ユデト書 第八章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ユデト書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第八章[編集]

1 そのときイスラエルの、サラサダイの、サラミエルの、ナタナエルの、エリアブの、エリフの、アヒトブの、ラパイムの、ギデオンの、アナニアの、エルキアの、オジエルの、ヨセフの、オクスの、メラリのむすめなるユデトこれをけり。
2 そのをつとマナセは、どうぞくのものにて、かつけつえんなりしが、おほむぎかりいれときしにたり。
3 かれはたちてむぎたばつかぬるものをかんとくりしが、あつさのためかしらをかされてとこき、ベツリアのまちにてにたりしかば、これをドタイムとバラモンとのあひだなるに、そのせんぞたちとともほうむれり。
4 ユデトはやもめにて、三ねん四ケげついへりしが、
5 そのいへやねうへてんまくり、こしあさぬのまとひ、やもめころもけたり。
6 かれやもめとなりてより、あんそくにちぜんじつあんそくにちしんげつさいぜんじつしんげつさいおよびイスラエルのいへさいじつしゆくじつほかは、ひゞだんじきをなしたり。
7 しかも彼はそのかたちうるはしく、るにこゝちよかりき。をつとマナセきんぎんしもべはしためかちくおよとちかれのこしたれば、かれ、それらのものをもてくらしぬ。
8 かれはなはだしくかみおそれたれば、かれそしるものひとりもなかりき。

9 かれひと〴〵みづとぼしきにきおちして、つかさむかひ、つぶやきしことばけり。ユデトはまたオジアがひと〴〵かたりしすべてのことばかれらにちかひて、五のちアツスリアびとまちわたさんといひしことばけり。
10 ここにおいかれは、そのすべてのざいさんくわんりするこしもとつかはして、オジアとまちちやうらうカブリとカルミをまねけり。
11 かれかれもときたりければ、かれらにかたりてひぬ

『ああなんぢらベツリアのたみつかさたちよ、ねがはくはわれけ。そはなんぢらのこのひたみらにかたりしことばたゞしからず。なんぢらはかみなんぢらとのあひだちかひて、これらのうちしゆなんぢらをたすたまはずば、このまちわれらのてきわたさんとやくせり。
12 なんぢたれなれば、このかみこゝろみ、かみさしおきて、ひとあひだたんとするや。
13 もしぜんのうしゆこゝろみなば、なんぢけつしてなにごとをもあたはざるべし。
14 なんぢらはひとこゝろふかさをあたはず、またひとおもことをすらあたはざるに、いかですべてのものつくたまひしかみさぐり、そのみこゝろり、みおもひさとるをん。いなわがきやうだいたちよ、しゆなるわれらのかみいからしむな。
15 かれいつかうちわれらをたすくるをほつたまはずとも、そのみこゝろのままにひごとわれらをまもり、もしくはわれらのてきまへにてわれらをほろぼすちからたまふ。
16 なんぢしゆなるわれらのかみおもんぱかりさばくな。かみひとにあらねばおびやかされたまはず、またひとにあらねばためらたまふことなし。
17 さればわれかみよりのみすくひのぞみ、われらをたすたまはんがためしゆよばはるべし。みこゝろかなはば主われらのこゑたまはん。
18 そはこのわれらのおいて、こんにちわれらのやからいへたみおよまちなかに、たれむかしごとく、にてつくれるかみ〴〵をがむものなし。
19 われらのせんぞたちは、このために、つるぎにわたされ、かすめられ、われらのてきまへはなはだしくやぶれたりしなり。
20 されどわれらはかれほかかみらざれば、われらは、かれのわれらをも、われらのやからなにびとをもかろしめたまはざらんことをのぞむ。
21 そはもし、かみわれらをかろしめたまはば、ユダヤぜんこくすたれ、われらのせいじよかすめられ、かれわれらのくちよりけがしもとたまはん。
22 われどれいとなりところにて、いはうじんあひだに、かれ、われらのきやうだいたちのさつりくと、とらはれと、われらのゆづりあれすたれとをわれらのうへのぞましめん。かくてわれらは、われらをとりことせるものどものまへに、つまづきとなり、あざけりとならん。
23 われらのふくえきめぐみきたさず、われらのしゆなるかみかへつてこれはづかしめたまはん。
24 さればきやうだいたちよ、われもはんわれらのきやうだいたちにしめさん。そはかれらのたましひわれらにかかり、せいじよも、いへも、さいだんわれらのうへかれたればなり。
25 われいま、われらのせんぞたちにたまひしごとく、われらをこゝろたましゆなるわれらのかみかんしやせん。
26 かみのアブラハムにたまひしこと、イサクをこゝろたまひしこと、スリアのメソポタミアにてはゝきやうだいラバンのひつじりしとき、ヤコブにおこりしすべてのことをおもおこすべし。
27 かみかれらのこゝろこゝろむるために、かれらになせしごとく、をもてわれらをこゝろたまはず、またわれらにうらみかへたまはざりき。されどたゞかれちかづくものをむちうちてかれらをいましたまふなり。』

28 そのときオジアこたていふ『なんぢところのすべてのことこゝろをもてはるれば、なんぢことばさからるものなし。
29 これなんぢちゑしめされたるはじめにあらず、なんぢしやうがいはじめより、ひとなんぢちゑれり。これなんぢこゝろねきにりてなり。
30 されどひと〴〵はいたくかわき、われらをひてかくかたらしめ、われらをちかはしめたれば、われらはそのちかひやぶることあたはず。
31 さればいまわれらのためにいのれ。なんぢけいけんなるをんななれば、しゆわれらにあめおくりてわれらのみづかめたし、われらはふたゝきおちせざるにいたらん。』
32 そのときユデトいひけるは『ねがはくはわれけ。われわがたみらが、のちまでつたふべきひとつことさん。
33 なんぢこよひかどて。われわがこしもとともかん。なんぢらがこのまちてきにわたすべしとやくせしにちげんうちに、しゆわがてによりてイスラエルをかへりたまはん。
34 されどわがなすわざふな。これをぐるまではわれこれをげじ。』
35 そのときオジアとをさたち、かれにいへり『ねがはくはやすらかにけ。しゆなるかみなんぢさきだきて、われらのてきうらみむくたまはん。』
36 かくてかれてんまくよりかへり、おの〳〵おのところけり。