万葉集 (鹿持雅澄訓訂)/巻第十四

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

とをまりよまきにあたるまき


あづまうた


くさぐさのうた


3348 なつそびくうなかみがたの沖つ洲に船は留めむさ夜更けにけり

     右のひとうたは、かみつふさの国の歌。

3349 かづしかの真間のうらみを榜ぐ船の船人騒く波立つらしも

     右の一首は、しもつふさの国の歌。

3350 つくはねにひぐはまよの衣はあれど君がみけししあやに着欲しも

     或ル本ノ歌ニ曰ク、たらちねの。又云ク、あまた着欲しも。

3351 筑波嶺に雪かも降らるいなをかもかなしき子ろがにぬ干さるかも

     右のふたうたは、常陸の国の歌。

3352 しなぬなるすがあらのにほととぎす鳴く声聞けば時過ぎにけり

     右の一首は、信濃の国の歌。


したしみうた


3353 あら玉のきへの林にを立てて行きかつましもを先立たね

3354 伎倍人のまだらぶすまに綿さはだ入りなましもの妹がをどこ

     右の二首は、とほつあふみの国の歌。

3355 天の原富士の柴山くれの時ゆつりなば逢はずかもあらむ

3356 富士ののいや遠長き山道をも妹がりとへばばず来ぬ

3357 霞居る富士の山びに我が来なばいづち向きてか妹が歎かむ

3358 さらくは玉の緒ばかり恋ふらくは富士の高嶺の鳴沢のごと

     或ル本ノ歌ニ曰ク、

    まかなしみらくしまらくさならくは伊豆の高嶺の鳴沢なすよ

     一本ノ歌ニ曰ク、

    逢へらくは玉の緒しけや恋ふらくは富士の高嶺に降る雪なすも

3359 駿河の海おしへに生ふる浜つづらいましを頼み母にたがひぬ 一ニ云ク、親にたがひぬ。

     右のいつうたは、駿河の国の歌。

3360 伊豆の海に立つ白波のありつつも継ぎなむものを乱れめめや

     或ル本ノ歌ニ曰ク、白雲の絶えつつも継がむと思へや乱れそめけむ。

     右の一首は、伊豆の国の歌。

3361 足柄のをてもこのもにさす罠のか鳴る間静み子ろあれ紐解く

3362 さがむねの小峯見ぐし忘れ来る妹が名呼びてし泣くな

     或ル本ノ歌ニ曰ク、

    むざしねの小峰見隠し忘れ行く君が名懸けてを音し泣くる

3363 我が背子を大和へ遣りて待つしたす足柄山の杉の木の間か

3364 あしがらの箱根の山に粟蒔きて実とはなれるを逢はなくもあやし

     或ル本ノ歌ノ末ノ句ニ曰ク、延ふくずの引かり寄り来ね下なほなほに。

3365 鎌倉の見越の崎のいはくえの君が悔ゆべき心は持たじ

3366 まかなしみさ寝には行く鎌倉の美奈の瀬川よ潮満つなむか

3367 ももづ島足柄小舟歩き多み目こそるらめ心はへど

3368 あしがりとひの河内に出づる湯の世にもたよらに子ろが言はなくに

3369 あしがりのままこすげすがまくらあぜかかさむ子ろせたまくら

3370 あしがりの箱根のろのにこ草の花妻なれや紐解かず寝む

3371 あしがらの御坂かしこみ曇り夜のが下へをこちでつるかも

3372 さがむぢよろきの浜のまなごなす子らはかなしく思はるるかも

     右のとをまりふたうたは、相模の国の歌。

3373 多摩川に曝す手作りさらさらに何そこの子のここだかなしき

3374 むざしぬうらへ肩焼きまさてにもらぬ君が名占に出にけり

3375 武藏野のをぐききぎし立ち別れ去にし宵よりろに逢はなふよ

3376 恋しけばそても振らむを武藏野のうけらが花の色になゆめ

