ユデト書 第二章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ユデト書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第二章[編集]

1 だい十八ねんぐわつ二十二にちに、アツスリアのわうネブカデネザルはそのちかひしたがひ、すべてのばつすべしとせんげんし、
2 すべてのしんか、すべてのかうくわんあつめて、ひみつけいかくを示し、そのなざしたるすべてのばつすべしとめいじたり。
3 しかしてかれらわうめいしたがはざりしすべてのものほろぼすべしとのみことのりはつしぬ。
4 くわいぎをはりしとき、アツスリアわうネブカデネザルは、そのぐんたいさうしれいくわんにしてわうくらゐるオロペルネスをし、めいじていへり

5 『ぜんちしゆなるだいわうかくのたまふ。よ、なんぢわがまへよりち、ちからじしんあるものほへい十二まんにんきへい一萬二千にんひきゐ、
6 わうめいふくじうせざりしせいはうくにて。
7 なんぢかれらにめいじてみづとをけんぜしめよ。われはわがいかりかれらにもらし、わがぐんをしてぜんちふみにじらしめ、これをぶんどりものとしてへいしあたへん。
8 かくてそのしかばねたに〴〵かは〴〵ち、おほかはしかばねのためにあふるるにいたらん。
9 またかれらをとりことしてはてにまでうつさん。
10 さればなんぢきてわがためにそのすべてのえんがんせいふくせよ。かれなんぢくだらば、わがために、しよけいまでこれをまもれ。
11 てきたふものあらばあはれむことなく、これほふり、いたところこれりやくだつすべし。
12 われはわがいのちにかけてまたわがわうこくちからりて、かならわがことばはたさん。
13 ゆゑなんぢつゝしみて、なんぢしゆめいたがふことなく、わがなんぢめいぜしごとくこれをぐべし。なんぢけつしてこれにそむくべからず。』

14 ここにオロペルネスそのしゆまへよりきて、アツスリアぐんのすべてのちやうくわんたいちやうしやうかうあつむ。
15 そのしゆめいしたがひて、たゝかひのためにえらびしへいは十二まんにんおよきばきゆうへい一萬二千にんかぞへられたり。
16 かれこれをせんじへんせいとなし、
17 らくだらばをもておほくのかうりはこび、またりやうしよくとしてむすうひつじうしやぎそなへ、
18 わうくらよりおほくのりやうしよくきんぎんとをたづさへたり。
19 かくてかれとそのぜんぐん、ネブカデネザルわうせんくとなり、そのせんしやきへいえらいだしたるほへいをもて、せいはうおもおほつくさんとてけり。
20 かくてかれともきししよこくたみいなごごとく、すなごとく、そのかずおほきによりてかぞつくすことあたはざりき。

21 かれらはニネベをで、三かぢしてベクテレテのひらのいたり、かみキリキアのひだりてやまちかじんえいれり。
22 かくてかれすべてのいくさほへいきへいせんしやひきゐて、そこよりやまちすゝみ、
23 プドおよびルドをほろぼし、ラシスのすべてのおさなごおよびケリアびとみなみあらのりしイシマエルびとらをとりこにせり。
24 かれまたユフラテがはわたりてメソポタミアにり、アアボナイがはへるすべてのまち〳〵ほろぼしてうみにまでいたれり。
25 しかしてかれキリキアのさかひりて、てきたふものをころし、アラビアのみなみむかへるヤペテのさかひにまでいたれり。
26 またかれミデアンのらをかこみて、そのてんまくき、ひつじをりかすめたり。
27 かくてかれむぎかりときに、ダマスコのひらのくだりて、すべてのはたけき、そのうしひつじむれほろぼし、まち〳〵りやくだつし、そのひらのあらし、そのすべてのわかものらをつるぎにかけてころせり。

28 さればかれたいするおそれおののきうみべむすべてのひと〴〵に、シドンとツロのひと〴〵に、スルとオキナにひと〴〵に、またエムナアンにむすべてのひと〴〵のぞめり。またアゾトとアシケロンにむすべてのひと〴〵もいたくかれおそれたり。