万葉集 (鹿持雅澄訓訂)/巻第八

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

やまきにあたるまき


春のくさぐさのうた


志貴皇子のよろこびのみうたひとつ

1418 いはばしる垂水の上のさ蕨の萌える春になりにけるかも


かがみのおほきみの歌一首

1419 かんなびいはせの杜の呼子鳥いたくな鳴きそが恋まさる


するがのうねべが歌一首

1420 あわゆきかはだれに降ると見るまでに流らへ散るは何の花そも


をはりのむらじが歌ふたつ

1421 春山のさきたをりに春菜摘む妹が白紐見らくしよしも

1422 打ち靡く春来たるらし山のの遠きこぬれの咲きゆく見れば


なかのものまをすつかさ阿倍廣庭のまへつきみの歌一首

1423 こぞの春いこじて植ゑし我が屋戸の若木の梅は花咲きにけり


山部宿禰赤人が歌よつ

1424 春の野にすみれ摘みにと来しあれぞ野をなつかしみ一夜寝にける

1425 あしひきの山桜花日並べてかく咲きたらばいと恋ひめやも

1426 我が背子に見せむとひし梅の花それとも見えず雪の降れれば

1427 明日よりは春菜摘まむとめし野に昨日も今日も雪は降りつつ


くさかやまの歌一首

1428 押し照る 難波を過ぎて 打ち靡く 草香の山を

   夕暮に が越え来れば 山もに 咲けるあしび

   しからぬ 君をいつしか 行きて早見む

     右のひとうたは、よみひといやしきに依りてを顕さず。


桜の花の歌一首、またみじかうた

1429 をとめらが かざしのために みやびをの かづらのためと

   敷きませる 国のはたてに 咲きにける 桜の花の 匂ひはもあなに

反し歌

1430 こぞの春逢へりし君に恋ひにてき桜の花は迎へけらしも

     右の二首は、わかみやのあゆまろうたへりき。


山部宿禰赤人が歌一首

1431 くだらぬの萩の古枝に春待つと来居し鴬鳴きにけむかも


大伴坂上郎女が柳の歌二首

1432 我が背子が見らむ佐保道の青柳を手折りてだにも見むよしもがも

1433 打ち上ぐる佐保の川原の青柳は今は春へとなりにけるかも


大伴宿禰みよりが梅の歌一首

1434 霜雪もいまだ過ぎねば思はぬに春日の里に梅の花見つ


あつみのおほきみの歌一首

1435 かはづ鳴く神奈備川に影見えて今や咲くらむ山吹の花


大伴宿禰村上が梅の歌二首

1436 ふふめりと言ひし梅が枝今朝降りし沫雪にあひて咲きぬらむかも

1437 霞立つ春日の里の梅の花あらしの風に散りこすなゆめ


大伴宿禰するがまろが歌一首

1438 霞立つ春日の里の梅の花花に問はむとはなくに


中臣朝臣むらじが歌一首

1439 時は今は春になりぬとみ雪降る遠山のに霞たなびく


かはへのあそみあづまひとが歌一首

1440 春雨のしくしく降るにたかまとの山の桜はいかにかあるらむ


大伴宿禰家持が鴬の歌一首

1441 打ちらし雪は降りつつしかすがにわぎへの苑に鴬鳴くも


おほくらのすなきすけたぢひのやぬしのまひとが歌一首

1442 なにはへに人の行ければ後れ居て春菜摘む子を見るが悲しさ


丹比真人おとまろが歌一首

1443 霞立つ野のの方に行きしかば鴬鳴きつ春になるらし


高田女王の歌一首

1444 山吹の咲きたる野辺のつほすみれこの春の雨に盛りなりけり


大伴坂上郎女が歌一首

1445 風交り雪は降るとも実にならぬわぎへの梅を花に散らすな


大伴宿禰家持がきぎしの歌一首

1446 春の野にあさる雉の妻恋におのがあたりを人に知れつつ


大伴坂上郎女が歌一首

1447 世の常に聞けば苦しき呼子鳥声なつかしき時にはなりぬ

     右ノ一首、天平四年三月一日、佐保ノ宅ニテメリ。


春のしたしみうた


大伴宿禰家持がさかのへの家のおほいらつめに贈れる歌一首

1448 我が屋戸に蒔きし撫子いつしかも花に咲きなむなそへつつ見む


おほとものたむらのいへの大嬢がいもさかのへのおほいらつめおくれる歌一首

