マカビー第二書 第一章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > マカビー第二書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第一章[編集]

1 エルサレムにあるユダヤびとおよびユダヤこくものなるきやうだいたち、ぜんエジプトにあるユダヤびとなるきやうだいたちにおんちようへいあんとのあらんことをいのる。
2 ねがはくはかみなんぢらぜんをなし、そのちゆうしんなるしもべアブラハム、イサク、およびヤコブとむすたまひしけいやくおぼえて、
3 なんぢらすべてに、しゆれいはいし、おほいなるこゝろじうじゆんなるせいしんとをもてみむねおこなふこころをあたへ、
4 そのおきていましめとになんぢらのこゝろひらきてへいわをなし、
5 なんぢらきぐわんきいれ、なんぢらやはらぎて、わざはひなんぢらみすたまはざらんことを。
6 われらいまここにて、なんぢらのためにいのる。
7 だい百六十九ねんデメトリオのちせいに、われらユダヤびとは、ヤソンとそのともがらせいちわうこくとにそむきしときよりすうねんわたり、われらうへのぞみしなやみわざはひとのうちにありて、すでなんぢらふみおくれり。
8 かれらもんはなちて、つみなきのながしたりき。われらしゆいのりしにきいれられしかば、いけにへむぎことをささげ、ともしびをともして、そなへのパンをそなへたり。
9 されぱいまなんぢら、キスリウのつきかりいほまつりまもるべし。
10 だい百八十八ねんこれをしるす。

エルサレムにるもの、ユダヤにるもの、ぎくわいおよびユダ、あぶらそゝがれしさいしちすぢにして、プトレミオわうけうしなるアリストブロ、およびエジプトにるユダヤびとらおんちようけんかうとのあらんことをいのる。
11 われらはわうさからひてたゝかひしにかみによりておほいなるきけんよりすくはれたれば、ふかしゆかんしやたてまつる。
12 そはしゆみづから、せいなるみやこおいたゝかひものどもをはらたまひたればなり。
13 かのきみペルシヤにいたりて、かれとともにあるぐんぜいふせがたえしときかれらはナネアのみやおいて、ナネアのさいしたちのためにたふされたりき。
14 アンテオコスはめがみともまんといつはり、かれとともにりしものどもをきつれてこしきたり、こんしもとおほいなるざいはううばはんとせり。
15 ナネアのみやさいしたちざいはういだせしとき、かれせうすうのものともけいだいいしがきのうちにきたりしかば、かれらアンテオコスのきたりしときこれをめ、
16 はめいたてんじやうなるひみつひらきて、いしげつけ、きみたふし、ともにあるものどもをふんさいし、かれらかしらをうちくだきて、これをみやそとりしものどもにあたへたり。
17 かくけいけんならぬものどもをわたしたまひしかみ は、すべてのことおいあがめらるべきなり。

18 われらいま、キスリウのつきの二十五にちに、みやきよめまもらんとするがゆゑに、これをなんぢらかくはうするえうありとおもへり。これなんぢらもまたかりいほまつりと、ネへミヤがみやせいだんとをきづきしのちいけにへをささげしときおこなひしまつりとをまもらんがためなり。
19 そはわれらふそたちペルシヤのにつれかれしとき、そのたうじけいけんなるさいしたちせいだんをとりて、ひそかにこれをみづなきゐどうつろかくし、しかとこれをみさだめたれば、そのところなにびとにもられざりき。
20 さておほくのとしのちかみよしとみたまひしとき、ネヘミヤ、ペルシヤわうよりのめいにより、これをかくししさいしたちのしそんを、そのさがすためにつかはせり。しかるにかれらわれらに、にあらでふかみづみいだししことをげたれば、
21 ネヘミヤかれらに、それをきたれとめいじたり。しかしていけにへのささげられしときさいしたちにめいじて、まきとそのうへせられしものとのうへに、そのみづそゝがしめたり。
22 かくおこなひてしばしときほどに、さきにくもかくたりしかゞやで、おほいなるほのほあがりたればひと〴〵みないたくおどろけり。
23 かくていけにへつくさるるあひだに、さいしらいのりをささげ、さいしらとヨナタン、ネヘミヤのなししごとみちびとなへ、ひと〴〵これにせり。
24 そのいのりつぎごとし。

しゆよ、しゆよ、ばんもつつくりぬしなるかみよ、なんぢおそるべくしてつよく、にしてじひあり、なんぢのみわうにましましてめぐみふかく、
25 なんぢのみあらゆるものをそなたまひ、なんぢのみにしてあたはざることなく、かつとこしへいまたまふ。なんぢはイスラエルをすべてのわざはひよりすくひ、ふそたちをえらびてこれをきよたまへり。
26 ねがはくはなんぢたみぜんイスラエルのためにこのいけにへたまへ。なんぢぶんまもり、これをせいとなしたまへ。
27 ねがはくはわれららされしものどもをあつたまへ。ことくにびとあひだつながれあるものどもをときはなたまへ。はづかしめられ、いみきらはるるものらをかへりみ、ことくにびとらをして、なんぢわれらかみいますことをらしめたまへ。
28 われらおさへ、たかぶりをもてわれらはづかしむるものをくるしたまへ。
29 なんぢたみなんぢせいじよけ、モーセのひしごとくなしたまへ。』

30 かくなしあいださいしたちはさんびうたをうたひぬ。
31 いけにへつくさるるや、ネヘミヤめいじて、のこれるみづおほいなるいしうへそゝがしめたり。
32 これをなしをはりしときほのほあがりしが、せいだんよりのひかりてりはえたれば、そのほのほえはてたり。
33 ことわたり、さきにつれかれしさいしたちのかくししところみづで、そのみづをもてネヘミヤおよかれともにありしひと〴〵いけにへきよめしこと、ペルシヤわうげられたれば、
34 わうそのことしらべしのち、そのばしよせいなるちたいとなせり。
35 しかしてわうちようしめすべきひと〴〵には、まづかれらよりおくりものけ、しかしてみづすこしかれらあたへたり。
36 ネヘミヤおよかれともにありしひと〴〵、このことをネプタルとびしが、けばきよめとのこゝろなり。されどおほくのひと〴〵これをネプタイとべり。