万葉集 (鹿持雅澄訓訂)/巻第十六

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

とをまりむまきにあたるまき


よしあるうた、またくさぐさのうた


をとめ有りけり。をばさくらのこと曰ふ。時にふたりをとこ有りて、共に此のをとめふ。いのちててあらそひ、死を貪りていどみたりき。ここに娘子、なげきけらく、「いにしへよりこの方、ひとりをみなの身、ふたりをとこのいへくといふことを聞かず。いま、壮子のこころにきび難し。あれみまかりてあらそふことひたぶるめなむには如かじ」といひて、すなはち林にりて、樹にがりわたき死にき。ふたりの壮子、かなしみへず、おのもおのもおもひを陳べてよめるふたつ

3786 春さらばかざしにせむとひし桜の花は散りにけるかも

3787 妹が名に懸かせる桜花咲かば常にや恋ひむいや年のはに


或ひとの曰く、昔みたりをとこ有りて、ともひとりをみなつまどひき。をとめ をばかづらのこと曰ふ なげきけらく、「ひとりの女の身、易きこと露の如し。みたりをとここころにきび難きこといはの如し」。すなはち池のほとりたちもとほり、水底にしづみき。時にをとこ等、かなしみへず、おのもおのもおもひを陳べてよめる歌みつ

3788 みみなしの池し恨めしわぎもこが来つつかづかば水は涸れなむ

3789 あしひきの山縵の子今日行くと我にりせば早くましを

3790 あしひきの山縵の子今日のごといづれのくまを見つつ来にけむ


おきな有り、たかとりをぢといふ。此の翁、やよひばかりに、丘に登りてくにみするとき、あつものを煮るここのをとめへりき。ももこびたぐひ無く、花のすがたならび無し。時に娘子等、をぢを呼び、嗤ひて「叔父来て此のを吹け」と曰ふ。ここに翁、「をを」と曰ひて、ややゆきて、しきゐほとりきたりき。しまらくありて娘子等、皆共にしたゑみ、相推し譲りけらく、「たれそ此の翁を呼びし」。すなはち竹取の翁のいふ、「おもひの外にひじりひ、まどへる心へがたし。近く狎れし罪、謌をもちあがなひまをさむ」。即ちめる歌ひとつ、またみじかうた

