マカビー第二書 第八章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > マカビー第二書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第八章[編集]

1 ここにユダ・マカビオおよかれともにありしひと〴〵は、ひそかむら〳〵りて、そのけつぞくのものと、ユダヤびとしうけうほうずるものどもとをせしに、ともにあつまりしもの六千にんたつしたり。
2 かれしゆよばはり、すべてのものによりておさへらるるたみをみそなはし、かみおそれぬひと〴〵によりてけがされたるせいじよじひれ、
3 すたれてちじやうあととゞめぬほどとならんとするまちあはれみ、しゆむかひてさけこゑをきき、
4 つみなきをさなごたいするふはふなるさつりくしゆみなたいするばうとくとをおぼえ、またあくたいするにくしみしめたまはんことをへり。
5 かくてマカビオ、そのへいしらをあつめてぐんたいつくりしかば、いけうとはこれにてきすることあたはざるにいたれり。しゆいかりあはれみへられたるなり。
6 かれはふいうちおこなひ、まち〳〵むら〳〵はなちてはらひ、もつとひつえうなるばしよせんれうし、てきすくなからざるそんがいあたへたり。
7 かれとくやしうをもてこれらのこうげきかこなひしなり、しかしてかれぶめいいたところかたつたへられたり。

8 されどピリポは、かれすこしづつちゐくわくとくし、ますますそのもちものくはふるをしか
ば、ケレスリヤおよびピニケのさうとくプトレミオにふみおくりてわうのためにこうゑんもとめたり。
9 ここにおいてプトレミオ、わうともひとりなるパトロゴスのニカノルに、かくこくじんよりる二まんにんいじやうへいあたへ、ユダヤのたみぜんめつにせんとて、いそぎつかはせり。またかれせんさうけいけんあるひとりしやうゴルギヤをもともにつかはせり。
10 ニカノルはユダヤびととりこり、そのかねをもて、わうがロマびとしはらふべき二千タラントのみつぎを、わうのためにしべんせんとせり。
11 かくてたゞちに、かれかいがんまち〳〵ししやつかはし、ユダヤびとどれいはんことをもとめ、九十にんどれいを一タラントにて、はらげんとやくそくしたり。かれはこれによりて、ぜんのうしやよりおのれくはへらるべきさばにつきてはなにごとをもまうけざりしなり。

12 されどニカノルのしんにふにつきてのはうこくユダのもとたつしたり。かくてユダかれとともにあるものどもにぐんたいしゆつげんげしに、
13 おくびやうにしてかつかみさばきしんらいせざるものどものがれてくにれり。
14 またほかのものどもはおのれらのこされしすべてのものをはらひ、かつしゆいのりて、ふしんなるニカノルによりてそのいまいたらざるさきに、あらかじられたるものどもを、
15 かれらじしんのためにあらずとするも、ふそたちにあたたまひしけいやくゆゑに、またそれによりてかれらたまひしたふとくしておほいなるみなゆゑすくいだたまへともとめたり。
16 しかしてマカビオそのへいしら六千にんあつめ、かれらはげまして、てきたいしてらうばいすることなからしめ、またふせいにもかれらさからいけうとたいぐんおどろくことなからしめ、
17 むしろせいじよたいしてをかされしふはふなるばうとくと、わらひぐさとせられしみやこちじよくと、せんぞたちよりぎしせいくわつてんたうせられしありさまとを、のあたりにおもうかべて、いさましくたゝかふべきことをすすめたり。
18 かくてマカビオひぬ『かれらぶきしんらいし、これによりてゆうきおこせども、われらは、ぜんのうかみしんらいす。しゆはそのみくびひとふりによりて、われらてきするものどもをも、ぜんせかいをもたふたまはん。』
19 かつかれは、そのせんぞたちのに、えずかれらくだたまひしみたすけにつきてかたれり。すなはちセナケリブのときに、いかに十八萬五千にんのものたふれしか、
20 またバビロンのにてなされしガラテヤびととのたゝかひおいて、八千のガラテヤびとと四千のマケドニヤびととがひとつとなりて、めかかりしが、マケドニヤびとなすすべなかりしとき、いかに八千にんのものてんよりのみたすけによりて、一まん二千にんたふし、おほくのせんりひんしかをかたれり。
21 かくマカビオこれらことばをもてひと〴〵ゆうきこぶし、おきてそこくとのためにぬるそなをなさしめしとき、そのぜんぐんを四たいわかち、
22 そのきやうだいたちをかれともかくたいしやうとなせり。すなはちシモンとヨセフとヨナタンとに、おのおの千五百にんしきせしめたり。
23 かれまたエレアザルをもしかなせり。しかしてかれせいしよたからかにみて、『かみみたすけ』といふへうごをかかげ、みづかだいたいしきして、ニカノルとたゝかひまじへたり。
24 ぜんのうしやかれらともにありてたゝかたまひしかば、かれら九千にんゆるてきたふし、ニカノルのぐんたいだいぶぶんふしやうせしめ、そのせんたうりよくうしなはしめ、すべてのものはしらしめたり。
25 しかしてかれらおのれらはんがためにきたれるてききんせんぼつしうしたり。かくてかれらしばらくかれらひしのち、そのときゆゑむなくきかへしたり。
26 そは、そのあんそくにちぜんじつなりければ、かれらつゐげきつゞけざりしなり。

27 さてかれらてきぶぐあつめ、もちものぼつしうせしときみづかあんそくにちまもり、いたるまでかれらすくたまひししゆを、はなはだしくあがめ、かつさんびしたり。そはしゆかれらのうへにそのじひれはじめたまひたればなり。
28 あんそくにちのちかれらふしやうしややもめらとみなしごらとにぶんどりものいくぶんあたへ、のこりをばおのれらとそのらとにわかちたり。
29 これらのことをなしへ、ともいのりをささげしときかれらじひふかしゆに、そのしもべらふたゝまつたやはらぎをなしたまはんことをもとめたり。

30 かれらまたテモテオおよびバクキデスのぐんたいたゝかひまじへて、二まんにんころし、もつとたかえうがいせんりようし、ふしやうしややもめらとみなしごらとに、またいたるものらに、かれらおなじきわけまへぶんどりものあたへたり。

31 かれらてきぶきあつめしときこゝろもちひてこれをおもなるばしよたくはへ、ぶんどりもののこりをエルサレムにはこいたりぬ。
32 かれらまたテモテオのぐんたいしやうにして、もつとふじやうなるもの、またユダヤびとおほくのがいあたへたるものころしたり。
33 かくてかれらそのふそたちのまちおいししゆくしようさいもよほししときみやもんはなちしものどもをきしが、それらものどものうちに、いちみんかのがれしカリステネスもりき。かくてこれらものどもはそのふしんたいするたうぜんむくいたり。

34 ユダヤびとどれいとせんがためにはんとて千にんしやうにんひききたりし、みたびのろはれしニカノルは、
35 そのるにらぬものとえしものにしゆみたすけありしため、はづかしめけ、そのくわうえいあるよそほひてて、こくないとほり、ばうめいどれいごとく、ひとりにて、アンテオケにたどりつきしが、そのぐんぜいほろぼされしがゆゑに、もつとおほいなるふかうにあへり。
36 しかして、エルサレムのひと〴〵ほりよとして、ロマびとみつぎせんとやくせしかれは、ひろしめして、ユダヤびとかれらのためにたゝかたましゆをもつがゆゑそこなはれず、これかれらしゆによりてさだめられたるおきてしたがへばなりといへり。