1449 ちばな抜く浅茅が原のつほすみれ今盛りなりが恋ふらくは


大伴宿禰家持が坂上郎女に贈れる歌一首

1450 心ぐきものにぞありける春霞たなびく時に恋の繁きは


笠女郎が大伴家持に贈れる歌一首

1451 水鳥の鴨の羽色の春山のおほつかなくも思ほゆるかも


紀女郎が歌一首

1452 闇ならばうべも来まさじ梅の花咲けるつくよに出でまさじとや


てむひやういつとせといふとしみづのととりのちのやよひ、笠朝臣金村がもろこしにつかはすつかひに贈れる歌一首、また短歌

1453 玉たすき 懸けぬ時なく 息の緒に 我がふ君は

   うつせみの 世の人なれば おほきみの みこと畏み

   夕されば たづが妻呼ぶ 難波潟 御津の崎より

   大船に まかぢしじき 白波の 高きあるみ

   島伝ひ い別れ行かば 留まれる あれぬさ取り

   いはひつつ 君をば待たむ 早帰りませ

反し歌

1454 波のよ見ゆるこしまの雲隠りあな息づかし相別れなば

1455 玉きはる命に向ひ恋ひむよは君が御船のかぢつかにもが


藤原朝臣廣嗣が桜の花を娘子に贈れる歌一首

1456 この花のひとよのうちにももくさの言ぞこもれるおほろかにすな

娘子が和ふる歌一首

1457 この花の一節のうちは百種の言持ちかねて折らえけらずや


厚見王の久米女郎に贈れる歌一首

1458 屋戸にある桜の花は今もかも松風いたみ土に散るらむ

久米女郎が報へまつれる歌一首

1459 世の中も常にしあらねば屋戸にある桜の花の散れる頃かも


紀女郎がねぶのはなちばなとを折りぢて、大伴宿禰家持に贈れる歌二首

1460 戯奴 カヘリテ云ク、ワケ がためが手もすまに春の野に抜ける茅花ぞして肥えませ

1461 昼は咲き夜は恋ひねぶの花あれのみ見めやわけさへに見よ


大伴家持が贈こたふる歌二首

1462 が君に戯奴は恋ふらしたばりたる茅花をめどいや痩せに痩す

1463 我妹子が形見の合歓木は花のみに咲きてけだしく実にならじかも


大伴家持が坂上大嬢に贈れる歌一首

1464 春霞たなびく山のへなれれば妹に逢はずて月ぞ経にける

     右、久邇京ヨリ寧樂ノ宅ニ贈レリ。


夏のくさぐさのうた


ふぢはらのおほとじの歌一首

1465 ほととぎすいたくな鳴きそが声をさつきの玉にあへくまでに


志貴皇子の御歌一首

1466 神奈備の石瀬の杜の霍公鳥ならしの岡にいつか来鳴かむ


弓削皇子の御歌一首

1467 霍公鳥無かる国にも行きてしかその鳴く声を聞けば苦しも


をはりだの廣瀬王の霍公鳥の歌一首

1468 霍公鳥声聞く小野の秋風に萩咲きぬれや声の乏しき


沙弥が霍公鳥の歌一首

1469 あしひきの山霍公鳥汝が鳴けば家なる妹し常に思ほゆ


とりのせむりやうが歌一首

1470 もののふの石瀬の杜の霍公鳥今も鳴かぬか山のとかげ


山部宿禰赤人が歌一首

1471 恋しけば形見にせむと我が屋戸に植ゑし藤波今咲きにけり


のりのつかさのおほきすけいそのかみのかつをの朝臣が歌一首

1472 霍公鳥来鳴きとよもす卯の花のむたやなりしと問はましものを

     右、神亀五年戊辰、太宰帥大伴卿ノ妻大伴郎女、

     病ニ遇ヒテ長逝ス。時ニ勅使式部大輔石上朝臣

     堅魚ヲ太宰府イ遣シテ、弔喪ト賜物トセシム。

     其ノ事既ニ畢リテ、駅使ト府ノ諸卿大夫等ト、

     共ニ記夷城ニ登リテ望遊セシ日、乃チ此ノ歌ヲ

     作メリ。


おほみこともちのかみおほとものまへつきみの和へたまへる歌一首

1473 橘の花散る里の霍公鳥片恋しつつ鳴く日しぞ多き


大伴坂上郎女が筑紫のおほきのやましぬふ歌一首

1474 今もかも大城の山に霍公鳥鳴き響むらむあれ無けれども


大伴坂上郎女が霍公鳥の歌一首

1475 何しかもここだく恋ふる霍公鳥鳴く声聞けば恋こそまされ


小治田朝臣ひろみみが歌一首

1476 独り居て物ふ宵に霍公鳥こよ鳴き渡る心しあるらし


大伴家持が霍公鳥の歌一首

1477 卯の花もいまだ咲かねば霍公鳥佐保の山辺に来鳴き響もす