3791 緑子の わくご髪には たらちし 母にうだかえ

   すきかくる 這ふ子が身には 木綿肩衣 ひつらに縫ひ着

   くびつきの わらはが身には 結ひはたの 袖つけ衣 着し我を

   に寄る子らが よちには みなわた か黒し髪を

   真櫛持ち 肩にかき垂れ 取りたがね 上げてもきみ

   解き乱し 童に成しみ 紅の 丹つかふ色に

   なつかしき 紫の 大綾の衣

   すみのえの をりの小野の 真はりもち にほしし衣に

   こま錦 紐に縫ひつけ ささへ重なへ なみ重ね着

   うつそやし をみの子ら あり衣の 宝の子らが

   うつたへ 延へて織る布 日さらしの 麻手作りを

   しきもなす しきに取り敷き ほころへる いなきをとめ

   妻問ふと にそたばりし うきかたの ふたやしたくつ

   飛ぶ鳥の 飛鳥をとこが ながめ忌み 縫ひしくりくつ

   さし履きて 庭に立ち 往きもとほれば おもとじの らす娘子が

   ほの聞きて にそ賜りし みはなだの 絹の帯を

   ひこびなす かろびに取らし わたつみの 殿の甍に

   飛び翔ける すがるの如き 腰細に 取り飾らひ

   真澄鏡 取り並め懸けて おのが顔 還らひ見つつ

   春さりて 野辺をめぐれば 面白み あれを思へか

   さ野つ鳥 来鳴き翔らふ 秋さりて 山辺を行けば

   なつかしと あれを思へか 天雲も い行き棚引き

   還り立ち おほちれば うち日さす みやをみな

   さすだけの 舎人壮士も 忍ふらひ 還らひ見つつ

   誰が子そとや 思はれてある かくそしこし

   古の ささきしあれや はしきやし 今日やも子らに

   いさにとや 思はれてある かくそしこし

   古の 賢しき人も 後の世の かがみにせむと

   おいひとを 送りし車 持ち帰り

反し歌二首

3792 死なばこそ相見ずあらめ生きてあらばしろかみ子らに生ひざらめやも

3793 白髪し子らも生ひなばかくのごと若けむ子らにらえかねめや

娘子らこたふる歌ここのつ

3794 はしきやしおきなの歌におほほしきここのの子らやかまけて居らむ

3795 恥を忍ひ恥をもだりて事もなく物言はぬさきにあれは寄りなむ

3796 いなりのまにまに許すべきかたちは見えやあれも寄りなむ

3797 死にも生きも同じ心と結びてし友やたがはむあれも寄りなむ

3798 何すとか違ひは居らむ否も諾も友の並々あれも寄りなむ

3799 あにもあらぬおのが身のから人の子の言も尽くさじあれも寄りなむ

3800 旗すすき穂には出でじとしぬひたる心は知れつあれも寄りなむ

3801 住吉の岸のぬはりにほへれどにほはぬあれにほひて居らむ

3802 春の野の下草靡きあれも寄りにほひ寄りなむ友のまにまに


をとこをとめと有りき 姓名不詳。ちちははしらせずて、しぬひたりき。時に娘子のこころに、親に知らせまくおもひて、歌詠みて、其のに送れるその歌

3803 こもりのみ恋ふれば苦し山の端ゆ出で来る月の顕さば如何に

     右、或ヒトノ云ク、男答ヘ歌有リトイヘリ。未ダ探リ求ムルコトヲ得ズ。


をとこ有りけり。新たによばひして、いくだもあらぬに、忽ちにはゆまつかひと為りて、遠き境に遣はさる。おほやけごと限り有り。会ふとき日無し。ここに娘子、かなしみて、やまひこやれりき。て後、壮士還り来て、かへりことまをへて、乃ちき相視るに、娘子のかほいたくみつれて、こととひむせびき。時に壮士、かなしみて、うたよみせる、其の歌一首

