マトフェイ伝01

提供:Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

ダワィドアウラアムイイスス ハリストスぞく

アウラアムイサアクみ、イサアクイアコフみ、イアコフイウダおよそのけいていみ、

イウダファマリりてファレスおよザラみ、ファレスエスロムみ、エスロムアラムみ、

アラムアミナダフみ、アミナダフナアッソンみ、ナアッソンサルモンみ、

サルモンラハフりてワォヲズみ、ワォヲズルフィりてオワィドみ、オワィドイエッセイみ、

イエッセイダワィドわうみ、ダワィドわうウリヤつまりてソロモンみ、

ソロモンロワォアムみ、ロワォアムアワィヤみ、アワィヤアサみ、

アサイヲサファトみ、イヲサファトイヲラムみ、イヲラムオジヤみ、

オジヤイヲアファムみ、イヲアファムアハズみ、アハズエゼキヤみ、

一〇エゼキヤマナッシヤみ、マナッシヤアモンみ、アモンイヲシヤみ、

一一イヲシヤイヲアキムみ、イヲアキムワィロンうつさるゝまへイエホニヤおよそのけいていみ、

一二ワワィロンうつされしのちイエホニヤサラフィイリみ、サラフィイリゾロワワェリみ、

一三ゾロワワェリアワィウドみ、アワィウドエリアキムみ、エリアキムアゾルみ、

一四アゾルサドクみ、サドクアヒムみ、アヒムエリウドみ、

一五エリウドエレアザルみ、エレアザルマトファンみ、マトファンイアコフみ、

一六イアコフイオシフめり、すなはちマリヤをつとなり、マリヤよりハリストスとなふるイイススまれたり。

一七くのごとること、アウラアムよりダワィドいたるまでじふだいダワィドよりワワィロンうつさるゝにいたるまでまたじふだいワワィロンうつされしよりハリストスいたるまでまたじふだいなり。

一八イイスス ハリストスまるゝことごとし、そのはゝマリヤ イオシフへいせられて、いまこんせざるさきに、せいしん゚にりてはらめることあらはれたり。

一九そのをつとイオシフじんにして、これあらはにせんことをほつせず、ひそかかれはなさんことをのぞめり。

二〇しかれどもことおもへるときよ、しゆつかひゆめかれあらはれてへり、ダワィドイオシフよ、なんぢつまマリヤるゝことをおそるゝなかれ、けだしそのうちはらまれしものせいしん゚にるなり、

二一かれまん、なんぢそのイイススづけん、かれそのたみそのつみよりすくはんとすればなり。

二二およことりしは、しゆげんしゃっていしところかなふをいたす、いはく、

二三よ、どうぢよはらみてまん、そのエムマヌイルとなへられん、やくすればかみわれともにするなり。

二四イオシフねむりよりきて、しゆつかひかれめいぜしごとおこなひ、そのつまれたり。

二五たゞいましつおなじくせざるに、そのちようむにおよべり、すなはちそのイイススづけたり。