マカビー第二書 第十二章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > マカビー第二書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十二章[編集]

1 かくてこれらけいやくむすばれしとき、ルシアはわうもとおもむき、ユダヤびとはそのこうさくじうじせり。

2 されどそのちはうそうとくらすなはちテモテオ、ゲンネオのアポロニオ、ヒエロニモ、デモボン、またクプロのそうとくニカノルは、ユダヤびとらあんおんたのしみ、へいわせいくわつするをほつせざりき。
3 かつヨツパのひと〴〵は、かみおそれぬおほいなるあくおこなへり。すなはかれらおのれらあひだめるユダヤびとらまねきて、さいしらとともにかれらもときたらしめ、かれらたいしてなにらあくいなきかのごとよそほひて、これをそのそなきたるふねせたり。
4 ユダヤびとらまちおほやけふこくしんじて、へいわなるせいくわつのぞみ、なにごとをもうたがはずして、そのせうだいけしに、ヨツパのひと〴〵かれらかいじやうにつれいだし、二百にんくだらざるものどもをできしせしめたり。
5 ユダそのどうばうくはへられしさんぎやくをききしときかれともにあるものどもにめいくだし、
6 たゞしきさばきぬしなるかみよばはりて、そのきやうだいたちにたいするさつりくむくい、じようじてみなとはなち、もろもろのふねき、のがれたるものどもをつるぎをもてころせり。
7 されどまちとざされしとき、そこをしりそきしが、こゝろには、ふたゝきたりてヨツパのぢゆうみんぜんたいほろぼつくさんことをしたり。
8 しかるに、ヤムニヤのひと〴〵も、かれらあひだたいざいするユダヤびとらおながいくはへんとするをりしかば、
9 かれまたヤムニヤびとたいしてやしうおこなひ、みなとかんたいとにはなちたり。ほのほかゞやき、二百四十スタデヤをへだてしエルサレムにてもられたり。

10 さてかれらテモテオをたんとて、そこより九スタデアすゝみしときほへい五千、きへい五百にくだらざるアラビヤびといつたいかれめかかれり。
11 かくてはげしきたゝかひとなりしが、ユダとそのともがらかみみたすけによりてしようりやぶれたるアラビヤのいふぼくみんは、かちくあたへ、またほかのすべてのことおいかれらたすけんとのやくそくをもて、ユダにへり。
12 ユダはおほくのことおいかれらよりえきんことをのぞみて、かれらとのわぼくしようにんせしかば、かれらいうじやうほしようて、そのてんまくかへれり。
13 かれまた、いしがきをめぐらせるゲフルンといふ、けんごなるあるまちおそひしが、そこにはしゆ〴〵なるくにびとざつきよし、そのまちはカスピンともばれぬ。
14 されどぢゆうみんらいしがきけんごなるとしよくれうたくはへあるとをたのみて、ユダおよかれともにあるものどもにたいしてぶれいなるふるまひをなし、かれらあざけのゝしり、ばうとくことばをすらはつせり。
15 ここにおいてユダとそのともがらは、ヨシユアのときたうへきももなく、せいこうなるこうじやうきもなくして、エリコをおとしいたまひし、おほいなるしゆさいしやよばはりて、いしがきとつしんし、
16 かみみこゝろによりてまちうばひ、げんごぜつするさつりくおこなひしかば、ふきんにありしひろさ二スタデヤのいけは、あふれて、ながづるかのごとえぬ。

17 かれらそこより七百五十スタデアしりぞきて、カラクスにむかひ、トブのひとばるるユダヤびともといたれり。
18 しかしてかれらそのおいて、もはやテモテオにはざりき。そはかれなにごとをもなしずしてそのり、きはめてつよしゆびへいあるちのこきたればなり。
19 しかるにマカビオのしやうドシテオとソシパテルとはすゝでて、テモテオがとりでのこきしものどもを一まんにんいじやうころせり。
20 ここにおいてマカビオはおのしゆへいを二たいわかち、これらふたりをそのたいちやうとなし、十二まんほへいと二千五百のきへいとをひきゐたるテモテオをたんとて、いそすゝけり。
21 しかるにテモテオはユダのらいしうをききしときたゞちにをんならこどもらおよにもつをカルニオンとばるるえうがいおくれり。そはそのところはうゐこんなんにしていづれのはうめんみちせまく、ちかづくにかたかりければなり。
22 されどユダのぜんゑいあらはれ、おそれをのゝきてきのぞみしときかれらおのれらうへおこるすべてのことみやぶかれあらはれゆゑあはのがれ、かなたこなたまどひ、たがひどうしうちをなしてたふれ、おのれらつるぎもてつらぬかれたり。
23 ユダはすこしもつゐげきゆるめず、あくにんどもをつるぎもてころし、三まんにんたつするおほくのものほろぼせり。
24 テモテオはドシテオおよびソシパテルのぐんたいとらへられしが、たくみなるあざむきをもてねつしんにそのじよめいひ、ユダヤびとおほくのもののおやたちとあるもののきやうだいたちをおのもととらへあれば、けつくわによりてはかれらかへりみるものなきにいたらんといへり。
25 かくてかれおほくのことばをもて、きがいくはへずにかれらひきわたすべきやくそくかためしかば、かれらおのきやうだいたちをすくはんがために、かれゆるしたり。

