ロミオとヂュリエット

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動


    登場人名


エスカラス、ヹローナの領主。

パーリス、領主の親族、年若き貴公子。

キャピューレット┐

        ├相確執せる二名族の長者。

モンタギュー  ┘

キャピューレットが一族の一老人(叔父)。

ローミオー、モンタギューの息。

マーキューシオー、領主の親族にしてローミオーの友。

ベンヺーリオー、モンタギューの甥にしてローミオーの友。

チッバルト、キャピューレットが妻の甥。

ロレンス法師、フランシス派の僧。

ヂョン、同じ派の僧。

バルターザー、ローミオーの下人。

サンプソン(或ひはサムソン)┐

              ├キャピューレット家の下人。

グレゴリー         ┘

ピーター、ヂューリエットが乳母の下人。

エーブラハム、モンタギューの下人。

藥種屋の老人。

樂人甲、乙、丙。

パーリスのこしゃう。他のこしゃう。警吏一人。

モンタギュー夫人、モンタギューの妻。

キャピューレット夫人、キャピューレットの妻。

ヂューリエット、キャピューレットの女。

ヂューリエットの乳母。


其他ヹローナの市民。兩家の親族。假裝舞踏者、門衞、

番衆、侍者等。

序詞役。


場所   ヹローナ。マンチュア。

(本文は、譯詞との釣合ひ上、固有名詞の發音に手心を加へたる部分あり。但し爰に録したるものが最も正しきに近しと知られたし。)

〈[#改丁]〉


ロミオとヂュリエット



序詞



じょしやくる。


序詞役 ゐけんあひしく二めいぞくが、

ところはなのヹローナにて、

ふるうらみまたあらたに、

あらうちわげんくわ

かゝるゑんかたいないよりはくうんの二じゃうじん

あくえんむごやぶれてしゅくゑんともうづむ。

かげつきまとあやふこひりれき

こらひごふてぬるまでは、

いかにしてもけかねしおや/\いかり

れぞいまより二じかんわれらえんげき

みこゝろながごらんぜられさふらはゞ、

たらはぬところあひはげみてつぐのまうさん。

じょしやくはひる。

〈[#改ページ]〉


第一幕


だいぢゃう  ヹローナ。がいじゃう[編集]

カピューレットげにんサンプソンとグレゴリーとがけんたてとをってる。

サン  やい、グレゴリー、せいごんぢゃ、こちとらはコールなんぞはかつぐまいぞよ、かりにも。(不面目な賤しいしごとなんぞはすまいぞよ)。
グレ  さうとも/\、そんなことをすりゃ、コーリヤーどうぜんぢゃわい。
サン  いやさ、おらコーラーさはるがさいご、すぐにもッこいてくれようといふンぢゃ。
グレ  さうよなァ、くびねは、ろうなら、コラーくびかせ)からッこいてゐるがよいてや。(罪人にはならぬがよいてや)。
サン  おれはらったとなりゃ、たちまち(あひてをば)まっぷたつにしてくれる。

(以下、パンニングはうごちょくやくしてはつうぜざれば、りてぎやくす。こうだんにもかるれいしば/\あるべし。)

グレ  ところが、そのつまでがてまれうて。
サン  なんの、すぐつわい、モンタギューかひいぬたゞけでも。
グレ  はて、つとへばゐすわりぢゃがや。ゐすわりたちわうじゃうぢゃ。でむかうてかけんけりゃけんくわにァならぬわい。
サン  はて、いぬたゞけでもむかうてゆくわい。モンタギューのやつらりゃ、をとこでもをんなでもかまうたことァない。
グレ  へッ、かまはいでほうっておくのでがな、それがおぬしよわむししょうこぢゃ。
サン  したり。そこで、とかくよわむしをなごばかりがかまはれまするとけつかる。いや、おれは、やらうをばはふし、めらうをばかまはう。
グレ  たゝきあひは、だんなしゅおれたちをとこどものすることぢゃ。
サン  いざけんくわとなりゃ、そんなしんしゃくらんこっちゃ。をとこどもたゝきみじいたら、をんなどもをもやっつけてくれう。
グレ  やっつける?
サン  それ、きゃつらの「はち」をぶちわってくれうわい。いみどのやうにもらっせいよ。
グレ  それはあひてかんしだいぢゃ。
サン  はて、しみ/″\かんじようわい、おれずゐぶんひゃうばんをんなたらしぢゃにって。
グレ  へん、さかなでなうてしあはせぢゃわい、おぬしさかななら、をんなたらしではうてそうざいしほだらてけつからう。……(一方を見て)けよ(劍を)、モンタギューのやつらたわい。

このときモンタギューげにん、エブラハムとバルターザーとが一ぱうる。

サン  さ、いたわ、けんくわはっせい、しりおしをせう。
グレ  なんぢゃ! しりける?
サン  しんぱいすない。
グレ  なんの、おぬしを!
サン  こちひぶんにならぬやうに、むかうからしかけさせい。
グレ  ゆきちがとたんにらみつけてくれう、どうおもやがらうとかまふものかえ。
サン  うんにゃ、どうやがらうとかまふものかえ。おれゆびつめんでくれう、それでだまってゐりゃはぢさらしぢゃ。

さうはうゆきちがふ。サンプソンゆびつめんでする。

エブラ おてまへわれらむかうてゆびつめまっしゃったな?
サン  いかにもつめみまする。
エブラ われらむかうてまっしゃるのか?
サン  (グレゴリーを顧みて)うんうても、りぶんか?
グレ  いゝや。
サン  (エブラに對ひて)いゝや、おぬしたちにむかうてみはせんが、む。
グレ  こりゃけんくわらっしゃるのぢゃな?
エブラ けんくわ! いや、けっして。
サン  けんくわならあひてにならう。おぬしたちにはけんぞ。
エブラ ちもすまい。
サン  むゝ。……

つまる。このときかみてよりモンタギューのしんぞくベンヺーリオーる。

グレ  (サンプソンに對ひ、小聲にて)つわいとはっせい。(下手を見やりて)あそこへとのしんぞくひとりせた。
サン  うんにゃ、つわい。
エブラ うそけ。
サン  け、をとこなら。グレゴリー、えいか、たのむぞよ、しっかり。

サンプソンとエブラハムとけんいてたゝかふ。ベンヺーリオーこのていきたり、けんき、ってはひる。

ベンヺ った/\! をさめいけんを。こゝなむかうみずが。

カピューレットちゃうじゃをひチッバルトしもてよりる。

チッバ やア、げすげらうあひてにしておぬしけんかうでな? ベンヺーリオー、こちをけ、いのちってくれう。

けんく。

ベンヺ いや、これはわぼくさせうためにしたことぢゃ。けんをさめい、でなくば、そのけんもっわしともに、こいつらをひきわけておくりゃれ。
チッバ なんぢゃ、いてゐながら、わぼくぢゃ! わぼくといふことばだいきらひぢゃ、ぢごくほどに、モンタギューのやつらほどに、うぬほどにぢゃ。ひけふものめ、かくごせい!

いてかゝる。ベンヺーリオーよぎなくあひてになる。このとたんりゃうけくわんけいじゃさうはうよりきたり、いりみだれてたゝかふ。しみんおよけいりちゃうらクラッブたづさへてきたる。

警吏長 こんぼうぐみよ、ほこぐみよ! て/\! うちすゑいカピューレットを! モンタギューをうちすゑい!

カピューレットちゃうじゃねまきのまゝにて、そのつまカピューレットふじんはそれをとゞめつゝ、る。

カピ長 このさわぎなにごとぢゃ? やア/\、ながけんて、ながけんを。
カピ妻 つゑをば、つゑをば! なんためながけんを?
カピ長 えい、けんぢゃといふに。いあれを、モンタギューのちゃうじゃめがをって、おれよがしにやいばりをる。

モンタギューちゃうじゃしらはげ、そのつまモンタギューふじんそれをとゞめつゝ、る。

モン長 おのれ、カピューレットめ!……とめるな、はなせ。
モン妻 たゝかはうためになら、ひとあしでもさせますな。

りゃうしゅこうしゃくエスカラス、じゅうしゃおほぜいひきつれてる。

領主  やア、へいわみだばうじんども、どうばうもっはがねけがふらちやつ……きをらぬな?……やア/\、おのれらよこしまなるしんにほのほおのけっくわんよりながいづむらさきいづみもっさうとこゝろむるけだものども、げんばつおそるゝならば、そのちなまぐさからきょうばうけんなげうち、いかれるりゃうしゅことばけ。カピューレットよ、モンタギューよ、なんぢらにんよしあらそひもととなって、どうばうとうぢょうすでみたびおよび、しないさうぜうひとかたならぬによって、たうヹローナのこらうどもそのみにふさはしきらうじつかざりぬぎすて、なんねんもちひざりしため、ふるびついたるほこどもおなじくとしおいたるてんでり、なんぢらこゝろびつきしいしゅちゅうさいちからつひやす。じごふたゝこうあんみだるにおいてはなんぢらいのちいぞよ。こんにちものどもみなたちされ、カピューレットはしたがまゐれ。モンタギュー、そちは、このひるごに、まうかすこともあれば、さいばんしょフリータウンへさんかうせい。あらためてまうすぞ、いのちしくば、みなたちされ。

モンタギューふうふとベンヺーリオーだけのこりてみなはひる。

モン長 このふるさうたんをばなにものあたらしうひらきをったか? をひよ、おぬしははじめからそばにゐたか?
ベン𢌞|ふりまは}}し、いたづらにこくうをばりまするほどに、かぜしふ/\おとてゝれがふかくあざけふぜい。かくてたがひにいつっつのをりから、おひ/\たにんずはせくははり、さいふわかれてたゝかところへ、とのえさせられ、さうなくひきわけあひなりました。
モン妻 おゝ、ロミオはどこに?(ベンヺーリオーに)けふそなたはしましたか? このさうどうかゝりあうてゐなんだは、ま、なによりもよろこばしい。
ベンヺ さア、けさひがしきんまどからあさひかげのまだのぞきませぬころむねもだへなぐさめませうと、かうぐわいましたところ、まちからはにしあたる、とあるかへでもりかげに、れば、そんあさまだきに、ごしそくあるいてござる、ちかづけば、それとり、たちまちのうちにもりしげみへ。ひとめくるはあひみたがひ、うきようるさおもをりには、みひとつでさへもおほいくらゐ、あながつれはずともと、たゞもうおのこゝろあとをのみうて、ひとめくるそのひとをばこちらからもけました。
モン長 げに、いくあさも/\、まだつゆなみだおきそへ、くもにはといきくもくはへて、うろついてゐるのをみかけたとか。されどもとほひんがしの、あけぼのひめねどころから、あのいき/\したたいやうをぐらとばりけかくれば、おもこゝろせがれめはそのあかるさからにげもどり、まどぢ、きらうて、れからよるをばつくりをる。ふんべつをしてこのやまひたねば、一ぢゃういまはしいふしゃうもとゐ
ベンヺ でをぢうへにはそのぞんじでござりますか?
モン長 いや、りもせねば、らせもせぬわい。
ベンヺ きゝたゞしてごらうじたことがござりますか?
モン長 わしはもとより、したしいれにもさぐらせたれども、せがれめは、たゞもうそのむねうちに、なにごとをもかくして、いっかなよじんにはらせぬゆゑ、さぐることもみいだすこともできありさま――それがためにならぬのはれてあれど――いたいけなつぼみそのうるはしいはなびらが、かぜにもひらかず、にもまだてりはえぬうちに、いぢわるあをむしめにあさましうまれてしまふやうに。れがなげきもとさへれゝば、すぐにもれいぢしたうおもふのぢゃが。

