マカビー第二書 第三章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > マカビー第二書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第三章[編集]

1 せいなるみやこは、だいさいしオニヤのけいけんと、そのふぎたいするにくしみとのゆゑによりて、じゆうみんまつたへいあんうちり、おきてたゞしくまもられしかば、
2 わうたちすらみづからそのところあがめ、もつとたふとおくりものをもてみやえいくわうしたり。
3 アジアのわうセレウコスのごときもおのしうにふをもて、いけにへをささぐるための、すべてのひようべんじたり。
4 しかるにベニヤミンのやからよりでたるシモンなるあるものみやほごくわんにんぜられしが、まちにて、いちばきそくにつきてだいさいしあらそへり。
5 されどかれはオニヤにつことあたはざりしかば、トラセオのにしてそのころケレスリヤとピニケのさうとくたりしアポロニオのもといたり、
6 エルサレムのほうこには、はかられざるおほくのきんせんあり、またかぞつくすことあたはざるざいさんありて、これいけにへのためのものにあらねば、わうをさめらるべきのぞみありとげたり。
7 アポロニオはわうひて、そのげられしきんせんことかれかたりければ、わうおのしざいくわんなるヘリオドロに、そのきんせんいしゆつまつたうせよとめいじたり。
8 かくてへリオドロ、ケレスリヤとピニケのまち〳〵おとづるるさまにてたびでしが、じつわうもくてきげんがためなりき。
9 かれエルサレムにきたりしときまちだいさいしに、れいつくしてむかへられしかば、さきにげられしままのことと、かれのここにきたれるもくてきとをかれらかたり、はたしてこれらのもののありやいなやをたづねたり。
10 だいさいしかれこたへて、やもめおよみなしごのためのやういくひのあることと、
11 ほかにいとたふとくらゐにあるトビアのヒルカノスのものなるきんせんあれど、これもけいけんならぬシモンがいつはかたりしところとはさうゐすること、またそのがくぜんたいにてぎん四百タラント、きん二百タラントなること、
12 かつばしよしんせいと、ぜんせかいとほしてあがめらるるみやゐくわうと、をかすべからざるそんげんとにしんらいしたるものあくをなすはゆるさるべきにあらざることとをげたり。
13 されどヘリオドロは、かれあたへられしわうめいれいゆゑに、いかなるときにても、きんせんわうくらのためにぼつしうせらるべきことをかたれり。

14 かくてかれ、さだめ、これらのことにつきててうさをなさんとて、きたりたれば、ぜんしいうしよくとざされたり。
15 さいしさいふくまとひてみづかせいだんまへひれふし、てんあふぎて、たくされたるくわざいかゝはおきてあたたまひししゆたてまつり、これをたくしたるひと〴〵のために、これをほぞんたまはんことをへり。
16 しかしてだいさいしかほかたちたるものはみなこゝろいためり。そはかれかほとそのいろへんくわは、そのたましひのうれひあらはしたればなり。
17 おそれからだおのゝきかれうへのぞみ、これによりてそのこゝろうちなるくるしみかれみゐたりしひと〴〵あきらかしめされたり。
18 ここにおいいへうちにありしひと〴〵おほやけたんぐわんをなさんとて、むれをなしてきたれり。そはそのところまさはづかしめけんばかりにえたればなり。
19 をんなたちはむねあさぬのまとひてまちむらがり、こもれるをとめたちはともにはしで、あるものはもんに、あるものはいしがきおもむき、あるものはまどよりそとながめたり。
20 しかしてすべてのものてんにさしのべておごそかなるたんぐわんをなせり。
21 まじりてともひれふむれと、ゆうりようちにもきたいをもてるだいさいしとは、ひとあはれみもよほさしめたり。

22 かくてかれらぜんのうしゆよばはり、たくされたるものを、これをたくしたるひと〴〵のためにあんぜんにかつかくじつたもたまはんことをもとあひだに、
23 へリオドロはみことのりしたがひてしつかうせんとてきたれり。
24 されどかれそのじじうらともはうこきたりしときしよれいとあらゆるけんゐしゆ、あらたかなるあらはれをなしたまひたれば、かれとともにらんとほつしたりしものどもかみみちからたれてあはてふためき、いたくおそれてきぜつしたり。
25 かれらたるは、おそろしききしれる、うるはしきばぐもてかざりしうまにして、はげしくとつしんきたり、まへあしをもてヘリオドロをてり。しかしてばじやうきしまつたきんぶぐまとひしがごとえたり。
26 ほかふたりのものかれあらはれしが、かれらちからつよわかものにして、えいくわうにかがやき、うつくしくきかざりて、かれりやうがはち、えずかれむちうちて、おほくのいたしもとをこれにくはへたり。
27 かくてかれにわかに、たふれしときあつくらやみそのうへのぞみしかば、ひと〴〵かれとらへてたんかせ、
28 これをはこいだしぬ。しかしていまや、おほいなるぎやうれつもておほくのゑいへいとともにかのはうこちんにふせしヘリオドロは、そのまつたむりよくとなり、あきらかにかみしゆけんみとめたり。
29 しかしてかれかみみわざによりておふしごとくなり、あらゆるのぞみじいうとをうばはれてたふしたれば、
30 ひと〴〵、そのしきみちからあらはたまひししゆさんびしたり。かくてしばしさきにはおそれけいかいとにたされしみやは、ぜんのうしゆあらはたまひしのちおほいなるよろこびたされぬ。

31 されどたちまちヘリオドロのしたしきともあるもの、オニヤに、いとたかきものよばはりて、まさいきえんとしてしづかよこたはかれに、いのちあたたまはんことをもとめしめたり。
32 だいさいしわうがヘリオドロにたいしてユダヤびとなにらかのかんけいくはだてたりとかんがへんことを、ひそかにおそれ、かれいやしのためにいけにへをささげたり。
33 されどだいさいしなだめいのりしとき、さきにヘリオドロにあらはれしかのおなわかものら、おなころもまとひてあらはれ、ちていひぬ『だいさいしオニヤにかんしやせよ。そはかれのために、しゆなんぢいのちあたたまひたればなり。
34 なんぢてんよりむちうたれたれば、かみの、ちからあるみいつをすべてのひとげよ』と。これらことばかたをはりて、かれらえずなりぬ。
35 かくてヘリオドロしゆたいしていけにへをささげ、そのいのちすくたまひしものおほいなるちかひをなし、オニヤにかんしやしてわうもとかへけり。
36 しかしてかれ、そのをもてしいとおほいなるかみみわざをすべてのひと〴〵あかしせり。
37 わう、ヘリオドロに、ふたゝびエルサレムにつかはさんがためにいかなるひとふさはしきかをひしときかれこたへぬ
38 『なんぢもしてきもしくはそむくものたまはば、これをかしこつかはたまへ。さらばなんぢかれおほくのしもとけ、からくもいのちをもてのがきたるをむかたまふべし。そはまことまはりにはかみみちからあればなり。
39 てんたまものみづからそのかれところそゝぎてこれをたすけ、そのところそこなはんとてきたるものをちほろぼしたまふべし。』
40 これはヘリオドロのことと、はうこまもられしこととのものがたりなり。