ユデト書 第十五章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ユデト書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十五章[編集]

1 てんまくりしものどもこれらのこときしとき、そのできごとおどろけり。
2 かくておそれおのゝきかれらにのぞみ、ひとりもそのとなりびとまへとゞまるものなく、みなともはしでて、ひらちおよやまちのあらゆるみちのがれたり。
3 またベツリアのまはりやまちぢんきしものらは、みなれり。ここにおいてイスラエルのら、かれらのうちにてせんしたりしものはこと〴〵く、てきむかひてはしりかかれり。
4 そのときオジアつかひをベトマスタイム、ベバイ、コパイ、コラ、およびイスラエルのすべてのさかひつかはして、そのされしことげ、またてきひかけてほろぼすべきことをつたへたり。
5 イスラエルのこれきて、いつせいてきひかかり、かれらをころしてコバイにまでいたれり。エルサレムのひと〴〵およやまちひと〴〵おなじくきたれり。(ひと〴〵かれらにてきぢんえいおこりしことをかたりたればなり。)またギレアデおよひ[び]ガリラヤのひと〴〵てきそくめんせまりて、おほいかれらをころし、ダマスコをぎてそのさかひにまでいたれり。
6 のこりてベツリアにありしものは、アツスリアびとぢんえいおそひ、これりやくだつしてはなはだしくみたり。
7 さつりくへてかへりしイスラエルのらは、のこりしものをまや[やま]ちおよひらちまち〳〵ところはなはだおほかりき。

8 そのときだいさいしヨアキムおよびエルサレムにむイスラエルのらのちやうらうたち、かみのイスラエルにあらはしたまひしめぐみんがため、またユデトをてこれにあいさつせんがためにきたれり。
9 かれらユデトのもときたりしとき、一つとなりてかれしゆくし、かつひぬ『なんぢはエルサレムのほこり、イスラエルのおほいなるさかえなり。げになんぢこそわがぐにびとおほいなるよろこびなれ。
10 なんぢなんぢによりで、すべてこれらのことし、イスラエルにことせり。かみこれよろこたまふ。ぜんのうしゆともに、なんぢとこしへむべきかな』と。すべてのたみこれにして、『まことしかり』といへり。
11 たみら三十にちあひだぢんえいかすめ、ユデトにオロペルネスのてんまく、そのすべてのきんぎんうつはしんだいやうき、すべてのかざいあたへしかば、かれこれりて、そのらばせ、またそのにぐるまそなへてこれにせたり。

12 そのときイスラエルのすべてのをんなたちかれんとてともはしきたり、かれしゆくし、かれためおどれり。ユデトはえだをとり、かれともりしをんなたちにこれあたへたり。
13 かれかれともにありしものも、みづからオリブのかんむりつくり、かれせんとうちてをどりつつすべてのをんなたちをみちびき、イスラエルのすべてのをとこたちはぶぐけしままかんむりをいただき、くちうたうたひつつしたがへり。