     或ル本ノ歌ニ曰ク、

    いかにして恋ひばか妹に武藏野のうけらが花の色に出ずあらむ

3377 武藏野の草葉もろ向きかもかくも君がまにまには寄りにしを

3378 いりまぢおほやが原のいはゐづら引かばぬるぬるにな絶えそね

3379 我が背子をあどかも言はむ武藏野のうけらが花の時なきものを

3380 さきたまの津に居る船の風をいたみ綱は絶ゆとも言な絶えそね

3381 夏麻びくうなひをさして飛ぶ鳥の至らむとそよが下延へし

     右のここのうたは、武藏の国の歌。

3382 うまぐたの嶺ろの笹葉の露霜の濡れて来なばは恋ふばそも

3383 馬来田の嶺ろに隠り居かくだにも国の遠かば汝が目欲りせむ

     右の二首は、かみつふさの国の歌。

3384 かづしかの真間のてこなをまことかも我に寄すとふ真間の手兒名を

3385 葛飾の真間の手兒名がありしかば真間のおすひに波もとどろに

3386 葛飾にほ鳥のわせにへすともそのかなしきをに立てめやも

3387 の音せず行かむ駒もが葛飾の真間の継橋やまず通はむ

     右のようたは、しもつふさの国の歌。

3388 つくはねの嶺ろに霞居過ぎかてに息づく君を寝てらさね

3389 妹が門いや遠そきぬ筑波山隠れぬほとに袖は振りてな

3390 筑波嶺にかか鳴く鷲ののみをか泣きわたりなむ逢ふとはなしに

3391 筑波嶺にそがひに見ゆる葦穂山悪しかるとがもさね見えなくに

3392 筑波嶺の岩もとどろに落つる水世にもたゆらに我が思はなくに

3393 筑波嶺のをてもこのももりべ据ゑ母はれどもたまそ逢ひにける

3394 さごろもをづくはねろの山の崎忘らえばこそを懸けなはめ

3395 をづくはの嶺ろにつく立し逢ひし夜はさはだなりぬをまた寝てむかも

3396 小筑波の茂き木の間よ立つ鳥の目ゆか汝を見むさ寝ざらなくに

3397 常陸なるなさかの海の玉藻こそ引けば絶えすれあどか絶えせむ

     右のとうたは、常陸の国の歌。

3398 人皆の言は絶ゆともはにしなの石井の手児が言な絶えそね

3399 しなぬぢは今のはりみちかりばねに足踏ましなむ沓はけ我が背

3400 信濃なるちぐまの川のさざれしも君し踏みてば玉と拾はむ

3401 なかまなに浮きをる船の榜ぎ出なば逢ふこと難し今日にしあらずは

     右の四首は、信濃の国の歌。

3402 日のぐれうすひの山を越ゆる日はせなのが袖もさやに振らしつ

3403 が恋はまさかも悲し草枕たこの入野の奥も悲しも

3404 かみつけぬ安蘇のまそむらかきむだれど飽かぬをあどかがせむ

3405 上毛野をどたどりが川路にも子らは逢はなも独りのみして

     或ル本ノ歌ニ曰ク、

    上毛野をぬの多杼里が川路にも夫汝は逢はなも見る人なしに

3406 上毛野佐野のくくたち折りはやしあれは待たむゑことし来ずとも

3407 上毛野まぐはしまどに朝日さしまきらはしもな在りつつ見れば

3408 にひたやま嶺にはつかななに寄そりはしなる子らしあやにかなしも

3409 伊香保ろに天雲い継ぎかぬまづく人とおたはふいざ寝しめとら

3410 伊香保ろのそひの榛原ねもころに奥をな兼ねそまさかし良かば

3411 多胡の嶺に寄せ綱延へて寄すれどもあにしづしその顔よきに

3412 上毛野くろほの嶺ろの葛葉がたかなしけ子らにいやざかり来も

3413 利根川の川瀬も知らずただ渡り波に逢ふのす逢へる君かも

3414 伊香保ろのやさかゐてに立つぬじあらはろまてもさ寝をさ寝てば

