マカビー第二書 第十四章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > マカビー第二書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十四章[編集]

1 さて三ねんたるのち、ユダおよともりしものどものもとに、はうこくたつしたり。いはく、セレウコスのなるデメトリオ、たいぐんかんたいとをもてトリポリスのみなときたり、
2 アンテオコスおよびそのこうけんしやルシアをころしてくにせんれうしたりと。

3 しかるに、ここにアルキモなるものあり、さきにだいさいしたりしが、いはうじんとのこんがふときに、ことさらにわがけがしたれば、いまおのれすくみちもなく、
またせいだんちかづくをずとかんがへ、
4 だい百五十一ねんころ、デメトリオわうもときたりて、こがねかんむりしゆろえだと、またほかみやまつりもちふべきオリブのえだとをささげたり。しかしてそのもだたりしが、
5 そのきようぼうたくましくするきくわいて、デメトリオにそのくわいぎせきまねかれ、ユダヤびとじやうきやうかれらもくてきとにつきてはれしとき、かくこたへたり
6 『ユダ・マカビオがしだうするハシデームとばるるユダヤびとらたゝかひたず、さうらんおこし、くにへいわならしむることをほつせざるなり。
7 さればわれ、わがふそくわうえいすなはだいさいししよくなげうちてここにきたれり。
8 だい一にわれは、わうかゝはることどもにつきてたゞしきちゆういはらひ、だい二にわがどうばうのためにこゝろもちふればなり。そはわが、さきべしものどものしりよなきおこなひによりて、われらぜんみんぞくすくなからざるふかうあぢはればなり。
9 されどわうよ、なんぢこれらのことにつきてしばしばはうこくたまへば、ねがはくは、なんぢがすべてのひと〴〵たまいつくしみしたがひて、てきかこまわれらくにわれらみんぞくとをかへりたまへ。
10 ユダのながらあひだくにへいわることあたはざるべし。』
11 かれこれらことばかたをはりしとき、ユダにたいしてあくいわうともたゞちにこれにして、いやがうへにもデメトリオをせんどうしたり。
12 ここをもてかれぞうたいしきしやたりしニカノルをててユダヤのそうとくとなし、これをつかはして、
13 ユダをころし、かつかれともにあるものどもをらし、アルキモをいとおほいなるみやだいさいしとなすべしとの、しるされたるしれいあたへたり。
14 しかしてさきにユダのまへよりのがれてユダヤをりしいはうじんら、ユダヤびとふかうわざはひとがおのれらにとりてのせいかうとなるべしとおもひて、ニカノルのもとむらがきたれり。

15 しかるにユダヤびとらニカノルのしんにふいはうじんらいしうにつきてききしときかしらつちをふりかけ、そのたみとこしへて、つねおのりんざいあらはして、そのゆづりなるかれらたもたましゆに、たんぐわんをささげたり。
16 しかしてそのしきしやめいくだすや、たゞちにそこよりで、デサウといふむらにて、かれらたゝかひまじへたり。
17 而してユダのきやうだいシモン、ニカノルとたゝかひしが、いくばくざるに、てきふいちんもくによりてはゞまれたり。

18 されどニカノルは、ユダとともものどものをとこらしさと、そのくにのためにたゝかゆうきとにつきてききしかば、つるぎによりてことけつすることをけたり。
19 さればかれ、ポシドニオとテオドト、およびマタテヤをつかはしてしんわほしようりかはさんとせり。
20 かくてこれらていあんにつきてけうぎかさねしのちしきしやこれをぐんたいらしめしに、かれらこと〴〵おなこゝろにて、そのけいやくしようにんあたへたり。
21 ここにおいて、かれらともに、おのれらのみにてあつまらんがためにさだめたり。しかしてかれらおの〳〵たいよりこしかけはこきたりてせきつくりぬ。
22 ユダ、てきかたにはかたくらみのめぐらされんことをおもんぱかり、べんぎばしよに、ぶさうせるものきて、てきたうなるけうぎげたり。
23 ニカノルはエルサレムにたいざいしけるが、なにらこんらんおこさず、かへつておのもとあつまきたれるひと〴〵らしめたり。
24 かれはいつにてもユダをおのまのあたりらしめ、こゝろよりひともたれかかれり。
25 かれはユダにつまめとりてもうくることをすゝめしかば、かれつまめとりて、おだやかなるおくり、そのせいくわつともにしたり。