3804 かくのみにありけるものを猪名川のおきを深めてへりける

娘子臥しながらの君の歌を聞きて、枕より頭を挙げて声に和ふる歌一首

3805 ぬば玉の黒髪濡れてあわゆきの降るにや来ますここだ恋ふれば

     今按フニ、此ノ歌、其ノ夫使ハサレテ、既ニ累載ヲ経、

     還ル時ニ当テ、雪落ル冬ナリキ。斯ニ因テ娘子此ノ沫雪

     ノ句ヲ作メルカ。


娘子がに贈れる歌一首

3806 事しあらば小泊瀬山のいしきにもこもらば共にな思ひ我が背

     右いひつてけらく、むかしをみな有りけり。父母に知らせずて

     をとこしぬひたりき。壮士その親のころびをかしこみ

     て、ややいざよふこころ有り。此に因りて娘子斯の歌を

     みて、其の夫におくれりといへり。


さきうねべが詠める歌一首

3807 あさかやま影さへ見ゆる山の井の浅き心をはなくに

     右の歌はいひつてけらく、葛城王、みちのくの国に

     遣はさえし時、くにのみこともちあへしらふことおろそか

     なりければ、おほきみこころに悦びず、おもほでり

     まして、みあへけしかどもうたげをもしたま

     はざりき。ここにさきの采女みさを娘子有りて、左の

     手にさかづきを捧げ、右の手に水を持ち、王のみひざ

     撃ちて、此の歌を詠みき。ここに王のこころなごみて、

     ひねもすうたげあそびきといへり。


いやしき人のよめる歌一首

3808 住吉のをづめに出でてまさめにもおの妻すらを鏡と見つも

     右いひつてけらく、昔鄙しき人あり 姓名未詳也 。

     時にさとをとこをみなつどひて野の遊びせり

     き。是のつどひうちに、鄙しき人めを有り。

     其のかほきらきらしきこともろひとに秀れたり。

     すなはち彼のをとここころうつくしむのこころ

     いや増さりて、斯の歌をよみてきらきらしき

     めたりき。


娘子が恨みよみて献れる歌一首

3809 あき返しらせとのみのりあらばこそが下衣返したばらめ

     右いひつてけらく、むかしうるはしみせらえし娘子有り 姓名未詳 。

     こころうつろへる後、かたみを還し賜りき 俗ニかたみト云フ 。こ

     こに娘子、うらみて聊か斯の歌をよみてたてまつりき。


娘子が恨みてよめる歌一首

3810 うまいひを水に醸み成しが待ちしかひはかつて無しただにしあらねば

     右いひつてけらく、昔娘子有り。其のわかれ、

     年を経て恋ひわたりき。さる間に夫の君、更に

     あだしつまて、みづからは来ずて、ただつとおこ

     りき。此に因りをとめ、此の恨みの歌を作みて、

     還しおくれりき。


娘子が夫の君を恋ふる歌一首、また短歌

3811 さ丹づらふ 君が御言と 玉づさの 使も来ねば

   思ひ病む が身ひとつそ ちはやぶる 神にもな負ほせ

   うらべせ 亀もな焼きそ こほしくに 痛きが身そ

   いちしろく 身に染みとほり むら肝の 心砕けて

   死なむ命 にはかになりぬ 今更に 君かを呼ぶ

   たらちねの 母の御言か もも足らず やそちまた

   ゆふけにも うらにもそ問ふ 死ぬべきがゆゑ

反し歌

3812 卜部をも八十の衢も占問へど君を相見むたどき知らずも

     或ル本ノ反シ歌ニ曰ク、

 3813 が命は惜しくもあらずさ丹づらふ君によりてそ長く欲りせし

      右伝云けらく、むかし娘子有り 姓ハ車持氏ナリ。

      其の年をかよはず。時に娘子、息の緒に

      恋ひつつ、やまひこやれりき。日にみつ

      て、忽ちみまかりなむとす。ここに使を遣はし

      て、其の夫の君を喚ぶ。来て乃ちなげきつつ斯

      の歌をみて、すなはちみまかりき。


をとこが娘子の父母に贈れる歌一首

3814 しらたまをだえしにきと聞きしゆゑにその緒またが玉にせむ

答ふる歌一首

3815 真珠の緒絶はまこと然れどもその緒また貫き人持ちにけり

