ユデト書 第十一章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ユデト書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十一章[編集]

1 そのときオロペルネス、ユデトにひけるは『をんなよ、こゝろやすかれ、おそるな。われぜんちわうなるネブカデネザルにつかへんとほつせるものがいせず。
2 もし、やまちなんぢたみわれあなどらざりしならば、われかれらにたいしてほこさきげざりしならん。されどかれらはみづかこれらのことをなせり。
3 さればいまなにゆゑなんぢかれらよりのがれてわれらにきたりしかをかたれ。なんぢおのれすくはんがためきたれり。やすんぜよ、なんぢこよひよりいつまでもくるをん、
4 たれなんぢそこなはじ。わがしゆネブカデネザルわうしもべらにごとく、われなんぢきもてなしをなさん。』
5 そのときユデトかれこたへていふ

なんぢしもべことばけ、なんぢはしためみまへにてかたらしめたまへ。われこのよわがしゆいつはりかたらじ。
6 なんぢなんぢはしためことばしたがたまはば、かみなんぢくはだたまことげしめたまはん。かくてわがしゆけつしてそのくはだてしそんたまふまじ。
7 ぜんちわうネブカデネザルのたまごとく、またそのちからくるごとく、かれはすべてのけるものをさゝへんためになんぢつかはしたまひたれば、たゞなんぢによりてかれつかふるひと〴〵のみならず、けものかちくそらとりまたネブカデネザルとそのぜんかちからによりてきん。
8 そはわれら、なんぢちゑなんぢたましひかしこはかりごととをけり。ぜんわうこくちゆうにてなんぢのみゆうきあり、ちしきひいで、またたゝかひわざすぐれたることぜんちつたへらる。
9 さてアキオルのなんぢくわいぎおいべしことにつきて、われらそのことばけり。そはベツリアのひとかれすくひ、かれはそのなんぢかたりしすべてのことをかれらにげたればなり。
10 さればしゆよ、あたはざるところなきしゆよ、かれことばをなほざりにせず、これをなんぢこゝろたもたまへ。そのことばまことなり。そはわがたみかみたいしてつみをかすにあらずばばつせらるることなく、またつるぎかれらをたふすことなし。
11 されどいま、わがしゆやぶたまふことなく、またそのくはだてむなしうせらるることなくして、かれらのうへくだらんがため、かれらのつみかれらにちぬ。かれらこれによりてあくおこなときは、いつにてもかみみいかりまねくべし。
12 かれらしよくれうき、そのみづとぼしくなりたれば、かれはかりてかちくころさんとし、かみそのおきてをもてくらふべからずとせんたまひしすべてのものをくらはんとせり、
13 またエルサレムにてかみみまへつかふるさいしたちのためにきよわかちてたくはけるこくもつはつほぶだうしゆあぶらの十ぶんの一をしよくせんとけつしんしたり。これらのものは、たみらのるべからざるものなりしなり。
14 かれつかひをエルサレムにつかはして、ぎくわいよりきよかけしめんとせり。そはかしこひと〴〵もかくなしたればなり。
15 さればたれかれらにかへりことつたへなば、かれこれおこなひ、そのうちなんぢにわたされてほろすべし。
16 なんぢはしためはすべてこれらことれば、かれらのまへよりのがきたれり。しかしてかみなんぢともことさしめんがためにわれつかはしたまへり。ぜんちおどろき、これくものみなおどろかん。
17 なんぢしもべしんじんふかく、にちやてんかみつかふ。さればわがしゆよ、われなんぢともり、たにいでゆきてかみいのらん。さらばかれかれらのつみをかせしときわれしめたまはん。
18 われかへりてこれなんぢげ、なんぢすべてのぐんぜいいだたまはば、かれらのうちたれなんぢふせぐものなからん。
19 われなんぢみちびきてユダヤのうちとほり、エルサレムにいたり、なんぢくらゐそのうちてん。しかしてなんぢかれらをふものなきひつじごといださん。いつぴきいぬなんぢむかひてくちひらかざるべし。これらのことはわがせんけんによりてわれにしめされ、われはこれなんぢかたらんがためにつかはされたり。』

20 そのとき、このことばオロペルネスとそのしもべらをよろこばしめ、かれらそのちゑおどろきてへり
21 『のこのはてよりはていたるも、かかるみめうるはしく、そのことばちゑてるをんなはあらじ。』
22 オロペルネスもまたをんなひぬ『かみよく、るべきたみ、わがしゆかろしむるかれらのうへほろびきたらぬさきに、なんぢわれつかはたまへり。
23 なんぢみめうるはしく、ことばちゑあり。なんぢまことにそのことばごとくにさば、なんぢかみはわがかみたるべく、か[な]んぢはネブカデネザルわういへみ、そのほまれぜんちひろまらん。』