大伴家持が橘の歌一首

1478 我が屋戸の花橘のいつしかも玉に貫くべくその実なりなむ


大伴家持がひぐらしの歌一首

1479 籠りのみ居ればいふせみ慰むと出で立ち聞けば来鳴くひぐらし


大伴ふみもちが歌二首

1480 我が屋戸に月おし照れり霍公鳥心ある今宵来鳴き響もせ

1481 我が屋戸の花橘に霍公鳥今こそ鳴かめ友に逢へる時


大伴きよなはが歌一首

1482 皆人の待ちし卯の花散りぬとも鳴く霍公鳥あれ忘れめや


いほりのきみもろたちが歌一首

1483 我が背子が屋戸の橘花をよみ鳴く霍公鳥見にぞが来し


大伴坂上郎女が歌一首

1484 霍公鳥いたくな鳴きそ独り居ての寝らえぬに聞けば苦しも


大伴家持がはねずの歌一首

1485 夏まけて咲きたるはねず久かたの雨うち降らば移ろひなむか


大伴家持が霍公鳥のおそきを恨む歌二首

1486 我が屋戸の花橘を霍公鳥来鳴かず土に散らしなむとか

1487 霍公鳥思はずありきこのくれのかくなるまでに何か来鳴かぬ


大伴家持が霍公鳥をよころぶ歌一首

1488 いづくには鳴きもしにけむ霍公鳥わぎへの里に今日のみぞ鳴く


大伴家持が橘の花を惜しむ歌一首

1489 我が屋戸の花橘は散り過ぎて玉に貫くべく実になりにけり


大伴家持が霍公鳥の歌一首

1490 霍公鳥待てど来鳴かず菖蒲草玉に貫く日をいまだ遠みか


大伴家持が、雨のふる日霍公鳥の喧くを聞きてよめる歌一首

1491 卯の花の過ぎば惜しみか霍公鳥あままも置かずこよ鳴き渡る


橘の歌一首 うかれめ

1492 君がの花橘はりにけり花なる時に逢はましものを


大伴村上が橘の歌一首

1493 我が屋戸の花橘を霍公鳥来鳴き響めて土に散らしつ


大伴家持が霍公鳥の歌二首

1494 夏山のこぬれしじに霍公鳥鳴き響むなる声の遥けさ

1495 あしひきのの間立ちく霍公鳥かく聞きそめて後恋ひむかも


大伴家持がなでしこの歌一首

1496 我が屋戸の撫子の花盛りなり手折りて一目見せむ子もがも


筑波山に登らざりしを惜しむ歌一首

1497 つくばねが行けりせば霍公鳥山びこ響め鳴かましやそれ

     右ノ一首ハ、高橋連蟲麻呂ノ歌集ノ中ニ出ヅ。


夏のしたしみうた


大伴坂上郎女が歌一首

1498 いとま無み来まさぬ君に霍公鳥がかく恋ふと行きて告げこそ


大伴よつなはが宴にうたへる歌一首

1499 こと繁み君は来まさず霍公鳥なれだに来鳴け朝戸開かむ


大伴坂上郎女が歌一首

1500 夏の野の繁みに咲ける姫百合の知らえぬ恋は苦しきものを


小治田朝臣廣耳が歌一首

1501 霍公鳥鳴くの上の卯の花の憂きことあれや君が来まさぬ


大伴坂上郎女が歌一首

1502 五月山花橘を君がため玉にこそけ散らまく惜しみ


紀朝臣豊河が歌一首

1503 我妹子が家のかきつのさ百合花ゆりと言へればいなちふに似つ


高安の歌一首

1504 暇無み五月をすらに我妹子が花橘を見ずか過ぎなむ


おほみわのいらつめが大伴家持に贈れる歌一首

1505 霍公鳥鳴きしすなはち君がに行けと追ひしは至りけむかも


おほとものたむらのおほいらつめが妹坂上大嬢におくれる歌一首

1506 故郷のならしの岡の霍公鳥言告げ遣りし如何に告げきや


大伴家持が、たちばなを攀ぢて坂上大嬢に贈れる歌一首、また短歌

1507 いつしかと 待つ我が屋戸に 百枝さし 生ふる橘

   玉に貫く 五月を近み あえぬがに 花咲きにけり

   朝にに 出で見るごとに 息の緒に ふ妹に

   まそかがみ 清き月夜に ただ一目 見せむまでには

   散りこすな ゆめと言ひつつ ここだくも るものを

   うれたきや しこ霍公鳥 暁の うら悲しきに

   追へど追へど なほし来鳴きて いたづらに 土に散らせば

   すべをなみ 攀ぢて手折りつ 見ませわぎもこ

反し歌

1508 もちくだち清き月夜に我妹子に見せむとひし屋戸の橘

1509 妹が見て後も鳴かなむ霍公鳥花橘を土に散らしつ


大伴家持が紀女郎に贈れる歌一首