     右伝云けらく、むかし娘子有り。夫の君に棄てらえて

     ひとのいへに改めきき。時に壮士有りて、改め適くを

     知らずて、此の歌をおくりて、をみなおやひき。

     ここに父母のおもひけらく、壮士つばらなるさまらじ

     とおもひて乃ち彼の歌にこたへがてり、改め適きし

     よしを顕はせりきといへり。


穂積親王のうたはせる歌一首

3816 家にありしひつに鍵さし蔵めてし恋の奴のつかみかかりて

     右の歌一首は、穂積親王の宴したまふ時、いつも斯の歌を

     うたひてあそびくさと為たまへり。


河村王の誦ひたまへる歌二首

3817 かるうすたぶせのもとに我が背子はにふぶに笑みて立ちませり見ゆ 田廬ハたぶせノ反

3818 朝霞かひやが下に鳴くかはづ偲ひつつありと告げむ子もがも

     右の歌二首は、河村王の宴せる時、琴弾きて、即ち先づ

     此の歌をみて、あそびくさと為たまひき。


をたひのおほきみうたひたまへる歌二首

3819 夕立の雨うち降れば春日野の尾花がうれの白露思ほゆ

3820 夕づく日さすや川辺に作る屋のかたをよろしみうべそ寄り来る

     右の歌二首は、小鯛王の宴の日、琴を取るすなはち

     まづ此の歌をうたひたまひき。

     小鯛王ハ、マタノ名ハオキソメノタクミトイフ、斯ノ人ナリ。


こべのおほきみあざけりの歌一首

3821 うましものいづく飽かじをさかどらし角のふくれにしぐひ合ひにけむ

     右、むかし娘子有りき 姓ハ尺度氏ナリ。此の娘子、

     たふときうましをとこつまとふを聴かず、いやしきしこをの誂

     ふをきき。ここに兒部女王、此の歌を

     て、かたくなしきをあざけりたまふ。


ふるうたに曰く

3822 橘の寺の長屋に寝しうなゐはなりは髪上げつらむか

     右ノ歌、椎野連長年ガ説ニ曰ク、夫レ寺家ノ屋ハ、俗人

     ノ寝処ニアラズ。亦若冠ノ女ヲヒテウナヰハナリト曰ヘリ。

     然レバ腰ノ句已ニ放髪丱ト云ヘレバ、尾ノ句重ネテ著冠

     ノ辞ヲ云フベカラザルカトイヘリ。改メテ曰ク、

 3823 橘の照れる長屋にが率ねし童女放髪に髪上げつらむか


長忌寸意吉麻呂が歌やつ

3824 さす鍋に湯沸かせ子どもいちひつひはしより来むきつむさむ

     右の一首は、いひつてけらく、あるひとびと集ひてうたげす。

     時に夜ふけて狐の声聞こゆ。すなはちひとびと奥麿をいざな

     ひけらく、此のくさぐさのうつはもの、狐の声、河橋等の物に

     けて、歌よめといへり。即ち声にこたへて此の歌を作

     めり。

3825 すこも敷き青菜煮持ちうつはりむかはき懸けて休むこの君

     右の一首は、むかはきあをなすこも、屋のうつはりを詠める歌。

3826 はちすばはかくこそあるもの意吉麻呂が家なるものはうもの葉にあらし

     右の一首は、はちすばを詠める歌。

3827 ひとふたの目のみにあらず五つ六つ三つ四つさへありすぐろくのさえ

     右の一首は、すぐろくさえを詠める歌。

3828 こり焚ける塔にな寄りそ川隈のくそふなめるいためやつこ

     右の一首は、香、塔、厠、屎、鮒、奴を詠める歌。

3829 ひしほすひる搗きてて鯛願ふ我にな見せそなぎあつもの

     右の一首は、酢、醤、蒜、鯛、水葱を詠める歌。

3830 たまばはき刈り鎌麻呂室の木となつめが本を掻き掃かむため

     右の一首は、玉、掃、鎌、むろ、棗を詠める歌。

3831 池神の力士舞かも白鷺のほこひ持ちて飛び渡るらむ

     右の一首は、白鷺の木を啄ひて飛ぶを詠める歌。


忌部首がくさぐさの物を詠める歌一首

3832 からたちとうまら刈りけ倉建てむ屎遠くまれ櫛造るとじ


境部王の数種の物を詠みたまへる歌一首 穂積親王ノ子ナリ

3833 虎に乗り古屋を越えて青淵にみつち捕り来む剣大刀もが


よみひとしらざる歌一首

3834 なつめきみに粟つぎ延ふくずの後も逢はむとあほひ花咲く


