ユデト書 第九章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ユデト書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第九章[編集]

1 ユデトすなはひれふし、かしらはいかうむり、たるあさぬのぎぬ。それはゆふべかほりを、エルサレムなるしゆいへさゝときなりければ、おほごゑよばはりてへり

2 『ああわがちゝシメオンのしゆなるかみよ、をとめけがさんとてそのおびき、もゝあらはしてはづかしめ、たいけがしてはぢあたへしいこくじんしゆうらみむくたまへり。そはしかすべからずとなんぢたまひしことをかれをかしたればなり。
3 さればなんぢ、そのつかさたちをにわたし、そのあざむきによりてけがせしとこめ、そのきみたちをしもべらとともち、そのきみたちをうへころたまへり。
4 またそのつまらをかすめられしめ、そのむすめらをとりことなし、そのすべてのぶんどりものなんぢあいたまらにわかたまへり。かれらなんぢねつしんをもてうごかされ、かれらのけがれにくみ、なんぢよばはりてみたすけへり。ああかみよ、わがかみよ、ねがはくは、やもめなるわがねがひをもたまへ。
5 なんぢたゞこれらことたまひしのみならず、さきにありしことと、それにつゞきておこりしこととをたまへり。またなんぢいまあるものとのちあらんものとをくはだたまふに、なんぢくはだたまふものはみなきたるなり。
6 しかり、なんぢさだたまひしことどもはみまへちていふ「よ、われこゝり」と。そはなんぢのすべてのみちそなへられ、なんぢさだめあらかじらるればなり。
7 よ、アツスリアびとはそのちからし、そのうまきへいとのゆゑこゝろおごり、そのほへいちからほこり、たてやりゆみいしなげたのむ。かれらは、なんぢたゝかひやぶたましゆにていますことをらざるなり。「しゆ」はなんぢみななり。
8 なんぢみちからにてかれらのちからくだき、なんぢみいかりをもてかれらのへいりよくよわたまへ、そはかれらはしゆせいじよけがし、しゆえいくわうみなたままくやをかし、つるぎをもてしゅさいだんつのたふさんとすればなり。
9 かれらたかぶりそなはし、なんぢみいかりかれらうへおくおまへ。ゆもめなるわがに、わがおもちからあたたまへ。
10 わがくちびるたくみによりてそのしもべをばそのきみともに、そのきみをばしもべともたまへ。をんなもてかれらのゐげんくだたまへ。
11 そはなんぢみちからたにんずうちになく、またつよひとうちになし。なんぢなやものかみしひたげらるるものたすけぬしよわきもののさゝへぬしさすらひびとまもりぬしのぞみなきものすくひぬしにていまたまふ。
12 さなり、さなり、ああわがちゝかみ、イスラエルのゆづりかみてんちしゆ、すべてのみづつくりぬし、あらゆるつくられしもののわうよ。わがいのりたまへ。
3 ねがはくはわがことばあざむきとを、かれらのきずとなし、わなとなしたまへ。かれらはなんぢけいやくなんぢきよたまひしいへ、シオンのいたゞきなんぢらのものなるいへさからひてしへたげくはだつるなり。
14 ねがはくは、すべてのくにたみなんちやからをして、なんぢかみましますこと、すなはぜんのうかみましまして、なんぢほかにイスラエルのたみまもたまふものなきことをらしめたまへ。』