1510 撫子は咲きて散りぬと人は言へどが標めし野の花にあらめやも


秋のくさぐさのうた


崗本天皇のみよみませるおほみうた一首

1511 夕されば小倉の山に鳴く鹿の今夜は鳴かずいにけらしも


大津皇子の御歌一首

1512 たても無くぬきも定めずをとめらが織れるもみちに霜な降りそね


穂積皇子の御歌二首

1513 今朝のあさけ雁が聞きつ春日山もみちにけらしが心痛し

1514 秋萩は咲きぬべからし我が屋戸の浅茅が花の散りぬる見れば


但馬皇女の御歌一首 一書ニ云ク、子部王ノ作

1515 こと繁き里に住まずば今朝鳴きし雁にたぐひて行かましものを


山部王のもみちを惜しみたまへる歌一首

1516 秋山ににほふ木の葉のうつりなばさらにや秋を見まく欲りせむ


長屋王の歌一首

1517 うまさけ三輪のいはひの山照らす秋のもみちば散らまく惜しも


山上臣憶良がなぬかのよの歌とをまりふたつ

1518 天の川相向き立ちてが恋ひし君来ますなり紐解きけな

     右、養老八年七月七日、令ニ応ヘテ作メリ。

1519 久かたの天の川瀬に船浮けて今夜か君があがり来まさむ

     右、神亀元年七月七日ノ夜、左大臣ノ宅ニテ作メリ。

1520 ひこほしは たなばたつめと あめつちの 別れし時ゆ

   いなむしろ 川に向き立ち 思ふそら 安からなくに

   嘆くそら 安からなくに 青波に 望みは絶えぬ

   白雲に 涙は尽きぬ かくのみや 息づき居らむ

   かくのみや 恋ひつつあらむ さ塗りの をぶねもがも

   玉巻きの 真櫂もがも 朝凪に い掻き渡り

   夕潮に い榜ぎ渡り 久かたの 天の川原に

   天飛ぶや ひれ片敷き 真玉手の 玉手さし

   あまたたび いも寝てしかも 秋にあらずとも

反し歌

1521 かぜくもは二つの岸に通へどもが遠妻の言ぞ通はぬ

1522 たぶてにも投げ越しつべき天の川隔てればかもあまたすべなき

     右、天平元年七月七日ノ夜、憶良、天ノ河ヲ

     仰ギ観テ作メリ。一ニ云ク、帥ノ家ノ作。

1523 秋風の吹きにし日よりいつしかとが待ち恋ひし君ぞ来ませる

1524 天の川いと川波は立たねどもさもらひ難し近きこの瀬を

1525 袖振らば見もかはしつべく近けども渡るすべなし秋にしあらねば

1526 かぎろひのほのかに見えて別れなばもとなや恋ひむ逢ふ時までは

     右、天平二年七月八日ノ夜、帥ノ家ニ集会フ。

1527 ひこほしの妻迎へ船榜ぎらし天の川原に霧の立てるは

1528 霞立つ天の川原に君待つとい通ふほとに裳の裾濡れぬ

1529 天の川浮津のなみと騒くなりが待つ君し舟出すらしも


おほみこともちまへつきみたち、またつかさびとたちが、つくしのみちのくちのくにあしきうまやに宴する歌二首

1530 をみなへし秋萩交じる蘆城の野今日を始めて万代に見む

1531 玉くしげ蘆城の川を今日見てば万代までに忘らえめやも

     右の二首は、よみひとしらず


笠朝臣金村がいかごやまにてよめる歌二首

1532 草枕旅ゆく人も行き触ればにほひぬべくも咲ける萩かも

1533 伊香山野辺に咲きたる萩見れば君が家なるをばなし思ほゆ


石川朝臣をきなが歌一首

1534 をみなへし秋萩折らな玉ほこの道行きつとと乞はむ子のため


藤原宇合の卿の歌一首

1535 我が背子をいつぞ今かと待つなへにおもやは見えむ秋の風吹く


えむたちしが歌一首

1536 宵に逢ひてあした面なみ名張野の萩は散りにきもみちはや継げ


山上臣憶良が秋野の花を詠める歌二首

1537 秋の野に咲きたる花をおよび折りかき数ふれば七くさの花 其一

1538 萩の花尾花葛花なでしこの花をみなへしまた藤袴朝顔の花 其二


すめらみことのみよみませる御製歌二首

1539 秋の田の穂田を雁が音暗けくに夜のほどろにも鳴き渡るかも

1540 今朝の朝明雁が音寒く聞きしなべ野辺の浅茅ぞ色づきにける


おほみこともちのかみ大伴卿の歌二首

1541 が岡にさ牡鹿来鳴くさきはぎの花妻問ひに来鳴くさ牡鹿