新田部親王に献れる歌一首

3835 かつまたの池はあれ知るはちす無ししか言ふ君が鬚なき如し

     右或る人つたへけらく、新田部親王、みさと

     いでまして、勝間田の池をして、御心の中に

     でたまひ、の池より還りまして、忍ひか

     ねて、をみなに語りたまはく、今日ゆきて、勝

     間田池を見しに、水みちたたへて、はちす

     かがやけり。そのおもしろさかぎりなし。ここに

     婦人、此のたはれうたを作みて、すなはちうた

     きといへり。


ねぢけびとそしれる歌一首

3836 奈良山のこのてかしはふたおもにかにもかくにも侫人のとも

     右の歌一首は、博士せなのきみゆきふみまへつきみがよめる。


はちすばを詠める歌一首

3837 久かたの雨も降らぬか蓮葉に溜まれる水の玉に似たる見む

     右の歌一首は、いひつてけらく、右のつはもののとねり有り

     姓名未詳。 歌作みすることにへたり。時につかさ

     の家さけさかなけ、つかさびとたちあへす。ここに

     を盛るに、皆はちすばを用ふ。諸人たけなはにして、

     歌ひ舞ひ、駱駅つはもののとねりを誘ひて、其の荷葉に

     けて、歌を作めといへり。すなはち声にこたへて

     斯の歌を作めり。


心のく所無き歌二首

3838 我妹子がぬかに生ひたるすぐろくことひの牛の倉のの瘡

3839 我が背子がたふさきにせるつぶれ石の吉野の山にひをそ下がれる 懸有ハ、反シテ云ク、さがれる

     右の歌は、舎人親王、もとこびとのりごちたまはく、もし

     る所無き歌を作む者有らば、ぜにきぬたばらむとのり

     たまへり。時に大舎人安倍朝臣子祖父、乃ち斯の歌

     を作みてたてまつる。すなはち募る所の銭ふたちち給へりき。


池田朝臣が大神朝臣奥守をあざける歌一首

3840 寺々のめがき申さくおほみわの男餓鬼たばりてその子産まはむ

大神朝臣奥守が報へ嗤ける歌一首

3841 仏造るまそほ足らずば水溜まる池田のあそが鼻のを掘れ

或ヒト云ク、

平群朝臣が穂積朝臣をあざける歌一首

3842 わくごども草はな刈りそやほたでを穂積の朝臣が腋草を刈れ

穂積朝臣が和ふる歌一首

3843 いづくにそ真朱掘る丘こもたたみ平群の朝臣が鼻の上を掘れ


はにしのすくねみみちが、巨勢朝臣豊人が黒色を嗤咲ける歌一首

3844 ぬば玉のひだおほくろ見るごとに巨勢のをくろし思ほゆるかも

巨勢朝臣豊人が答ふる歌一首

3845 駒造るはししびまろ白くあればうべ欲しからむその黒色を

     右の歌は、伝云けらく、大舎人土師宿禰水通といふひと有り。

     あざなをば志婢麻呂と曰へり。時に大舎人巨勢朝臣豊人、あざな

     ばむつきまろと曰へり、巨勢斐太朝臣名字ハ忘レタリ。島村大夫ノ

     男ナリ。ふたりみなかほ黒かりき。ここに土師宿禰水通、斯の歌を

     作みて嗤咲けりぬ。かくて巨勢朝臣豊人これを聞きて、即ち

     和への歌を作みてむくあざけりきといへり。


戯れにほうしを嗤ける歌一首

3846 法師らが鬚の剃り杭馬繋ぎいたくな引きそ法師なか

法師が報ふる歌一首

3847 だむをちや然もな言ひそさとをさらがえつきはたらばなれも半ら欠む


いめうちによめる歌一首

3848 あらきたししたの稲を倉にこめてあなひねひねしが恋ふらくは

     右の歌一首は、いみべのおびとくろまろが、夢の裡に此の恋の歌を

     作みて友に贈り、覚めてうたはしむるにもとの如しといふ。


よのなかの常無きを厭ふ歌三首

3849 生き死にの二つの海を厭はしみ潮干の山を偲ひつるかも

3850 世の中のしきかりいほに住み住みて至らむ国のたづき知らずも

3852 いさな取り海や死にする山や死にする死ねこそ海は潮て山は枯れすれ

     右の歌三首は、河原寺のほとけどのの裡のやまとことおもに在り。


はこやの山の歌一首