このときロミオものおもがほにて一ぱうる。

ベンヺ あれ、あそこへロミオどのが。おはづしなされませ。わたくしきゝたゞしてませう。どうしてもこばまッしゃらうかもれぬが。
モン長 それがしゅびよううちあけさせるやくてばよいが。……おく、さ、まゐらう。

モンタギューふうふはひる。ロミオちかづく。

ベンヺ や、おはやうござる。
ロミオ そんなにはやうござるか?
ベンヺ いまったばかり。
ロミオ あゝ/\、あぢきなじかんながい。……いまいそいでんだはわしちゝでござったか?
ベンヺ いかにも。どういふあぢきないことがあって、ときながいとはおっしゃる?
ロミオ ればときみじかうなるが、そのものられぬゆゑ。
ベンヺ こひぢゃな?

このあたりも、一もん、一たふこと/″\くパンニングしきけいくにして、たうていげんごどほりにはやくしがたきゆゑ、ぎやくとす。)

ロミオ ひとために……
ベンヺ こひゞとために?
ロミオ こがるゝかひもなく、そのひとためさげすまれて。
ベンヺ やれ/\、やさしらしうゆるこひめが、そんなむごいことやてあらいことをしますか?
ロミオ あゝ/\! こひめはしゞゅうめかくしをしてゐて、けれどもぞんぶんそのまとをばとめをる!……え、どこしょくじをしようぞ?……(あたりを見𢌞して)あゝ/\! こりゃまアなんといふあさましいさうぜう? いや、そのしさいはおやるにはおよばぬ、のこらずいた。みなにくいがもととはへ、かはゆいにもふかい/\えんがある……すればりゃにくみながらのかはゆさ! かはゆいながらのにくさといふもの! からぢゃ! かなしいたはぶれ、しづんだうはきめやすみにくさ、おもはねしろすゝつめたすこやかびゃうたいめたねむり! あゝ、りのまゝとはおなじでないもの! ちょうそのやうせつないこひかんじながら、こひまことをばかんぜぬせつなさ!……なんわらふンぢゃ?

くのごとたいせうしききご――ぎこうてきひゆご――をならぶることはシェークスピヤのせいねんきにはイギリスぶんだんりうかうなりしなり。いかにもどうれいおほし。)

ベンヺ なんの、いてゐるぢゃ。
ロミオ くとは、なぜに?
ベンヺ そのなげきをおもひやって。
ロミオ はて、それはしんせつしすごし。いっそめいわく。おのがしんつうばかりでもしんざういたうなるのに、きみまでがいてくりゃると、一だんむねせまる。きみどうじゃうおほすぎるわしかなしみに、たゞかなしみへるばかり。こひためいきゆげけむりげきしてはうちひばならし、きうしてはなみだあめもっおほうみみかさをもす。さてそのほかでは、なんであらうか? しゃうねみだれぬらんしん……いきをもむるにがもの。……いのちさとうづけにするほどあまもの。さらば。
ベンヺ まったり! 一しょにかう。わしてゝくとはひどい。
ロミオ とうにてゝしまうたぢゃ。わしこゝにはゐぬ、これはロミオではい、ロミオはどこよそにゐよう。
ベンヺ いや、しんじつはくじゃうをなされ、こなたがしたひととはれぢゃ?
ロミオ はくじゃうせいとは、わしがうもんくるしみをさせうとてか?
ベンヺ がうもん! なんの、たゞまッすぐにはくじゃうなされといふのぢゃ。
ロミオ はて、それはびゃうにんゆゐごんはくじゃうぶやうなもの、わるいうへにわるいいみゃう! が、はくじゃうせう、わしにはこひをんながある。
ベンヺ こひにらんだときに、それほどみぬいてゐた。
ロミオ てもきついてぢゃの! そしてそのおんなれがにもびじん
ベンヺ まとならば、いおとすことはたやすからう。
ロミオ はて、そのねらひはづれた。キューピッドよわゆみではいおとされぬをんなぢゃ。ダイヤナとくそなへ、ていさうてつよろひかためて、こひをさなへろ/\やなぞではいさゝかてきずをもはぬをんないひよことばかこまれても、こひするまなこおそはれても、いっかなこゝろうごかさぬ、けんじんだらくさするこがねにもまへだれをばひろげぬ。おゝ、かぎりないうつくしさにはみながら、そのうつくしさはたゞだいかぎり、ねばたねまでもくるとは、しがない/\うんめい
ベンヺ ではそのをんなよめいりはせぬとちかうたのぢゃな?
ロミオ いかにも。そのものをしみがいかそんしつせっかくうつくしさも、そのへんくつゆゑにうゑじにをして、そのうつくしさをしそんにはつたへぬ。うつくしうて、かしこうて、わしおもじにさするほどかしこすぎたびじんゆゑ、おそらくはみゃうりき、よもやてんごくへはのぼれまい。あれこひはせぬとちかうたゝめ、わしうしてものうてゐるものゝ、きながらんでゐるのぢゃ。
ベンヺ ま、わしふことをいて、そのをんなをばおわすれなされ。
ロミオ おゝ! をしへてくれい、どうしたらわすれられるか?
ベンヺ もッとじいうあたへて、あちこちのほかびじんたらよからう。
ロミオ ほかのとくらぶればいよ/\あれをばぜつびぢゃとはねばならぬことになる。びじんひたひるゝしあはせめんどもは、れもくろ/″\つくってはあれど、それがかへってそのそこしろかほおもひださする。なくしたをとこが、そのなくしたといふたからをばわすれぬためしどんばつくんびじんをおせあっても、それはたゞそのばつくんをもばつくんびじんおもひださすおぼえちゃうぎぬであらう。さらば。わするゝはふをしふることはきみちからではできぬ。
ベンヺ をしへかたのふそくそのうちつぐなはう、りたまゝではぬまいぞ。

ふたりともにはひる。


だいぢゃう  どうしょがいじゃう[編集]

カピューレットちゃうじゃさきに、としわかきこうしパリス(げにんにんいて)る。

カピ長 モンタギューとてもみぎどうやうおとがめにてきんしんおほせつけられた。したが、われ/\らうじんっては、へいわまもることはさまでむづかしうはあるまいでござる。
パリス いづれもめいよいへがらであらせらるゝに、ひさしうなかたがひをなされたはおどくでござった。ときに、われらまうしいれたことごへんたふは?
カピ長 せんどまうしたとほりをくりかへすまでゞござる。なにぶんにもせけん知らず、まだ十よどとはとしかはりめをばむすめ、せめてもうふたなつわかばおちばせいでは、としごろともおもひかねます。
パリス ひめよりもわかうて、みごとはゝおやになってゐるのがござるのに。
カピ長 いや、はやるものははやくづるゝ。すゑたのみをみなからし、たゞひとつぶだけのこったたねこのよたのもしいはあればかりでござる。さりながら、パリスどの、いひよってむすめこゝろをばうごかしめされ。あれいなやかんじんわれらこゝろそへものむすめうけひうへわれらしょうだくそのしゅしゃほかにはませぬ。こよひかれいり、えんくわいもよふしまして、ひごろべっこんかた/″\おほぜいまろうどまねきましたが、こなたそのくみくははらせらるゝは一だんわがやめんもくにござる。こよひらうをくにて、みょうじゃうかゞやき、やみぞらをさへもあかるらすをごらんあれ。たとへば、なまのろふゆしりへにはなやかなはるめがるのをて、けっきさかんわかてあひかんずるやうなたのしさ、こゝろよさを、つぼみはなをとめらとたちまじらうて、こよひわがやりゃうせられませうず。こと/″\き、こと/″\て、さてのちいっねうちのあるのをらッしゃれ。とくらるゝと、むすめそのひとりとしてかずにははひってゐても、かんぢゃうにははひらぬかもれぬ。さゝ、一しょにござれ。……(下人に)やい、そちは𢌞|かけまは}}って(書附を渡し)こゝなまへいてあるひとたちみつけて、こよひわがやしきねんごろごじゅらいをおまうすとへ。

カピューレットちゃうじゃとパリスとはひる。

下人  こゝになまへいてあるひとたちみつけい! えゝと、くつやものさしかせげか、したてやあしかたかせげ、れふしふでかせげ、ゑかきあみかせげといてあるわい。こゝになまへいてあるひとたちみつけていといひつかったが、かきてどのやうなまへきをったやら、こりゃ一かうみつからぬわい。ものしりところかにゃならぬ。……(一方を見て)お、ちょうどよい。

ベンヺーリオーさきにロミオいてる。

ベンヺ ばかな! そこがそれ、おさへられ、げんぜられるためしぢゃ。ぎゃくまはるとうたのがなほり、ぬるほどかなしみべつかなしみがあるとわすれらるゝ。あたらしいどくませてふるどくくがよい。
ロミオ それにはおんばこが一ちからう。
ベンヺ それとは?
ロミオ すねけがには。
ベンヺ ローミオー、こなたちがうたのか?
ロミオ ちがはぬが、きちがひよりもつらきゃうがい……らうごくとぢこめられ、しょくたれ、むちうたれ、かしゃくせられ……(下人の近づいたのを見て)や、きげんよう。
下人  はい、ごきげんようござりませ。だんなまッしゃりますか?
ロミオ いかにも……ふしあはせふて、ふうんむわい。
下人  はて、そのやうことほんくてもれましょ。いや、まなこむものをばまッしゃりますかときますのぢゃ。
ロミオ さア、そのもじそのことばってをればなう。
下人  しゃうぢきなことをはっしゃる。ごきげんようござらっしゃりませ!