26 しかるにアルキモ、ふたりあひだしんわりかはされたるけいやくにせしかば、デメトリオのもときたりて、ニカノルはこくかたいしてあくいをもち、かれわうこくへのはんぎやくしやなるユダをおのこうけいしやとなせりとげたり。
27 ここにおいわうはなはだしくいかり、もつとしきもののざんぷによりてげきせられ、ニカノルにふみおくりて、かれがそのけいやくよろこばざることをげ、マカビオをとらへて、いそぎアンテオケにおくるべきことをめいじたり。
28 つうちニカノルのもとたつせしときこゝろみだれ、なにあくじをもなさざりしひとむすびたるでうやくむかうにせらるべきことをおもひて、うちまどへり。
29 されどわうめいそむくべきひがかりをざれば、かれはかりごとによりてそのもくてききくわいうかゞへり。
30 しかるにマカビオは、ニカノルがかれたいしてあら〳〵しきあしらひをなし、つねおうたいますますそばうとなりたれば、これはきつてうにはあらざることをさとり、そのすくなからざるしゆへいあつめて、ニカノルのまへよりかくせり。

31 ニカノルは、ユダのためにたくみかれたるをりしかば、いとおほいにしていとせいなるみやきたり、さいしたちがつねいけにへさゝりしときに、たうにんわたすべしとかれらめいじたり。
32 かれらせいごんをもて、かれさがしもとむるひといづこるかをらざるむねこたへしに、
33 かれそのみぎせいじよかたにさしべ、ちかひていへり『なんぢらもしユダをとらへてわれわたさずば、われかみみやたふし、さいだんこぼち、ここにデオユソへのみやててすべてのひとせしめん。』
34 かれかくひてれり。ここにおいさいしたちてんむかひてそのべ、われらたみのためにたゝかたましゆよばはりて、かくいひぬ
35 『うちうばんもつしゆよ、なんぢみづかなにものをもえうたまはざれど、なんぢみやゐたませいじよわれらあひだつることをよろこたまへり。
36 さればいま、すべてのせいなるもののうへいませいなるしゆよ、きよめられてのちいくばくざるいへを、とこしへにきよたもたまへ。』

37 ユダヤびとちやうらうらひとりなるラヂスなるものをニカノルにざんせしものあり。されどかれはそのくにびとあいするものにしてよききこえあり、そのかういゆゑにユダヤびとちゝばれたりき。
38 さきにいはうじんとのまじはりなかりしときかれはユダヤけうしんずるがゆゑざんせられしが、そのいのちとをあやふくし、すべてのねつしんをもて、ユダヤびとしうけうまもりたり。
39 ニカノルは、ユダヤびとたいしていだりしにくしみあきらかにせんことをほつし、ラヂスをとらへんとて五百にんゆるへいおくれり。
40 すなはかれはラヂスをとらへて、ユダヤびとわざはひのぞましめんとせしなり。
41 されどぐんぜいやぐらせんれうせんとして、そとかはせまりしときはなちてきしかば、かれはうゐうちにありて、われとわがつるぎしたり。
42 きようあくなるものち、おのたふとさにふさはしからざるはづかしめけんよりは、むしろいさぎよなんことをえらびたるなり。
43 されどいそぎたればきずきふしよはづれ、ぐんじゆうさつたうせり。かれいさましくいしがきうへはしり、だいたんぐんじゆうなかとうぜしが、
44 かれらすみやかけて、をかはしたれば、ひとなきところたふれたり。
45 しかるにいきなほかれうちにありければ、いかりえてちあがり、たきごとながれ、きずはいとおもかりしが、ぐんじゆうあひだはしりぬけ、けはしきだんがいうへち、
46 そのまさにながきんとせしとき、そのはらはたいだてし、りやうてにこれをにぎぐんじゆうむかひて、げつけ、いのちれいとのしゆよばはり、これをふたゝあたたまはんことをいのりてねり。