1542 が岡の秋萩の花風をいたみ散るべくなりぬ見む人もがも


三原王の歌一首

1543 秋の露は移しなりけり水鳥の青葉の山の色づく見れば


湯原王のなぬかのよの歌二首

1544 ひこほしの思ひますらむ心よも見るあれ苦し夜の更けゆけば

1545 たなばたの袖く宵のあかときは川瀬のたづは鳴かずともよし


市原王の七夕の歌一首

1546 妹がりとが行く道の川なればあゆひなだすと夜ぞ更けにける


藤原朝臣やつかが歌一首

1547 さ牡鹿の萩にき置ける露の白玉あふさわに誰の人かも手に巻かむちふ


大伴坂上郎女がおくての萩の歌一首

1548 咲く花もうつろふはし奥手なる長き心になほしかずけり


いものしのかみ紀朝臣かひとが、ゆけひのおほきまつりごとひと大伴宿禰いなきみとみたどころに至りてよめる歌一首

1549 いめ立てて跡見の岡辺の撫子の花ふさ手折りあれは持ちなむ奈良人のため


湯原王がしかの歌一首

1550 秋萩の散りのまがひに呼び立てて鳴くなる鹿の声の遥けさ


市原王の歌一首

1551 時待ちてしぐれの雨の降りしくに朝香の山のもみたひぬらむ


湯原王のこほろぎの歌一首

1552 ゆふづくよ心もしぬに白露の置くこの庭に蟋蟀鳴くも


衛門大尉大伴宿禰稲公が歌一首

1553 しぐれの雨間無くし降れば御笠山こぬれあまねく色づきにけり

大伴家持がこたふる歌一首

1554 大王の御笠の山のもみちばは今日の時雨に散りか過ぎなむ


あきのおほきみの歌一首

1555 秋立ちていくかもあらねばこの寝ぬる朝明の風は手本寒しも


いみべのおびとくろまろが歌一首

1556 秋田刈るかりほもいまだこぼたねば雁が音寒し霜も置きぬがに


故郷のとよらのてらの尼がいへに宴する歌三首

1557 明日香川ゆきむ岡の秋萩は今日降る雨に散りか過ぎなむ

     右の一首は、丹比真人國人。

1558 鶉鳴く古りにし里の秋萩を思ふ人どち相見つるかも

1559 秋萩は盛り過ぐるをいたづらにかざしに挿さず帰りなむとや

     右の二首は、さみにども


大伴坂上郎女がとみたどころにてよめる歌二首

1560 妹が目を跡見の崎なる秋萩はこの月ごろは散りこすなゆめ

1561 よなばりゐかひの山に伏す鹿の妻呼ぶ声を聞くがともしさ


かむこべのまそをとめが雁の歌一首

1562 たれ聞きつこよ鳴き渡る雁が音の妻呼ぶ声のともしきまでに

大伴家持が和ふる歌一首

1563 聞きつやと妹が問はせる雁が音はまことも遠く雲隠るなり


へきのながえのをとめが歌一首

1564 秋づけば尾花が上に置く露の消ぬべくもは思ほゆるかも

大伴家持が和ふる歌一首

1565 我が屋戸の一むら萩を思ふ子に見せずほとほと散らしつるかも


大伴家持が秋の歌よつ

1566 久かたのあままも置かず雲隠り鳴きぞゆくなるわさだ雁が音

1567 雲隠り鳴くなる雁の行きて居む秋田の穂立繁くし思ほゆ

1568 雨ごもり心いふせみ出で見れば春日の山は色づきにけり

1569 雨晴れて清く照りたるこの月夜また更にして雲なたなびき

     右ノ四首ハ、天平八年丙子秋九月ニ作メリ。


藤原朝臣八束が歌二首

1570 ここにありて春日やいづくあまつつみ出でて行かねば恋ひつつぞ居る

1571 春日野に時雨降る見ゆ明日よりは黄葉かざさむ高圓の山


大伴家持が白露の歌一首

1572 我が屋戸の尾花が上の白露をたずて玉にくものにもが


大伴村上が歌一首

1573 秋の雨に濡れつつ居ればいやしけどわぎもが屋戸し思ほゆるかも


みぎのおほまへつきみ橘の家にて宴する歌七首

1574 雲のに鳴くなる雁の遠けども君に逢はむとたもとほり来つ

1575 雲の上に鳴きつる雁の寒きなべ萩の下葉はもみちつるかも

     右ふたうた

1576 この岡に小鹿踏み起しうか狙ひかもかもすらく君故にこそ

     右のひとうたは、長門守巨曽倍朝臣津島。

1577 秋の野の尾花がうれを押しなべて来しくもしるく逢へる君かも

1578 今朝鳴きてゆきし雁が音寒みかもこの野の浅茅色づきにける

