マカビー第一書 第十章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > マカビー第一書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十章[編集]

1 だいひゃくろくじふねんにアンテオコスの、アレキサンドル・エピパネスのぼきたりてトレマイをせんりゃうしけるが、ひとびとかれけたれば、かれそこにてをさめたり。
2 デメトリオわうこれをきき、いとおほいなるぐんたいあつめ、かれたたかはんとてきたれり。

3 デメトリオ、やはらぎことばをもて、ヨナタンにふみおくり、かれあがめんとせり。
4 デメトリオいひぬ『かれわれらたいしてアレキサンドルとわぼくをなすまへに、われらまづかれらわぼくをなすべきなり。
5 そはかれわれらがかれたいして、またかれきゃうだいたちとかれくにびととにたいしてをかししすべてのあくおぼゆべければなり。』
6 デメトリオかれに、おのどうめいしゃとならんがために、ぐんたいあつめ、ぶききふするけんあたへたり。しかしてかれ、じゃうさいにありしひとじちをヨナタンにわたすべきことをめいじたり。

7 ヨナタン、エルサレムにきたり、そのふみみて、すべてのたみと、じゃうさいにありしひとびととにかしめしに、
8 かれらわうがかれにぐんたいあつむるけんあたへしことをききしとき、いたくおそれたり。
9 しかしてじゃうさいひとびとヨナタンにひとじちわたしたれば、かれこれをそのおやたちにかへしたり。
10 ヨナタン、エルサレムにみ、まちてなほしはじめぬ。
11 かれはたらくものに、いしがききづき、シオンのやまふせぐために、しかくなるいしをそのまはりにめぐらすべきことをめいじければ、かれらこれをなせり。
12 ここにおいてバクキデスのてたるとりでにありしたこくにんのがれて、
13 おのおのそのところあとにし、おのくにけり。
14 かくてただベテスラに、おきていましめてたるひとびとあるもののこれるのみなりき。そこかれらにとりてのがればしょなりければなり。

15 アレキサンドルわう、デメトリオがヨナタンにおくりしすべてのやくそくけり。ひとびとかれに、ヨナタンとそのきゃうだいたちのなししいくさいさましきわざ、またかれらしのびしらうくにつきてかたりしかば
16 かれいへり『われらかくのごとひとほかみいだすべきや。われいまかれをわれらともとなし、どうめいしゃとなさん。』
17 かくてかれふみしるしてこれをヨナタンにおくり、これらことばをもていへり。

18 『アレキサンドルわうきゃうだいヨナタンのへいあんいのる。
19 われなんぢにつきて、なんぢいさましきつよひとにして、われらのともたるにふさはしきことをけり。
20 さればわれらなんぢててなんぢくにだいさいしとなし、わうともばれしめ(かれむらさきころもきんかんむりとをヨナタンにおくれり)、われらのわざにあづかり、われらいうじゃうたもたしめんとす。』

