ユデト書 第七章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ユデト書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第七章[編集]

1 くるオロペルネス、そのぜんぐんと、かれれんめいくははりしすべてのたみしきし、ベツリアにむかひてぢんえいすゝめ、やまちたかところせんれうして、イスラエルのらにたゝかひいどむことをめいじたり。
2 そのゆうしそのひうちそのぢんえいうつしたりしが、そのへいしかずは、ほへい十七まんにんきへい一萬二千にん、そのほかぐんじゆひんと、とほのもののかずはなはおびたゞしかりき。
3 かれらはベツリアにちかたにいづみかたはらえいりしが、ドタイムよりベルマイムのあひだひろがり、ベツリアよりエスドレロンにたいするキアモンまでつらなりたり。

4 さてイスラエルのら、かれらのむれとき、いたくうれへて、おの〳〵そのとなりびとひけるは、『これらのひと〴〵おもてをなめつくさば、たかやまたにをかかれらのおもさにえざるべし』と。
5 くておの〳〵ぶきり、かゞりびやぐらうへきて、よもすがらこれまもりたり。

6 されど二かめに、オロペルネスは、そのすべてのきへいをベツリアにあるイスラエルのらのまへならべ、
7 まちへののぼりみちていさつし、いづみみなもときたりてこれうはひ、ばんぺいき、おのれまたひと〴〵ともすゝみたり。
8 ときにエサウのらのすべてのをさら、モアブのたみのすべてのつかさらおようみへるたいちやうきたりてへり

9 『ねがはくはわれらのしゆたまはんことを。なんぢぐんたいひとりそんがいもなかるべし。
10 このイスラエルのらは、そのやりたのまずして、そのやまたかきにたよれり。このやまいたゞきのぼるはたやすからざればなり。
11 さればわがしゆよ、ぢんきてかれらたゝかたまふな。さすればなんぢたみひとりほろびざるべし。
12 そのぢんとゞまり、なんぢぐんたいのすべてのひととゞめ、たゞなんぢしもべらをしてやまふもとよりづるいづみを、そのをさめてまもらしめたまへ。
13 ベツリアのすべてのぢゆうみんは、このいづみよりかれらのみづれば、やがてかわきはかれらをころし、かれらはそのまちてん。われらとわれらのたみらはちかやまいたゞきのぼり、そのうへぢんりてこれみまもり、ひとりまちよりづるものなからしめん。
4[14] さらばかれおよかれらのさいしは、うゑのためにほろび、つるぎかれらのぞまへに、かれらはそのまちなかたふさん。
15 かくてなんぢは、かれらのそむきておだやかなんぢむかへざりしつみあくをもてむくゆることをん。』

16 これらのことばオロペルネスのとそのすべてのしもべらのによしとえければ、かれかれらことばごとくなすべきことをめいじたり。
17 さればアンモンのらのぐんぜい、五千のアツスリアのらとともに、りてたにまぢんり、イスラエルのらのみづとそのみなもとなるいづみとをせんれうせり。
18 いでエサウのらはアンモンのらとともにドタイムにたいするやまちぢんり、へいわかちてみなみひがしとにひとおくり、モクムルのけいりうひたるクシにちかきエクレベルのかなたいたらしめ、そののアツスリアぐんひらちえいつらねてぜんちおもておほひ、そのてんまくかうりとはあつまりておほいなるむれをなし、はなはだしくおびたゞしきかずとなれり。

19 こゝにイスラエルのしゆなるかれらのかみよばはれり。こはすべてのてきかれらをかこみ、のがるべきみちきをかれらのこゝろおくしたればなり。
20 かくてアツスリアのぜんぐん、そのほへいせんしやおよきへいさんじふよつかあひだかれらをかこみたれば、ベツリアのたみのすべてのみづがめともしくなれり。
21 そのみづためむなしくなりて、かれらはいちにちぶんみづだにたざりければ、ぶんりやうさだめてこれをましめたり。
22 ここをもてをさなものさうしんし、をんなわかものたちはかわきのためにあへぎて、まちちまたもんつうろたふれ、かれらのうちにはもはやなにちからもあらざりき。
23 そのときすべてのたみオジアとまちをさとのところきたあつまり、わかものをんなこどもも、おほごゑもてさけび、すべてのちやうらうらにひぬ。

24 『ねがはくはかみわれらとなんぢらとのあひださばたまはんことを。そはなんぢらはアツスリアのらとへいわことばかはさざりければ、おほいなるわざはひわれらにきたれり。
25 いまわれらにはなにらのたすけなし。かみかれらのわれらをり、かわきほろびとをもて、かれらのまへわれらをなげうたまへり。
26 さればいまかれらをびて、ぜんしを、せんりひんとしてオロペルネスのたみとそのぜんぐんとにわたせ。
27 とりことなさるるかたかへつてわれらにえきなり。われらはかれらのしもべしもめとなりて、おのいのちながらへしめん。かくてわれら、われらのみどりごぬるをまのあたりにず、われらのつまらのよわりつつぬるをざるべし。
28 われら、なんぢらにむかひて、てんわれらのせんぞしゆなるかみとをあかしとせん。かれわれらのつみわれらのせんぞたちのつみしたがひて、われらをばつたまへど、こんにちわれらのひしがごとくにはたまはざるべし。』

29 かくてあつまれるもの、ひとつとなりてかなしみ、おほごゑしゆなるかみばはれり。
30 ときにオジアかれらにげていはく『きやうだいたちよ、いさめ、われなほいつかあひだしのばん。そのあひだしゆなるわれらのかみは、われらにあはれみたまはん。かれまつたわれらをたまはざるべし。
31 これらのぎて、なほみたすけわれらにきたらずば、われなんぢらのことばしたがふべし。』
32 かくてかれひと〴〵らし、おの〳〵おのてんまくかへらしめぬ。かれらおのまちいしがきもしくはやぐらおもむけり。またをんならこどもらをいへかへしたり。かくてかれまちなかにありて、こゝろはなはだしくしづみたり。