マカビー第二書 第四章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > マカビー第二書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第四章[編集]

1 されどまへべしシモン、すなはちかのきんせんのこととくにのこととをげしもの、オニヤをざんし、ヘリオドロをそゝのかして、みづかこれらわざはひおこししものはかれなりといへり。
2 このまちおんじんどうばうほごしやおきてねつしんしやをば、かれシモンは、こくかたいするはんぎやくしやぶことすらあへてしたり。
3 されどてきいはなはだしくつのりて、シモンのしんにんせしじうしやひとりによりてさつじんおこなはるるほどとなりたれば、
4 オニヤあらそひはげしくなることと、ケレスリヤおよびピニケのさうとく、アポロニオがシモンのけうゐくはへつつありしこととをて、
5 みづかわうもとおもむきしが、これはそのどうばううつたへんがためにあらで、こうしともに、すべてのたみさいはひもとめんがためなりき。
6 そはかれわうみこゝろなくしてはもはやくにのためにへいわることおぼつかなく、かつシモンがそのあらびめざることをたればなり。

7 されどセレウコスぼつして、エピパネスとばれたるアンテオコスわうゐきしとき、オニヤのきやうだいヤソンだいさいししよくげり。
8 かれわうえつけんたまはりて、ぎん三百六十タラントとほかしげんより八十タラントとを、これにやくそくしたり。
9 なほかれは、わうかれにそのけんゐによりてうんどうぢやうせいねんくんれんしよとをつくることをきよかし、かつエルサレムのぢゆうみんをアンテオケのこうみんとしてとうろくすることをしむるをでうけんとして、さらに百五十タラントをわうやくそくせり。
10 わうこれにきよかあたへ、かれそのしよくけんとき、そのどうこくじんらをギリシヤびとならはししたがはしめたり。
11 かれいうじやうどうめいとのためにたいしとしてロマにつかはされたるユポレモのちゝヨハネのなかだちによりてユダヤびとあたへられたる、わうとくけいちよくれいなみし、たゞしきせいくわつはうはふくつがへして、おきてによりてきんぜられたるあたらしきしふくわんれたり。
12 すなはちかれじやうさいましたに、ねつしんうんどうぢやうつくり、つゝしみふかせいねんたちにぼうしかむらしめたり。
13 かくてふしんさいしならぬヤソンのはなはだしきばうとくによりて、きよくたんなるギリシヤのふうぞくれられ、ことなるしうけうさかんとなれり。
14 さればさいしたちにはもはやさいだんへのほうしねつしんなく、せいじよはづかしめ、いけにへをなほざりにし、おきてにてきんぜらるるきようぎくははらんがため、たいいくくわんにいそぎきて、ゑんばんなげねつちゆうせり。
15 かくてかれらふそたちのめいよかへりみず、ギリシヤびとらほこりもつとすぐれたるものとなせり。
16 かかりしかばおそるべきわざはひかれらうへのぞみぬ。すなはかれらはそのしふくわんねつしんもはうし、すべてのことおいてこれにんことをほつたりしそれらものどもをてきとし、またあたとせざるをざるにいたれり。
17 そはかみおきてさからひてけいけんならぬことをなすはやすきことにあらざればなり。されどこれらのことどもにつきては、ときやがてこれをしめすべし。

18 さて五ねんごとにツロにもよほさるるひとつのきようぎありて、わうこれにのぞみしとき
19 きやうあくなるヤソン、アンテオケびととなれるあるものどもを、せいなるつかひとしてエルサレムよりつかはし、ヘラクレスのいけにへのためにとてぎん三百ドラクマをたづさへしめたり。そのぎんたづさきしものどもすらいけにへもちふるはたゞしからずとおもひ、これをほかようてんことをもとめたるものなり。
20 されば、これをおくりしものはヘラクレスのいけにへのためにそなへしなれど、たづさきたりしものどものゆゑに、それはさんだんづくりふねそなふるためにもちひられたり。

21 さてメネステオのアポロニオ、プトレミオ・ピロメトルのそくゐしきのため、エジプトにつかはされしとき、アンテオコスはおのれかれらこくむよりじよぐわいされしことをみとめしかば、みづからのあんぜんをはかりて、ヨツパにで、そこよりエルサレムにおもむけり。
22 そのとき、ヤソンおよまちこぞりてせいだいかれむかへしかば、かれたいまつくわんせいとのうちににふじやうしたり。このことありてのち、かれそのぐんたいひきゐてピニケにくだれり。

