マカビー第一書 第十四章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > マカビー第一書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十四章[編集]

1 だいひやくしちじふねんにデメトリオわうぐんたいあつめ、トルポンとたたかはんがためにたすけんとてメデヤにおもむきたり。
2 ペルシャおよびメデヤのわうアルサケ、デメトリオがかれくにざかひまできたりしことをき、これをいけどらんとてそのきみひとりつかはしたり。
3 しかしてかれきてデメトリオのぐんたいち、かれとらへてアルサケのもとにつれきたりしかば、アルサケこれをひとやとうじたり。

4 かくてくにはシモンのいっしゃうあひだやすらかなりき。かれそのくによきもとめ、かれけんゐくわうえいそのいっしゃうあひだひとびとよろこばれたり。
5 そのすべてのくわうえいうちにてかれはヨッパをりてみなととし、これをうみしまじまへのくわんもんとなせり。
6 かれまたそのこくきやうひろくし、くにもちものかたくせり。
7 しかしてかれとりこおびただしきかずあつめて、ガザラとベテスラとじゃうさいとをうばひ、そのけがれのぞきさりしが、なにびともこれをとどめざりき。
8 かれらへいわにそのたがやしたれば、そのしゅうくわくふやし、ひらのきぎはそのしぬ。
9 いたるひとびとちまたし、みなそのきものをもてともまじはり、わかひとびとくわうえいあるせんいまとへり。
10 シモンはまちまちりゃうしょくきょうきふし、あらゆるしゅるいぐんじゅひんかれらきょうきふせしかば、くわうえいあるかれはてにまでつたへらるるにいたれり。
11 かれへいわをもたらししかば、イスラエルおほいなるよろこびをもてよろこびぬ。
12 かれらおのおのそのぶだうのきいちぢくのきもとし、そこにはかれらおそれしむるなにものもなかりき。
13 にはかれらたいしてたたかひをなすものえ、わうたちはそのとき、みなやぶれたり。
14 かれくせられたるそのたみのすべてのものをつよめ、おきてさぐり、ふはふなるしきものことごとのぞきされり。
15 かれはまたせいじょあがめて、みやせいきくはへたり。

16 さてヨナタンのにしことロマに、またスパルタにまできこえしかば、かれらいたくこれをかなしめり。
17 されどかれかれきゃうだいシモンがかれかはりてだいさいしとなり、そのくにとそのまちまちとををさむることをくやいなや、
18 かれらがユダとヨナタンとにてたいうぎめいやくとを、あたらかれりかはさんとて、ふみしんちゅういたしるしてかれもとおくれり。
19 しかしてそれはエルサレムのくわいしゅうまへにてまれたり。
20 そのスパルタびとによりておくられしふみうつしはこれなり。『スパルタびとつかさたちおよまちは、だいさいしシモン、ちゃうらうさいしおよわれらきゃうだいなるユダヤこくみんへいあんいのる。
21 われらたみもとつかはされたるししやたちなんぢらくわうえいめいよとにつきてわれらはうこくせり。われらかれらきたれるをよろこび、
22 かれらによりてかたられしことどもを、かくのごとこうぶんしょしるせり。ユダヤびとたいしなるアンテオコスのヌメニオおよびヤソンのアンテパル、かれらわれらとのあひだにありしいうじゃうこうしんせんとて、われらもときたれり。
23 さればれいつくしてこれらひとびとをもてなし、かれらことばこうぶんしょしるして、スパルタのひとびとのためにおぼえがきとすること、たみよみするところとなれり。かつわれらこれらのことのうつしつくりてこれをだいさいしシモンにおくる。』

