにいましたまものよ、すべてのものにまさりて、世々よゝうたいあがめられたまふ。
35 しゆ萬物ばんもつよ、しゆいはひ、世々よゝうたひあがめまつれ。
36 もろもろのてんよ、しゆいはひ、世々よゝうたひあがめまつれ。
37 しゆ天使みつかひよ、しゆいはひ、世々よゝうたひあがめまつれ。
38 そらうへみづよ、しゆいはひ、世々よゝうたひあがめまつれ。
39 しゆ萬軍ばんぐんよ、しゆいはひ、世々よゝうたひあがめまつれ。
40 つきよ、しゆいはひ、世々よゝうたひあがめまつれ。
41 そらほしよ、しゆいはひ、世々よゝうたひあがめまつれ。
42 あめつゆよ、しゆいはひ、世々よゝうたひあがめまつれ
43 かぜよ、しゆいはひ、世々よゝうたひあがめまつれ。
44 ねつよ、しゆいはひ、世々よゝうたひあがめまつれ。
[45及び46なし]
47 よるひるよ、しゆいはひ、世々よゝうたひあがあまつれ。
48 あかき暗黑くらきよ、しゆいはひ、世々よゝうたひあがめまつれ。
49 あられさむさよ、しゆいはひ、世々よゝうたひあがめまつれ。
50 こほりゆきよ、しゆいはひ、世々よゝうたひあがめまつれ。
51 電光いなづまくもよ、しゆいはひ、世々よゝうたひあがめまつれ。
52 よ、しゆいはひ、世々よゝうたひあがめまつれ。
53 やまをかよ、しゆいはひ、世々よゝうたひあがめまつれ。
54 ふるすべての草木さうもくよ、しゆいはひ、世々よゝうたひあがめまつれ。
56 うみかはよ、しゆいはひ、世々よゝうたひあがめまつれ。
[55と56とは位置を顚倒す]
55 いつみよ、しゆいはひ、世々よゝうたひあがめまつれ。
57 くじらすべみづおよものよ、しゆいはひ、世々よゝうたひあがめまつれ。
58 そらとりよ、しゆいはひ、世々よゝうたひあがめまつれ。
59 野獣やじう家畜かちぐよ、しゆいはひ、世々よゝうたひあがめまつれ。
60 ひとよ、みなしゆいはひ、世々よゝうたひあがめまつれ。
61 イスラエルよ、しゆいはひ、世々よゝうたひあがめまつれ。
62 しゆ祭司さいしよ、しゆいはひ、世々よゝうたひあがめまつれ。
63 しゆしもべよ、しゆいはひ、世々よゝうたひあがめまつれ。
64 義人ぎじん靈魂たましひよ、しゆいはひ、世々よゝうたひあがめまつれ。
65 こゝろきよくへりくだものよ、しゆいはひ、世々よゝうたひあがめまつれ。
66 ハナニヤとアザリヤとミシヤエルよ、しゆいはひ、世々よゝうたいあがめまつれ。そはしゆわれらを陰府よみよりすくひ、よりたすいだし、もゆほのほ直中たゞなかよりすくいだたまひたればなり。
67 しゆ感謝かんしやせよ、しゆ恩恵めぐみふかく、その憐愍あはれみ世々よゝゆることなければなり。
68 すべてしゆをがものよ、神々かみ〳〵かみいはひ、めたたへ、感謝かんしやせよ、その憐愍あはれみ永遠とこしへゆることなければなり。