マカビー第一書 第四章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > マカビー第一書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第四章[編集]

1 そのときゴルギヤは五千にんほへいと一千にんえりぬききへいとをひきゐ、よるおよびてしんぐんせり。
2 これかれらユダヤびとぐんたいめかかりてふいにこれをたんがためなり。じやうさいりしひと〴〵はそのあんないしやとなりぬ。
3 ユダこれをききて、エマオにたむろせしわうぐんぜいたんとて、ゆうしたちをきつれてちぬ。
4 かれはこれをぐんぜいなほえいよりうちになさんとせり。
5 ゴルギヤはおよびて、ユダのえいきたりしに、たれをもざりしかば、さんちゆうかれらさがして、『これらひと〴〵われらよりのがる』といへり。
6 くるやいやや、ユダ三千にんひと〴〵とともにあらはれたり。されどかれらは、おのれらほつするごとくにはたてをもつるぎをもたざりき。
7 しかるにかれらは、つよかためられたるいはうじんぢんえいと、そのまはりたむろせるきへいとをたり。しかしてそれへいしらはみなたゝかひじゆくれんせるものなりき。
8 そのときユダ、かれともにあるものどもにいひぬ『なんぢかれらのおほきにおどろくな、またかれらのこうげきおそるな。
9 パロたいぐんをもてかれらひしとき、いかにわれらのせんぞたちはこうかいにてすくはれしかをおもへ。
10 さればいまわれてんむかひてさけばん。もししゆわれらをかへりみ、われらのせんぞたちのけいやくおぼたまはば、けふわれらのかほまへにて、このぐんたいほろぼたまはん。
11 しかしてすべてのことくにびとは、イスラエルをあがなひ、またすくたまふもののいますことをるべし。』
12 ことくにびとらそのをあげて、かれらむかきたるものどもを
13 これとたゝかはんとてぢんえいよりけり。かくてユダとともにありしひと〴〵ラツパをならしつつたゝかひくははりしが、
14 いはうじんやぶれてけり。
15 されどしんがりのものどもはみなつるぎによりてたふれたり。しかしてかれてきひてガザラに、またイヅミヤとアゾトとヤムニヤのいたりしが、そこにてたふれしもの三千にんなりき。
16 ユダとそのぐんぜいは、かれらふことをめてかへりしとき
17 たみけていへり『われらのまへなほたゝかひあれば、ぶんどりものむさぼるな。
18 ゴルギヤとそのぐんぜいわれらにちかやまにあり。されどなんぢらまづわれらのてきむかひてち、これとたゝかひてのちいさましくぶんどりものよ。』
19 ユダこれらのことばをはらざるうちに、てきいつたいやまよりあらはでたり。
20 かれら、おのれらぐんたいのがれて、ユダヤびとぢんえいけるをたり。かれらのたるけむりなにのなされしかをかたりたるなり。
21 かれこれらのことをたるとき、いたくおそれ、かのユダのぐんたいにてたゝかはんとそなるをたれば、
22 かれらはみなペリシテびとのがれたり。
23 ここにおいてユダぶんどりせんとてぢんえいかへり、おほくのきん〴〵あをぎぬむらさきころもおよおほいなるとみたり。
24 かれいへかへり、かんしやうたをうたい、てんむかひてさんびとなへたり。そはしゆのいつくしみはうるはしくして、とこしへにあればなり。
25 かくて、イスラエルはおほいなるすくひたり。

26 されどことくにびとらののがれたるものども、きたりてルシアにすべてのおこれることをげたり。
27 されどこれをけるとき、かれうちまどひ、かつきおちしたり。そはかれのイスラエルになさんとせしことらず、またわうかれになさめんとせしことらざりしゆゑなり。

28 あくるとし、ルシア、かれらほろぼさんとて六萬のほへいと五千のきへいとをあつめたり。
29 かれらイヅミヤにきたり、ベテスラにえいりしかば、ユダ一萬にんをもてかれらむかへたり。
30 ユダかれらぐんたいつよきをしかば、いのりていへり
むべきかな、イスラエルのすくひぬしよ、なんぢなんぢしもべダビデによりて、ちからあるものこうげきおさへ、ペリシテびとぐんをサウロのヨナタンとそのぶきをとるものわたたまへり。
31 ねがはくは、ぐんたいなんぢたみイスラエルのめ、かれらをそのたいぐんきへいとのゆゑぢしめたまへ。
32 かれらのこゝろよわくし、かれららのゆうきせしめ、そのほろびゆゑおのゝかしめたまへ。
33 ねがはくは、なんぢあいするひと〴〵つるぎをもてかれらをたふし、なんぢみなるすべてのものをして、かんしやをもてなんぢをたたえしめたまへ。』