24 こののちシモン、ヌメニオにせんきんおもさあるきんおほたてたづさへしめて、ロマにつかはし、かれらめいやくかたうせんとせり。 25 されどたみこれらのことをきしときいひぬ『いかなるかんしゃをもて、われらシモンとそのとにむくいんや。
26 かれかれきゃうだいたち、およかれちちいへみづかつよくなり、たたかひをもてイスラエルのてきかれらあひだよりひはらひ、そのじいうかたうせり。』
27 かくてかれらこれをしんちゅういたしるし、シオンのやまにて、はしらうへかかげたり。これはそのしるししことうつしなり。
だいひゃくしちじふねんエルルのじふはちにちすなはだいさいしシモンのだいさんねんに、
28 サラメルにて、さいしたみたみきみたちとくにちゃうらうたちとのつどひおいて、かくわれらげられたり。
29 くにうちしばしばたたかひあるしにかかはらずヨアリブのこらなるマタテアのシモンとそのきゃうだいたちみづかいのちして、こくみんてきふせぎ、そのせいじょおきてとをかたたしめ、おほいなるくわうえいをもてそのこくみんあがめしめたり。
30 こののちヨナタンそのこくみんあつめて、かれらだいさいしとなり、そのたみくはへられたり。
31 かれらてきかれらくにまったほろぼして、そのかれらせいじょべんがため、かれらくにしんりゃくせんとくはだてたり。
32 そのときシモンちあがりてそのくにのためにたたかひ、おのざいさんだいぶぶんもちひてくにゆうしぶさうほどこし、これにほうしうあたへたり。
33 しかしてかれユダヤのまちまちとユダヤのこくみんなるベテスラとにばうびほどこせり。ベテスラはさきてきぶきのありしところにして、かれはここにユダヤびとしゅびへいけり。
34 またかいがんにあるヨッパと、さきにてきみたりしアゾトのさかひなるガザラをかため、ユダヤびとをそこにき、そのつくろひべんなるすべてのものをそなへたり。
35 たみはシモンのしんかうと、かれがそのくににもたらさんとせしくわうえいとをて、かれをそのしだうしゃとし、だいさいしとせり。これかれこれらのすべてのことをなし、そのくにのためにせいぎしんかうとをたもち、またあらゆるしゅだんつくしてそのくにたかめんとせしがゆゑなり。
36 しかしてかれときに、そのによりてものごとととのへられ。いはうじんくにそとおひだされたり。またダビデのまちにあり、エルサレムにありて、じゃうさいきづき、そこよりでてせいじょまはりけがし、そのきよきにたいしておほいなるそんがいあたへしものどももおひだされぬ。
37 シモン、ユダヤびとそこき、くにまちとのあんぜんのために、これにばうびほどこし、エルサレムのいしがきたかくせり。
38 デメトリオわうこれらのことによりて、かれだいさいししょくかくにんし、
39 かれをそのともひとりとなして、これにおほいなるめいよあたへたり。
40 そはかれ、ユダヤびとがロマびとによりてともどうめいしゃ、またきゃうだいばれしこと、およびロマびとれいつくしてシモンのつかひむかへしことをきたればなり。
41 しかしてユダヤびとさいしとはちゅうしんなるよげんしゃおこるまで、いつまでもシモンがかれらしだうしゃたり、だいさいしたるべきことをよろこべり。
42 かれらはまたかれかれらうへしゃうとしてせいじょかんりすべきこと、かれらかれらわざくにぶぐえうがいとをつかさどらしむべきこと、すなはかれせいじくわんりすべきことをほっしぬ。
43 またかれらは、かれがすべてのひとびとよりふくじゅうけ、こくちゆうのすべてのしょうしょかれによりてしるされ、かれむらさきころもこがねにつくべきことほっしたり。
44 たみあるひさいしうちいかなるひとにても、これらのことのひとつにてもないがしろにし、あるひかれかたことばこばみ、あるひかれぢょぐわいしてこくくわいせうしふし、あるひむらさきころもきんおびどめもちふるものはふはふみとめられん。
45 たれにてもこれにそむき、これらのことのひとつにてもなみするものはばつくべし。
46 すべてのたみはシモンがこれらことばしたがひててらるべきをしょうにんしたり。
47 シモンこれをけて、だいさいしたることと、ユダヤびとおよさいしたちのしゃうたり、ぼくはくたり、またすべてのもののしゅごしゃたるべきことにどういせり。』

48 かれらめいじて、しんちゅういたにこれをしるさしめ、これをせいじょさかひうちなるいちじるしきところかしめ、
49 かつシモンとかれがこれをたもんがために、くらなかにそのうつしかしめたり。