マカビー第二書 第六章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > マカビー第二書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第六章[編集]

1 のちひさしからずして、わういたるひとりのアテネびとつかはし、いてユダヤびとをそのふそたちのおきてよりはなれしめ、かみおきてしたがひてくることなからしめたり。
2 またかれらにエルサレムにあるせいじよけがさしめ、これをオリンピアのゼウスのみやばしめ、ゲリジムにあるものをばそのものありさまおうじて、ことくにびとのゼウスのみやばしめぬ。
3 わざはひおとづれかなしむべくまたいとなげかはしきことなりき。
4 みやいけうとによりて、いんたうえんらくとをもて、みたされぬ。かれらはそこにてあそびめいんし、せいじようちにてをんなとのくわんけいむすび、かつふさはしからぬもろもろのものをそのうちたづされり。
5 またいけにへさいだんうへにはおきてによりてきんぜられたるあらにくむべきものせられぬ。
6 かくてひとあんそくにちまもることも、ふそたちのまつりしゆくすることも、またみづからをユダヤびととしてこくはくすることもあたはざりき。
7 つきごとわうたんじやうびには、ひと〴〵きびしききやうせいによりていけい[に]へあづからせられ、デオニソのさいじつには、つたかんむりかぶり、デオニソへのれいとして、ぎやうれつつくりてあるくことをいられたり。
8 かつプトレミオのそゝのかしによりて、きんりんのギリシヤびとまち〳〵にもふこくはつせられたれば、いたところにユダヤびとおなとりあつかひけ、いけにへあづからせられたり。
9 かつギリシヤのぎしきしたがはぬものはしけいしよせらるることとなりたれば、そののぞきたれるわざはひすべてのものにられたり。
10 ふたりをんな、そのらにかつれいほどこしたりとてつれきたられしが、かれらはそのむねをつりさげられ、まちなかきまはされて、はてはいしがきよりさかさまになげおろされたり。
11 またなぬかめをひそかにまもらんとて、ともふきんほらあなはしりしほかひと〴〵はピリポのみつこくによりて、こと〴〵ころされたり。そはかれらはかのいとおごそかなるまもこゝろにてみづからこれをふせぐことをおそれたればなり。

12 さればわれ、このふみひと〴〵に、かれらがこのわざはひゆゑきおちせず、これらけいばつはわがたみほろぼさんがためにあらず、こらしめんがためなることをかんがへんことをふ。
13 そはけいけんならぬわざをなすものながくこれをゆるされず、たちまばつくるにいたるは、おほいなるめぐみしるしなればなり。
14 ほかくにびとらにつきてはぜんのうしゆかれらがそのつみきはみたつするをばつするまで、にんたいをもてこれをしのびたまへど、われらにつきてはかくなしたまはず。
15 はかれのちいたりて、われらおのつみいたゞきたつするときわれらばつくはへざらんがためなり。
16 さればしゆけつしてそのじひわれらよりたまはず、わざはひをもてこらしたまふといへども、そのたみみすたまはざるなり。
17 さはれわれらかたりしことは、これをなんぢらにきおくせしむるに十ぶんなれば、われらまたものがたりつゞくべし。

18 おもなるがくしやひとりなるエレアザルは、すでよはひたかく、ふうばうかうきなるひとなりしが、いてそのくちひらかしめられ、つひぶたにくくらはしめられたり。
19 されどかれけがれをもてきんよりは、むしろいさぎよさいごげんものと、みづからすすみてがうもんだいのぼり、つばとともにそのにくいだしたり。
20 かくかれいのちあいするがゆゑに、おきてにかなはざるものをあぢははんよりは、かたくこれにさからはんとけつしんせり。
21 されどこのきんぜられたるいけにへまつりつかさどりしものども、さきのよしみゆゑかれかたはらにつれき、かれわうめいしたがひていけにへにくくらひしかのごとよそほはんがため、くらひてさしつかへなきにくをひそかにきたらしめよとすすめたり。
22 これはかくすることによりてかれよりまぬかれ、かれらとのもというじやうゆゑあつとりあつかひけんことをほつしたればなり。
23 されどかれは、かたけつしんをもて、そのとし、そのらうれいいげんめいよあるはくはつえうじよりのけういくおよかみあたたまひしせいなるおきてにふさはしく、そのこゝろかれらげ、すみやかにおのれよみおくるべきことをもとめたり。
24 かれいひぬ『われらねんぱいとなりておほかくすはふさはしからず、かくてはおほくのわかきものども、九十さいたつしたるエレアザルつひいけうかいしうしたりとおもはん。
25 かれらはわがいんぺいゆゑに、またみじかき、つかいのちのために、わがゆゑによりてまどはされ、われみづからは、はづかしめとわがらうねんけがれくべし。
26 われたとひ、このいまときのためにひとよりのけいばつまぬかるることをとも、せいしともにいかでぜんのうしやみてよりのがるるをんや。
27 さればいま、わがいのちをゝしくわかれげんがために、みづからをわがよはひにふさはしきものとしてしめし、
28 たふとばるるせいなるおきてのためによろこびて、たふとくわうえいげ、わかものたちにたふともはんのこさん。』かれはこれらのことばをいひをはり、しやうやうとしてがうもんだいきぬ。
29 そのときかれらしばしまへにかれにたいしてもちりしかういあくいへたり。そはかれのこれらのことばきようらんかぎりとおもひたればなり。
30 かくてかれむちうたれてまさなんとせしときおほごゑさけびていへり『われよりまぬかベかりしを、しのびてむちうたれ、わがおほいなるくるしみくることは、せいなるちしきたましゆあきらかにられん。げにわれは、しゆたいするおそれゆゑに、たましひにてはよろこびてこれらのことをくるなり。』
31 かれかかるありさまにてに、ただわかものにのみならず、そのたみおほくのひと〴〵に、きおくすべきたふともはんのこせり。