げにんきかくる。

ロミオ まて/\、めるわい。

げにんよりかきつけうけとりてむ。

マーチノーどの、同じくおくがたおよむずめごがた。アンセルムはくおなじくうつきしきいもとごがた。ヸオーどのこうしつ

プラセンシオーどのおなじくかれんなるめひごたち。マーキューシオー、おなじくしゃていヷレンタイン。

をぢごカピューレットどのおなじくふじんおなじくむすめごがたうるはしきめひのローザライン。リヸヤ。

ヷレンシオーどのおなじくをひごチッバルト。リューシオーおよくわいくわつなるヘレナ。

かきつけげにんかへしながら。

びじんぞろひぢゃ。どこあつまるのぢゃこのてあひは?

下人  えゝ、あの……
ロミオ え、あのやくわいにか?
下人  てまへかたへ。
ロミオ てまへかたとは?
下人  しゅじんかたへ。
ロミオ いかさま、それをまっさきふべきであった。
下人  はっしゃらいでもまうしませう。てまへしゅじんはカピューレットちゃうじゃでござります。こなたがモンタギューかたでござらっしゃらぬならば、せてさかづきらッしゃりませ。ごきげんようござりませう!

げにんはひる。

ベンヹローナでひゃうばんのあらゆるびじんたちどうせきするはつがふぢゃ。そこへて、くらまぬで、わしするあるかほとローザラインのとをおみくらべあったら、はくてうおもうてござったのがからすのやうにもえうぞ。
ロミオ しんかうかたこのまなこに、かりにもそのやうふしんじんおこるならば、なみだほのほともかはりをれ! なんどおぼれてもにをらぬこのすきとほげだうめ、うそうたとがひあぶりにせられをれ! なんぢゃ、わしこひびとよりもうつくしい! なにもかもみとほしのたいやうでも、このよはじまってこのかたまたとはあれほどをなごをばなんだのぢゃ。
ベンヺ さ、わきれもず、みぎにもひだりにもローザラインばかりをかけくらべておゐやったときには、うつくしうもえつらうが、そのすゐしゃうはかりざらに、こよひわしするあるざましいびじんけて、さてのちに、そのこひびめどのとくわんめくらべてごらうじたなら、いまいっゆるのがもはやうはえまいぞや。
ロミオ それをたうはけれど、こちのゝりっぱさをようために、一しょにかう。

ふたりともはひる。


だいぢゃう  どうしょ。カピューレットの一しつ[編集]

カピューレットふじんさきに、うばいてる。

カピ妻 うばよ、むすめどこにゐます? んでくりゃれ。
乳母  はれま、十二のとししゃうじゃうけっぱくけますがな、ござれとうておいたに。……(奧に向ひて)もしえ、こひつじさん! もしえ、ひめどりさん!……つるかめ/\!……あのおどこかッしゃったか!……もしえ、ヂュリエットさま!

ヂュリエットる。

ヂュリ なにえ! びゃるのはれぢゃ?
乳母  おかゝさまぢゃ。
ヂュリ はい、はゝさま。なにごよう
カピ妻 ようとはうぢゃ。うばや、ちっとのはづしてたも、ないしょうはなしぢゃによって。……いや/\、うばもどりゃ、ひとゝほいておいてもらうたはうがよかった。ってのとほり、むすめとしなうもうおひ/\としごろぢゃ。
乳母  はい/\、ぞんじてをりますとも、ぢゃうさまのおとしなら、なんじかんふことまで。
カピ妻 まだほんたうの十四にはなりませぬ。
乳母  ならっしゃりませぬとも、このを十四ほんけますがな……とうても、その十四ほんが、ほんに/\、もうたったほんしかござりませぬわい。……はつほまつり(八朔)まではもういくかでござりますえ?
カピ妻 二しうかんはしたいくらか。
乳母  はしたどうあらうと、一ねん三百六十にちうちで、はつほまつりよるになれば、ちゃうどお十四にならッしゃります。スーザンとぢゃうとは……なむあみだぶ……おなどしでござりました。スーザンはかみさまのおそばりまする、わたくしにはぎたやつでござりましたが。……それはさうと、たゞいままうしましたとほり、はつほまつりよるになると、ちゃうどお十四にならッしゃります、だいぢゃうぶでござります、はい、おぼえてりまする。ぢしんがあってからちゃうもう十一ねんめ……わすれもしませぬ……一ねん三百六十にちうちで、はい、そのひちばなれをなされました。わたしちゝくびにがよもぎまぶってはとごやかべぎはひなたぼっこりをして……とのさまこなたはマンチュアにござらしゃりました……いや、まだ/\きゃしませぬ。それはさうと、たゞいままうしましたとほり、わたしちゝさきにがよもぎめさっしゃると、にがいので、あはうどのがむづかって、ちゝをなァにくがって! するとはとごやが、がた/\/\。わしにけといふにゃおよばんとおもうてゐたのに。……それからもう十一ねんそのときになァひとりだちをさっしゃりましたぢゃ、いや、ほんことあっちこっちかけまはらッしゃって、ちゃうそのまえこびたひけがさッしゃって……そのときやどが……なむやんやうかい! おもしろひとでなァ……ぢゃうだきおこして「これ、うつむきころばしゃったな? いまもっとりこうものにならッしゃると、あふむけころばっしゃらう、なァ、いと?」とふとな、ま、いかなこと、このがいの、ふいとなきやまっしゃって、「あい」ぢゃといの。(笑ふ)じゃうだんいまとなってほんことになったとおもふと! ほんに/\、千ねんきたとても、これがわすれられることかいな。「あふむけころばっしゃらう、なァ、いと」とふと、あはうどのがなきだまって、「あい」ぢゃといの。(笑ふ)
カピ妻 もうよう、もうよい、おだまり。
乳母  はい/\、だまりまする、でもな、わらはいではをられませぬ、くのをめて、「あい」とはッしゃったとおもふと。でもな、ほんたうこびたひところひよっこのおきんたまほどおほきなこぶできましたぞや、あぶないことよの、それできつなきいらッしゃった。やどが「これ、うつむきころばしゃったか? いまとしごろにならッしゃるとあふむけころばッしゃらう、なァ、いと?」といふとな、なきだまって「あい」ぢゃといの。(笑ふ)。
ヂュリ そしてそなただまりゃ。だまってたも、とへば。
乳母  はい/\、もうしまひました。なむみょうがあらせたまへ! おほぜいそだてたあかさんうちいっいたいけであったはおまへぢゃ。そのまへごこんれいることがでくれば、わしほんまうでござります。
カピ妻 さ、そのこんれいことはなさうとしたのぢゃ。むすめよ、そもじはこんれいがしたいか、どうぢゃ?
ヂュリ そのやうめいよごとは、わしゃまだゆめにもおもふてゐぬ。
乳母  ま、めいよごとといの! わしばかりがちゝげたのでかったなら、そのちゑちゝからはひったともひませうずに。
カピ妻 ならば、いま、ようおもふてや、そもじよりもとししたひめごぜで、とうに、このヹローナで、はゝおやにおなりゃったのもある。わしも、いまおもへば、そもじとおなほどとしごろよめいって、そもじをまうけました。まんでへば、うぢゃ、あのパリスどのがそもじをうちかたにしたいといの。
乳母  ま、あのよな! ひいさまえ、あのよなおかたせかいぢゅうをなごしゅが……ほんにきれいな、らうざいくたやうな。
カピ妻 このヹローナになつても、あのやうなはなかぬ。
乳母  ほんとにはなぢゃ、ほん/″\きたはなぢゃ。
夫人  どうぞいの、あのやうなおかたいとしいとおもはぬか? こよひえんくわいにはあのかたゆるはず、パリスどのかほといふひとまきふみんで、ふでものしてあるなつかしいいみをばあぢはや。かほぢゅうのどこも/\つりあひれて、なにひとふそくはないが、まん一にも、のみこめぬふしんがあったら、わきちゅうほどにものめつきや。したが、このこひひとまきたゞひとらはぬことゝいふは、おもてがみがまだかず、うつくしうぢてもい。うをはまだおきなかにぢゃ。そうじてうちつゝむはほかほまれ、きんぎょくものがたりきんはさみがねかすれば、にもりっぱたからものかのきみたせますかぎりのものがそもじのとなることゆゑ、よめいりしやればとて、そなたなんそんいのぢゃ。
乳母  そんどころかいな! をなごをとこゆゑにふとりますわいの。
カピ妻 さ、ちゃッとや、パリスどのをおきゃることができるか?
ヂュリ さア、いてもませう、かるゝものなら。とはいへ、わたしのやごろは、はゝさまのおゆるしをばかぎりにして、それよりきつうはいこまぬやうにいたしませう。

げにんる。

下人  おかたさま、おきゃくじんわたらせられ、ごぜんぶました、こなたをばおめしひいさまをばおたづね、おんばどのはおだいどころおほこゞとなにもかもおほらんちきわたくしめはこれからおきふじまゐらにゃなりませぬ。すぐにいらせられませい。
カピ妻 すぐこ。(下人はひる)……ヂュリエットや、さ、わかとのってぢゃ。
乳母  さ、はやて、うれしいひるうれしいよるをばへさっしゃれ。

みな/\はひる。


だいぢゃう  どうしょがいじゃう[編集]

ヺーリオー、おの/\おもひ/\のかさうほかに五六にん、いづれもだうけたるかめんたづさへ、たいまつもちたいこがゝりとうおほぜいひきつれてる。

ロミオ なんと、れいとほりにことわりこうじゃううてはひったものか、たゞしはしにせうか?
ベンヺ あのやうなあくどいことはもうはやらぬかたかけめかくしをしたキューピッドにさいしきしただったんがたこゆみを持もたせて、かゞしのやうに、むすめたちおひまはさするのはもうふるい。それからこうけんけてもらうて、おぼつかなげにれいにふぢゃうつらねべるのもうれしうい。さきどうおもはうとも、こっちこっちで、おもぞんぶんをどりぬいてかへらう。
ロミオ (炬火持に對ひ)おれたいまつれい。おれにはとてかれたまねできぬ。あんまおもいによって、いっあかるいものをたう。
マーキュ いや/\、ロミオどん、ぜひともおぬしをどらせねばならぬ。
ロミオ いや/\、めっさうな。きみをどりぐつそこかるいが、わしこゝろそこなまりのやうにおもいによって、をどることはおろか、あるきたうもない。
マーキュ はて、おぬしこひびとではないか? すればキューピッドのはねでもりて、からすとびのやうにかけったがよからう。
ロミオ あいつやさきかゝってゐるゆゑ、はねりたとてもかけられぬわい、とびからすのやうにもべず、かなしいおもひにつながれてゐるゆゑ、たかのやうにたかうもべぬ。こひおもにおしつけらるゝばかりぢゃ。
マーキュ なんぢゃ、おしつける? あのこひおもにを? さりとはやさしいものむごたらしうあつかうたものぢゃ。
ロミオ なに、こひやさしい? やさしいどころか、がさつあらけなものぢゃ。いばらのやうにひとむねすわい。
マーキュ はて、こひめがあらけないことをすれば、こちからもあらけなうしたがよい。しをったら、こっちからもして、へこましたがよい。(從者を顧みて)……つらかくめんれ。

