ユデト書 第十二章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ユデト書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十二章[編集]

1 そのときかれめいじてかのをんなを、ぎんうつはかるるへやきたらしめ、しもべらに、かれのめにしよくもつそなへ、ぶだうしゆあたふることをめいじたり。
2 ユデトいひけるは『われそれくらはじ。おそらくはつまづききたらさん。われはわがたづさふるものをもてがためにしよくもつつくるべし』と。
3 オロペルネスかれにいふ『た[な]んぢしよくもつきなば、われいかにしておなじものをなんぢあたふべきか、こゝにはなんぢたみひとりもあらぬなり。』
4 ユデトかれにいふ『わがしゆよ、なんぢたましひく。なんぢはしためそれらのものをつひやつくさざるさきに、しゆわがによりてそのさだめたることをたまはん。』
5 そのときオロペルネスのしもべかれてんまくきたれり。かれよなかまでねむり、あかつきかねまへでて、
6 オロペルネスにつかひつかはし『わがしゆよ、ひと〴〵めいじて、なんぢはしためいのりのためにかしめたまへ』といひぬ。
7 さればオロペルネスそのゑいへいに、かれとゞむなとめいじたり。かくてユデトは三あひだぢんえいやどり、よごとにベツリアのたにき、ぢんえいかたはらなるいづみあらひ、
8 しゆなるイスラエルのかみに、そのたみらをたかめんがためにみちしめたまはんことをもとめたり。
9 かれきよめててんまくかへり、ゆふげをはるまでとゞまれり。

10 よつかめおよびて、オロペルネスそのきんしんのためにしゆくえんもよほせしが、しやうかうらをばこれにまねかざりき。
11 そのときかれそのつかさなるくわんぐわんバゴアスにいひけるは『きてなんぢともるヘブルのをんなすゝめ、きたりてわれらとともいんしよくせしめよ。
12 よ、われらかかるふじんをしてわれらにはべることなくらしめば、われらのはぢとならん。もしわれをんなまねかずば、かへつてかれにのゝしわらはれん』と。
13 こゝにバゴアス、オロペルネスのまへよりきて、かのをんなきたいひけるは『このうるはしきをとめよ、おそるな。わがしゆもときたり、そのみまへあがめられ、ぶだうしゆみてわれらとともたのしみ、このネブカデネザルわうつかふるアツスリアのむすめらのひとりごとくなれ』
14 ユデトかれふ『われたれなればとてわがしゆさからはん。かれのよしとみたまふことは、すみやかにこれをさん。これわがいつしやうよろこびとならん。』
15 かくてかれちて、そのはれぎをんなかざりこと〴〵まとへり。そのはしためきて、オロペルネスのまへをんなまうけ、ひつじけがはをそこにきたり。このけがわは、かれきてし、かつしよくするための、ひごとようにとて、バゴアスよりけしものなり。
16 さてユデトりてせしに、オロペルネスのこゝろとろけ、そのたましひうごかされて、かれのともることをはな〴〵しくねがへり。かれはじめてかのをんなより、をりあらばこれいざなはんとかまたりしなり。
17 オロペルネスかれにいふ『みてわれらとともたのしめ』と。
18 ユデトこたふ『わがしゆよ、われいままん。そはわがいのち、この、わがうまれしよりこのかたの、すべてのまさりて、わがうちあがめらるればなり。』
19 かくてかれはそのはしためつくりしものをりてくらかつめり。
20 オロペルネスかれによりていたくよろこび、うまれしよりこのかたいづれみしよりもおほくのさけみたり。』