マカビー第二書 第十五章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > マカビー第二書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十五章[編集]

1 ニカノルはユダとそのともがらとがサマリヤちはうることをきしかば、やすみあんぜんかれらおそはんとけつしんせり。
2 かれしたがふことをいられたるユダヤびとら、『かかるざんぎやくきようぼうとをもてほろぼすことなく、ばんもつみそなはたましゆが、ほかまさりてあがめ、せいとしたるふさはしきくわうえいせよ』といひしに、
3 みたびのろはれたるあくかんひていへり『あんそくにちまもれとめいじたるしゆさいしやてんにありや』と。
4 かれらこたへて、『けるしゆなるしゆさいしやてんいまして、なぬかめまもるべきことをわれらめいたまへり』といへり。
5 しかるにかれいひけるは『われちじやうけるしゆさいしやなれば、いまぶきをとりて、わうのわざをおこなへとめいず』と。されどかれそのざんぎやくなるもくてきぐることをざりき。

6 ニカノルはあらゆるがうまんをもて、そのうなじたかくし、ユダとそのともがらとにたいするまつたしようりきねんひてんとけつしんせしが、
7 マカビオは、なほしゆよりのみたすけんとのあらゆるのぞみをもて、ゆたえずそのしんらいたもてり。
8 かれそのぶかはげまして、いけうとらいしうおそるることなからしめ、さきにかれらがしばしばてんよりけたるみたすけこゝろたもたしめ、いまもまた、ぜんのうしやよりかれらきたるべきしようりあふのぞましめたり。
9 かつおきてよげんしやとをもてかれらなぐさめ、かれらいまいたるまでたもきたりしたゝかひこゝろおこさしめ、かれらねつしんこぶしたり。
10 かくてかれ、かれらせいしんふるたしめしとき、そのめいれいかれらあたへ、どうじいけうとふしんとそのせいやくはきとをしてきしたり。
11 しかしてかれ、たてやりとのたしかなるばうぎよぶつによらず、よきことばによるしようれいをもてかれらおのおのをぶさうせしめ、かつしんずるにゆめかたりしかば、かれらはなはだしくよろこばしめたり。
12 そのゆめたるはこれなり。かうきなるぜんにんにして、ことごとあがめられ、たいどおんわにして、ひとめられ、えうせうときよりすべてのとくしひでたる、だいさいしたりしオニヤあらはれ、べてユダヤびとぜんたいうへしゆくふくいのりしに、
13 としおいていとたふとひとりひとそこにあらはれしが、そのまはりには、おどろくべくけだかゐげんあふれたり。
14 オニヤこたへていひけるは、『これきやうだいたちをあいするものにして、そのたみせいなるみやこのためにいのかみよりのよげんしやエレミヤなり』と。
15 そのときエレミヤはそのみぎべて、こがねづくりつるぎをユダにわたし、これをわたときにかくいひぬ
16 『かみよりのたまものなるせいなるつるぎをとれ、これをもてなんぢあたうちやぶるをベし。』

17 いとうるはしくしてゆうきおこさしめ、わかものたましひふるひたたしめ、これををゝしからしむるちからあるユダのことばはげまされて、かれらすゝでず、いさましくてきふせぎ、まちせいじよみやとが、あやふきひんれば、だいたんなるせつせんによりてことけつせんとかくごせり。
18 そのさいしきやうだいけんぞくについてのおそれは、かれらこれをとせざりき、かれらにとりてもつとおほいなるだい一のおそれは、そのきよめられたるせいじよかゝるものなりき。
19 まちとぢこめられしものは、そとなるたゝかひゆゑこゝろなやまされて、おほいなるうれひうちにありき。

20 かくて,すべてのもの、けつせんせまれるをてきすでにそのぐんぜいあつめて、たいごとゝのへ、ぞうたいべんぎゐちはいせられ、きへいまたせんせんにつきしとき
21 マカビオはてきぐんぜいがそのそなへられたるしゆ〴〵なるぶききようぼうなるぞうたいとをもてあらはれしをみとめしかば、てんべて、ことなるわざおこなたましゆよばはれり。せいかうぶきによりてきたらず、しゆはそのよしとみたまところしたがひて、ふさはしきものしようりあたたまふことをりたればなり。
22 かれしゆよばはりてかくいひぬ『ぜんのうしゆよ、なんぢはユダのわうヒゼキヤのときみつかひつかはし、セナケリブのぢんえいにて、十八まん五千にんたふたまへり。
23 さればてんいましゆよ、ねがはくはいまわれらまへみつかひつかはして、かれらおそれおのゝきとをおこさしめたまへ。
24 なんぢせいなるたみたいしてばうとくをもてきたれるかれらを、なんぢおほいなるみうでによりておぢまどはしめたまへ。』
25 かれこれらのことばをはりしとき、ニカノルとそのやからラツパとぐんかとをもてすゝきたりしかば、
26 ユダとそのぶかは、たんぐわんいのりとをもてたゝかひまじへぬ。
27 にてはたゝかひ、こゝろにてはかみいのりつつ、かれらは三まん五千にんくだらざるてきへいころし、かみあらはれによりておほいなるよろこびをなせり。

28 たゝかひをはりてかれらよろこかへらんとせしとき、ニカノルが十ぶんぶさうせるままたふるをたり。
29 ここにおいかれらおほごゑげてさけび、ふそたちのくにことばをもてぜんのうしゆしゆくしたり。
30 かくてたままつたくささげてどうばうのためのおもなるたうしとなりしかれ、そのいのちかぎおのくにびとのために、わかときよりのかういたもきたりしかれは、めいじてニカノルのくびらしめ、またそのかたともたしめて、これをエルサレムにたづさきたらしめたり。
31 かくてかれそこにいたりて、そのくにびとらあつめ、さいしたちをさいだんまへたしめしときじやうさいりしものどもをせ、
32 これにニカノルのくびと、ばうとくしやたかぶりをもてぜんのうしやせいなるいへたいしてさしべたるとをしめし、
33 けいけんならぬニカノルのしたり、これをすんだんしてそらとりあたへんとひ、そのきようばうむくいせいじよまへにかかげたり。
34 しかしてすべてのものてんあふぎ、みづからをあらはたまひししゆしゆくしていへり『むべきかな、おのところけがされずにたもたまひししゆよ』と。
35 かれはニカノルのくびかたとをじやうさいうへにかかげ、すべてのひとたいしてあきらかにして、かくれなきしゆみたすけしるしとせり。
36 しかしてかれらみなけつぎをもて、おほやけふこくはつし、しゆくせずにすごすがごときことなく、だい十二ぐわつの十三にちうや〳〵しくきねんせしめたり。そのつきはスリヤにてアダルとばれ、はモルデカイのぜんじつなり。


37 いじやうはニカノルのくはだてなりゆきにして、ときよりこのかたまちはヘブルびとによりてたもたれたれば、われもまたこれをもて、わがふみをはりとすべし。
38 もしわがしるししところく、わがものがたりたゞしくば、これわがのぞところなり。されどもしへいぼんにしてつたなくとも、がなしいつさいなり。
39 ぶだうしゆのみをみ、もしくはみづのみをむはがいあれど、ぶだうしゆみづとをするはあぢきものなるがごとく、いひとゝのへられたるきじゆつは、ものがたりひと〴〵みゝよろこばすべし。

これをもてふみをはりとせん。