じゅうしゃよりめんうけとり、かぶらうとして

ひょっとこづらめんむようぢゃ!(と假面をなげだしながら)れがさらまなこで、このともないつらやがらうとまゝぢゃ! でこすけあかうなるばかりぢゃわい。

ベンヺ さア/\、たゝいてはひったり。はひったらば、すぐ一しょにをどさうぞよ。
ロミオ (從者にむかひ)おれにはたいまつれ。かるやうきてあひは、をどりぐつかゝとたんとむかんかくとうしんぐさこそぐったがよい。おれは、ぢゝいをしへどほり、らうそくもちをしてたかみけんぶつ。「ときめるはくろと」ぢゃ。

ぶたふしつまたきゃくしつゆかうへあつめたるばかりのとうしんぐさ)をきしはたうじじゃうりうならはしなり。)

マーキュ へん「くろねずみ」とりゃよまはりきまりもんくぢゃが、もしもきみが「くろうま」なら、「ぬま」からではなく、はて、おほそれながら、きみくびッたけはまってゐるこひふちさまからひきあげてもやらうに。……(皆々に對ひ)おい、どうした? こりゃひるたいまつぢゃわ。(むだなつひえぢゃ。)
ロミオ なんそんなことが。
マーキュ はて、ぐずついてゐるのは、ひるまたいまつけてゐるもどうぜんふのぢゃ。これ、いみりゃれ。五たゞッきりといふのがふんべつちぢゃが、いみことになら、ふんべつちつねに五はたらく。
ロミオ さア、くわいかうとはわるいいみでもなからう、が、くのはちえしゃしょゐではない。
マーキュ とはなぜに?
ロミオ ゆうべわしゆめた。
マーキュ おれた。
ロミオ そしてきみゆめは?
マーキュ ゆめをみるをとこねごとそらごとふのがくせぢゃといふことを。
ロミオ ねごとそらごとうちにもうごかぬまことこもってゐる。
マーキュ おゝ、それならば、あの、きみゆうべはマブひめ(夢妖精)とおやったな! あいつもうざうまするさんばぢゃ、まちどしよりゆびわひかめなうだまよりもちひさいすがたで、けしつぶの一ぐんくるまひかせて、ねぶってゐるにんげんはなばしらよこぎりをる。そのくるまてながぐもすねてんがいいなごはねむながい〈[#「革+引」、40-5]〉ひめぐもいとくびわみづのやうなつきひかりむちこほろぎほねそのかはひもまめうすかはぎょしゃぶしゃうはしためゆびさきからほじりだまるむしといふやつはんぶんがたもねずみしゃうぞくちひさいはむししゃたいはしばみから、それをばおほむかしからすだまくるましきまってゐるりすかけまはる、するとてきくびゆめやら、のっとりやら、ふせぜいやら、イスパニアめいけんやら、そこぬけしゅくはいやら、とたんみゝもとぢんだいことびあがる、さます、おびえおどろいて、ひとことふたこといのりをする、またねいる。ないしまよなかうまたてがみこぐらからせ、またぶしゃうをんなかみのけめちゃめちゃもつれさせて、けたらふかうぜんてうぢゃ、なぞとまするもマブがいたづらあるひはむすめどもあふむけてゐるじぶんに、うへからむしゃうおさへつけて、ついがまんするくせけ、なんなくつはものにしてのくるもきゃつわざないしは……
ロミオ しッ/\、もうめた、めた! きみたわいもないことをばかりおやる。
マーキュ さもさうず、ゆめはなしぢゃ。ゆめくうさうで、やくたぬなうからうまるゝ。そも/\くうさうは、くうきよりもほのかなもので、いまほっこくこほりいひよるかとおもへば、たちまはらてゝふきかはって、みなみつゆこゝろするといふそのかぜよりもうはきなものぢゃ。
ベンヺ そのかぜうかばなしに、だいぶんときつぶれた。ようせぬと、やくわいてゝ、ときおくれになってしまはう。
ロミオ (獨語のやうに)おれはまたはやまりはせぬかとおもふ。うんほしかゝってあるさるおそろしいしゅくめいが、こよひえんはしひらいて、てたわがめいすうを、ひごふむざんさいごによって、たうとするのではないからぬ。とはいへ、一しゃうふなぢをばひとへにかみまかしたこのみ!……(一同に對ひ)さ、さ、げんきひとたち
ベンヺ て、たいこを。

どうそろうてはひる。

だいぢゃう  どうしょ。カピューレットていひろま[編集]

がくじんどもひかへてゐる。きふじにんどもふきんたづさへてきたり、とりちらしたるはいばんをかたづくる。

甲給仕 ポトパンはどこせた? かたづけるてつだひをしをらぬ。かたづけやくくせに! ふきやくくせに!
乙給仕 もてなししきさはふさいを、ひとりふたりの、あらひもせぬでしてのくるやうでは、むさいことぢゃ。
甲給仕 たゝみいすあっちへ、ぜんだなもかたづけて。よしか、そのさらたのんだ。おいおい、あんずぐわしひときれだけとっといてくりゃ。それからおぬししんせつがあるなら、もんばんにさううて、スーザンとネルをはひらせてくりゃ。(奧に向つて〈[#「向つて」はママ]〉)……アントニー! ポトパン!

丙(ポトパン)と丁(アントニー)ときたる。

丙   おう、こゝにゐるわい。
甲給仕 おぬしをば、おほびろまで、さっきから呼ばってぢゃ、さがしてぢゃ、たづねまはしてぢゃ。
丁   さうあッちこッちることはできんわ。(一同に對ひ)ささ、はたらいたはたらいた。ちっとのまぢゃ、はたらいた/\。さうしてながいきすりゃもちまるちゃうじゃぢゃ。

どうかたづけながらはひる。

カピューレットちゃうじゃさきに、ヂュリエットおよどうぞくものおほぜいぱうよりで、たはうよりきたひんきゃくなんにょおよびロミオ、マーキューシオーかさうしゃの一ぐんむかふる。

カピ長 (ロミオの一群に)ようこそ、かた/″\! まめなやんでらんふじんは、いづれもよろこんでおあひてになりませうわい。……(婦人連に對ひ)あァ、はァ、ひめごぜたち! をどるをいやぢゃとおしゃひとがあるか? ひんどってをどらッしゃらぬひとは、せいもんまめできてゐるンぢゃらう。なんづぼしであらうが?……(ロミオらに對ひ)ようこそ! われらとてもめんけて、びじんみみりさうなはなしさゝやいたこともござったが、あゝ、それはむかしぢゃ、とほい/\むかしぢゃ。……かた/″\、ようこそせられた……(樂人を顧みて)さゝ、がくじんども、はじめい。……(一同に對ひ)ひらいた/\! つゝとひらいて、さゝ、をどったり、むすめたち

がくそうしはじむる。なんにょりあうてをどる。

もっとあかして、けらいども! テーブルたゝんでしまうて、せ、あまざしきあつうなったわ。……あゝ、こりゃおもひがけんなぐさみであったわい。……(同族の一老人に對ひて)いや、をぢご、ままこしおろしめされ、こなたわしもうダンスじだいすごしてしまうた。おたがひにめんけてこのかた、もうなんねんにならうかの?

カピ叔 だいぢゃうぶ、三十ねんぢゃ。
カピ長 なんおしゃる! まさかにさほどではない、まさかに。リューセンシオーのこんれいいらいぢゃによって、すぐはなさきにペンテコスト(祭日)がたとして、二十五ねん、あのをりかぶったのぢゃ。
カピ叔 いや、もそっとつ、もそっと。れのせがれがもそっととしってをる。もう三十ぢゃ。
カピ長 しかとさやうか? あのせがれには、つい二ねんほどまへかたまでは、こうけんにんいてをった。

このあひだロミオはだうけめんかぶったるまゝひとはなれててゐる。そのうちヂュリエットと一ナイトりあうてをどりはじむる。

ロミオ (傍の給仕に對ひて)あのぶけりあうてござるあのひめどなたぢゃ?
給仕  わたくしぞんじませぬ。
ロミオ おゝ、あのひめあてやかさで、かゞやともしびまただんかゞやくわい! よるほゝてりはゆるひめふぜいは、さながらエシオツプみゝもときたいはうぎょくかゝったやう、つかはうにはあまもったいなく、げかいものとしてはあまいみじい! あゝ、あのひめをんなどもたちまじらうてゐるのは、ゆきはづかしいしらはとからすむれりたやう。このひとをどりんだなら、ひめゐどころけ、このいやしいを、きみぎょくしゅれ、せめてものをとこみゃうりにせう。あゝ、おれいままでにこひをしたか? やい、まなこよ、せなんだとせいごんせい! こんやといふこんやまでは、まことびじんをばなんだわい。

このうちらいひんちゅうのチッバルトこのこゑきゝとがめたるおもひいれにてまへすゝむ。

チッバ あのこわねはモンタギューやつさうゐない。……(從者に對ひ)ほそみて。……なんぢゃ? げすやっこめが、だうけめんおもてかくして、このしゅくてんふみつけにしようとはふらちぢゃ! カピューレットのしゃうとうたるけんりもって、きゃつめをばぶちころしても、おれざいあくとはおもはぬわい。
カピ長 はて、をひよ、なんとしたのぢゃ! おぬしはなんそのやういきまくのぢゃ?
チッバ をぢうへ、あれはてきがたのモンタギューでござる。こんやしゅくてんはづかしめんあくいいだいてをったのでござる。
カピ長 としわかのロミオではないか?
チッバ でござる、そのロミオでござる。
カピ長 まゝ、かんにんして、うちすてゝおきゃれ、りっぱしんしらしうたちふるまうてをるうへに、じつへば、ひごろヹローナが、とくもありぎゃうじゃうもよいわかものじまんたねにしてゐるロミオぢゃ。ぜんしとみへても、わがやきがいくはへたうない。ぢゃによって、かんにんしてふりをしてゐやれ。これはいしぢゃ、おもんじておくりゃらば、がんしょくうるはしうし、そのむづかしいかほめておくりゃれ。いはひもなかふにあひぢゃわい。
チッバ いや、ふにあひでござらん、あんなやつるからは。かんにんはなりませぬ。
カピ長 はて、かんにんせにゃなりませぬ。これさ、どうしたもの! せにゃならぬといふに。これさ/\、こゝのあるじおれではいか? おぬしか? さゝゝ。おぬしかんにんならん! はれやれ、おぬしらいひんちゅうおほげんくわおこさせうぞよ! おほさうどうしでかさうわい! えゝ、おぬしのやうなのが、その!
チッバ でも、これはちじょくでござる。
カピ長 さゝゝ、わからんをとこぢゃ。しかさやうか? そのやうなことをすればみだめになるまい。……すれば、なんぢゃな、ではおれいふことかぬ! はて、いまときぢゃ。……(來賓の方に向ひて)よう/\、できた!(又チッバルトに對ひ)むかうみずにもほどがあるわさ、さゝ。はて、しづかに、し……(從者を顧みて)もそっとあかして、あかしを!……(又チッバルトに對ひ)どうしたものぢゃ! ぜひともしづかにしてもらはう。……(らいひんむかひ)やうきに/\!
チッバ むりわうじゃうかんにんもちまへかんしゃくとのであひがしらで、あいさつそりあはぬゆゑ、からだぢゅうふるへるわい。ひきさがらう。しかいまこそあまったるうえてをるうぬこんやすゐさんに、やがてにがあぢせてくれうぞ。