26 ユダはカルニオンとアテルガデスのみやとにたいしてしんぐんし、二まん五千にんころせり。
27 かれこれらのものどもをはいそうせしめ、これをほろぼししのち、あらゆるこくみんむれりしけんごなるまちエフロンにせめいりしに、いしがきしやうめんにてつよわかものたちいさましきばうぎよをなし、かつそこにはきかいなげやゆたかなるたくはへありき。
28 されどかれらは、みちからをもててきせいりよくふんさいたましゆよばはりて、そのまちおのれられ、そのうちりしものどもをころせること二まん五千にんたつしたり。
29 そこよりでてかれらは、エルサレムより六百スタデアへだゝれるスクトポリスにむかひてしんぐんせり。
30 されどそこめるユダヤびとら、スクトポリスのひと〴〵かれらたいしてしめししかういと、かれらわざはひときに、かれらをあしらひしいつくしみとをあかしせしかば、
31 かんしやして、しやうらいもまたみんぞくたいして、かういしめさんことをすゝめたり。かくてなゝまはりまつりちかづきしときかれらエルサレムにのぼれり。

32 ペンテコステとばるるまつりのちに、かれらいそぎて、イヅミヤのそうとくゴルギヤにたいしてしんぐんはじめしが、
33 かれ三千のほへいと四百のきへいとをひきゐてすゝけり。
34 さてかれらたゝかひまじへしに、ユダヤびとせうすうのものたふれたり。
35 バケノルのぐんたいひとりなるきへい、ドシテオといふつよもの、ゴルギヤにせまり、そのうはぎとらへ、ちからまかせてこれをせたり。かれはこののろはれたるものいけどりにせんとかんがたりしに、トラキアきへいひとりかれめかかりてそのかたちしかば、ゴルギヤはそのすきじようじてマリサにのがれたり。
36 エスドリスとともにありしものどもたゝかひながびきてつかれはてしかば、ユダ、しゆよばはりて、みづからをかれらしめし、かれらかたはらりてたゝかひ、たゝかひせんとうちてみちびたまはんことをもとめたり。
37 かくかれふそたちのくにことばにてときこゑげ、せいかがつしやうし、ふいとつしんしてゴルギヤのぐんぜいはいそうせしめたり。

38 かくてユダはそのぐんたいあつめてオドラムのまちきたりしが、なぬかめおよびて、かれらならはししたがひ、みづからをきよめて、あんそくにちまもれり。
39 あくるひつえうおこりしかば、ユダはそのぶかとともに、せんししやしたいしうやうし、これをふそたちのはかはうむりて、そのけつぞくくはへんとてきたれり。

40 しかるにかれら、にしものおのおののしたぎしたに、ユダヤびとおきてによりてかたきんぜられしギムニヤのぐうぞうほうなふぶつみいだせり。しかしてかれらたふれしはのためなりしことはんめいせり。
41 さればすべてのひとかくれたることをあらはたまたゞしきさばきぬしなるしゆみわざめつつ、
42 たんぐわんをささげ、をかせるつみこと〴〵られんことをもとめたり。たふときユダはぐんじゆうすゝめて、つみよりとほざからしめたり。これかれらたふれしものつみゆゑなにごとおこれるかをそのをもてたればなり。
43 またかれひと〴〵よりぎん二千ドラクマをあつめてこれをエルサレムにおくり、つみのためにいけにへさゝげしめたり。かれがかくたゞしくかつうや〳〵しくつとめはたせるは、ふくくわつにつきてかんがたればなり。
44 そはかれもしねるひと〴〵ふたゝよみがへるべきことをよきせずば、しにんのためにたんぐわんをなし、いのりをささぐるはいみなきむなしきことなるベし。
45 (かれもし、かみおそれてねむりけるひと〴〵のためにたくはへられしうつくしきたまもののぞみて、これをなししならば、そのおもひせいにしてけいけんなり。)さればかれ、かれらがそのつみよりすくはれんがために、しにんのためにゆるしもとめたり。