3415 上毛野伊香保の沼に植ゑこなぎかく恋ひむとや種求めけむ

3416 上毛野かほやが沼のいはゐつら引かばれつつをな絶えそね

3417 上毛野伊奈良の沼のおほゐぐさよそに見しよは今こそまされ 柿本朝臣人麻呂ノ歌集ニ出ヅ。

3418 上毛野佐野田の苗のむらなへにことは定めつ今は如何にせも

3419 伊香保よ奈可中次下思ひどろくまこそしつと忘れせなふも

3420 上毛野佐野の舟橋取り離し親はくれどさかるがへ

3421 伊香保嶺にかみな鳴りそね我がには故は無けども子らによりてそ

3422 伊香保風吹く日吹かぬ日ありと言へどが恋のみし時なかりけり

3423 上毛野伊香保の嶺ろに降ろよきの行き過ぎかてぬ妹が家のあたり

     右のはたちまりふたうたは、かみつけぬの国の歌。

3424 しもつけぬ三鴨の山のこならのすまぐはし子ろは誰がか持たむ

3425 下毛野あその川原よ石踏まず空ゆとぬよが心

     右の二首は、しもつけぬの国の歌。

3426 会津嶺の国をさ遠み逢はなはばしぬひにせむと紐結ばさね

3427 筑紫なるにほふ子ゆゑにみちのくかとりをとめの結ひし紐解く

3428 あだたらに伏す鹿ししのありつつもあれは至らむねどな去りそね

     右の三首は、陸奥の国の歌。


たとへうた


3429 とほつあふみいなさほそえのみをつくしあれを頼めてさましものを

     右の一首は、遠江の国の歌。

3430 しだの浦を朝榜ぐ船はよしなしに榜ぐらめかもよ寄し来ざるらめ

     右の一首は、駿河の国の歌。

3431 あしがりあきなの山に引こぶねしり引かしもよここばこがた

3432 足柄のわをかけ山のかづの木のかづさねもかづさかずとも

3433 薪る鎌倉山のこだる木をまつと汝が言はば恋ひつつやあらむ

     右の三首は、相模の国の歌。

3434 上毛野安蘇山つづら野を広みひにしものをあぜか絶えせむ

3435 伊香保ろのそひはりはら我がきぬよらしもよたへと思へば

3436 しらとほるをにひたやまる山のうら枯れせななとこはにもがも

     右の三首は、上野の国の歌。

3437 陸奥のあだたら真弓はじき置きてらしめきなばつらかめかも

     右の一首は、陸奥の国の歌。


くさぐさのうた


3438 つむがぬに鈴がおと聞こゆかむしだの殿のなかちとがりすらしも

     或ル本ノ歌ニ曰ク、みつがぬに。又曰ク、わくごし。

3439 鈴がはゆまうまやの堤井の水を賜へな妹がただて

3440 この川に朝菜洗ふ子なれあれよちをそ持てるいでこたばりに 一ニ云ク、ましあれも。

3441 ま遠くの雲居に見ゆる妹がにいつか至らむ歩めが駒

     柿本朝臣人麻呂ノ歌集ニ曰ク、遠くして。又曰ク、歩め黒駒。

3442 あづまぢの田子のよびさか越えかねて山にか寝むも宿りは無しに

3443 うらもなく我が行く道に青柳の張りて立てれば物つも

3444 きはつくの岡のくくみら我摘めどにも満たなふせなと摘まさね

3445 湊のや葦が中なる玉小菅刈り我が背子とこへだしに

3446 妹なろが使ふ川津のささら荻葦とひとごと語りよらしも

3447 草陰のあぬな行かむとりし道安努は行かずてあらくさだちぬ

3448 花散らふこの向つをなのひじにつくまて君が代もがも

3449 白妙の衣の袖をまくらがよ海人榜ぎ見ゆ波立つなゆめ

3450 をくさををぐさずけをと潮舟の並べて見れば乎具佐勝ちめり

3451 さなつらの岡に粟蒔きかなしきが駒はぐともはそとも