チッバルトはひる。

このあひだにロミオはかめんのまゝ、じゅんれいすがたのまゝにてヂュリエットにちかづき、ひざまづきてうや/\しくそのる。

ロミオ このいやしいたふとみだうけがしたをつみとあらば、かほあかうしたふたりじゅんれいこのくちびるめのキッスもって、あらよごしたあとなめらかにきよめませう。
ヂュリ じゅんれいどの、さはふかなうたごしんかうぢゃに、そのやうにおッしゃッては、そのいかァいどくせいじゃがたにもみてはある、そのみてるゝのがじゅんれいキッスとやら。
ロミオ でもせいじゃにもくちびるがあり、じゅんれいにもくちびるがござりまする。
ヂュリ さア、それはおいのりだけにもちふるもの。

このもんだふのうちに、ふたりはやゝぐんしゅうはなるゝ。

ロミオ おゝ、いでさらば、わがせいじゃよ、わざくちびるさしめたまへ。くちびるいのりまする、ゆるしたまへ、さもなくば、しんじんやぶれ、こゝろみだれまする。
ヂュリ せつなるいのりこゝろんでも、うごかぬのがせいじゃこゝろ
ロミオ では、おうごきなされな、いのりおむくいをいたゞきます。

キッスする。

うしてあなたのおくちびるで、わたしつみこのくちびるからきよめられ、ぬぐはれました。

ヂュリ では、そのつみわたしくちびるうつりましたのかえ?
ロミオ なに、わたしのつみうつった? おゝ、うれしうもおとがめなされた! では、そのつみもどしてくだされ。

またキッスする。

ヂュリ ても、まア、ごきんとうな。

うばる。

乳母  ひいさま、おかゝさまがおはなしがありますといな。

これにてヂュリエットはなるゝ。

ロミオ あのかたはゝごとは、どなたぢゃ?
乳母  はて、おわかかたはゝごさまこのやしきおかたさまぢゃがな、よいおひとで、ごはつめいな、ごていせつな。わしは、いまこなたはなしてござらしゃったぢゃうさまをそだてました。もしえ、あのれさッしゃるおひとは、たんと/\ちんからにありつきますぞや。

うばはなるゝ。

ロミオ ではカピューレットのむすめか? おゝ、おそろしいかんぢゃうくるはせ! おれいのちはこりゃもうかたきからのかりものぢゃわ。

このとき、ベンヺーリオーちかよりて

ベンヺ さア、かへらう/\。たのしみはもうちゃうてんぢゃ。
ロミオ なるほど、さうらしい。(獨語のやうに)なりゃこそいよ/\こゝろふあんになる。

ひんきゃくらおひ/\かへじたくをする。

カピ長 あ、いや、かた/″\、おかへじたくをなされな。そまつごだんながら、たゞいまよういちゅうでござる。(皆々代る/″\長者に近づきて、小聲に挨拶して歸りゆく)……でござるか? はて、しからば、いづれもかたじけなうござった。かたじけなうござる。ごきげんようござりませ。……(從者に向ひ)もそっとあかして、こゝへ!……(賓客を送り果てゝ、家人の方に向ひ)さゝ、このうへは、やう/\。あゝ、こりゃ、とんとけたわ。どりゃおれやすまう。

いちどうしだいはひる。ヂュリエットとうばのこりて、いでゆきゃくみおくる。

ヂュリ うば、こゝへや。あのおかたれ?
乳母  タイビリオーさまのおあとゝりでござります。
ヂュリ いまとぐちからてゆかうとしてゐるのはれ?
乳母  さいな、ペトルーチオーさまのわかさまでござりましょ。
ヂュリ あのかたは、ありゃれ? そのあとからかッしゃる……ありゃをどらなんだひとぢゃ。
乳母  ぞんじませぬ。
ヂュリ さ、て、うてや。……

うばはなるゝ。

もしもこんれいんだおかたなら、はかわしにひどことならうもれぬ。

うばもどきたる。

乳母  はロミオとうて、おうちとはかたきどうしのモンタギューわかぢゃといな。
ヂュリ (獨語的に)たぐひないわがこひが、たぐひないわがにくしみからうまれるとは! ともらではやみしり、うとったときはもうおそまき! あさましいいんぐわこひにくかたきをばかはゆいとおもはにゃならぬ。
乳母  なんぢゃいな、それは? なにうてござる?
ヂュリ うたぢゃ……いまがた一しょにをどったひとをしへてもらうたうたぢゃ。

おくにて「ヂュリエット」とぶ。

乳母  はい/\、たゞいま!……さゝ、まゐりましょ。おきゃくじんみなもうかへってしまはッしゃれた。

ヂュリエットをうながしてはひる。

〈[#改ページ]〉


第二幕


じょしやくる。

序詞役 さていにたるじゃうよくまさいまはとこねぶりて、

うらわかれんじゃうそのあとぐべくおきいづる。

かつてはあこがれて、ためなんとまでうめきつるそのびぢょ

いまにはうつくしともえず、ヂュリエットひめくらべては。

かくてひつはれつ、ふたりは一やういろまよへり、

しかはあれど、かこちがほに、かたきいひよつらさ、

をんなもまたつりばりよりこひあまゑさぬすおそろしさ。

かたきどしなればかねごとをもひとなみにはげがたく、

ひめおなおもひながら、ふべきつてさらすくなし。

さもあれ、じゃうくわちからを、ときびんぎあたへければ、

かぎりなきあやふさのうちに、ふたりかぎりなくうれしくへり。

じょしやくはひる。



だいじゃう ヹローナ。カピューレットていていゑんいしがきへるこみち[編集]

ロミオる。

ロミオ しんざうこゝのこってゐるのに、なんかへることができようぞい? どんつちくれめ、ひッかへして、おのがたましひさがしをれ。

いしがきぢてていないとびおりる。

ベンヺーリオーとマーキューシオーと出る。

ベンヺ ローミオー! ロミオどの! ローミオー!
マーキュ あいつめはりこうものぢゃ、てっきりとうにぬけがけして、いまごろは(うちに)てゐるのであらう。
ベンヺ いや/\、こっちはしってて、このいしがきとびこえた。マーキューシオーどの、んでさっしゃい。
マーキュ いや、ついでいのしてよう。……(呪文の口眞似にて)ローミオーよ! うはきよ! きゃうじんよ! ぼんなうよ! こひびとよ! ためいきすがたにてしゅつげんめされ。たッた一をでもおほせられたならば、それがしまんぞくいたす。たゞあゝ」とだけさけばっしゃい、たッたひとことラヴとか、ダヴとかおほせられい。こちむかしなじみの〻|いよ/\}}いのらねばならぬ。……(又祈祷の口眞似)あはれ、ローザラインのほしのやうなまみつき、あのたか/″\としたひたひ、あのまっくれなゐくちびる、あのかはゆらしいあし、あのまっすぐすね、あのぶる/\とふるへるふともゝないしそのちかまにあるところ/″\けていのりまするぞ。すみやかにごしゃうたいあらはせられい。
ベンヺ きこえたら、はらたうぞ。
マーキュ なんはらたう。こひをんなわぢかくへおつりきまものいのして、おてきてうぶくしてしまふまで、それをつッたたせておいたならば、それこそてんごうでもあらうけれど、いまのはしゃうぢきしゃうたうじゅもんぢゃ、おてきりて、ロミオめをいのさうとしたまでのことぢゃ。
ベンヺ こりゃなんでも、かくれて、よつゆれのまくというしゃれであらう。こひめくらといふから、やみちょうどおあつらへぢゃ。
マーキュ はて、こひめくらならまといあてることはできまい。いまごろはロミオめ、びわこかげしゃがんで、あゝ、わしおてきが、あのむすめどもないしょわらこのびはのやうならば、なんのかのとねんじてよう。おゝ、ロミオ、おぬしおてきが、な、それ、あけっぱなしのなにとやらで、そしておぬしあれほそながりんごであつたなら!〈[#「あつたなら!」はママ]〉 ロミオ、さらば。のてんとこではさぶうてられぬ、げすどこよう。さ、かうか?
ベンヺ では、いなう。みつけられまいとてゐるものをさがすのはむだぢゃ。

ふたりともはひる。

だいぢゃう  どうしょ。カピューレットていゑん[編集]

ロミオまへる。

ロミオ ひといたであざけりをる、じしんきずうたことのやつは。……

このときヂュリエット二かいまどあらはるゝ。

や、てよ! あのまどからるゝあかりは? あれは、ひがし、なればヂュリエットはたいやうぢゃ!……あゝ、のぼれ、うるはしいたいやうよ、そしてりんきぶかつきころせ、あいつこしもとそもじはううつくしいのをくやしがって、あのとほり、あをざめてる。あのやきもちやきほうこうするのはよしゃれ。あいつしきせあをじろいやいろぢゃゆゑ、あはうほかれもぬ、いでしまや。……おゝ、ありゃひめぢゃ。こひびとぢゃ! あゝ、このこゝろらせたいなア!……なにやらうてゐる。いや、なにうてはゐぬ。はいでもかまはぬ、あのものふ。あのへんたふをせふ。……あゝ、こりゃあんまりあつかましかった。おれうてゐるのではい。おほぞらぢゅういっうつくしいふたつほしが、なにようがあってよそくとて、そのあひだかはってひかってくれとひめたのんだのぢゃな。ほしなほり、ほしひめつむりやどったら、なんとあらう! ひめほゝうつくしさにはほしはにかまうぞ、にっくわうまへランプのやうに。しかるにてんのぼったひめは、おほぞらぢゅうのこくまもなうらさうによって、とりどもがひるかとおもうて、さぞなきたつることであらう。あれ、ほゝてのひらへもたせてゐる! おゝ、あのほゝれようために、あのてぶくろになりたいなア!

