マカビー第二書 第五章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > マカビー第二書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第五章[編集]

1 そのころアンテオコス、エジプトへのだい二のしんりやくをなせり。
2 しかるにぜんしわたりて四十にちあひだこがねもてりなされたるころもまとひ、やりにせるきしたち、へいしらいつたいごときさまにてあらはれ、くうちゆうけまはれり。
3 またぶさうしたるきしいつたい、これとたゝかひまじへ、ひつはれつ、たてをふるひ、おほくのやりをつきいだし、つるぎき、はなち、こがねさうしよくとあらゆるしゆるゐぶぐとをひらめかしぬ。
4 さればすべてのひと〴〵、このあらはれきつてうならんことをほつしたり。

5 ここに、アンテオコスねりとの、きよはうつたはりしとき、ヤソンは一千にんよりすくなからざるへいひきゐて、にはかまちおそひぬ。しかしていしがきうへにありしひと〴〵やぶれて、まちつひかんらくしたれば、メネラオはじやうさいのがれたり。
6 されどヤソンは、むじひにも、おのくにびとさつりくし、どうばうたいするせいかうはもつともおほいなるしつぱいなることをおもはず、せんりひんてきよりうばひしにて、どうばうよりにはあらずとかんがへたり。
7 されどかれしよくず、そのむほんをはりちじよくけ、ばうめいしやとしてアンモンびとくにけり。
8 さいごかれはめつきたし、アラビヤびとばうくんアレタのためにとらへられしが、のがれてまちよりまちはしり、すべてのひと〴〵まはされ、はいけうしやとしてにくまれ、そこくどうはうとをほふるものとしてみきらはれ、はてはエジプトにひやられたり。
9 かくて、さきにはおほくのひと〴〵をそのくによりことくにひやりしものいまけつぞくくわんけいたどりて、かくれがみいださんものと、うみわたりてラケデモニヤびといたり、つひいきやうおいにたり。
10 さきにはおほくのものをはうむらずしててしもの、いまおのれのためにかなしみをなすものもなく、はうむりれいつくすものもなく、またせんぞはかにもうづめられずしててらるるにいたれり。

11 このおこりしことにつきてのはうこくわうもとたつせしときわうはユダヤびとそむきたりとおもひ、いかりてエジプトよりきたり、ぶりよくうつたへてまちうばひとり、
12 そのへいしらめいじて、そのみちにてほどのものをあはれむことなくたふさしめ、うへのがるるものをこと〴〵ころさしめたり。
13 かくてせいねんいたるものもほふられ、ふぢよしをとめみどりごすらころされたり。
14 このみつかかのあひだに八まんにんのものほふられ、四まんにんのものたゝかひてころされしが、どれいられしものはころされしものよりもおほかりき。
15 されどかれはこれをもてれりとせず、おきてそこくとにたいしてはんぎやくしやとなりしメネラオをあんないしやとして、ぜんちしせいじよなるみやり、
16 けがれたるをもてせいきいだし、もろもろのわうたちによりてせいじよくわくてうえいくわうめいよとのためにささげられたるそなへものを、そのけがれたるをもていだせり。
17 しかしてアンテオコスはこゝろおごりて、これまちめるもののつみゆゑぜんのうしゆしばしあひだみいかりはつし、そのせいじよよりせむたまへるなるをることあたはざりき。
18 かれらもし、かくもおほくのつみつゝまれざりしならば、このものもまた、さきにセレウコスわうによりてつかはされ、はうこさぐらんとせしヘリオドロとひとしく、すゝるやいなや、たちまちむちうたれて、そのむばうなるわざをさまたげられしならん。
19 されどしゆは、そのせいじよゆゑたみえらばず、たみゆゑせいじよえらたまへり。
20 さればせいじよもまた、たみうへのぞみしわざはひあづかりしにて、のちにはそのめぐみあづかりたり。かくてぜんのうしやみいかりによりてみすてられしせいじよふたゝたいのうしゆなだめによりて、そのすべてのえいくわうくわいふくせられたり。

21 さてアンテオコスは、みやうちより一千八百タラントをはこいだししとき、そのこゝろおごりしかば、かうまんにもりくじやうふねにて、かいじやうかちにてわたるかのごとおもひつつ、いそぎアンテオケにむかひてれり。
22 かつかれこくみんくるしむるためにそうとくてたり。エルサレムには、フルギヤびとにして、そのせいしつはこれをにんめいせしものにまさりて、ばうぎやくなるピリポを、
23 ゲルジムにはアンデロニコを、またこのほかに、のすべてのものよりもしく、そのどうばうたいしてみづからをたかしとせるメネラオをてたり。しかしてかれはそのこうみんなるユダヤびとらたいしてあくいいだき、
24 かのばうとくしゆアポロニオに二まん二千にんへいあたへて、これをつかはし、めいじてさうねんのものをころさしめ、をんなわかものとをらしめたり。
25 かれエルサレムにきたり、いつはりてへいわひとせかけ、あんそくせいじつちて、ユダヤびとらがそのわざやすむをるや、めいじてひと〴〵ぶさうせしめたり。
26 しかしてまつりんとてきたりしものをこと〴〵ころさしめ、ぶさうせるものどもとともまちはしきて、おびたゞしきたすうのものをころせり。
27 されどマカビオとばれしユダは、ほかの九にんのものどもとともにしりぞき、やじうごとさまにてやまみ、けがれまざらんがために、そこしやうずるあをくさるゐくらひていのちをつなげり。