3452 おもしろき野をばな焼きそ古草に新草まじり生ひは生ふるがに

3453 風のの遠きわぎもが着せし衣袂のくだりまよひ来にけり

3454 庭にたつあさてこぶすま今宵だにつま寄しこせね麻布小衾


したしみうた


3455 恋しけば来ませ我が背子かきつやぎうれ摘み刈らし我立ち待たむ

3456 うつせみのやそことのへは繁くとも争ひかねてを言成すな

3457 うち日さす宮の我がやまとめの膝くごとにを忘らすな

3458 なせの子や鳥のおかぢし中だをし泣くよいくづくまてに

3459 稲舂けばかかが手を今宵もか殿のわくごが取りて嘆かむ

3460 たれそこの屋の戸押そぶるにふなみに我がを遣りていはふこの戸を

3461 あぜと言へかさねに逢はなくに真日暮れて宵なはなに明けぬしだ来る

3462 あしひきのやまさはびとの人さはまなと言ふ子があやにかなしさ

3463 ま遠くの野にも逢はなむ心なく里のみ中に逢へるせなかも

3464 人言の繁きによりてまをごもおやじ枕はかじやも

3465 高麗錦紐解き放けてるがにあどせろとかもあやにかなしき

3466 まかなしみれば言にさ寝なへば心の緒ろに乗りてかなしも

3467 奥山の真木のいたとをとどとして我が開かむに入り来てさね

3468 山鳥の尾ろのはつ尾に鏡懸け唱ふべみこそに寄そりけめ

3469 ゆふけにも今宵とらろ我がせなはあぜそも今宵よしろ来まさぬ

3470 相見ては千年やいぬる否をかもあれやしかふ君待ちがてに 柿本朝臣人麻呂ノ歌集ニ出ヅ。

3471 しまらくは寝つつもあらむをいめのみにもとな見えつつし泣くる

3472 人妻とあぜかそを言はむ然らばか隣の衣を借りて着なはも

3473 佐野山に打つやをのとの遠かども寝もとか子ろが面に見えつる

3474 植竹の本さへとよみ出でてなばいづし向きてか妹が嘆かむ

3475 恋ひつつも居らむとすれどゆふまやま隠れし君を思ひかねつも

3476 うべ子ぬに恋ふなも立とつくぬがなへ行けばこふしかるなも

     或ル本ノ末ノ句ニ曰ク、ぬがなへ行けど我ぬ行がのへば

3477 東道の田子の呼坂越えて去なばあれは恋ひむな後は逢ひぬとも

3478 遠しとふこなしらねに逢ほしだも逢はのへしだも汝にこそ寄され

3479 あかみやま草根刈りけ逢はすが争ふ妹しあやにかなしも

3480 おほきみみことかしこみかなし妹が手枕離れよだぬかも

3481 あり衣のさゑさゑしづみ家の妹に物言はず来にて思ひぐるしも 柿本朝臣人麻呂ノ歌集ノ中ニ出ヅ。上ニ見エタルコト已ニ記セリ。

3482 からころも裾のうちかへ逢はねどもしき心をはなくに

     或ル本ノ歌ニ曰ク、

    韓衣裾のうちかひ逢はなへば寝なへのからにことたかりつも

3483 昼解けば解けなへ紐の我がせなに相依るとかも夜解けやする

3484 あさをらををけふすさまずとも明日せざめやいざせ小床に

3485 つるぎたち身に添ふ妹を取り見がね音をそ泣きつるてこにあらなくに

3486 かなし妹をゆづかもころをのこととし言はばいや勝たましに

3487 梓弓末にたままきかくすすそ寝なな成りにし奥を兼ぬ兼ぬ

3488 おふしもとこの本山のましはにも告らぬ妹が名かたに出でむかも

3489 梓弓よらの山辺のしがかくに妹ろを立ててさねど払ふも

3490 梓弓末は寄り寝むまさかこそ人目を多み汝をはしに置けれ 柿本朝臣人麻呂ノ歌集ノ中ニ出ヅ。

3491 柳こそれば生えすれ世の人の恋に死なむを如何にせよとそ

3492 小山田の池の堤にさす柳成りも成らずも汝と二人はも