ヂュリ あゝ/\!
ロミオ ものうた。おゝ、いまものうてくだされ、てんにんどの! さうしてたかところひかかゞやいておゐやるすがたは、おどろあやしんで、あとさがって、しろうしてみあげてゐるにんげんどもとうじゃうを、はねのあるてんつかひが、しづかにたゞよくもって、こくうたゞなかわたってゐるやう!
ヂュリ おゝ、ロミオ、ロミオ! なぜおまへはロミオぢゃ! てゝごをも、じしんをもてゝしまや。それがいやならば、せめてもわしこひゞとぢゃとせいごんしてくだされ。すれば、わしもうカピューレットではない。
ロミオ (傍を向きて)もっとかうか? すぐものはうか?
ヂュリ なまへだけがわしかたきぢゃ。モンタギューでなうてもりっぱおまへ。モンタギューがなんぢゃ! でも、あしでも、かひなでも、かほでもい、ひといたものではない。おゝ、なにほかなまへにしや。なんぢゃ? ばらはなは、ほかんでも、おなじやうにがする。ロミオとてもそのとほり、ロミオでなうても、てゝも、そのもちまへのいみじい、たふととくのこらう。……ロミオどの、おのがものでもないてゝ、そのかはりに、わしをも、こゝろをもってくだされ。
ロミオ (前へ進みて)おゝ、りませう。ことばそのまゝひとことこひゞとぢゃとうてくだされ、すぐにもせんれいけませう。けふからはもうロミオでい。
ヂュリ や、れぢゃ、よるやみつゝまれて、ないしょうごときゃったそなたは?
ロミオ なんうたものかわしらぬ。なう、わがせいじゃよ、わがきみかたきぢゃとあるゆゑ、じぶんながらにくうて/\、かみいてあるものなら、ひきやぶってしまひたい。
ヂュリ おまへことばはまだ百こととはかなんだが、そのこゑにはおぼえがある。ロミオどのではいか、モンタギューの?
ロミオ どちらでもない、そもじきらひぢゃとやるならば。
ヂュリ ま、どうしてこゝへ? して、まアなんために? あのいしがきたかいゆゑたやすうはのぼられぬに、それにおまへみぶんは、うちものみつくれば、たちまちおいのちからうずに。
ロミオ あのいしがきは、こひかるつばさえた。いかてっぺきこひさへぎることはできぬ。こひほっすればどのやうことをもあへてするもの。そもじうちひとたちとてもわしとゞむるちからたぬ。
ヂュリ でもみつくればころしませうぞえ。
ロミオ あゝ、かれらにん、二十にんけんよりも、それ、そのそもじまなこにこそひところちからはあれ。たゞもうかはゆをしてくだされ、かれらにくまれうとなんいとはう。
ヂュリ わしどのやうことがあっても、おまへをばみつけさせたうない。
ロミオ さいはよるころもてゐる、みつけらるゝはずはない。とはいへそもじあいせられずば、たちどころみつけられ、にくまれて、ころされたい、あいされぬくるしみをのばさうより。
ヂュリ しるべをしておいでなされた?
ロミオ こひしるべぢゃ。たづねてい、とまっさきすゝめたもこひなれば、ちゑしたもこひしたもこひわしかぢとりではないけれども、このやうたからようためなら、千あらうみの、そのさきはまへでもばうけんしよう。
ヂュリ よるといふめんけてゐればこそ、でなくばはづかしさにこのほゝまっかにならう、こよひうたことをついおまへかれたゆゑ。わしとても、ていさいつくり、そなことをひはせぬ、とひたいはやま/\なれど、しきさはふは、もうおさらば! もし、わしいとしうおもうてくださるか?「うん」とおッしゃるであらうがな。そして、それをまたまことおもはう。でもせいごんなどなされると(かへって)こゝろもとない、こひゞとせいごんやぶるのはヂョーヴじんたゞわらうておましなさるといふゆゑ。おゝ、ロミオどの、いとしうおもうてくださるがまことなら、そのとほせいじつうてくだされ。それとも、まりてがるったとおおもひなさるやうならば、わざこはかほをして、にくさうにいやはう、たとひおいひよりなされても。さもなくば、せかいかけていやとははぬ。あゝ、モンタギューどの、このやうにおろからしううたなら、わしをはすはなともおおもひなさらうが、じゃうずよそ/\しうつくりすますひとたちより、もそッとしんじつをなごになってせう。いゝえ、わしとても、こひないしょうかれなんだら、もッとよそ/\しうしたであらう。ぢゃによって、おゆるしなされ、はやなびいたをばうはきゆゑとおもうてくださるな、よるやみゆだんして、ついしたごゝろられたゝめぢゃ。
ロミオ ひめよ、あのむすきゞこずゑさき/″\をばしろがねいろいろどってゐるあのつきちかひけ……
ヂュリ おゝ、まはよごとゐちかはふていせつつきなんぞをせいごんにおけなさるな。おまへこゝろつきのやうにかはるとわるい。
ロミオ では、なにちかひけよう?
ヂュリ せいごんにはおよびませぬ。またせいごんなさるなら、わたしがかみさまともおもふおまへをおけなされ、すればおことばしんじませう。
ロミオ わしこゝろしんじつしたふ……
ヂュリ あゝ、もし、せいごんは、およしなされ。うれしいとはおもへども、こよひすぐにやくそくするのは、そこつらしうて、むぶんべつで、さっきふで、あッといふえるいなづまのやうで、うれしうない。こひしいおひと、さよなら! このこひつぼみは、さつきかぜそだてられて、またふまでにはうつくしうくであらう。さよなら/\! おまへむねにもわしむねにも、なつかしいあんそくやどりますやう!
ロミオ すりゃ、これぎりでわかれようといふのか?
ヂュリ では、どうせいとおッしゃるのぢゃ?
ロミオ わしちかひとりかへに、そなたしんじつちかひきたい。
ヂュリ わしのちかひは、さうはれぬさきに、げてしまうた。もう一げらるゝやうであってしい。
ロミオ では、とりもどしたいか? なんために?
ヂュリ かぎりをあらためてげうために。とはいへ、それも、ひっきゃうは、こひしいからのこと、げたいとおもこゝろうみこひしいとおもこゝろうみの、そのそこはかられぬ。ぐればぐるほどなほこひしさのすばかりで、どちらにもかぎりい。

このときおくにてうばこゑにてぶ。

おくなにやら、かしましいこゑがする。こひしいおかた、さよなら……あいあい、うばいますぐに!……モンタギューどの、かならかはらず。ちょとってゝくだされ、すぐまたもどってう。

ヂュリエットはひる。

ロミオ おゝ、ありがたい、かたじけない、なんといふうれしいよる! が、よるぢゃによって、もしやゆめではないからぬ。うつゝにしては、あんまうれぎてうそらしい。

ヂュリエットふたゝかいじゃうあらはるゝ。

ヂュリ ロミオどの、もうみことだけ、それでこよひわかれませう。これ、おまへこゝろいつはりがなく、まことめをとにならうなら、あすさいかくしてつかひをばげませうほどに、いつどこしきぐるといふへんじをしてくだされ、すれば、一しゃううんめいをばおまへあしもとなげだして、せかいどんはてまでも、わしのとのごとしていてゆきませう。
乳母  (奧にて)ひいさま!
ヂュリ あい、いますぐに。……したが、まん一にもたゞしうないおこゝろってござらば、どうぞ……
乳母  (奧にて)ひいさま!
ヂュリ いますぐにくわいの。……えんだんふっゝりめ、わしをばかってかしてくだされ。あすつかひをげませうぞ。
ロミオ のちをもちかひにかけて……
ヂュリ せんたびもまんたびもごきげんよう。

ヂュリエットはひる。

ロミオ せんたびもまんたびもおれきげんがわるうなったわ、そもじといふひかりえたによって。こひゞとうれしさは、てらこどもしょもつはなるゝこゝろもちおなじぢゃが、わかるゝときせつなさは、じふめんつくるてらやがよひぢゃ。

ロミオそろ/\とさがる。

ヂュリエットまたかいぢゃうあらはれて、そっくちぶえらす。

ヂュリ ヒスト! ローミオー! ヒスト!……おゝ、こちのをたかをばよびかへたかじゃうこゑしいなア、とらはれゆゑこゑしゃがれて、たか/″\とはばぬ。さもなかったなら、こだまひめてゐるそのほらあなくるほどに、また、あのひめうつろこゑわしこゑよりもしゃがるゝほどに、ロミオ/\とばうものを。
ロミオ や、おれぶはこひゞとぢゃ。あゝ、こひゞとよるこわねは、しろがねすゞのやうにやさしうて、けばくほどなつかしい!
ヂュリ ローミオー!
ロミオ こひゞとか?
ヂュリ あすなんじごろつかひをげうぞ?
ロミオ 九に。
ヂュリ あい、ちがへはせぬ。あゝ、そのときまでが二十ねん! あれ、わすれた、なんでおまへよびかへしたのやら?
ロミオ おもしなさるまで、うしてこゝってゐよう。
ヂュリ さうしてゐてしいから、わたしゃなほわすれませう。一しょにゐたい、といふことばかりはわすれずに。
ロミオ わしまたいつまでもうしてこゝってゐよう、そもじにもわすれさせ、じぶんこゝことほかみんなわすれて。
ヂュリ もうくる。んでしいとはおもへども、ことりあしに、きまゝむすめが、めしうどくさりのやうにいとけて、ちょとはなしてはひきもどし、またばしてはひきもどすがやうに、おまへなしたうもあるが、しうもある。
ロミオ そもじことりになりたいなア!
ヂュリ おまへことりにしたいなア! したが、あんまかはゆがって、ついころしてはならぬゆゑ、もうこれで、さよなら! さよなら! あゝ、わかれといふものはかななつかしいものぢゃ。くるまで、うしてさよならをうてゐたい。

ヂュリエットはひる。

ロミオ そもじにはあんみんが、そもじむねにはあんしんやどるやう! あゝ、そのあんみんともあんしんともなって、きみうつくしいむねやどりたいなア!……これからしゃうにんいほりて、こよひしあはせをはなしたうへなにかとぢょりょくもとめよう。

ロミオはひる。


だいぢゃう  どうしょたくはつそうロレンスほふしあんじつ[編集]