     右の二首は、阿倍朝臣蟲麻呂。

1579 朝戸開けて物ふ時に白露の置ける秋萩見えつつもとな

1580 さ牡鹿の来立ち鳴く野の秋萩は露霜負ひて散りにしものを

     右の二首は、あやのいみきうまかひ

     天平十年戊寅秋八月二十日。


橘朝臣奈良麻呂が宴するときの歌とをまりひとつ

1581 手折らずて散らば惜しみとひし秋のもみちかざしつるかも

1582 めづらしき人に見せむともみち葉を手折りそが来し雨の降らくに

     右の二首は、橘朝臣奈良麻呂。

1583 もみち葉を散らす時雨に濡れて来て君がもみちをかざしつるかも

     右の一首は、久米女王。

1584 めづらしとふ君は秋山の初もみち葉に似てこそありけれ

     右の一首は、ながのいみきがむすめ

1585 奈良山の嶺のもみち葉取れば散る時雨の雨し間無く降るらし

     右の一首は、うちとねり縣犬養宿禰吉男。

1586 もみち葉を散らまく惜しみ手折り来て今宵かざしつ何か思はむ

     右の一首は、縣犬養宿禰持男。

1587 あしひきの山のもみち葉今夜もか浮かびゆくらむ山川の瀬に

     右の一首は、大伴宿禰書持。

1588 奈良山をにほふもみち葉手折り来て今夜かざしつ散らば散るとも

     右の一首は、みてしろのひとな

1589 露霜にあへるもみちを手折り来て妹と挿頭しつ後は散るとも

     右の一首は、はたのこべまろ

1590 かみなつき時雨にあへるもみち葉の吹かば散りなむ風のまにまに

     右の一首は、大伴宿禰池主。

1591 もみち葉の過ぎまく惜しみ思ふどち遊ぶ今夜は明けずもあらぬか

     右の一首は、内舎人大伴宿禰家持。

     以前冬十月十七日、右大臣橘卿ノ旧宅ニ集ヒテ宴飲ス。


大伴坂上郎女が竹田の庄にてよめる歌二首

1592 もだあらずいほしろ小田を刈り乱りたぶせに居れば都し思ほゆ

1593 こもりくの泊瀬の山は色づきぬ時雨の雨は降りにけらしも

     右、天平十一年己卯秋九月ニ作メリ。


仏の前にて唱ふ歌一首

1594 時雨の雨間無くな降りそ紅ににほへる山の散らまく惜しも

     右、かみなつききさきのみやゆゐまかうに、ひねもすもろこしこま

     等のくさぐさうたまひつかへまつり、すなはち此のうた

     唄ふ。琴弾きは市原王、おさかのおほきみ後、大原真人赤麻呂

     ヲ賜姓フ。うたひとは田口朝臣やかもり、河邊朝臣あづまひと

     おきそめのむらじはつせとたりまりのひとなり。


大伴宿禰かたみが歌一首

1595 秋萩の枝もとををに降る露の消なば消ぬとも色に出でめやも


大伴宿禰家持が娘子の門に到りてよめる歌一首

1596 妹がの門田を見むとうち出で来し心もしるく照る月夜かも


大伴宿禰家持が秋の歌三首

1597 秋の野に咲ける秋萩秋風に靡ける上に秋の露置けり

1598 さ牡鹿の朝立つ野辺の秋萩に玉と見るまで置ける白露

1599 さ牡鹿のむな分けにかも秋萩の散り過ぎにける盛りかも去ぬる

     右、天平十五年癸未秋八月、物色ヲ見テ作メリ。


内舎人石川朝臣廣成が歌二首

1600 妻恋に鳴く山辺の秋萩は露霜寒み盛り過ぎゆく

1601 めづらしき君が家なるはたすすき穂にる秋の過ぐらく惜しも


大伴宿禰家持がしかの歌二首

1602 山びこの相とよむまで妻恋に鹿鳴く山辺に独りのみして

1603 このごろの朝明に聞けばあしひきの山を響もしさ牡鹿鳴くも

     右ノ二首、天平十五年癸未八月十六日ニ作メリ。


おほはらのまひといまきが寧樂の故郷をしむ歌一首

1604 秋されば春日の山の黄葉見る奈良の都の荒るらく惜しも


大伴宿禰家持が歌一首

1605 高圓の野辺の秋萩このごろのあかとき露に咲きにけむかも


秋のしたしみうた


額田王の近江天皇をしぬひてよみたまへる歌一首

1606 君待つとが恋ひをれば我が屋戸の簾動かし秋の風吹く


鏡女王のよみたまへる歌一首

