マナセの祈禱

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

マナセの祈禱[編集]

(ユダの王マナセがバビロンに囚はれし時の祈禱)

 てんいまぜんのうしゆわれらのふそ、アブラハム、イサク、ヤコブ、またそのただしきすゑかみよ。
なんぢてんとをつくり、あらゆるよそほひをこれにほどこし、
なんぢいましめことばをもてうみさかひし、ふちを閉ぢ、なんぢおそるべき、えいくわうあるみなをもてこれをふうたまへり。
すべてのものはなんぢおそれ、
なんぢみちからまへふるおのゝきて、なんぢえいくわうみいつへず。つみびとたいするなんぢみいかりおびやかしおもし。
なんぢのいつくしみふかみやくそくはかりがたく、またさぐりがたし。
そはなんぢはいとたかしゆにましまして、おほいなるあはれみをもち、ながしのび、じひあふれ、ひとうへわざはひくだししをたまふ。
しゆよ、なんぢはそのおほいなるいつくしみしたがひて、なんぢさからひてつみおかししひと〴〵くひあらためゆるしとをやくそくし、なんぢかぎりなきあはれみをもて、つみびとらのすくはれんがために、これにくひあらためもとたまふ。
さればしゆよ、なんぢただしきもののかみいませば、ただしきものに、すなはなんぢさからひてつみをかさざりしアブラハム、イサク、ヤコブとに、くひあらためもとたまはざりき。されどなんぢは、つみびとなるわれくひあらためもとたまへり。
そはわれうみまさごかずまさりて、つみをかしたればなり。しゆよ、わがとがし、わがあやまちくはへられ、わがふぎおほきによりて、われはてんたかきをあふふさはしからず。
われおほくのてつくさりをもてひくくせられたり。これわがつみゆゑに、われわがかしらをあげず、またゆるめられざらんがためなり。われはなんぢみいかりおこし、なんぢみまへしきことをおこなへり。われはなんぢみこゝろおこなはず、なんぢいましめまもらざりき。われはむべきことをおこなひ、にくむべきことをくはへぬ。
さればいま、わがこゝろひざかゞめて、なんぢめぐみこひねがたてまつる。
われはつみをかしたり、しゆよ、われはつみをかしたり。われはわがふぎみとむれば、
へりくだりてなんぢこひねがたてまつる。われをゆるたまへ、しゆよ、われをゆるたまへ。わがふぎゆゑにわれをほろぼたまなかれ。とこしへにわれいかりて、わがためにわざはひたくはたまなかれ。またわれをばつしてひくところいたらしめたまなかれ。そはしゆよ、なんぢあらたむるもののかみにていまたまふ。
われになんぢのすべてのいつくしみをしめたまへ。われはあたひなきものなれども、なんぢおほいなるいつくしみによりて、なんぢはわれをすくたまはん。
さらばわれ、わがいのちのあらんかぎり、とこしへなんぢめまつらん。てんばんぐんなんぢのほまれをうたひ、えいくわうよゝかぎりなくなんぢのものとならん。
       アァメン。