マナセの祈禱

提供: Wikisource
移動: 案内検索
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇
  • 註: この文書ではルビが使用されています。ここでは「単語ルビ」の形で再現しています。ルビが正しく見えない場合は、{{Ruby}}の解説に従ってCSSを設定してください。

マナセの祈禱[編集]

(ユダの王マナセがバビロンに囚はれし時の祈禱)

 てんいま全能ぜんのうしゆわれらの父祖ふそ、アブラハム、イサク、ヤコブ、またそのただしきすゑかみよ。
なんぢてんとをつくり、あらゆる裝飾よそほひをこれにほどこし、
なんぢいましめことばをもてうみさかひし、ふちを閉ぢ、なんぢおそるべき、榮光えいくわうある御名みなをもてこれをふうたまへり。
一切すべてのものはなんぢおそれ、
なんぢ御力みちからまへふるおのゝきて、なんぢ榮光えいくわう稜威みいつへず。罪人つみびとたいするなんぢ御怒みいかり脅威おびやかしおもし。
なんぢのいつくしみふか御約束みやくそくはかりがたく、またさぐりがたし。
そはなんぢはいとたかしゆにましまして、おほいなる憐憫あはれみをもち、ながしのび、慈悲じひ滿あふれ、ひとうへ災禍わざはひくだししをたまふ。
しゆよ、なんぢはそのおほいなる慈愛いつくしみしたがひて、なんぢさからひてつみおかしし人々ひと〴〵悔改くひあらため赦免ゆるしとを約束やくそくし、なんぢかぎりなき憐憫あはれみをもて、罪人つみびとらのすくはれんがために、これに悔改くひあらためもとたまふ。
さればしゆよ、なんぢただしきもののかみいませば、ただしきものに、すなはなんぢさからひてつみをかさざりしアブラハム、イサク、ヤコブとに、悔改くひあらためもとたまはざりき。されどなんぢは、罪人つみびとなるわれ悔改くひあらためもとたまへり。
そはわれうみ眞砂まさごかずまさりて、つみをかしたればなり。しゆよ、わがとがし、わが過誤あやまちくはへられ、わが不義ふぎおほきによりて、われはてんたかきをあふ相應ふさはしからず。
われおほくのてつくさりをもてひくくせられたり。これわがつみゆゑに、われわがかしらをあげず、またゆるめられざらんがためなり。われはなんぢ御怒みいかりおこし、なんぢ御前みまへしきことをおこなへり。われはなんぢ御心みこゝろおこなはず、なんぢいましめまもらざりき。われはむべきことをおこなひ、にくむべきことをくはへぬ。
さればいま、わがこゝろひざかゞめて、なんぢ恩惠めぐみこひねがたてまつる。
われはつみをかしたり、しゆよ、われはつみをかしたり。われはわが不義ふぎみとむれば、
へりくだりてなんぢこひねがたてまつる。われをゆるたまへ、しゆよ、われをゆるたまへ。わが不義ふぎゆゑにわれをほろぼたまなかれ。とこしへにわれいかりて、わがためにわざはひたくはたまなかれ。またわれをばつしてひくところいたらしめたまなかれ。そはしゆよ、なんぢあらたむるもののかみにていまたまふ。
われになんぢのすべてのいつくしみをしめたまへ。われは價値あたひなきものなれども、なんぢおほいなる慈愛いつくしみによりて、なんぢはわれをすくたまはん。
さらばわれ、わが生命いのちのあらんかぎり、永久とこしへなんぢめまつらん。てん萬軍ばんぐんなんぢのほまれをうたひ、榮光えいくわう世々よゝかぎりなくなんぢのものとならん。
       アァメン。