ユデト書 第三章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ユデト書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第三章[編集]

1 かれつかひつかはし、こうじていひけるは
2 『よ、だいわうネブカデネザルのしもべなるわれら、みまへひれふす。ねがはくはなんぢしとゆるままになしたまへ。
3 よ、すべてのかおく、すべてのとち、すべてのむぎばたけ、すべてのひつじ、すべてのうし、すべてのひつじをりみまへにあれば、みこゝろのままにもちたまへ。
4 よ、われらのまち〳〵とそのぢゆうみんなんぢしもべなればみこゝろのままにたまへ』と。
5 つかひらオロペルネスのもときたりて、かくべたり。

6 そのときかれとそのぐんたいかいがんり、おほいなるまち〳〵せうへいき、でうやくのためにかれらうちよりひと〴〵えらびたり。
7 そのまはりにあるすべてのくにたみは、はなわぶとうつゞみとをもてかれらむかへたり。
8 しかるにかれは、かれらのくにざかひこぼち、もりたふしたり。こはしよこくかみ〴〵ほろぼし、しよこくみんをして、たゞネブカデネザルわうのみをはいせしめ、すべてのした、すべてのやからをしてかれのみをかみばしめよとのめいありしにるなり。
9 かれはユダヤのだいさんみやくたいするドテアにちかきエスドレロンにくだり、
10 ゲバとスクトポリスとのあひだぢんし、いつかげつあひだたいざいしてぐんたいかうりあつめたり。