ユデト書 第一章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ユデト書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第一章[編集]

1 おほいなるみやこニネベにありて、アツスリヤびとをさめしネブカデネザルちせいだい十二ねん、エクバタナにありてメデアををさめしアルパクサドは、
2 エクバタナとそのまはりに、はゞ三キユビトながさ六キユビトのきりいしもちひていしがききづき、そのたかさを七十キユビトあつさを五十キユビトとなせり。
3 しろもんやぐらゑしが、そのやぐらたかさは百キユビト、そのどだいひろさは六十キユビトなりき。
4 もんの高さは七十キユビト、はか四十キユビトにして、わうたいぐんはこのもんよりしゆつじんし、ほへいはこのもんまもりたり。
5 そのころネブカデネザルわうは、ラガウのさかひなるおほひらのおいて、アルパクサドわうたゝかひしが、
6 やまちむすべてのたみ、ユフラテがは、テグリスがは、フダスペスがはえんがんのすべてのたみ、エリミアびとわうアリオクのれうするひらのたみらかれむかへ、ケロドのらのおほくのたみらたゝかひのためにあつまきたれり。

7 ここにおいてアツスリアのわう、ネブカデネザルはつかひつかはして、ぜんペルシヤのたみせいはうたみ、キリキア、ダマスコ、レバノン、レバノンのかなたうみへるのすべてのたみ
8 カルメル、ギレアデ、かみガリラヤ、エスドレロンのおほひらの
9 サマリアとそのまち〳〵、ヨルダンがはよりエルサレムにいたちはう、ベタネ、ケロス、カデシ、エジプトのおほかは、タバネス、ラメセス、ゴセンのぜんち
10 タニス、メンピス、エテオピアのさかひいたるまでのエジプトのすべてのたみせうしふせり。
11 しかるにすべてのたみはアツスリアのわうネブカデネザルのめいかろんじて、たゝかひさんかせざりき。かれらわうおそれず、わうあなどり、つかひはづかしめて、かれらもとよりむなしくかへらしめたり。

12 こゝおいてネブカデネザルわうはなはだしくしよこくみんいかり、そのわうゐわうこくとによりてちかひ、キリキア、ダマスコ、シリアのすべてのさかひたみばつし、つるぎをもてモアブのすべてのたみアムモンのら、ユダヤ、エジプトをはじめ、二つのうみさかひうちなるたみみなごろしにすべしとさだめたり。
13 わうはそのちせいだい十七ねんに、アルパクサドわうたいしていくさすゝめ、これをやぶり、アルパクサドのぐんたいきへいおよせんしやふんさいし、
14 そのまち〳〵せんれうし、エクバタナにしんにふして、やぐらうばひ、みんかりやくだつし、にぎやかなるみやこふみにじり、
15 アルパクサドをラガウのさんちゆうにてとらへ、なげやりをもてつらぬき、まつたくこれをほろぼしてこんにちいたれり。
16 かくてわうおよこれしたがしよこくぐんたいはニネベにがいせんし、百二十にちあひだきうやうし、かつしゆくえんもよほしたり。