ヤコブからの手紙 (電網訳)

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

<聖書<電網聖書

ヤコブからの手紙

電網聖書 - Public Domain

第1章[編集]

1イエス・キリストの召使いヤコブから,離散のうちにある十二部族へ。あいさつを送ります。 2わたしの兄弟たち[1],さまざまな誘惑に陥るときには,それをすべて喜びとみなしなさい。 3自分の信仰の試みが忍耐を生み出すことを知っているからです。 4あなた方が何にも欠けることなく,完全な者また完成した者となるよう,忍耐にその完全な業を持たせなさい。 5しかし,あなた方のうちに知恵に欠ける人がいるなら,すべての人に寛大にまたとがめることなく与えてくださるに求めなさい。そうすれば,それはその人に与えられるでしょう。 6しかし,何の疑いも持たず,信仰のうちに求めなさい。疑っている人は,風に吹かれて揺れ動く海の波のようだからです。 7その人は,自分がから何かをいただけるなどと思ってはいけません。 8そのような人は,二心の人であって,そのすべての道は不安定です。

9しかし,低い境遇にある兄弟は,自分の高い地位を誇りとしなさい。 10また,富んだ人は自分が低くされていることを誇りとしなさい。彼は草の花のように過ぎ去ることになるからです。 11太陽が熱風を伴って昇り,草を枯らすと,その花は落ち,そのうわべの美しさは滅びます。そのように,富んだ人も,その追求の途上で消え去るでしょう。

12誘惑を耐え忍ぶ人は幸いです。是認されるとき,がご自分を愛する人たちに約束されたもの,命の冠を受けることになるからです。 13誘惑されるとき,だれも,「わたしはに誘惑されている」と言ってはなりません。が悪から誘惑を受けることはあり得ませんし,ご自身がだれかを誘惑されることもないからです。 14むしろ,それぞれの人は,自分自身の欲望によって引き出され,そそのかされるときに誘惑を受けるのです。 15次いで,欲望がはらむと罪を産み,罪が熟すると死を生み出します。 16わたしの愛する兄弟たち,欺かれてはいけません。 17あらゆる良い贈り物,またあらゆる完全な贈り物が,上から,光のから下って来るのです。その方には,変化も,回転の影もあり得ません。 18その方は,自らのご意志のままに,わたしたちがご自分の被造物のいわば初穂となるように,わたしたちを真理の言葉によって生み出してくださいました。

19そのようなわけで,わたしの愛する兄弟たち,すべての人は聞くことに速く,語ることに遅く,怒ることに遅くありなさい。 20人の怒りはの義をもたらさないからです。 21それゆえ,あらゆる不潔さとあふれ出る邪悪さを捨て去り,植え付けられたみ言葉を謙虚に受け入れなさい。み言葉はあなた方の魂を救う[2]ことができます。 22しかし,自分自身を惑わして単なる聞き手で終わるのではなく,み言葉の実行者でありなさい。 23というのは,だれかがみ言葉の聞き手であっても実行者でないなら,その人は,鏡で自分の生まれつきの顔を眺めている人のようだからです。 24自分自身を見ても,立ち去ると,自分がどんな姿だったかをすぐに忘れてしまうのです。 25しかし,完全な律法,すなわち自由の律法に見入って,とどまる人は,すぐに忘れてしまう聞き手ではなく,業の実行者になっているのであって,その人はその行ないにおいて祝福されます。

26あなた方の中のだれかが,自分は信心深い者だと思っていても,自分の舌を制御せず,自分の心を欺いているなら,その人の信心は価値がありません。 27わたしたちのまたのみ前で清く汚れのない信心とはこれです。すなわち,孤児ややもめをその苦難の際に見舞うこと,また世から汚されないよう自分を守ることです。

第2章[編集]

