マトフェイ伝06

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
聖書 > 我主イイススハリストスの新約 > マトフェイに因る聖福音


 なんぢつつしみて、ひとられんために、ほどこしそのまへなかれ、しからずばてんいまなんぢちちよりむくいざらん。

 ゆゑほどこしときは、ぜんしやひとよりほまれために、くわいだうおよちまたおいすがごとく、おのれまへらつぱなかれ、われまことなんぢぐ、かれらすでそのむくいく。

 なんぢほどこしときなんぢひだりなんぢみぎところらしむるなかれ、

 なんぢほどこしひそかならんためなり、しからばひそかなるをかんがみるなんぢちちあらはなんぢむくいん。

 なんぢいのときぜんしやごとくするなかれ、かれひとられんために、くわいだうおよちまたすみちていのるをこのむ、われまことなんぢぐ、かれらすでそのむくいく。

 なんぢいのときなんぢしつり、ぢて、ひそかなるところいまなんぢちちいのれ、しからばひそかなるをかんがみるちちあらはなんぢむくいん。

 またいのときはうじんごとむだごとなかれ、けだしかれらことばおほきをもつかれんとおもふ。

 かれらならなかれ、けだしなんぢちちは、なんぢねがはざるさきに、なんぢもとむるところる。

 ゆゑなんぢくのごといのれ。てんいまわれらちちよ、ねがはくはなんぢせいとせられ、

一〇 なんぢくにきたり、なんぢむねは、てんおこなはるゝがごとく、にもおこなはれん、

一一 にちようかてこんにちわれらあたたまへ、

一二 われらおひめあるものわれらゆるすがごとく、われらおひめゆるたまへ、

一三 われらいざなひみちびかず、なほわれらきようあくよりすくたまへ、けだしくにけんのうくわうえいなんぢよよす、「アミン」。

一四 けだしなんぢひとそのあやまちゆるさば、なんぢてんちちなんぢにもゆるさん、

一五 ひとそのあやまちゆるさずば、なんぢちちなんぢあやまちゆるさゞらん。

一六 またなんぢものいみするときぜんしやごとうれはしきさまなかれ、けだしかれらは、そのものいみひとあらはれんために、かほいろそこなふ、われまことなんぢぐ、かれらすでそのむくいく。

一七 なんぢものいみするときかうべあぶらぬり、おもてあらへ、

一八 なんぢものいみひとあらはれずして、ひそかなるところいまなんぢちちあらはれんためなり、しからばひそかなるをかんがみるなんぢちちあらはなんぢむくいん。

一九 なんぢためたからなかれ、ここにはしみさびそこなひ、ここにはぬすびとうがちてぬすむ。

二〇 すなはちなんぢためたからてんめ、かしこにはしみさびそこなはず、かしこにはぬすびとうがちてぬすまず。

二一 けだしなんぢたからところには、なんぢこころらん。

二二 ともしびなり、ゆゑなんぢきよからば、なんぢぜんしんあきらかならん、

二三 なんぢしからば、なんぢぜんしんくらからん、ゆゑなんぢうちひかりくらやみたらば、すなはちくらやみいかにぞや。

二四 ひとふたりしゅつかふるあたはず、けだしあるひこれにくみ、かれあいし、あるひこれおもんじ、かれかろんぜん、なんぢかみたからとにつかふるあたはず。

二五 ゆゑわれなんぢぐ、なんぢいのちためなにくらひ、なにみ、なんぢからだためなにんとおもんぱかなかれ、いのちかてよりおほいにして、からだころもよりおほいなるにあらずや。

二六 こゝろみそらとりよ、かれらかず、らず、くらまず、しかうしてなんぢてんちちこれやしなふ、なんぢかれらよりはなはだたつときにあらずや。

二七 かつなんぢうちたれおもんぱかりて、そのたけいつしやくだにぶるをん。

二八 ころもためにもなんおもんぱかる、こゝろみゆりいかにかちやうずるをよ、はたらかず、つむがず、

二九 しかれどもわれなんぢぐ、ソロモンそのえいぐわきはみおいて、そのころもなほはなひとつおよばざりき、

三〇 こんにちり、みやうにちゐろりげらるゝくさにも、かみすれば、いはんなんぢをや、せうしんものよ。

三一 ゆゑおもんぱかりて、われらなにくらひ、あるひなにみ、あるひなにんとなかれ、

三二 けだしみなはうじんもとむるところなり、なんぢてんちちこれものみななんぢひつえうなるをる。

三三 なんぢかみくにそのとをもとめよ、しからばこれものみななんぢくははらん。

三四 ゆゑみやうにちことおもんぱかなかれ、けだしみやうにちみづかおのれことおもんぱからん、いちにちしんらういちにちためれり。