ユデト書 第四章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ユデト書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第四章[編集]

1 さてユダヤにみしイスラエルのらは、アツスリアわうネブカデネザルのさうしれいくわんオロペルネスのしよこくみんになせしこと、そのすべてのみやりやくだつして、まつたすたれしめしことをけり。
2 さればかれおほいおそれ、エルサレムなるかみみやにつきてうれへたり。
3 これかれらは、あらたとらはれよりかへり、ユダヤのたみちかごろやうやあつまり、せいきせいだんせいどうとは、けがしよりきよめられたればなり。

4 ゆゑかれらはサマリアのすべてのかいがん、コネ、ベテホロン、ベルマイム、エリコ、コバ、エソラ、およびサレムのたにつかひおくり、
5 づすべてのやま〳〵いたゞきせんりやうし、るゐをそのむら〳〵きづき、たゝかひのためにりやうしよくたくはへたり。かれらはたけられてもなければなり。
6 またそのころエルサレムにありしだいさいしヨアキムは、ドタイムにちかひらちのエスドレロンにたいするベツリアおよびベトメスタイムのひと〴〵ふみおくり、
7 かれらやまちつうろまもることをめいじたり。そはこれらつうろはユダヤにみちあたり、そのみちせまく、おほくともふたりならあゆむことあたはざるほどなれば、てきちかづくをやういとゞればなり。
8 イスラエルのらは、エルサレムにたみちやうらうらとともに、だいさいしヨアキムのめいしたがひたり。

9 ときにイスラエルのすべてのたみおほいなるねつしんをもてかみいのり、またおほいなるねつしんをもてそのこゝろひくくせり。
10 かれらも、そのつまも、そのらも、そのかちくも、すべてのやどれるものも、やとひびとも、かねをもてはれししもべはしためみなそのこしあさぬのまとひぬ。
11 すべてのをとこをんなをさなものいたるまでエルサレムのぢゆうみんみなみやまへひれふし、かしらはいかうむり、しゆみまへあさぬのひろげ、さいだんまはりあさぬのき、
12 こゑあはせてねつしんにイスラエルのかみよばはり、かれらさいしとらはれに、かれらのざいさんほろびに、せいじよけがしあざけりとにまかせて、しよこくみんよろこびとならしめたまなかれとねがへり。
13 かみかれらのいのりき、かれらのなやみそなはしたまへり。そはユダヤぜんこくおよびエルサレムのすべてのたみぜんのうしゆみまへに、おほくのあひだだんじきしたればなり。
14 だいさいしヨアキムとしゆみまへつすべてのさいしまたしゆつかふるすべてのひと〴〵は、あさぬのこしまとひて、ひゞはんさいさゝげ、またたみねがひにんいそなへものさゝげたり。
15 しかしてかれそのかんむりはいかうむり、ちからかぎしゆよばはりて、しゆいつまでもイスラエルのぜんかかへりたまはんことをねがへり。