ユデト書 第六章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ユデト書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第六章[編集]

1 くわいぎれつせるひと〴〵さわみしとき、アツスリアぐんそうしれいくわんオロペルネス、もろもろのたこくみんまへにて、アキオルとモアブびととにひぬ。

2 『アキオルおよびエフライムのやとひびとらよ、なんぢたれなればけふわれらのあひだよげんして、かれらのかみかれらをまもればわれらイスラエルびとたみたゝかふべからずといふや。そもそもネブカデネザルのほかかみとはたれぞや。
3 わうはそのぐんたいおくりて、おもてよりかれらをほろぼさん。かれらのかみかれらをすくはじ。われら、わうしもべは、ひとりごとくにかれらをほろぼさん。かれらはわれらのうまちからさゝざるべし。
4 われかれらをはらはん。やま〳〵かれらのひ、たはたしかばねにてち、かれらのあゆみわれらのさきたず、まつたほろぼさるべしと、ぜんちしゆなるネブカデネザルわういひたまふ。げにかれいひたまふ「わがことばむなしくならざるべし」と。
5 なんぢつみに、これらのことぼかたりたるアンモンのやとひびとなるなんぢアキオルよ、エジプトよりきたりしこのたみにわがあたむくゆるまでは、なんぢこののちふたゝびわがかほざるべし。
6 そのとき、わがぐんたいつるぎと、われつかふるものむれなんぢそばぎ、わがかへらんときなんぢころされしものどものあひだたふらん。
7 いまわがしもべなんぢやまちかへり、さかうへまち〳〵の一つになんぢかん。
8 なんぢは、かれらとともほろぼさるるまではなざるべし。
9 なんぢなんぢこゝろうちに、かれらのとらはれざらんことをのぞむとも、なんぢかほすな。われすでにこれをいへり。わがことぼは一つだにちざるべし。』

10 ここにオロペルネス、かれてんまくつかふるしもべらにめいじてアキオルをとらへしめ、ベツリアにいたりて、イスラエルのらにわたさしむ。
11 しもべらはかれきてぢんえいよりひらのともないだし、ひらのくにうちよりやまちくにうつし、ベツリアのしたなるいづみきたれり。
12 まちひと〴〵をかうへかれらたるときぶきをとりてまちで、かれらむかはんとてをかいたゞきのぼり、いしなげもちひと〴〵は、みなかれらののぼるをふせぎ、かれらむかひていしげたり。
13 されどかれらは、ひそかにやまふもとしのり、アキオルをしばりていだし、をかふもときてそのしゆもとかへけり。
14 イスラエルびとはそのまちよりくだりて、かれもときたり、そのなわめきてベツリアにきたり、まちつかさたちにかれわたせり。
15 そのころつかさたちはシメオンのやから、ミカのオジア、ゴトニエルのカブリ、メルキエルのカルミなりき。
16 かれらまちのすべてのちやうらうらあつめたるに、すべてのわかものたちも、をんなたちもともにそのくわいぎれつし、ひと〴〵うちにアキオルをたしめ、オジアはそのおこりしことたづねしかば、
17 かれこたへて、オロペルネスのくわいぎけつぎかれがアツスリアのきみたちのうちにてかたりしことばおよびオロペルネスがイスラエルのいへたいしてかたりしたいげんげたり。
18 こゝおいて、ひと〴〵ひれふしてかみはいし、かみよばはりてひぬ
19 『ああてんしゆなるかみよ、ねがはくはかれらのたかぶりそなはしたまへ。わがたみいやしきをあはれたまへ。なんぢきよわかたるるものをかへりたまへ。』
20 かくてかれらはアキオルをめ、おほいかれめ、
21 オジアはこれかれいへせうたいし、ちやうらうらのためにふるまひもよほし、よもすがらイスラエルのかみたすけいのれり。