34 かくてかれらたゝかひまじへしに、ルシアのぐんのうちより五千にんばかりのものたふれしかば、かれらそのうへめかかれり。
35 されどルシアおのぐんぜいのがはじめ、ユダとともなるものどもにゆうきおこり、くるにもまたぬるにも、たうとかくごしやうぜしをて、アンテオケにしりぞき、さらだいなるぐんたいひきゐて、ユダヤにいたらんがために、やとひしへいしあつめたり。

36 されどユダとそのきやうだいたちいひぬ『よ、われらのてきやぶれたり。いざわれせいじよきよめ、これをあらたほうけんせんがためにのぼかん。』
37 ここにおいてすべてのぐんたいともにあつまり、シオンのやまのぼけり。
38 かれらせいじよれたるままにて、さいだんけがされ、もんかれ、なかにはに、はやしなかごとく、やまうへごとく、くさむらしやうじ、またさいしへやこと〴〵たふされしをたり。
39 ここにおいかれらそのころもきて、おほいなるかなしみをなし、そのかしらはひかうむり、
40 そのかほにつけてし、あひづのラツパをならし、てんむかひてよばはれり。
41 そのときあるひと〴〵めいじてせいじよきよつくすまでしろものどもとたゝかはしめたり。

42 かくてかれおきてよろこぶ、むべきところなきさいしらをえらびしが、
43 かれらせいじよきよめ、けがれいしきよからざるばしよはこしぬ。
44 しかしてかれらけがされたるはんさいだんにつきて、いかにすべきかをはかりしに、
45 かれらこゝろによきおもひふ[う]かでたり。すなはかれらいはうじんこれをけがしたれば、おのれらにとりてそしりとならんことをおそれてこれをたふし、そのだんたふして、
46 いしみややまに、けいやくばしよかさね、これについてこたへあたふるよげんしやづるまでにいたることとせり。
47 かれらおきてしたがひてすべてのいしをとり、さきのもののかたしたがひてあたらしきだんきづけり。
48 かれらせいじよいへうちがはとをきづき、そのなかにはきよめたり。
49 またかれらせいきあらたつくり、しよくだいはんさいおよかうだんたくとを、みやうちたづさきたれり。
50 かれらかうだんうへき、しよくだいうへなるともしびをともし、みやうちてらしたり。
51 しかしてかれらパンをたくうへきておほひをかけ、そのなししすべてのわざをへたり。

52 かれらだいひやく四十八ねんだいぐわつすなはちキスリウのつきの二十五にちに、あさはやで、
53 おきてしたがひて、かれらつくりしはんさいだんうへに、いけにへをささげたり。
54 いはうじん等それをけがせるそののそのときに、かれらそれを、うたことふえねうはちとをもて、あらたさゝげたり。
55 すべてのたみそのかほにつけてをがみ、てんあふぎて、かれらによりせいこうあたたまひしものにさんびたてまつれり。
56 かれらさいだんほうけんれいを八あひだおこなひ、よろこびをもてはんさいをささげ、すくひさんびいけにへさゝげたり。
57 かれらきんかんむりちひさたてとをもてみやしやうめんかざり、もんさいしへやあらたにささげ、これにつくれり。
58 かくてたみあひだにいとおほいなるよろこびあり、かついはうじんそしりられたり。
59 ユダとそのきやうだいたち、およびイスラエルのぜんくわいしゆうは、このだんほうけんれいとしごとに、キスリウのつきの二十五にちより八あひだよろこびたのしみとをもてもよほさるべきことをめいじたり。
60 そのときかれらシオンのやままはりたかいしがきけんごなるやぐらとをきづけり。いはうじんがさきになせるごとく、きたりてかれらふみにじらんことをおそれたればなり。
61 しかしてかれこれをまもらんがためにぐんたいをそこにき、またこれをまもらんがためにベテスラをかためたり。これによりてたみ、イヅミヤにたいするとりでたり。