1わたしの兄弟たち,わたしたちの栄光のイエス・キリストの信仰を,えこひいきと共に抱いてはいけません。 2というのは,あなた方の集会に,金の指輪をはめ,立派な服を着た人が入って来て,同時に汚れた服を着た貧しい人も入って来た場合に, 3あなた方が立派な服を身に着けた人に特別に目を留めて,「ここの良い場所にお座りなさい」と言い,貧しい人には,「そこに立っていなさい」とか,「わたしの足台のわきに座りなさい」と言うなら, 4あなた方は自分たちの間でえこひいきを示して,悪い考えを持つ裁き手になっているのではありませんか。 5わたしの愛する兄弟たち,よく聞きなさい。は,この世において貧しい人たちを,信仰において富んだ人たちとして,またご自分を愛する者たちに対して約束された王国を相続する人たちとして選ばれたのではありませんか。 6しかし,あなた方はその貧しい人を辱めたのです。富んだ人たちが,あなた方を抑圧し,あなた方を自ら法廷に引いて行くのではありませんか。 7彼らこそ,あなた方がその名で呼ばれた高貴な名を冒とくするのではありませんか。 8それでも,あなた方が聖書に従って,「あなたは隣人を自分自身のように愛さなければならない」という王たる律法を実行しているのであれば,それは結構なことです。 9しかし,えこひいきを示すなら,あなた方は罪を犯しています。律法により,違反者として有罪と宣告されているのです。 10というのは,だれかが律法全体を守るとしても,一つの点でつまずくなら,すべてに違反していることになるからです。 11なぜなら,「姦淫かんいんを犯してはいけない」と言われた方は,「殺人を犯してはいけない」とも言われたのです。それで,もしあなたが姦淫かんいんを犯してはいなくても,殺人を犯しているなら,律法の違反者となります。 12自由の律法によって裁かれようとしている者として,そのように語り,またそのように行ないなさい。 13あわれみを示さない者に対しては,あわれみのない裁きが下されるからです。あわれみは裁きに対して勝ち誇るのです。

14わたしの兄弟たち,もし人が自分には信仰があると言っていても,業がなければ,それは何の益になるでしょうか。信仰がその人を救えるでしょうか。 15もし兄弟か姉妹が裸でいて,その日の食物にも事欠いているのに, 16あなた方のうちのだれかが,「平安のうちに行きなさい。温かくして,お腹を満たしなさい」と言うだけで,体に必要な物を与えないなら,それは何の益になるでしょうか。 17同じように信仰も,業がなければ,それだけでは死んでいるのです。 18なるほど,ある人はこう言うことでしょう。「あなたには信仰があり,わたしには業があります」。あなたの業からあなたの信仰を取り出してわたしに見せなさい。そうすれば,わたしは自分の業によって自分の信仰をあなたに見せましょう。

19あなたはがただおひとりだと信じています。それは結構なことです。悪魔たちも信じて,身震いしているのです。 20しかし,むなしい人よ,あなたは業を別にした信仰が死んでいることを知りたいのですか。 21わたしたちの父アブラハムは,自分の息子イサクを祭壇の上にささげたとき,業によって義とされたのではありませんか。 22あなたも分かるように,信仰が彼の業と共に働き,業によって信仰が完全にされたのです。 23そして,「アブラハムはを信じ,それが彼の義とみなされた」と言う聖書が実現し,彼はの友と呼ばれたのです。 24これであなた方も分かるように,人は業によって義とされるのであって,信仰だけによるのではありません。 25同じように,売春婦ラハブも,使者たちを迎え入れ,彼らを別の道から送り出したとき,業によって義とされたのではありませんか。 26霊を別にした体が死んでいるのと同じように,業を別にした信仰も死んでいるのです。

第3章[編集]

