ユデト書 第十章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ユデト書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十章[編集]

1 さてかれはイスラエルのかみよばはることをめ、これらのことばをはりしとき
2 そのひれしたるところあがり、
そのはしためびて、あんそくにちおよさいじつすごせるいへかへり、
3 そのまとひたりしあさぬのき、やもめふくぎ、みづをもてそのあらひ、いとたふとにほひあぶらり、かみみ、かみかざりけ、をつとマナセのりしときまとひしよろこびのころもけたり。
4 かつそのあしくつをはき、うでわくさりゆびわみゝわなぞ、あらゆるかざりにつけ、かれるすべてのひと〴〵まどはさんと、おもふままにけせうせり。
5 しかしてそのはしためぶだうしゆかはつぼあぶらびんあたへ、いりむぎいちじくかたまり、いときパンをもてふくろみたし、そのすべてのいれものともつゝみて、かれはせたり。

6 かくてかれらベツリアのまちもんいたりしに、オジアとまちちやうらうなるカブリとカルミそこにてるをみいだせり。
7 しかるにかれら、かれかほかたちかはり、ころもあらたまりて、そのはなはうつくしきをて、おどろひぬ
8 『われらのせんぞたちのかみねがはくはなんぢめぐみたまはんことを。ねがはくはなんぢくはだてげしめたまひて、イスラエルのらのさかえとなし、エルサレムのほまれたまはんことを』と。かくてかれかみはいせり。
9 かれかれらにいひけるは『ねがはくはまちもんをわがためにひらきて、かしめ、なんぢわれげしことげしめよ』と。かくてかれわかものに、かのをんなひしごともんひらけとめいじければ、
10 かれらこれをひらきたり。

ユデトはそのはしためともきしが、まちひと〴〵かれみおくり、そのやまくだり、たにぎてすがたえずなるまでにいたれり。
11 かれますぐたにえてすゝみしかば、アツスリアびとせうへいかれへり。
12 かれかれとらへて、『いづれたみぞ、いづこよりきたりしぞ、いづこくぞ』とひしかば、かれこたへて、『われはヘブルのをんなにて、かれらよりのがれたり。そはかれらはなんぢらにあたへられてほろぼさるべければなり。
13 われなんぢいくさそうしれいくわんオロペルネスのまへまことことげ、かれすゝみてひとりへいをもそこなふことなく、すべてのやまちたひらぐべきみちかれしめさんとてきたれり。』
14 ひと〴〵かれことばき、またかほかたちて、そのうつくしさにおどろき、これにいへり
15 『なんぢは、われらのしゆみまへいそきたりてなんぢいのちすくへり。いまかれてんまくきたれ。われなんぢみちびきて、なんぢかれにわたさん。
16 なんぢかれまへときなんぢこゝろおそるることなく、はゞからずなんぢことばべよ。さらばかれ、なんぢたゞしくあしらふべし。』
17 かれら百にんへいえらびて、かれとそのはしためとをまもり、オロペルネスのてんまくおくれり。

18 そのときひと〴〵ぜんぢんえいよりあつまきたれり。かれきたりしことえいなかきこえたればなり。かれらオロペルネスにおのれのことをぐるまで、かれはそのてんまくそとりしに、ひと〴〵きたりて、かれまはりあつまれり。
19 かれみなそのうつくしさにおどろき、かれゆゑにイスラエルのらにおどろき、おの〳〵そのとなりかたりていふ『たれか、かかるをんなてるこのたみあなどるをん。かれらのひとりだものこすべからず。おそらくはぜんちあざむかん。』
20 オロペルネスのきんしんとそのすべてのしもべきて、かれてんまくともなれたり。
21 そのときオロペルネスはてんがいにておほはれたる
かれとこにありしがそのとこむらさききんへきぎよくたふとほうせきとにてつくられたり。
22 かれをんなことかれげたれば、かれぎんしよくだいてててんまくまへあきちきたれり。
23 ユデト、かれとそのしもべらのまへきたりしときかれらみなそのかほかたちうつくしきにおどろけり。ユデトひれふしてかれはいせしが、かれしもべらはこれをたしめたり。