21 だいひゃくろくじふねんしちぐわつかりいほまつりびに、ヨナタンきよころもまとひて、ぐんたいあつめ、これにぶきゆたかきふしたり。

22 デメトリオこれらのことをききしかば、うれへていへり
23 『われらのなししことはなんぞや。アレキサンドルおのれつよめんがため、れらをさしおきて、ユダヤびとよしみつうぜしか。
24 われもかれらがわれとともにありてわれをたすけんがため、しゃうれいめいよおくりものとにつきて、かれらにおくらん。』
25 かくてかれこれらのことばかれらおくれり
『デメトリオわうユダヤこくみんへいあんいのる。
26 なんぢらは、われらむすびしなんぢらけいやくまもり、われらとのいうじゃうつづけ、われらてきよしみつうぜざることをきたれば、われらこれをよろこびとす。
27 さればなんぢなほわれらとのけいやくたもつづけよ。さらばわれらなんぢらに、われらたいしてなんぢらのなししことのへんれいとして、きものをむくい、
28 なんぢらにおほくのめんぢょあたへ、かつなんぢらおくりものをなさん。
29 さればわれいまなんぢらじいうあたへ、すべてのユダヤびとに、こうそえんぜんわうしつぜいとをめんぢょす。
30 またわがくべきたねさんぶんいちくわじつなかばを、こんにちよりいごめんぢょす。われこれをよりいごいつまでも、ユダのより、またサマリアおよびガリラヤのくによりくはへられたるみっつのせいふよりらざるべし。
31 エルサレムとそのさかひせいなれば、じふいちぜいこくぜいめんぢょせらるべし。
32 われまたエルサレムにあるじょうさいしはいするわがけんゐゆづりて、これをだいさいしあたふ。これかれがこれをまもるにふさはしきひとびとえらばんがためなり。
33 ユダのよりわがわうこくいかなるところへなりともとりことしてかれしユダヤびとは、われことごとむしゃうにてこれじいうあたへん。またすべてのものそのかちくぜいをもめんぢょせらるべし。
34 またすべてのさいじつあんそくにちしんげつさいさだめられたるさいじつまへみっかおよさいじちみっかはすべて、わがわうこくないにあるすべてのユダヤびとにとりて、めんぢょかいはうたるべし。
35 しかしてなんぴとかれらよりきゃうえうし、またなにごとにつきても、かれらなやまけんゐたざるべし。
36 またわうぐんたいに、およさんまんにんのユダヤびとへんにふせられ、すべてわうぐんたいぞくするもののごとく、はうしうあたへらるべし。
37 かれらのうちあるものどもは、わうおわいなるえうがいかるべき、またかれらあるものはわうこくぢうしょくにんぜらるべし。かれらをさむるもの、かれらつかさたちは、ユダのおいわうめいじたるごとおのれらおきてあゆむべし。
38 サマリヤのくによりユダヤにくはへられたるみっつのせいふはユダヤにがっせらるべし。これかれらだいさいしいぐわいけんゐしたがはざるやうひとつになされんがためなり。
39 トレマイおよびそのふきんにつきては、われこれをエルサレムにあるせいじょおくりものとしてあたへたり。
40 マリア、われりゃうどよりわうしつしうにふよりとしごとぎんいちまんせんシケルをあたふ。
41 やくにんが、さきのとしたいなふせしものをばいまよりのちことごとかみいへはたらきつべし。
42 このほかかれらとしごとせいじょひようとしてそのしうにふよりけしぎんせんシケルはほうしをなすさいしかかはるものなれば、これもまたかいぢょせらるべし。
43 たれにてもエルサレムにあるみやのがるるもの、またはそのけいだいるものは、わうたいしてきんぎんまたはなにものかをふともじいうなるべく、またかれらがわがこくないしょいうするものはことごとあんぜんなるべし。
44 しかしてせいじょこうじおよしうぜんにつきては、そのひようもまたわうしつしうにふよりきふせらるべし。
45 またエルサレムのいしがきけんざう、そのまはりぼうびにつきても、そのひようわうしつしうにふよりきふせらるべし。ユダヤにけるいしがきけんざうにつきてもまたしかりとす。』

46 ヨナタンとたみこれらことばきしとき、これをしんぜず、またこれをけざりき。そはかれらかれがイスラエルになししおほいなるあくと、かれがかれらはなはだしくくるしめしことをおぼゆればなり。

47 これにはんしてかれらはアレキサンドルをよろこべり。かれはかれらやはらぎことばかたりしはつひとなりしかば、かれらつねにかれとどうめいむすべり。
48 アレキサンドルわうたいぐんあつめ、デメトリオにたいしてたたかひいどみぬ。
49 しかしてふたりわうたたかひまじへしに、デメトリオのぐんたいのがれしかば、アレキサンドルこれをおひうちてかれらちぬ。
50 しかしてかれるまでげきせんつづけしかば、そのデメトリオつひたふれたり。

51 アレキサンドル、エジプトわうプトレミオにしょおくり、これらことばをもていへり
52 『われわがくにかへり、わがふそくらゐきてしゅけんにぎり、デメトリオをたふして、われらくにたり。
53 しかり、われかれとたたかひまじへしに、かれとかれのぐんたいわれらによりてやぶられ、われらかれのわうこくくらゐしぬ。
54 さればいまわれらたがひしんぜんをなさん。われになんぢむすめつまとしてあたへよ。さらばわれなんぢふしくわんけいむすび、なんぢなんぢむすめに、なんぢふさはしきおくりものをなさん。』
55 プトレミオわうこたへていひけるは『いかな、なんぢなんぢふそかへり、そのわうこくくらゐしし
56 われいまなんぢしるしたるごとなんぢになさん。されど、われらたがひあひまみえんがため、トレマイにてわれくわいせよ。さらば、われなんぢのいへるごとく、なんぢふしくわんけいむすばん。』
57 かくてプトレミオ、エジプトよりけり。かれとかれのむすめクレオパトラは、だいひゃくろくじふねんにトレマイにきたりぬ。
58 アレキサンドルわうかれひ、かれにそのむすめクレオパトラをあたへ、わうたちのならはししたがひ、トレマイには、はなやかにこんれいおこなへり。