1わたしの兄弟たち,あなた方のうちの多くが教師になってはなりません。わたしたち教師はより厳しい裁きを受けることになるのを知っているからです。 2わたしたちは皆,多くのことでつまずくからです。言葉においてつまずかない人がいるなら,その人は完全な人であり,自分の全身を制御することができます。 3実際,馬を自分たちに従わせるためにその口にくつわをはめると,わたしたちはその全身を操ることができます。 4見なさい,船でさえ,あのように大きなもので,また激しい風にあおられているのに,ごく小さなかじによって操縦者の望むところに操られます。 5このように,舌も小さな器官ですが,大きなことを自慢するのです。あんなに小さな火があんなに大きな森林に広がってゆくのを見なさい!  6それで,舌は火です。舌こそ,わたしたちの肢体の中の不法の世界であり,全身を汚し,生来の進路を燃やし,ゲヘナ[3]によって燃やされます。 7あらゆる種類の獣,鳥,はうもの,また海の生き物は,人間によって飼いならされますし,また飼いならされてきました。 8しかし,だれも舌を飼いならすことはできません。舌は休むことのない悪であり,死をもたらす毒で満ちています。 9わたしたちは,舌によって,わたしたちのまたを賛美し,また舌によって,のかたちに造られた人々をのろいます。 10同じ口から,祝福とのろいとが出て来るのです。わたしの兄弟たち,こうした事があってはなりません。 11泉が同じ穴から真水と苦い水とをわき出させるでしょうか。 12わたしの兄弟たち,イチジクの木がオリーブの実を,またブドウの木がイチジクの実を生じさせることができるでしょうか。このように,泉が塩水と真水の両方を生じさせることもありません。

13あなた方の間で賢くて理解力があるのはだれですか。その人は,自分の良い振る舞いによって,自分の行ないが知恵に属する温和さのうちになされていることを示しなさい。 14しかし,あなた方が心の中に苦々しいねたみや利己的な野心が抱いているなら,自慢したり,真理に逆らってうそをついたりしてはいけません。 15そのような知恵は上から下って来たものではなく,地的で,肉欲的で,また悪霊的です。 16ねたみや利己的な野心があるところには,混乱とあらゆる悪い行ないがあるからです。 17しかし,上からの知恵は第一に純真であり,次いで,平和的で,柔和で,理性的で,あわれみと良い実とに満ちており,えこひいきをせず,偽善的でもありません。 18それで,義の実は,平和を作り出す人たちによって,平和のうちにまかれるのです。

第4章[編集]

1あなた方の間の争いや闘いはどこから来るのですか。あなた方の肢体の中で戦う,快楽に対する欲情から来るのではありませんか。 2あなた方は渇望しますが,持っていません。人殺しをし,むやみに欲しがりますが,獲得できません。闘ったり争ったりします。あなた方が持っていないのは,求めないからです。 3求めても受けていないのは,それを自分の快楽のために使おうとして,間違った動機で求めるからです。 4姦淫かんいんを犯す者たち,また姦淫かんいんを犯す女たちよ,あなた方は世との交友が神との敵対であることを知らないのですか。それゆえ,だれでもこの世の友になりたいと思っている人は,自分を神の敵としているのです。 5それともあなた方は,「わたしたちのうちに住んでいるは,ねたむほどに慕っている」と聖書が述べているのは,無意味なことだと思っているのですか。 6しかし,その方はさらに豊かな恵みを与えてくださるのです。それゆえ,こう言われています。「は高慢な者に立ち向かい,謙そんな者に恵みをお与えになる」。 7ですから,に服しなさい。しかし悪魔に立ち向かいなさい。そうすればあなた方から逃げ去るでしょう。 8に近づきなさい。そうすればあなた方に近づいてくださるでしょう。罪人たちよ,あなた方の手を清めなさい。二心の者たちよ,あなた方の心を清めなさい。 9嘆き,悲しみ,泣きなさい。あなた方の笑いを悲しみに,あなた方の喜びを憂いに変えなさい。 10のみ前で自分を低くしなさい。そうすればあなた方を高くしてくださるでしょう。

11兄弟たち,互いを悪く言ってはいけません。兄弟を悪く言ったり,自分の兄弟を裁いたりする者は,律法を悪く言い,律法を裁いているのです。そして,もし律法を裁いているなら,あなたは律法の実行者ではなく,裁き手です。 12立法者はただひとり,救うことも滅ぼすこともできる方です。それなのに,ほかの人を裁こうとするあなたは,いったい何者なのですか。