3493 おそはやも汝をこそ待ため向つの椎のこやでの逢ひはたけはじ

     或ル本ノ歌ニ曰ク、

    遅速も君をし待たむ向つ峰の椎のさ枝の時は過ぐとも

3494 こもちやまわかかへるでもみつまて寝もとふ汝はあどか

3495 いはほろのそひの若松限りとや君が来まさぬうらもと無くも

3496 橘のこばはなりが思ふなむ心うつくしいであれは行かな

3497 川上のねじろたかがやあやにあやにさ寝さ寝てこそ言に出にしか

3498 うなはらねやはら子菅あまたあれば君は忘らす我忘るれや

3499 岡に寄せ我が刈るかやのさねかやのまことなごやは寝ろとなかも

3500 むらさきは根をかも終ふる人の子のうらがなしけを寝を終へなくに

3501 あはをろのろ田に生はるたはみづら引かばぬるぬるを言な絶え

3502 我が目妻人はくれど朝顔の年へこごとさかるがへ

3503 あせかがた潮干のゆたに思へらばうけらが花の色に出めやも

3504 春へ咲く藤のうらばうらやすにさる夜そ無き子ろをしへば

3505 うちひさつみやのせがはかほばなの恋ひてからむきそも今宵も

3506 にひむろこどきに至ればはたすすき穂に出し君が見えぬこの頃

3507 谷せばみ峰にひたる玉かづら絶えむの心我がはなくに

3508 しばつきの御浦崎なるねつこ草あひ見ずあらばあれ恋ひめやも

3509 たくぶすましらやま風の寝なへども子ろがおそきの有ろこそきも

3510 み空ゆく雲にもがもな今日行きて妹に言問ひ明日帰り来む

3511 あをねろに棚引く雲のいさよひに物をそ思ふ年のこの頃

3512 一嶺ろに言はるものから青嶺ろにいさよふ雲の寄そり妻はも

3513 夕さればみ山を去らぬにのぐものあぜか絶えむと言ひし子ろはも

3514 高き嶺に雲のくのす我さへに君に著きなな高嶺とひて

3515 おもの忘れむしだは国はふり嶺に立つ雲を見つつしぬはせ

3516 對馬の嶺は下雲あらなふかむの嶺に棚引く雲を見つつ偲はも

3517 白雲の絶えにし妹をあぜせろと心に乗りてここば悲しけ

3518 岩のにいがかる雲のかぬまづく人そおたはふいざ寝しめとら

3519 汝が母にられは行く青雲の出で我妹子相見て行かむ

3520 おもかたの忘れむしだは大野ろに棚引く雲を見つつ偲はむ

3521 烏とふおほおそどりまさてにも来まさぬ君を子ろとそ鳴く

3522 きそこそは子ろとさ寝しか雲の上ゆ鳴きゆくたづの間遠く思ほゆ

3523 坂越えて阿倍の田のに居るたづのともしき君は明日さへもがも

3524 まをごものみ近くて逢はなへば沖つ真鴨の嘆きそがする

3525 みくくぬに鴨のほのす子ろが上に言おろ延へていまだ寝なふも

3526 沼二つ通は鳥が巣が心二行くなもとな思はりそね

3527 沖に住も小鴨のもころやさかどり息づく妹を置きて来ぬかも

3528 水鳥の立たむよそひに妹のらに物言はず来にて思ひかねつも

3529 とやの野にをさぎねらはりをさをさも寝なへ子ゆゑに母にころばえ

3530 さ牡鹿の臥すや草叢見えずとも子ろがかなどよ行かくしえしも

3531 妹をこそ相見に来しかまよびきの横山辺ろのししなす思へる

3532 春の野に草む駒の口やまずを偲ふらむ家の子ろはも

3533 人の子のかなしけしだは浜洲鳥あなゆむ駒の惜しけくもなし

3534 赤駒が門出をしつつ出でかてにせしを見立てし家の子らはも

3535 己がをおほにな思ひそ庭に立ち笑ますがからに駒に逢ふものを

3536 赤駒を打ちてさ緒引き心引きいかなるせなわがり来むと言ふ