23 三ねんのち、ヤソンはまへべしシモンのきやうだいメネラオをわうもとつかはして、かねわたさしめ、かつひつえうなることがらにつきてはうこくをなさしめたり。
24 されどかれわうとりいり、けんゐしめしてみづからをたかめ、ぎん三百タラントをもてヤソンをばいしうし、だいさいししよくおのがものとせり。
25 かくてわうちよくしほうじてきたりしが、なにらだいさいししよくふさはしきものをもたず、ざんぎやくなるぼうくんじやうよくと、やじうきようぼうせいとをもてり。
26 かくおのきやうだいおしのけしヤソンはほかのものによりておしのけられ、アンモンびとくにばうめいしやとしてさすらへり。
27 メネラオはしよくゐにつきしが、わうやくそくせしかねをば、じやうさいちやうソストラトよりせいきうけしにかかはらず、これをすこしもはらはざりき。
28 そぜいちようしうはソストラトにゆだねられりしなり。のためにふたりともにわうめんぜんいだされたり。
29 かくてメネラオはおのきやうだいルシマコスにだいさいししよくがしめ、ソストラトはクプロびとらをさめしクラテスにあとゆづれり。

30 さてまはりのことどもかくありしとき、タルソとマロス、わうあいせうアンテオキスにあたへられしかば、そのひと〴〵ぼうどうおこせり。
31 さればわうかうゐひとアンデロニコにそのあとたくし、ことしづめんとて、いそぎそこにきたれり。
32 そのときメネラオ、よきをりたりとかんがへ、かみみやのものなるきんうつはものいくばくぬすいだして、これをアンデロニコにおくれり。かれすでにそのほかうつわものをばツロとそのまはりまち〳〵とにりたりしなり。
33 オニヤこのことをたしかめしときするどくこれをめて、おのれはアンテオケにちかきダフネのせいじよこもれり。
34 ここにおいてメネラオはアンデロニコをつれいだして、オニヤをころすことをかれへり。かれすなはちオニヤのもときたり、いつはりてともとなり、みぎあたへてちかひをなししかば、オニヤはうたがひつつもときふせられてせいじよそときたれり。かくてアンデロニコせいぎないがしろにしてかれとらへ、これをひとやとうじたり。
35 この事のためにただにユダヤびとのみならず、ほかのもろもろのくにびとも、このふせいなるさつじんたいしていきどほりふくわいとをおぼえたり。
36 わう、キリキヤのちはうよりかへきたりしときまちりしユダヤびとらかんあくにくみてかれらけうりよくせしギリシヤびとらとともに、わううつたでて、オニヤがふせいなるてだてにてころされしことをげたり。
37 そのときアンテオコスこゝろよりかなしみ、ころされしかれまめやかにしてきりつたゞしきせいくわつゆゑに、あはれみもよほしてなみだながしぬ。
38 かくていかりえたるかれは、アンデロニコのむらさきころもぎ、そのしたぎき、かれをつれいだしてぜんしまはし、かれがさきにオニヤにたいしてふせいおこなひしそのばしよいたりしとき、そこにてさつじんしやしよぶんしたり。しゆかれに、そのくべきばつくはたまへるなり。

39 さておほくのばうとく、メネラオのしようにんもとに、ルシマコスによりて、まちなかにてをかされ、そのうわさこくぐわいひろがりしときおほくのきんうつわものすでらされしのちなりしも、ひと〴〵ルシマコスにさからひてともあつまりぬ。
40 ぐんじゆういかりみたされ、かれさからひてちしとき、ルシマコス三千にんのものにをよろはしめ、ふぎばうりよくをもてこれにたゝかひいどみ、としすすみてばうぎやくけしアウラノなるもの、そのぐんひきゐたり。
41 されどかれらルシマコスのしふげきくるや、あるものはいしを、あるものはまるたを、あるものはかたはらにありしはいひとにぎりをとり、かんせいげて、ルシマコスおよともにあるものどもののうへなだれかかれり。
42 かかりしかばかれらのうちおほくのものきずつき、あるものはちじやうたふれ、ほかのすべてのもののがれたり。されどばうとくしゆくわいをばかれらはうこまへにてころせり。

43 しかるにこれらのことにつき、メネラオにたいしてこくそをなすものおこれり。
44 わうツロにきたりしときぎくわいによりてつかはされたるさんにんのものきたりて、かれまへうつたでたり。
45 されどメネラオは、おのふりなるをて、かれわうたんがために、ドルメネのプトレミオにおほくのかねあたへんとやくせり。
46 ここにおいてプトレミオ、れうらんとするがごときさまにてわうくわいらうにつれいだし、つひにそのこゝろへしめたり。
47 かくてわうは、すべてのわざはひもとたりしかのもの、すなはちメネラオにたいするこくそきやくかしたり。しかしてスクテヤびとうつたでたりとすともばつけずしてゆるされたるべきこれらふうんなるひと〴〵に、かれふはふにもしけいせんしたり。
48 かくてたゞちに、まちいへせいきとのためにだいげんしやとなりしかのひと〴〵、このふぎなるけいけたり。
49 このことにつきて、ツロびとあるものどもすら、そのかんあくにくみて、かれらのためにさかんなるはうむりをなしぬ。
50 されどメネラオは、ちからあるものむさぼりりようして、なほもそのしよくとどまり、いよ〳〵そのかんあくたくましうして、どうばうたいするおほいなるはんぎやくしやとなれり。