マカビー第一書 第十六章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > マカビー第一書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十六章[編集]

1 そのときヨハネ、ガザラよりのぼきたりて、そのちちシモンに、ケンデビオのししことどもをかたれり。
2 シモンとそのふたりちゃうらう、ユダとヨハネとをびてかれらにいひぬ『われとわがきゃうだいたちとわがふそいへとは、われらわかかりしときよりこんにちいたるまで、イスラエルのたたかひをたたかへり。かくてすべてのことわれらによりてかうてんし、われらしばしばイスラエルをすくいだしたり。
3 されどいまわれい、なんぢらしゅいつくしみによりてさうねんたっしたり。さればなんぢらわれとわがきゃうだいたちにかはりて、きてわがくにびとのためにたたかへ。しかしててんよりのたすけなんぢらとともにあらしむべし。』
4 かれくにうちよりいちまんせんにんぐんじんきへいとをえらびたれば、かれらケンデビオにむかき、モデインにてすごせり。
5 あしたおよびてかれらで、ひらのおもむきしに、よ、ほへいきへいとのたいぐんんれらをむかへたんとしてきたれり。りゃうぐんあひだをがはありき。
6 かれかれたみかれらにたいしてえいりしが、かれしに、たみをがはわたることをおそたれば、かれまづわたれり。ひとびとこれをかれつづきてわたれり。
7 かれたみわかちてきへいほへいちゅうあうきしが、てききへいはなはだしくおほかりき。
8 かれらせいなるラッパをならししに、ケンデビオとそのぐんたいやぶれて、おほくのものたふれ、のこれるものどもはじゃうさいのがれたり。
9 そのときヨハネのきゃうだいユダきずひしが、ヨハネかれらおひうちて、ケンデビオのきづきしケデロンにまでいたれり。
10 かれらアゾトのにあるやぐらのがりたれば、かれはなちてこれをきたり。そのときかれらのうちおよせんにんのものそこにたふれぬ。かくてユダはあんぜんにユダヤにかへれり。

11 そのときアブドのプトレミオ、エリコのひらのしゃうすゐにんぜられたり。かれおほくのきんぎんてり。
12 だいさいしやうしなりければなり。
13 かれ、そのこころおごりて、みづかくにしゅけんしゃとならんとほっし、シモンとそのらとにたいして、いつはりてはかりごとをめぐらし、かれらきものにせんとせり。
14 さてシモンはそのくにまちまちおとづれて、ちつじょただし、エリコにくだけり。かれとともにきしはそのマタテアとユダにして、ときだいひゃくしちじふしちねんだいじふいちぐわつすなはちセバテのつきなりき。
15 そこにてアブドのいつはりてかれらを、おのきづけるドクとばるるちいさきとりでけ、かれらのためにだいきゃうえんもよほし、へいしをそこにしのばせたり。
16 シモンとそのゑひのまはりしとき、プトレミオとそのしんかぶきをとりてちあがり、きゃうえんばしょにて、シモンをおそひ、かれとそのふたりらと、そのしもべらのあるものどもとをころせり。
17 かくてプトレミオはおほいなるふせいおこなひ、あくをもてあくむくいたり。
18 プトレミオはこれらのことをしるしてわうもとおくり、かれたすけんがためにぐんたいおくるべきことと、かれらくにまちまちとをかれわたすべきこととをげたり。
19 しかしてのち、ヨハネをとらころさんがためにほかひとびとをガザラにおくり、またせんそつちゃうきんぎんおよおくりものあたふべければかれもときたれとおくれり。
20 またエルサレムとみややませんりゃうせんがためにほかひとびとつかはせり。
21 そのときあるものさきにガザラにはしきて、ヨハネにかれちちきゃうだいたちのころされしことと、プトレミオがかれをもころさんとすることとをげたり。
22 ヨハネこれをききしときいたくおどろきしが、かれおのれほろぼさんとてきたれるひとびととらへて、これをころせり。そはかれそれらのひとびとかれころさんことをもとむるをりたればなり。

23 このほかのヨハネのおこないと、かれたたかひと、かれのなししいさましきわざと、かれきづきしいしがきけんちくと、かれおこなひしこととは、
24 よ、かれがそのちちかはりてだいさいしとなりしときより、かれだいさいししょくにっしうちしるさる。