3537 くへ越しに麦食む駒のはつはつに相見し子らしあやにかなしも

     或ル本ノ歌ニ曰ク、

    うませ越し麦食む駒のはつはつに新肌触れし子ろしかなしも

3538 ひろはしを馬越しかねて心のみ妹がり遣りてはここにして

     或ル本ノ歌ノ発句ニ曰ク、をはやしに駒を馳ささげ。

3539 あずの上に駒を繋ぎてあやほかど人妻子ろを息に我がする

3540 さわたりの手児にい行き逢ひ赤駒が足掻きを速み言問はず

3541 あずへから駒の行このすあやはども人妻子ろをまゆかせらふも

3542 さざれ石に駒を馳させて心痛みふ妹が家のあたりかも

3543 むろがやのつるの堤の成りぬがに子ろは言へどもいまだ寝なくに

3544 飛鳥川下濁れるを知らずしてせななと二人さ寝て悔しも

3545 飛鳥川くと知りせばあまた夜もゐねましを塞くと知りせば

3546 青柳のはらろ川門に汝を待つとせみどは汲まず立ちならすも

3547 あぢの棲む須沙の入江のこもりぬのあな息づかし見ず久にして

3548 鳴瀬ろにこつの寄すなすいとのきてかなしけろに人さへ寄すも

3549 たゆひがた潮満ちわたるいづゆかも愛しきろがわがり通はむ

3550 押して否と稲は舂かねど波の穂のいたぶらしもよきそ独り寝て

3551 あぢかまの潟に咲く波平瀬にも紐解くものかかなしけを置きて

3552 まつが浦にさわゑうら立ちまひとごと思ほすなもろ我がほのすも

3553 味鎌のかけの湊に入る潮のこてたけくもか入りて寝まくも

3554 妹がる床のあたりに岩ぐくる水にもがもよ入りて寝まくも

3555 まくらがこがの渡のからかぢの音だかしもな寝なへ子ゆゑに

3556 潮船の置かれば悲しさ寝つれば人言繁し汝をどかもしむ

3557 悩ましけ人妻かもよ榜ぐ舟の忘れはせなないやひ増すに

3558 逢はずして行かば惜しけむまくらがこが榜ぐ船に君も逢はぬかも

3559 大船をゆもともゆも堅めてしこその里人あらはさめかも

3560 まかね吹くにふまそほの色に出て言はなくのみそが恋ふらくは

3561 かなとだあらがきまゆみ日がれば雨を待とのす君をと待とも

3562 ありそへに生ふる玉藻の打ち靡き独りやらむを待ちかねて

3563 ひたがたの磯の若布の立ち乱えをか待つなもきそも今宵も

3564 小菅ろの浦吹く風のあどすすかかなしけ子ろを思ひ過ごさむ

3565 彼の子ろと寝ずやなりなむ旗すすき浦野の山に月片寄るも

3566 我妹子にが恋ひ死なばそこをかも神に負ほせむ心知らずて


防人の歌


3567 置きて行かば妹はま悲し持ちて行く梓の弓のゆつかにもがも

3568 後れ居て恋ひば苦しも朝猟の君が弓にもならましものを

     右の二首は、とひこたへのうた

3569 防人に立ちしあさけかなとでたばなれ惜しみ泣きし子らはも

3570 葦の葉に夕霧立ちて鴨が音の寒き夕へし汝をば偲はむ

3571 己の妻を人の里に置きおほほしく見つつそ来ぬるこの道の間


たとへうた


3572 あどへかあじくまやまゆづるはふふまる時に風吹かずかも

3573 あしひきのやまかづらかげましはにも得がたきかげを置きや枯らさむ

3574 小里なる花橘を引き攀ぢて折らむとすれどうら若みこそ

3575 みやじろの岡辺に立てる貌が花な咲き出でそねめて偲はむ

3576 苗代のこなぎが花を衣に摺り馴るるまにまにあぜかかなしけ


かなしみうた


3577 かなし妹をいづち行かめと山菅のそがひに寝しく今し悔しも

     以前ノ歌詞、未ダ国土山川ノ名ヲ勘ヘ知ルコトヲ得ズ。