1607 風をだに恋ふるはともし風をだに来むとし待たば何か嘆かむ


弓削皇子の御歌一首

1608 秋萩の上に置きたる白露のかもしなまし恋ひつつあらずは


丹比真人が歌一首

1609 宇陀の野の秋萩しぬぎ鳴く鹿も妻に恋ふらくあれには益さじ


にふのおほきみの太宰帥大伴卿に贈りたまへる歌一首

1610 高圓の秋野の上の撫子の花うら若み人の挿頭しし撫子の花


かさぬひのおほきみの歌一首

1611 あしひきの山下響み鳴く鹿の声ともしかもが心つま


石川かけのいらつめが歌一首

1612 かむさぶといなにはあらず秋草の結びし紐を解くは悲しも


賀茂女王の歌一首

1613 秋の野を朝ゆく鹿の跡もなく思ひし君に逢へる今宵か

     右ノ歌、或ハ云ク椋橋部女王、或ハ云ク笠縫女王ノ作。


遠江守櫻井王の天皇に奉らせる歌一首

1614 ながつきのその初雁の使にも思ふ心は聞こえ来ぬかも

天皇のこたへませるおほみうた一首

1615 大の浦のその長浜に寄する波ゆたけく君を思ふこのごろ


笠女郎が大伴宿禰家持に贈れる歌一首

1616 朝ごとに見る我が屋戸の撫子が花にも君はありこせぬかも


山口女王の大伴宿禰家持に贈りたまへる歌一首

1617 秋萩に置きたる露の風吹きて落つる涙は留みかねつも


湯原王の娘子に贈りたまへる歌一首

1618 玉にぬき消たずたばらむ秋萩のうれわわら葉に置ける白露


大伴家持が、をば坂上郎女の竹田の庄に至りてよめる歌一首

1619 玉ほこの道は遠けどしきやし妹を相見に出でてぞが来し

大伴坂上郎女が和ふる歌一首

1620 あら玉の月立つまでに来まさねばいめにし見つつ思ひぞがせし

     右ノ二首、天平十一年己卯秋八月ニ作メリ。


巫部麻蘇娘子が歌一首

1621 我が屋戸の萩が花咲けり見に来ませいま二日ばかりあらば散りなむ


大伴田村大嬢が妹さかのへのおほいらつめおくれる歌二首

1622 我が屋戸の秋の萩咲く夕影に今も見てしか妹が姿を

1623 我が屋戸ににほふかへるで見るごとに妹を懸けつつ恋ひぬ日はなし


坂上大娘がいなかづらを大伴宿禰家持に贈れる歌一首

1624 が蒔けるわさだの穂立作りたる蘰そ見つつ偲はせ我が背

大伴宿禰家持がこたふる歌一首

1625 我妹子がなりと作れる秋の田のわさほの蘰見れど飽かぬかも

また著ならせる衣を脱きて家持に贈れるに報ふる歌一首

1626 秋風の寒きこのごろ下に着む妹が形見とかつも偲はむ

     右ノ三首、天平十一年己卯秋九月ニ徃来ス。


大伴宿禰家持が、ときじくの藤の花、またはぎもみちふたくさりて、坂上大嬢に贈れる歌二首

1627 我が屋戸の時じく藤のめづらしく今も見てしか妹が笑まひを

1628 我が屋戸の萩の下葉は秋風もいまだ吹かねばかくぞもみてる

     右ノ二首、天平十二年庚辰夏六月ニ徃来ス。


大伴宿禰家持が坂上大嬢に贈れる歌一首、また短歌

1629 ねもころに 物を思へば 言はむすべ 為むすべもなし

   妹とが 手携さはりて あしたには 庭に出で立ち

   夕へには 床うち払ひ 白妙の 袖さしへて

   さ寝し夜や 常にありける あしひきの 山鳥こそは

   向かひに 妻問すといへ うつせみの 人なるあれ

   何すとか ひとひひとよも さかり居て 嘆き恋ふらむ

   ここへば 胸こそ痛き そこ故に 心なぐやと

   高圓の 山にも野にも うち行きて 遊び歩けど

   花のみし にほひてあれば 見るごとに まして偲はゆ

   いかにして 忘れむものぞ 恋ちふものを

反し歌

1630 高圓の野辺のかほばな面影に見えつつ妹は忘れかねつも


大伴宿禰家持が安倍女郎に贈れる歌一首

1631 今造るくにの都に秋の夜の長きに独りるが苦しさ


大伴宿禰家持が久迩の京より寧樂の宅に留まれる坂上大娘に贈れる歌一首

1632 あしひきの山辺に居りて秋風の日にに吹けば妹をしぞ


あるひと、尼に贈れる歌二首

1633 手もすまに植ゑし萩にやかへりては見れども飽かず心尽さむ

