マカビー第二書 第十章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > マカビー第二書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十章[編集]

1 さてマカビオおよかれともにありしひと〴〵しゆみたすけによりて、みやまちとをくわいふくしたり。
2 かれらあだしびとによりていちばうちつくられたるさいだんたふし、みやさかひこぼちたり。
3 かくてせいじよきよめたるのちかれらいけにへのためにほかさいだんつくり、いしちておこし、二ねんかんちゆうぜつせしいけにへをささげ、かうき、ともしびをともして、そなへのパンをそなへたり。
4 かれらこれらのことをなししときひれふしてしゆいのり、もはやかかるわざはひくだたまはざらんことと、つみをかすことありとも、しのびてかれらこらし、かみけがす、やばんなることくにびとわたたまはざらんこととをもとめたり。
5 さてあだしびとによりてせいじよけがされし、そのおなすなはちキスリウのつきの二十五にちに、みやきよめおこなはれたり。
6 ひと〴〵かりいほまつりおなならはししたがひて八かかんよろこびをなせり。かれらしばしさきに、かりいほまつりあひだゆじうごとさまにてやまほらあなとにさまよひあるきしことをきおくたりき。
7 さればかれらは、をもてかざりたるつゑうつくしきこえだしゆろとをかざして、おのところきよをほたまひししゆかんしやうたをささげたり。
8 かれらは、またおほやけきていちよくれいとをはつして、ユダヤのぜんこくみんに、としごとこれらまもるべきことをめいじたり。

9 いぢやうはエピパネスとばれたるアンテオコスのをはりできごとなり。
10 されどわれらわれら、このかみおそれぬものふさはしきエバトル・アンテオコスのにいかなることおこりしかをしるし、もろもろのせんさうわざはひについてかんたんぶベし。
11 ものわうゐきしときひとりのルシアなるものをせいむそうさいとなし、かつケレスリヤおよびピニケのそうとくにんじたり。
12 マクロンとばれたるプトレミオは、ユダヤびとくはへられたるふぎゆゑに、かれらたいしておこなはんとほつし、へいわでうけんをもてかれらたいせんとつとめたり。
13 しかるにわうともらのためにこくそせられ、ピロメトルがかれゐにんしたるクプロをてたればとて、ことごとこくぞくばれ、つひにアンテオコス・エピパネスにせしが、そのちからたもつことあたはざりしかば、どくあふぎてみづからそのいのちてり。

14 されどゴルギヤちはうそうとくとなるにおよびて、やとれたるぐんたいもちひて、しばしばユダヤびとたゝかひまじへたり。
15 おもなるとりでたもりしイヅミヤびとまたかれにくみして、ユダヤびとなやまし、エルサレムよりのがきたれるものどもをけて、たゝかひをなさんとこゝろたり。
16 されどマカビオおよかれともにありしひと〴〵かみむかひてたんぐわんし、かれらとともにたゝかたまはんことをもとめて、イヅミヤびととりでとつしんし、
17 これをきやうしうして、そのところせんれうし、いしがきうへにてたゝかふすべてのものをふせぎ、かれらちしものころしければ、ころされしもの二まんにんくだらざりき。
18 しかして九千にんいじやうのもの、いとけんごにして、ばうぎよえうするすべてのもののくわんびせる二つのやぐらのがれしかば、
19 マカビオはシモンとヨセフとのほかにザカイオとそののぶかすなははうゐするにぐんたいとをのこして、みづからはもつとひつえうせまれるせんせんむかへり。
20 されどシモンおよかれともにありしものどもむさぼりねんられ、やぐらりしものどものあるものよりまいなひけ、七まんドラクマをて、かれらあるものどもをだつしゆつせしめたり。
21 のことにつきてのはうこくマカビオにたつせしとき、かれたみしだうしやらあつめて、かねのためにそのきやうだいたちをり、そのてきおのれらたいしてたゝかべんぎあたへしものどもをうつたへたり。
22 かくてかれはんぎやくしやとなりしこれらものどもをしけいしよし、たゞちにふたつのやぐらせんれうしたり。
23 かれはそのぶきをとりてくはだてしすべてのことにせいかうし、ふたつのとりでおいて二まんにんいじやうのものをころしたり。

24 さてさきにユダヤびとによりてやぶられしテモテオぐわいこくへいたいぐんあつめ、すくなからざるアジアのきへいひきゐ、ぶりよくによりてユダヤをせんれうせんとてのぼれり。
25 されどかれちかづきしとき、マカビオおよかれともなるひと〴〵かしらつちをふりかけあさぬのこしまとひて、かみたんぐわんをささげ、
26 さいだんまへだんうへひれふし、かれらめぐみほどこして、おきてしるされしごとく、てきにはてきとなり、あたにはあたとなりたまはんことをいのれり。
27 そのいのりよりちあがるや、ぶきをとりて、まちよりすこしくすゝで、そのてきちかづきて、とゞまれり。
28 あしたおよびてりやうぐんたゝかひまじへしが、ユダヤびとはそのゆうきほかに、しゆをそのかくれがとしてせいかうしようりほしようをもちしに、てきもつぱらそのせんたうりよくたのみとせり。
29 されどたゝかひまさにたけなはとなりしとき、そのてきまへに、こがねくらきたるうままたがれる、ひかりまばゆき五にんきしてんよりあらはれしが、そのうちふたりはユダヤびとせんとうち、
30 マカビオをそのなかき、おのれらぶぐをもてこれをおほひ、きずふことなからしめしが、そのてきむかひてはいかづちとをいはなちしかば、かれらくらみてこんらんおちいり、まどひてふんさいせられぬ。
31 かくて二まん五千にんほかに六百にんきへいころされたり。

32 しかるにテモテオじしんは、ガザラとばるるとりですなはちケレアスのしきたりしいとけんごなるえうがいのがれり。
33 されどマカビオとそのぶかとはよろこびて、にじふよつかわたえうがいかこめたり。
34 うちりしものども、そのばしよけんごなるをたのみて、はなはだしくぼうとくし、けいけんならぬことばあびせかけたり。
35 二十五にちめあさおよびて、マカビオのぐんたいなるあるわかものら、かれらばうとくゆゑいきどほりえ、をとこらしきちからもうじうごとげんきとをもていしがききやうしうし、そのせつするほどのものをこと〴〵たふしたり。
36 ほかものらもまたおなさまにてよぢのぼり、うちのものどもまどうちに、やぐらはなちしかば、ゆるほのほばうとくしやらをきながらにつくせり。さるほどほかのものどもはもんやぶひらき、のこれるぐんたいうちらしめて、まちせんれうしたり。
37 かくてかれらあなぐらかくれしテモテオと、そのきやうだいケレアス、およびアポロパネスをころしたり。
38 かれらこれらのことげしとき、イスラエルにおほいなるめぐみほどこし、かれらしようりあたたまへるしゆを、さんびかんしやとをもてしゆくしたり。