3851 心をしむがうさとに置きてあらば藐姑射の山を見まく近けむ

     右の歌一首は、よみひとしらず


やせひとを嗤咲ける歌二首

3853 いはまろあれ物申す夏痩によしといふものそむなぎ取りせ 反シテ云ク、めせ

3854 痩す痩すも生けらば在らむをはたやはた鰻を捕ると川に流るな

     右、吉田連老といふひと有り。字をば石麻呂と曰へり。

     所謂仁教の子なり。其の老、かたちいたく痩せたり。

     多くのみくらへども、形うゑひとのごとし。此に因りて大伴

     宿禰家持、聊か斯の歌を作みてあざけりす。


高宮王のくさぐさの物を詠める歌二首

3855 葛英爾延ひおほとれるくそかづら絶ゆることなく宮仕へせむ

3856 ばらもむの作れる小田を食む烏まなぶた腫れてはたほこに居り


の君を恋ふる歌一首

3857 飯食めど 美味くもあらず 歩けども 安くもあらず

   茜さす 君が心し 忘れかねつも

     右の歌一首は、伝云けらく、さゐのおほきみまかたち有り。

     時にとのゐいとまなく、夫の君遇ひ難し。こころいたく結

     ぼれ、おもひまことに深し。ここにとのゐに当たる夜、夢

     の裡に相見る。おどろきてかきさぐれども手にも触れず。

     すなはちかなしみ、高く此の歌をうたひき。かれ

     王聞かして、あはれみたまひ、永へにとのゐすることを

     ゆるしき。


恋の歌二首

3858 この頃のが恋力記しくうに申さば五位のかがふり

3859 この頃のが恋力たばらずばみさとつかさに出でてうたへむ

     右の歌二首は、作者未詳。


つくしのみちのくちのくにしかあまが歌とを

3860 おほきみの遣はさなくにさかしらに行きし荒雄ら沖にそて振る

3861 荒雄らを来むか来じかといひ盛りて門に出で立ち待てど来まさず

3862 志賀の山いたくな伐りそ荒雄らがよすかの山と見つつ偲はむ

3863 荒雄らが行きにし日より志賀の海人の大浦たぬさぶしからずや

3864 つかさこそ差しても遣らめさかしらに行きし荒雄ら波に袖振る

3865 荒雄らはめこなりをば思はずろ年の八年を待てど来まさず

3866 沖つ鳥鴨とふ船の帰り来ばやらさきもり早く告げこそ

3867 沖つ鳥鴨とふ船は也良の崎みて榜ぎ来と聞こえ来ぬかも

3868 沖行くや赤らをぶねつと遣らばけだし人見て解き開け見むかも

3869 大船に小船引き添へかづくとも志賀の荒雄に潜き逢はめやも

     右、神亀のとしおほみこともちのつかさ、筑前国宗像郡の

     おほみたから、宗形部津麻呂を差して、對馬のかてを送る

     舶のかぢとりつ。時に津麻呂、かすや郡志賀村の白

     水郎、荒雄が許にきて語りけらく、「あれことあり。

     もし許さじか」。荒雄答へけらく、「僕こほりかはれど

     も、船にあひのること日久し。志はらからより篤し。ともにし

     ぬとも、なぞもいなまむ」。津麻呂が曰く、「つかさあれ

     を差して對馬のかてを送る舶のかぢとりつ。よはひおとろ

     へ海つに堪へず。かれ来たりてさもらふ。願はくは相

     替りてよ」。ここに荒雄、うべなひて遂にの事に従ひ、

     肥前国松浦県みみらくの埼よりふなだちして、直に對馬

     を射して海を渡る。すなはちそらくらがり、よこしまかぜ雨に

     交じり、竟におひて無くして、うみしづみき。かれ

     等、しぬひかねて此の謌をめり。或ひは、筑前

     国守山上憶良臣、妻子の傷みをかなしみ、志を述べて此

     の歌を作めりといへり。


無名歌六首

3870 紫のこかたの海にかづく鳥玉潜き出ばが玉にせむ

     右の歌一首。

3872 吾が門のの実もりももちどり千鳥は来れど君そ来まさぬ

3873 吾が門に千鳥しば鳴く起きよ起きよ我がひとよづま人に知らゆな

     右の歌二首。

3871 つぬしまの瀬戸の若布は人のむた荒かりしかどむたにきめ

     右の歌一首。

3874 射ゆししつなぐ川辺のわかくさの身の若かへにさ寝し子らはも