ロレンスほふしさげかごたづさへてる。

ロレ  はひいろめあしたしかめつらよるむかうてめば、ひかりしまとうばうくもいろどり、げかゝるやみは、かみまへに、さながらゑひどれのやうによろめく。どりゃ、そのゆるやうなまなこげてけふひるなぐさめ、さくやしっきかわかまへに、どくあるくさたふとしるはなどもをんで、われらこのかごを一ぱいにせねばならぬ。ばんいうはゝたるだいぢそのはかどころでもあり、またそのまいさうちたるものがそのこぶくろでもある、さてそのこぶくろより千べつこどもうまれ、そのむねをまさぐりてふやうに、さらなにひとくさづゝいみじいことなるかうのうのある千しゅしゅすひいだす。あゝ、おびたゞしいはくさきんせきどものそのほんしつこもれるきどくぢゃ。ちじゃうそんするものたるかぎり、いかしいしななにらかのえききょうせざるはく、またいかいものもようはふたゞしからざればそのせいもとり、はからざるへいしゃうずるならひ。びとくはふあやまればあくとくくわし、あくとくようしょゐげんしゃうず。このかよわい、いとけなはなぶさうちどくよどればやくりきもある、いではからだぢゅうなぐさむれども、むるときはしんざうともに五くわんころす。かゝるかたきが、しょくぶつかいにも、にんげんかいにも、つねぢんどってあひたゝかふ……じんしんがいしんとが……しかうしてしいかたつときは、たちまどくむしとりつかれて、そのしょくぶつかれはつる。

ロミオる。

ロミオ おはやうござります。
ロレ  みゃうがあらせたまへ! れぢゃ、このさうてうに、なつかしいそのこわねは? ほう、わかくせはやおきは、こゝろわづらひのあるしょうこぢゃ。おいくらうち、くらうやどところにはとかくすゐみんやどらぬものぢゃが、こゝろきずなうわだかまりのないわかものは、てあしよこにするやいなや、こゝろもちねむらるゝはずぢゃに、かうはやきさしゃったは、こりゃなにわづらひうてはならぬ。さうでなくば、こちのロミオは、ゆうべとこかなんだのぢゃな。
ロミオ そのとほりでござる、なんだゆゑにこそうれしいあんしん
ロレ  かみよ、つみゆるさせられい! さてはローザラインと一しょぢゃな!
ロミオ ローザラインと一しょぢゃとおッしゃるか? そのなまへも、そのなまへともなかなしみも、わしもうみんなわすれてしまうた。
ロレ  それでこそぢゃ。すれば、どこにおゐやったのぢゃ?
ロミオ 二はれいでもはなしませう。かたきいへしゅえんさいちゅう、だましうちわしきずはしたものがあったを、こちからもはした。ふたりけたきずこなたやくりきればなほる。なう、しゃうにんわしそのてきにくみはせぬ、かうしてたのみにたのも、たがひのためおもふからぢゃ。
ロレ  はて、はっきりすなほおッしゃれ。ざんげなぞのやうであると、みゆるしなぞのやうなことにならう。
ロミオ さればはっきりはうが、わしはカピューレットのあのうつくしいむすめまたこひゞとめてしまうた。わしめたればむかうもまたそのとほりにめたのでござる。てはずみなんだ、のこるはこなたおこなうてもらしんせいしきばかり。いつどこで、どうしてうて、どういひよって、どんせいごんをしたかは、あるきながらはなしませうほどに、しょういんしてくだされ、けふこんれいさすることを。
ロレ  そしフランシスしゃうにん! こりゃまたなんたるかはりやうぢゃ! あれほどにこがれておゐやつた〈[#「おゐやつた」はママ]〉ローザラインをもうてゝおしまやったか? さればわかてあひこひそのこゝろにはやどらいでそのがんちゅうやどるとえた。ヂェシュー マリヤ! どれほどにがみづそのあをじろほゝをローザラインのためあらうたことやら? どれほどしほからみづむだにしたことやら、いまなごりさへもないそのこひあぢつけうために! そなたためいきはまだおほぞらゆげたちのぼり、そなたさきごろうなりごゑはまだこのおいみゝってゐる。それ、まだそのほゝふるなみだよごれがぬぐはれいでのこってある。そなたはやはりそなたで、あのなげきそなたなげきであったなら、それはみなローザラインのためであったに、なりゃ、そのこゝろかはったか? すれば、このとなへしめ……をんなこゝろうつはずをとこごころさへもけんごにあらず。
ロミオ こなたはローザラインにこひをすなというて、いくたびもおしかりゃったぞよ。
ロレ  こひをすなではない、おぼるなとうたのぢゃ。
ロミオ そしてこひほうむれとおしゃったぞよ。
ロレ  まへのをはかほうむって、べつのをほりだせとはつひはぬ。
ロミオ なう、しかってくださるな。こんどをんなは、こちおもへば、あちでもおもひ、こちしたへば、あちでもしたふ。さきのはさうでかった。
ロレ  おゝ、それは、そなたこひをば、ゑとくしてもゐぬことを、たゞくちさきたぐひぢゃとみぬいてゐたためでもあらう。したが、こゝなうはきもの、ま、わしと一しょにやれ、しさいあってぢょりきせう、……このえんぐみもとりゃうけかくしつわぼくへまいものでもない。
ロミオ おゝ、はやう。さっきふまさにゃならぬ。
ロレ  いや、かしこゆるうぢゃ。かけだものけつまづくわい。

ロレンスさきに、ロミオひてはひる。


だいぢゃう  どうしょがいじゃう[編集]

ベンヺーリオーとマーキューシオーとる。

マーキュ ロミオめはどこきをったか? かへらなんだかゆうべは?
ベンヺ うん、てゝぢゃいへへは。けらいうていた。
マーキュ はて、あのあをじろじゃうなをんなのローザラインめがさん/″\やつくるしめるによって、はてきちがひにもなりかねまいわい。
ベンヺ カピューレットの一ぞくのチッバルトが、ロミオがてゝぢゃてゝ、しょめんをばおくったさうな。
マーキュ せいもんけっとうじゃうであらう。
ベンヺ ロミオはへんじをやるであらう。
マーキュ けるほどものなら、へんじをせいでか?
ベンヺ いや、しかけられたからは、たちあはうとへんじをせう。
マーキュ あゝ、ロミオのやつめ、やつもうんでゐるわい! あのまッしろあまッちょくろでしてやられた、みゝこひかいとほされる、しんざうまッたゞなかれいめくらこぞうけいこやぶちくたかれる。どうして、あのチッバルトとたちあふことなぞがでけうぞい。
ベンヺ え、どんやつぢゃチッバルトは?
マーキュ むかしばなしチッバルトぢゃとおもうたらあてちがはう。みごとぶしだうしきさはふせいつうあそばしたおたつじんさまぢゃ。ふほんうたうたふやうに、きょりつりあひちがへず、ひいふういて、みッつととたんあひてむなもとずぶりきぬぼたんをもいもざしにしようといふけっとうしぢゃ。れいだいでうだいでうくちぐせにするけっとうしちゃき/\ぢゃ。あゝ、百ぱつちゅうすゝづきとござい! つぎぎゃくづき? まゐったかづきとござる!
ベンヺ え、なにづき
マーキュ びゃくらい、あのやうなへんめうらいな、おつきどったものいひをしをるやつくたばりをれ、ちんぷんかんめ! 「イエスもせうらんあれ、ばっくんけんしでござる! いや、ばっくんますらをでござる!」 へん、ばっくんすべたでござるがいてあきれるわい。なんと、おぢいさん、なさけななかとなったではござらぬか、あさからばんまでりうかうあぶどもなやまされねばならぬとは? おゝ、またしても ぼん! ぼん! ぶん/\!

ロミオ出る。

ベンヺ ロミオがせた、ロミオが。
マーキュ はららごかれたにしんひものといふつらつきぢゃ。おゝ、にしは、にしは、てもまアあさましいぎょるゐとはなられたな! こりゃもうペトラークがとくいこひかをおものともござらう。ローラなどはロミオがひめくらべてはやまだしのはしためぢゃ、もっとも、うただけはローラがはるかにじゃうとうのをつくってもらうた。はて、ダイドーはじだらくをんなで、クレオパトラはあかつらこじきをんな、ヘレンやヒーローはばいぢょせんぢょで、シスビはあをめだまぢゃなんのかのとまうせども、しょせんるにらぬ。……なうなう、ロミオのきみ、えへん、ボンジュール! これはフランスしきほそずぼんたいしてのフランスしきごあいさつでござる。ゆうべは、ようもうま/\にせがねつかませやったの。
ロミオ ふたりともおはやうござる。なに、にせがねとは?
マーキュ われ/\をおきゃって。あとはいでもぢゃ。
ロミオ マーキューシオーどの、ゆるしてくだされ、じつぜひないしょようがあったからぢゃ。あんなをりには、つい、その、れいぐることがあるならひぢゃ。
マーキュ ふん、あんなをりには、あしこしかたちがふといふのぢゃな?
ロミオ といふのは、ねんごろあいさつするためといふこゝろか?
マーキュ そのとほり、ごねんごろかいしゃくぢゃ。
ロミオ これはまたごていねいなおことばぢゃ。
マーキュ はて、れいはふにかけては一だいピンクともあがめられてゐるおれぢゃ。
ロミオ ピンクとはめいよいみゃうか?
マーキュ いかにも。
ロミオ では、わしぶたふぐつめいよなものぢゃ、このとほピンクだらけぢゃによって。
マーキュ できた。このうへしゃれくらべぢゃぞ。これ、おぬしそのうすっぺらなくつそこは、いまこと/″\って、はてみぐるしいあししゃらうぞよ。
ロミオ はて、ぐるしいはぢだじゃるとはおぬしのこと。それ、もう、うすっぺらなちゑそこえるわ!
マーキュ おい、たすけてくれ、ベンヺーリオー。ちゑいきれるわ。
ロミオ むちてい、むちを、もっと/\。さうでいと「った」とぶぞよ。
マーキュ いや、こんなあほらしいぬけがけきゃうさうもうやめぢゃ。なぜへ、おぬしはじめからぬけてゐるわ。なんと、づぬけたしゃれであらうが。
ロミオ なるほどぬけさくごとにかけては、おぬしうまれつきづぬけてゐる。
マーキュ うまけをったな、むぞよ。
ロミオ はて「んでたもるな、あはうどりどのよ」ぢゃ。
マーキュ おぬししゃれだい/\ずといふかくぢゃ、やくみにしたらすッぱからう。
ロミオ ぢゃによって、かうしたあぢけたしろものふりかけてゐるのぢゃ。
マーキュ おゝ、てもまはるわ、すんからしゃくびるめりやすぐちとはおぬしくちぢゃ。
ロミオ はて、びるとへば、そのびるとはきみはなしたぢゃ、いまてんかならびもないぬけさくどのとはきみのことぢゃ。
マーキュ (笑って)なんと、かうしゃれのめしてゐるはうが、れたの、れたのとうめいてゐるよりはましであらうが? けふこそは、つッともうひとずきのするりっぱなロミオぢゃ、けふこそはしゃうめんそくめんどこからてもしゃうめんまがひなしのロミオぢゃ。をんなことなきごとふは、たとへば、あはうめが、ともないつらをして、れいボーブルをおったてゝ……
ベンヺ もうめた、もうめた。
マーキュ しかけた一けんを、めいとはどうぢゃ?
ベンヺ だまってゐたら、そのうへに、なにしいださうもれぬわい。
マーキュ おほちがひぢゃ、なにをしようぞい。ことはとうにんだわ。もうなにもするい。
ロミオ やれ/\、おじゃうひんもんだふ

