ユデト書 第五章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ユデト書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第五章[編集]

1 イスラエルのたゝかひそなへをなし、やまちつうろふさぎ、やま〳〵いたゞきかため、ひらのそなへほどこせしこと、アツスリアぐんそうしれいくわんオロペルネスにられたれば、
2 かれおほいこれいかり、モアブのすべてのこうはく、アンモンのすべてのたいしやううみべのすべてのそうとくあつめて、
3 かれ等にいふ『カナンのらよ、やまちこのたみなにものぞ。そのまち〳〵さまとそのぐんたいかず、そのへいしちやうしよ、そのたみくんりんするわうとそのぐんたいたいしやうにつきてわれかたれ。
4 またせいはうたみまさりてくだらざるりいうわれげよ』と。

5 アンモンのらのをさアキオルこれにこたへていふ
わがしゆよ、ねがはくはなんぢしもべくちよりづるひとことたまへ。われなんぢちかやまちこのたみじつじやうそうもんせん。ねがはくはいつはりなきしもべことばたまへ。
6 このたみはカルデアびとよりで、
7 メソポタミアにやどれり。そはかれらはカルデアのりしかれらのせんぞたちのかみ〴〵したがふことをこのまざりしゆゑなり。
8 かれらはそのせんぞたちのみちてて、てんかみすなはかれらのりしかみはいせしをもて、かみ〴〵まへよりいだされたれば、メソポタミアにのがれ、おほくのあひだかしことゞまりたり。
9 ときかれらのかみかれらに、そのやどりしところはなれて、カナンのくことをめいじたれば、かれらはそのみ、きんぎんかちくみたり。
10 しかるにききんカナンのひろまりたれば、かれらエジプトにくだり、そこやどり、しておほいなるむれとなり、かぞつくすことあたはざるほどとなれり。
11 こゝおいてエジプトわうかれらにさからひてち、たくみかれらををさめ、れんぐわつくいやしきものとなし、どれいとなしたり。
12 かれらそのかみよばはりければ、かみふちやまひをもてエジプトのぜんちち、エジプトびとつひかれらいだせり。
13 かくてかみかれらまへこうかいらし、
14 かれらをシナイやまとカデシ・バルネアにみちびき、あらののすべてのたみいだせり。
15 かくかれらはアモリびとみ、ヘシボンをほろぼし、ヨルダンをわたりて、すべてのやまちせんれうしたり。
16 かれらはカナンびと、ペリジびと、エブスびと、シケムびと、ギルガシびとらをほろぼして、たねんそのめり。
17 しかしてかれら、そのかみみまへつみをかさざりしあひださかえたり。そはつみにくたまかみかれらとともにありたればなり。
18 しかるにかれら、かみしめたまへるみちはなれしかば、あまたはげしきたゝかひによりてほろぼされ、とりことしてたこくかれ、かみみやたふされ、そのまち〳〵てきうばはれたり。
19 されどかれらはいま、そのかみかへり、そのらされたるよりかへきたり、せいじよのあるエルサレムをせんれうせしが、そのところすたれたれば、やまちめり。
20 ゆゑわがしゆなるそうとくかくかよ、このたみにしてあやまちをなし、そのかみたいしてつみをかさば、われらかれらつまづきげんゐんかんがのぼきてこれたん。
21 されどもしこれはんし、このたみつみなくば、わがしゆよ、ねがはくはたまへ。おそらくはかれらのしゆなるかみかれらをまもり、かれらにみかたし、われらはぜんちまへはぢをさらさん。』

22 アキオルこれらのことをはりしときてんまくまはりちしすべてのたみあひだつぶやおこり、オロペルネスのたいちやうらとうみべたみ、及びモアブのたみらかれころすべしとへり。
23 かれらいふ『われらはイスラエルのらのかほおそれず。よ、このたみはげしきたゝかひをなすちからなし。
24 さればオロペルネスかくかよ。われいまのぼかん。かれらはなんぢぜんぐんのためにまるベきえじきなり。』