59 そのときアレキサンドルわう、ヨナタンに、かれふためにきたるべきことおくれり。
60 ヨナタンゐぎととのへてトレマイにおもむき、ふたりわうひて、かれらかれらともに、きんぎんおほくのおくりものとをあたへ、かれらまへよろこびたり。
61 しかるにかれさからひて、イスラエルよりしきともがらすなはおきてをかすものどもあつまきたり、かれにつきてつぶやきしが、わうかれらかへりみざりき。
62 わうひとびとめいじて、ヨナタンにそのころもがせ、これにむらさきころもせしめたれば、かれらかくなしぬ。
63 わうヨナタンをかれともせしめ、おのきみたちにいへり『かれともまちまなかき、おほやけげて、なにびとかれさからひてつぶやくことなく、またいかなることにつきてもかれなやすことなからしむべし』と。
64 かれさからひてつぶやきしものども、おほやけげられしかれくわうえいむらさきころもたるかれれり。
65 わうかれくわうえいあたへ、そのおもなるともあひだかれにつきておくり、かれしゃうぐんとなし、いっしうほうはくとなせり。
66 かくてヨナタンはへいあんよろこびをもてエルサレムにかへりぬ。

67 しかるにだいひゃくろくじふねんに、デメトリオのなるデメトリオ、クレタをでてそのふそたちのきたれり。
68 アレキサンドルわうこれをききしかば、いたくうれへて、アンテオケにかへりぬ。
69 デメトリオは、ケレスリヤををさめしアポロニオをてしかば、かれたいぐんあつめて、ヤムニヤにえいり、だいさいしヨナタンにつかひおくりていへり

70 『なんぢのみわれらさからひておのれたかしとす。されどわれなんぢゆゑあざけののしらる。いかなればなんぢやまちにてわれらにさからひ、なんぢちからほこるや。
71 さればいまなんぢもし、なんぢちからたよらば、われらもとに、へいげんくだきたれ。そこにてわれらともにことけっせん。そはまちまちちからわれらともにあればなり。
72 われわれたすくるものたれなるかを、ひてれ。かれらいふ「なんぢらのあしわれらまへつをず、そはなんぢらのせんぞたちはふたたびかれらおいやぶれはしりたればなり」と。
73 さればいまなんぢへいげんおいてかかるきへいぐんぜいとにふることあたはざるべし。ここにはこいしいしもなく、のがるるところもなきなり。』

74 ヨナタン、アポロニオのことばくや、こころうごかされ、じふまんにんのものをひきゐてエルサレムよりでしが、そのきゃうだいシモンかれたすけんとてかれくわいせり。
75 かれヨッパにたいしてえいりしが、まちのものどもかれめたり。そはアポロニオ、ヨッパにゑいへいいうしたればなり。
76 かれらこれにたいしてたたかひまじへしかば、まちひとびとおそれて、かれのためにひらきたり。かくてヨナタンはヨッパのちゃうとなれり。
77 アポロニオこれをききしかば、さんぜんきへいたいたいぐんとをあつめ、たびするがごとくアゾトにで、そこよりひらのすすらんとせり。そはかれきへいたいぐんをもちて、これにたのみたればなり。
78 ヨナタン、アゾトにてかれひつき、ここにてりゃうぐんたたかひまじへたり。
79 アポロニオひそかかれらうしろせんにんきへいのこしたりしが、
80 ヨナタンはかれのうしろふくへいあるをれり。かれらヨナタンのぐんたいかこみ、あしたよりゆふべいたるまで、たみとうじたり。

81 されどひとびとヨナタンのめいぜしごとうごかざりしかば、つひてきうまつかれたり。
82 ここにおいてシモンそのぐんぜいすすめ、はうぢんをもてたたかひまじへぬ(きへいきたればなり)。しかしてかれらかれにりてられ、のがけり。
83 きへいひらのらされて、アゾトにのがれ、おのれらすくはんとして、かれらぐうざうみやなるベテ・ダゴンにりぬ。
84 しかしてヨナタンはアゾトとそのまはりまちまちき、かれらもちものうばへり。またダゴンのみやをも、そのなかのがりしものどもを、をもてきぬ。
85 かくてつるぎによりてたふれたるものと、かれたるものとは、およはっせんにんたっしたり。
86 ヨナタンそこよりすすみ、アケシロンにむかひてえいりしが、まちひとびとせいだいかれむかへんとてきたれり。
87 ヨナタンはかれかたはらにありしひとびとともに、おほくのぶんどりものをもて、エルサレムにかへれり。
88 アレキサンドルわうこれをききしかばますますヨナタンをあがめたり。
89 かれヨナタンにきんしめがねおくりしが、これはわうたちのけつぞくあたふるためもちひらるるものなり。しかしてかれヨナタンにエクロンとそのさかひしょりゃうとしてあたへたり。