マカビー第二書 第九章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > マカビー第二書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第九章[編集]

1 そのころアンテオコスあしなみみだれて、ペルシヤちはうよりかへれり。
2 かれペルセポリスとばるるまぢり、かみみやかすめ、まちうばひとらんとくはだてしが、ぐんじゆうはうきせしかば、かれらぶきをもてばうぎよむかひしに、アンテオコスはかへつてそのくにひと〴〵のためにやぶられ、づべきたいきやくをなせり。
3 しかしてかれ、エクバタナにりけるとき、ニカノルとテモテオのぐんたいとにおこれることにつきてのはうこくかれもとたつしたり。
4 ここにおいかれはげしくいきどほり、おのれはいぼくせしめしひと〴〵あくをユダヤびとむくいんとあもへり。さればかれ、そのへいしやめいじてとゞまることなくすゝましめ、そのりよていいそがしめしが、てんよりのさばきすでかれうへおよたり。そはかれがうまんにもかくいへり『われいたらんとき、エルサレムをばユダヤびときようそうぼちとなさん。』
5 しかるにすべてみたましゆなるイスラエルのかみいやすべからざる、えざるだげきかれくはたまへり。すなはかれ、このことばをいひをはるやいなや、はげしきふくつうおこり、ないぶはなはだしきくなうしやうじたり。
6 こはかれおほくのことなるくるしみをもて、ほかひと〴〵はらわたちたるたうぜんむくいなりしなり。
7 されどかれすこしもそのばうぎやくめざるのみか、なほがうまんたされ、ユダヤびとたいするいきどほりきて、りよていいそげとめいじたり。しかるにかれいきほひまかせてすゝきしほどに、そのへいしやよりつゐらくし、そのつゐらくはげしかりしかば、てあしひきさかれたり。
8 かくて、そのときまでは、うみなみおのめいのままとなるベしとかんがへ、ひとぶんえてたかぶり、やまたかさをもはかりにてはかベしとおもひしかれは、あはれにもちじやうたふされ、たんかにてはこばれたり。かくてそれはあきらかにかみちからなることすべてのひとしめされぬ。
9 しかしてかみおそれざるものからだより、むしむらがで、かれなほきてくるしみもがきりしあひだに、そのにくはなれおち、そのあくしうゆゑに、ぜんぐんふはいいとひて、おもてそむけたり。
10 かくてしばしまへまでは、みづかてんもろぼしにもべしとおもたりしものを、いまはそのがたあくしうゆゑに、たれこれかんとはせざりき。
11 かかりしほどにさすがのかれこゝろくだけて、そのおほいなるたかぶりめ、こく〳〵くそのくるしみゆゑに、かみしもとることをはじめたり。
12 しかしておのれみづからそのしうきざるにいたりしときかくいひぬ『かみふくするはたうぜんなり、ぬべきをもてこゝろおごるべきにあらず』と。
13 かくてあくぎやくなるもの、もはやかれうへあはれみたまはぬぜんのうしゆむかひて、つぎのことどもをちかへり。
14 すなはちそれは、かれへいちとなし、きようそうぼちとなさんとて、いそきたりしせいなるみやこかいはうふこくすること、
15 かれはうむりにだもあたひせずとして、をさなごもろともけものあたへ、とりましめんとしたりしユダヤびとらを、すべてアテネのしみんらどうとうとすべきこと、
16 かれがさきにりやくだつせしせいじよもつとかみふさはしきそなへものをもてかざり、すべてのせいきをばいくばいにもしてくわいふくし、おのしうにふうちよりいけにへえうするひようししゆつすべきこと、
17 またほかに、かれみづからユダヤびとひとりとなりて、ひとところはいかなるところにてもこれをおとづれ、かみみちからしめすべきことどもなり。
18 されど、かみさばきたゞしくかれうへのぞみて、そのくるしみすこしもげんぜざりしときみづからすべてののぞみなげすて、たんぐわんせいしつべるつぎごとふみをユダヤびとおくれり。

19 『ともしみんたるにふさはしきユダヤびとに、わうにしてしやうすゐたるアンテオコス、ゆたかなるよろこびけんかうかうふくとをいのる。
20 なんぢらとなんぢらのすこやかにして、ことごとくならば、われわがのぞみてんきて、おほいなるかんしやかみさゝげん。
21 われびやうしやうにあれど、なんぢらめいよかういとをふかこゝろとゞむ。ペルシヤちはうよりかへりてわれおもやまひかゝりたれば、すべてのひと〴〵きようどうかうふくかうりよもちふるひつえうみとめたり。
22 されどみづかぜつばうおちいりしにあらず、やまひよりまぬかれんとのおほいなるのぞみいうす。
23 おもふに、わがちゝかつやまちぐんすゝめしときこうけいしやてしは、
24 よきはんすることおこり、もしくはこのましからざるはうこくきたることあらば、くにのこりしひと〴〵せいけんひとたれなるかをりて、こゝろみださざらんがためなり。
25 かつわれはくにざかひなるきみたちおよびわがわうこくとなりびときくわいうかがひ、しやうらいじへんつをおもんぱかりて、わがさきにやまちむかひていそたりしころ、しばしばなんぢらのおほくのものたくし、かつすゐせんせしわがアンテオコスをわうゐかしめ、べつしごとかれおくれり。
26 さればわれなんぢすゝめ、なんぢむとむ。ねがはくは、こうしともになんぢらのためにあたへられしえきおぼえて、なんぢおの〳〵われとわがげんざいかういしめさんことを。
27 そはわれ、かれにうわいつくしみとをもてわがもくてきをつぎ、くわんやうをもてなんぢらをあしらふべきをかくしんすればなり。』

28 かくてさつじんしやぼうとくしやたるかれは、かつたにんをあしらひしごとく、みづからいともはげしきくるしみしのび、いきやうおいもつとあはれむべきうんめいひ、やまちにてさいごげたり。
29 かれともやういくせられしピリポはそのしかばねはこりしが、アンテオコスのおそれて、エジプトのプトレミオ・ピロメトルのもとせたり。