     右の歌一首。

3875 琴酒を おしたる小野ゆ 出づる水 ぬるくは出でず

   ましみづの 心もけやに 思ほゆる 音の少なき

   道に逢はぬかも 少なきよ 道に逢はさば いろせる

   すががさをがさ がうなげる 玉の七つ緒 取り替へも

   申さむものを 少なきよ 道に逢はぬかも

     右の歌一首。


とよくにのみちのくちあまが歌一首

3876 豊国のきくの池なる菱のうれを摘むとや妹が御袖濡れけむ


とよくにのみちのしりの白水郎が歌一首

3877 紅に染めてし衣雨降りてにほひはすとも移ろはめやも


能登の国の歌三首

3878 はしたての くまきのやらに 新羅斧 落し入れわし

   懸けて懸けて な泣かしそね 浮き出づるやと 見むわし

     右の歌一首は、伝云けらく、或るかたくなひと、斧の

     うみに堕ちて、かねしづきて浮かばざることをさと

     ざりしかば、聊か此の歌をよみてさとせりき。

3879 梯立の 熊来酒屋に まらる 奴わし

   さすひ立て なましを ま罵らる 奴わし

     右一首。

3880 香島の 机の島の したたみを いひりひ持ち来て

   石もち つつきはふり 早川に 洗ひ濯ぎ

   辛塩に ここと揉み たかつきに盛り 机に立てて

   母にまつりつや つ児の刀自 父に奉りつや み女つ児の刀自


こしのみちのなかのくにの歌四首

3881 大野道はしげちもりぢ繁くとも君し通はば道は広けむ

3882 しぶたにふたかみやまに鷲ぞ子といふさしはにも君が御為に鷲ぞ子産といふ

3883 いやひこおのれ神さび青雲の棚引く日すら小雨そほ降る 一ニ云ク、あなに神さび

3884 伊夜彦の神の麓に今日らもかの伏せるらむ皮衣着て角つけながら


ほかひひとうた二首

3885 いとこ なせの君 居り居りて 物にい行くと

   からくにの 虎といふ神を 生け捕りに 八つ捕り持ち来

   その皮を 畳に刺し 八重畳 へぐりの山に

   うつきと さつきほとに 薬猟 仕ふる時に

   あしひきの この片山に 二つ立つ いちひが本に

   梓弓 八つたばさみ ひめかぶら 八つ手挟み

   しし待つと が居る時に さ牡鹿の 来立ち嘆かく

   たちまちに あれは死ぬべし おほきみに あれは仕へむ

   つぬは 御笠のやし 吾が耳は 御墨のつぼ

   吾が目らは 真澄の鏡 吾が爪は 御弓のゆはず

   吾が毛らは 御筆のやし 吾が皮は 御箱の皮に

   吾がししは みなます栄やし 吾が肝も 御膾栄やし

   吾がみぎは 御塩の栄やし 老いはてぬ 我が身一つに

   七重花咲く 八重花咲くと 申しやさね 申し賞やさね

     右の歌一首は、鹿の為におもひを述べてよめり。


3886 押し照るや 難波のをえに いほ作り なまりて居る

   葦蟹を おほきみ召すと 何せむに  を召すらめや

   明らけく は知ることを うたひとと を召すらめや

   笛吹きと  我を召すらめや 琴弾きと を召すらめや

   かもかくも みこと受けむと 今日今日と 飛鳥に至り

   置かねども おきなに至り つかねども つくぬに至り

   ひむかしの 中の御門ゆ 参り来て 命受くれば

   馬にこそ ふもだし掛くもの 牛にこそ 鼻縄はくれ

   あしひきの この片山の もむにれを いほえ剥き垂り

   天照るや 日のに干し さひづるや からうすに舂き

   庭に立つ すりうすに舂き 押し照るや 難波の小江の

   はつたれを 辛く垂り来て すゑひとの 作れるかめ

   今日行きて 明日取り持ち来 我が目らに 塩塗り給ひ

   もちはやすも もちはやすも

     右の歌一首は、蟹の為におもひを述べてよめり。


おどろしき物の歌三首

3887 天なるやささらの小野にちかや刈りかや刈りばかに鶉を立つも

3888 沖つ国らす君がめ屋形黄染めの屋形神が渡る

3889 ひとたまのさなる君が唯独り逢へりし雨夜は久しく思ほゆ