このげんし“Here's goodly gear.”このいみふふんめいうばとピーターとのきたるをみつけてのひゃうごとも、マーキューシオーとベンヺーリオーのわいざつもんだふはんごてきひゃうしたるものとかいせらる。こゝにはこうしゃたゞしとて、そのぎやくしておきたり。)

うばさきに、げにんピーターおほきなせんすちていてる。

マーキュ ふねぢゃ/\!
ベンヺ 二さう/\をすめすぢゃ。
乳母  ピーター!
ピータ あい/\!
乳母  わしせんすを。
マーキュ ピーターどんや、せんすつらかくさうちふのぢゃ、せんすはううつくしいからなう。
乳母  とのがた、おはやうござります。
マーキュ ごふじん、おおそうござります。
乳母  え、おそうござりますとえ。
マーキュ いかにも。それ、そのひどけいすけべいひるすぎしるしとゞいてゐるわさ。
乳母  はれま、このひとは! なんたるおひとぢゃおまへは?
ロミオ ごふじん、これはことこはしのためかみさまつくらせられたをとこぢゃ。
乳母  ほんに、うまいことをおっしゃる。ことこはしのためできひとぢゃといの! あの、とのがたえ、ロミオのわかさまにはどこへゐたらはれうかの、ごぞんじならをしへてくだされ。
ロミオ わしをしへう。したが、そのわかさまいよ/\はッしゃるじぶんには、たづねてござるいまよりはけてゐませうぞ。はて、いっとしわかのロミオはわしぢゃ。これよりまづいのはいまはない。
乳母  てもま、うまいことをおっしゃる。
マーキュ なんぢゃ、いっまづいのをばうまい? はて、うまいみりやうぢゃの。けんぢょ々々。
乳母  こなたがロミオさまなら、どこぞであらためてごみっくわい(御面會)がおねがまうしたうござります。
ベンヺ (笑って)いまに、優待といふつもりで、誘惑をはじめかねまい。
マーキュ ぜげんだ/\! た/\!
ロミオ たとはなにが?
マーキュ はて、うさぎではない、うさぎにしてもあぶらったやつではなうて、レントしきにくまんぢうはぬうちから、ふるびて、しなびて……

(歌ふ)。やんれ、かびえためすうさぎ

 やんれ、かびえためすうさぎ

レントさいにはさうおうなれど

 びたうさぎぢゃ二十にんでもへぬ、

はぬうちからびたとけば……

ロミオ、てゝごうちへおぢゃれ。あそこでまうぞ。

ロミオ あとからかう。
マーキュ おばゝどん、さらば。さらば/\。

ひめさん/\/\……」

りうかうこうたうたひながらベンヺーリオーとともにマーキューシオーはひる。

乳母  はい、ごきげんよう。……もし/\、あのひとは、ま、なんといふぶさはふわかしゅでござるぞ? あくたいもくたいばかりうて。
ロミオ あれはじぶんしゃべるのをくことのきなをとこひとつきかゝってもやりれぬやうなことを、一ぶんかんしゃべてようといふをとこぢゃ。
乳母  おのれ、わしのことなんとでもうてをれ、ものせうぞい。よしんばかけよりつよからうと、あんなやつがまだべつに二十にんあらうと、だいじない。じりきかなはぬなら、ひとたのむわいの。ろくでなしのわろめ! あいつらにあはうにされてたまるかいの。あいつらのごろつきなかまぢゃありゃせぬわい。……(下人に對ひて)おのしそばってゐながら、わしえいやうにされてゐるのを、てゐるとはなんこッちゃい。
ピータ れもおまへえいやうにはやせぬがや。しもそないなことがあれば、このわざものひきぬかいでかいの。こりゃかんければならんばあひぢゃとさへおもうたら、わしゃひとくるこっちゃない。
乳母  えゝ、ほんに/\、くやしうて/\、からだぢゅうふるへるわいの。ろくでなしのわろめが!……(ロミオに對ひて)もし/\、こなたさまえ、さいぜんまうしましたが、わしひいさまが、こなたさがしていとのいひつけでな、そのわけあとにして、うてくことがござります、しもこなたが、せけんふやうに、あはうごくらくひいさまをれてかっしゃるやうならば、ほんに/\、せけんとほり、ふらちことぢゃ。なぜおッしゃりませ、ひいさまはまだとしがゆかッしゃらぬによって、だまさッしゃるやうであれば、ほんにそれはわるいこっちゃ、ごふじんだまさッしゃるはひけふぢゃ、ひだうぢゃ。
ロミオ おうばどの、おぬしのおひいさんへねんごろつたへてくだされ。わしあくまでうておく……
乳母  はれ、いおひとや、ほんにそのとほまうしましょわいな。ほんに、ま、どのやうよろこばッしゃらう。
ロミオ そのとほりにとは、なにを? まだなにやせぬのに。
乳母  あくまでうてく、とおッしゃったとや、それがりっぱなおことづてぢゃがな。
ロミオ なう、ひめすゝめてくだされ、このひるすぎに、なんとかさいかくしてざんげしきらるゝやう。あのロレンスどのあんじつで、ざんげしきましてこんれいするこゝろなれば。こりゃほねをりちんぢゃ。
乳母  いえ、めっさうな。一せんいたゞきませぬ。
ロミオ まゝ、ぜひとも。
乳母  では、このひるすぎに? む、む、そのやうにいたしましょ。

うばきかくる。

ロミオ あ、これ、おち。やがて、あのてらへいそとへ、おぬしにわたために、なはばしごのやうにあはせたものをけらいたせてりませう。それこそはしのやはうれしいことちゃうてんこのみはこえんつな。……さよなら。しんじつつくしておくりゃれ、きっとほねをりむくひはせう。さらば。ひめよろしうつたへてくだされ。
乳母  ごきげんやういらせられませい!……あ、もし/\。
ロミオ なんとかおやったか?
乳母  ごけらいくちかたいおひとかいな? ふたりぎりのひみつれぬ、三にんめらねば、とひますぞや。
ロミオ だいぢゃうぶぢゃ、はがねのやうにかたをとこぢゃ。
乳母  それならば。こちのひいさまはな、それは/\しほらしうて……ほんに、ほんに、まだちひさうて、たわいもないことをうてゞあったじぶんは……お、あのな、パリスさまうて、おりっぱかたがな、どうぞしてものにせうとまっしゃるのぢゃが、あのよなひとふよりは、わしひきがへるうたはうがましぢゃ、とうてな、あのひきがへるに。わしをり/\はらってもますのぢゃ、パリスどのゝはうが、ずっとをとこぢゃとうてな。すると、ほんことぢゃ、ぢゃうまっさをかほにならっしゃる、づなしろぬののやうに。え、ロミオとローヅメリとは、かしらじおなじかいな?
ロミオ いかにも。それが、なんとしたぞ? りゃうはうともアールぢゃ。
乳母  はれま、ひとを! そりゃ、いぬぢゃがな。アールがおまへの……いやいや、なにほかさうゐないわいの。……なんでもな、こなたローズメリとがどうとやらしたといふ、なんぢゃらんが、おもしろさうながくげん(格言)とやらをつくらしゃってぢゃ、こなたかッしゃればよろこばッしゃらうやうな。
ロミオ ひめよろしううてくだされ。

ロミオ入る。

乳母  はい/\、まうしましょとも。……ピーター!
ピータ あい/\!
乳母  さきへ、そしてとっとと。

うばとピーターとはひる。


だいぢゃう  どうしょ。カピューレットのていゑん[編集]

ヂュリエット出る。

ヂュリ うばしてやったときとけいこゝのつをってゐた。はんじかんかへるといふやくそくしやへなんだかもれぬ。いや/\、さうではい。えゝも、うばめはちんばぢゃ! こひつかひにはおもひをこそ、おもひのこよるかげとほやまかげおひのけるあさひはやさよりも十ばいはやいといふ。ぢゃによって、こひかみみくるまはねがるはとき、かぜのやうにはやいキューピッドにもふたつのはねがある。あれ、もうたいやうは、けふたびぢたうげまでもとゞいてゐる。九から十二までのながい/\三じかん、それぢゃのに、まだかへってぬ。うばめに、じゃうえてゐたら、わかあたゝかいがあったら、テニスのたまのやうに、わしいひつくるやいなこひゞととこんでき、またこひゞとへんじともわしてもととびかへってつらうもの。……あゝ、らうじんといふものは、んでゞもゐるかのやうに、たいぎさうにのろ/\と、おもくるしう、あをじろう、なまりのやうに……

うばがピーターをれて出る。

おゝ、うれしや、かへってた。……なううばいの、どうぞいの? あのかたやったかや?……ともあちへ。

乳母  ピーター。……いりくちひかへてゐや。

ピーター入る。

ヂュリ さ、うばいの。……ま、なんそのやうなさけないかほしてゐやる? かなしいしらせであらうとも、せめてうれしさうにうてたも。うれしいしらせなら、それをそんかほをしてきゃるのは、ゆかしいらせのことしらべをだいなしにしてしまふといふもの。
乳母  おゝ、しんど! ちいとまァやすましてくだされ。あゝ/\、ほね/″\いたうていたうて! ま、どのくらゐほッつきまはったことやら!
ヂュリ わしほね/″\そなたっても、はやそのしらせこっちしい。これ、どうぞかしてたも。なう、うばや、うばいなう、どうぢゃぞいの?
乳母  ま、きぜはしい! ちいとてぬかいな? いきれてものはれぬではないかいな?
ヂュリ いきれてはれぬとやるほどなら、いきれてゐぬはずぢゃ。なんのかのといひわけしてゐやるのが