1634 衣手にみしぶ付くまで植ゑし田をひきたへ守れる苦し

尼がもとのつがひことばをよみ、また大伴宿禰家持が尼にあつらへてすゑのつがひことばを続ぎて和ふる歌一首

1635 佐保川の水を塞き上げて植ゑし田を 尼作ム 刈るわさいひは独りなむべし 家持続グ


冬のくさぐさのうた


とねりのいらつめが雪の歌一首

1636 大口の真神の原に降る雪はいたくな降りそ家もあらなくに


おほきすめらみことのみよみませるおほみうた一首

1637 幡すすき尾花さか葺き黒木もち造れる屋戸は万代までに


天皇のみよみませるおほみうた一首

1638 青丹よし奈良の山なる黒木もち造れる屋戸はせど飽かぬかも

     右聞クナラク、左大臣長屋王ノ佐保ノ宅ニ御在シテ

     肆宴キコシメシテ、御製セリ。


太宰帥大伴卿の、冬の日雪を見てみやこしぬひたまふ歌一首

1639 沫雪のほどろほどろに降りしけば奈良の都し思ほゆるかも


太宰帥大伴卿の梅の歌一首

1640 が岡に盛りに咲ける梅の花残れる雪をまがへつるかも


角朝臣ひろべが雪のうちの梅の歌一首

1641 沫雪に降らえて咲ける梅の花君がり遣らばよそへてむかも


安倍朝臣おきみちが雪の歌一首

1642 たならひ雪も降らぬか梅の花咲かぬがしろにそへてだに見む


若桜部朝臣君足が雪の歌一首

1643 あまぎらし雪も降らぬかいちしろくこのいつ柴に降らまくを見む


三野連いそもりが梅の歌一首

1644 引きぢて折らば散るべみ梅の花袖にこきれつまば染むとも


巨勢朝臣宿奈麻呂が雪の歌一首

1645 我が屋戸の冬木の上に降る雪を梅の花かとうち見つるかも


小治田朝臣東麻呂が雪の歌一首

1646 ぬば玉の今夜の雪にいざ濡れな明けむあしたなば惜しけむ


忌部首黒麻呂が雪の歌一首

1647 梅の花枝にか散ると見るまでに風に乱れて雪ぞ降り来る


きのをしかのいらつめが梅の歌一首

1648 しはすには沫雪降ると知らねかも梅の花咲くふふめらずして


大伴宿禰家持が雪のうちの梅の歌一首

1649 今日降りし雪にきほひて我が屋戸の冬木の梅は花咲きにけり


西の池のほとりいましてとよのあかりきこしめす歌一首

1650 池のの松のうらばに降る雪はいほへ降りしけ明日さへも見む

     右の一首は、よみひとしらず。但シワラワ阿倍朝臣蟲麻呂伝誦セリ。


大伴坂上郎女が歌一首

1651 沫雪のこのごろ継ぎてかく降らば梅の初花散りか過ぎなむ


いけだのひろきづのをとめが梅の歌一首

1652 梅の花折りも折らずも見つれども今夜の花になほしかずけり


あがたのいぬかひのいらつめが、梅にせて思ひをぶる歌一首

1653 今のごと心を常に思へらばまづ咲く花の土に落ちめやも


大伴坂上郎女が雪の歌一首

1654 松蔭の浅茅の上の白雪を消たずて置かむよしはかもなき


冬のしたしみうた


三国真人ひとたりが歌一首

1655 高山の菅の葉しのぎ降る雪の消ぬとか言はも恋の繁けく


大伴坂上郎女が歌一首

1656 酒杯に梅の花浮かべ思ふどち飲みて後には散りぬともよし

姓名和ふる歌一首

1657 つかさにも許したまへり今夜のみ飲まむ酒かも散りこすなゆめ

     右、酒ハ官禁制シテ称ク、京中ノ閭里、集宴スルコト

     ヲ得ズ。但シ親親一二飲楽スルハ聴許スト。此ニ縁リ、

     和フル人此ノ発句ヲ作メリ。


ふぢはらのおほきさきの天皇に奉れる御歌一首

1658 我が背子と二人見ませばいくばくかこの降る雪の嬉しからまし


池田廣津娘子が歌一首

1659 真木の上に降り置ける雪のしくしくも思ほゆるかもさ夜問へ我が背


大伴宿禰駿河麻呂が歌一首

1660 梅の花散らすあらしの音のみに聞きしわぎもを見らくしよしも


紀少鹿女郎が歌一首

1661 久かたの月夜を清み梅の花心にきてへる君


大伴田村大娘が妹坂上大娘におくれる歌一首

1662 沫雪の消ぬべきものを今までに永らへるは妹に逢はむとぞ


大伴宿禰家持が歌一首

1663 沫雪の庭に降り敷き寒き夜をたまくらまかず独りかも寝む