ユデト書 第十六章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ユデト書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十六章[編集]

1 そのときユデトこのかんしやうたを、すべてのイスラエルのうちうたひ、すべてのたみ
らはこゑたからかにこのほめうたうたへり。
2 ユデト

『わがかみむかつゝみをもてうたはじめ、わがしゆむかねうはちをもてうたへ。かれむかさんびとのしらべをなせ。かれあがめ、そのみなびまつれ。
3 しゆたゝかひやぶたまかみなり。そはそのいくさなかにて、たみらのまなかにて、われをくるしむるもののより、われたすいだたまへり。
4 アツスリアはきたより、やまでてきたり、十まんぐんぜいひきひ、そのむれはやせめ、そのきばをかおほへり。
5 かれは、わがさかひつくし、わがわかものつるぎをもてころし、ちのみごなげうち、をさなきものをふみにじり、わがをとめらをぶんどりものとせんとへり。
6 されどぜんのうしゆは、ひとりをんなによりて、かれらののぞみうばたまへり。
7 かれらのつよものわかものらのによりてたふれしにもあらず。テイタンのかれちしにもあらず。きよじんらかれおさへしにもあらず。メラリのむすめなるユデト、そのかほうつくしきをもてかれよわめたるなり。
8 かれはイスラエルのしへたげらるゝものをげんために、やもめころをぎ、かほにほひあぶらり、かみかざりをつけ、かれあざむかんとて、あさうすぎぬまとひぬ。
9 そのくつかれまよはし、そのうつくしさはかれたましひとりこにし、つるぎつひかれくびとほしたり。
10 ペルシヤびとはそのゆうきふるおのゝき、メデアびとはそのたんりよくおどろきぬ。
11 そのとき、わがひくらのどもこゑたかさけび、わがよわものどもおそれてしたり。かれらそのこゑげてのがけり。
12 をとめかれらをつらぬき、ぐるものらのごとくにかれらをきずつけぬ。かれらはわがしゆたゝかひによりてほろびたり。
13 われはわがしゆあたらしきうたうたはん。ああしゆよ、なんぢおほいにしてみいつあり、そのみちからてきるものなし。
14 ねがはくは、すべてのつくられしものをなんぢつかへしめたまへ。そはなんぢたまへば、かれらはつくられ、なんぢそのれいいだたまへば、かれらはてられたり。なんぢみこゑこばむものひとりだになし。
15 やま〳〵みづのために、そのもとゐよりうごき、いはなんぢみまへにはらふごとくにけん。されどなんぢは、なんぢおそるるものにあはれみたまふ。
16 すべてのいけにへもかぐはしきかほりとはならず、すべてのえたるものもなんぢはんさいとするにらず、たゞしゆおそるるもののみとこしへおほいなり。
17 わざはひなるかな、わがやからさからひておこくにたみら。ぜんのうしゆは、さばきかれらにあたかへし、かれらのにくむしとをくはたまはん。かれらはとこしへくるしくべし。』

18 さてかれらエルサレムにりしときかみはいせり。たみらは、きよめられしのちまつたはんさいにんいそなへものおよれいもつさゝげたり。
19 ユデトもまたたみらのあたへしオロペルネスのすべてのかざいさゝげ、かれがそのしんだいよりりたるてんがいを、そなへものとしてしゆさゝげたり。
20 たみらエルサレムにて、せいじよまへに、みつきあひだきやうえんをつづけ、ユデトもかれらとともとゞまれり。
21 そののちひと〴〵そのゆづりかへり、ユデトはベツリアにおもむきて、そのもちものにてくらし、そのじだいに、ぜんこくたふとばれたり。
22 おほくのひとかれめとらんとほつせしも、そのをつとマナセのにて、そのたみくははりしのち、かのをんないつしやうあひだ、かれをれるをとこたれもなかりき。
23 かれます〳〵ひと〴〵たふとばれ、そのをつといへにて、としおい、百五さいとなり、そのはしためいとまあたへぬ。かれベツリアにてにしかば、ひと〴〵かれをそのをつとマナセのはかはうむれり。
24 イスラエルのいへなぬかあひだかれのためにふくしたり。かれぬるまへに、そのもちものをつとマナセのきんしんのものと、おのきんしんのものとにわかちたり。
25 かくてイスラエルのらをおそれしめしもの、ユデトのにも、そのしごにも、ながくあらざりき。