13さあ,「今日か明日,あの町へ行き,一年間そこで過ごして,商売をし,金もうけをしよう」と言っている者たちよ。 14一方では,あなた方は明日自分の命がどうなるかを知らないのです。というのは,あなた方の命はどんなものなのですか。あなた方は,少しの間現われて,やがて消え去ってしまう霧にすぎないのです。 15あなた方は,「もしのご意志であれば,わたしたちは生きていて,あのことやこのことをするでしょう」と言うべきなのです。 16しかし今,あなた方は自分の自慢を誇りとしています。そうした自慢はすべて悪いことです。 17それゆえ,善をなすことを知っていながら,それを行なわないなら,それはその人にとって罪なのです。

第5章[編集]

1さあ,富んだ人たちよ,自分たちに臨もうとしている悲惨さのために泣きわめきなさい。 2あなた方の富は朽ち,あなた方の衣服はガに食われました。 3あなた方の金と銀は腐食し,それらのさびがあなた方に不利な証言となって,あなた方の肉を火のように食い尽くすでしょう。あなた方はこの終わりの日々に自分の宝を積み上げたのです。 4見なさい,あなた方の畑の刈り入れをした労働者たちの賃金,あなた方がだまして取っておいたその賃金が叫んでおり,刈り入れをした人たちの叫びが万軍の耳にまで達しました。 5あなた方は地上で優美に暮らし,自分の快楽にふけってきました。虐殺の日にあたって,自分の心を養ったのです。 6あなた方は義人を罪に定めて,殺しました。彼はあなた方に手向かっていません。

7それゆえ,兄弟たち,の来臨まで辛抱しなさい。見なさい,耕作人は,地の貴重な実りを,それが早い雨と遅い雨を受けるまで,それについて辛抱して待っています。 8あなた方も辛抱しなさい。自分たちの心を確固たるものとしなさい。の来臨が近づいているからです。

9兄弟たち,互いに不平を言ってはいけません。あなた方が裁かれることのないためです。見なさい,裁き主が戸口の前に立っておられます。 10兄弟たち,苦しみと辛抱については,の名において語った預言者たちを模範としなさい。 11見なさい,耐え忍んだ人たちは幸いだと,わたしたちは考えます。あなた方はヨブの辛抱について聞き,がなさったことの結末を見,がどれほど同情とあわれみに満ちておられるかを知りました。 12しかし,わたしの兄弟たち,何よりも,誓ってはいけません。天にかけても,地にかけても,ほかのどんな誓いにかけても。そうではなく,あなた方の『はい』を『はい』に,『いいえ』を『いいえ』にならせなさい。あなた方が偽善に[4]陥ることのないためです。

13あなた方の中に苦しんでいる人がいますか。その人は祈りなさい。元気な人がいますか。その人は賛美を歌いなさい。 14あなた方の中に病気の人がいますか。その人は集会の長老たちを呼び,の名において油を塗ってもらい,自分のために祈ってもらいなさい。 15そうすれば,信仰の祈りが病気の人をいやし,がその人を起き上がらせてくださるでしょう。その人が罪を犯していたなら,許されるでしょう。 16あなた方の違反を互いに告白し,互いのために祈りなさい。あなた方がいやされるためです。義人の真剣な祈りは力強い効果があります。 17エリヤはわたしたちと同じような性質の人でしたが,雨が降らないようにと熱烈に祈ると,その地には三年六か月の間,雨が降りませんでした。 18再び祈ると,天は雨を降らせ,地はその産物を生み出しました。

19兄弟たち,あなた方の中に真理から迷い出た人がいて,だれかが彼を引き戻すなら, 20その人は,罪人をその迷いの道から引き戻す人が,彼の魂を死から救い出し,また多くの罪を覆うことになることを知っておきなさい。


脚注[編集]

  1. この「兄弟たち」という言葉は,ここや文脈が許す箇所においては,正確には「兄弟たちと姉妹たち」または「きょうだいたち」とも訳せる。
  2. または,あなた方の命を長らえる。
  3. ゲヘナは火の燃える地獄を,そこにある朽ちた体や汚れたものと合わせて描写する名称
  4. TRは「偽善に」の代わりに「裁きに」と読んでいる

電網聖書は,World English Bible(WEB)を土台とした新しい日本語訳です。この草稿は2002年3月3日版です