マカビー第一書 第十二章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > マカビー第一書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十二章[編集]

1 ヨナタンときのよきをて、ひとびとえらび、これをロマにつかはして、さきにかれらかはしたるいうじゃうかたうし、またこれをあらたにせんとほっせり。
2 かれまたスパルタおよのもろもろのところに、おなじくふみおくれり。
3 かれらロマにいたり、げんらうゐんりていへり『だいさいしヨナタンおよびユダヤこくみんかれらのために、さきのけるがごというじゃうどうめいとをかたうせしめんとてわれらつかはせり』と。
4 しかしてロマびとかれらに、かくしょひとびとへのふみあたへて、あんぜんにユダのかへることをしめたり。
5 しかしてこれはヨナタンがスパルタびとおくりしふみうつしなり。

6 『だいさいしヨナタン、くにちゃうらうさいしおよのユダヤこくみんかれらきゃうだいスパルタびとへいあんいのる。
7 さきになんぢらををさめたりしダリヨスよりだいさいしオニヤにふみおくりて、なんぢらわれらきゃうだいなることをげしは、ここにしるさるるうつししめすがごとし。
8 オニヤはつかははされたるひとびとれいつくしてもてなし、どうめいいうじゃうとのせんげんしるされたるふみけたり。
9 われらは、われらなぐさはげますせいしょわれらてば、これらのもののなにをもえうせざれども、
10 なんぢらよりまったはなれざらんがため、なんぢらとのきゃうだいあいいうじゃうとをあらたにせんとてふみなんぢらおくることをこころみみたり。
11 そはなんぢらふみわれらおくりてよりながときたればなり。
12 さればわれらいかなるときにてもむることなく、われらさいじつに、またふさはしきに、われらのささぐるいけにへうちに、またわれらいのりうちに、なんぢらおぼゆ。そはわれらきゃうだいたちをおぼゆるはせいとうにしてなすべきことなればなり。
13 かつまたわれなんぢらくわうえいゆゑよろこぶ。
14 されどわれらのことにつきては、おほくのなやみおほくのたたかひわれらき、われらまはりわうたちは、われらさからひてたたかへり。
15 さればわれらこれらせんさうおいて、なんぢらわれらどうめいしゃおよともわづらはすことをほっせざりき。
16 そはわれらわれらたすくるためにてんよりきたれるたすけをもち、われらはわれらのてきよりすくはれて、われらてきひくくせられたればなり。
17 さればわれらアンテオコスのスタニオ、およびヤソンのアンテパテルをえらびて、ロマにつかはし、われらかれらとのあひだいうじゃうおよびさきのめいやくあらたにするためにわれらふみなんぢらわたさしめたり。
18 これにつきてなんぢら、われらにかへしぶみあたへなばさいはひなり。』

19 またかれらがオニヤにおくりしふみうつしつぎごとし。

20 『スパルタびとわうアリオス、だいさいしオニアのへいあんいのる。
21 きろくみいださるるところによれば、スパルタびととユダヤびととはきゃうだいにして、ともにアブラハムのすゑなり。
22 われらこれをりたれば、なんぢらおのへいあんにつきてわれらふみするはよし。
23 われらもまた、なんぢらかちくもちものとはわれらのものして、われらのものはなんぢらのものなることを、なんぢらにおくる。さればわれらかれらがかくのごとなんぢらはうこくせんことをめいず。』

24 ヨナタンは、デメトリオのきみたち、まへよりもおほいなるぐんぜいひきゐ、かれたたかはんとてかへきたれるをきしかば、
25 エルサレムよりかへり、ハマテのくににてかれらむかへたり。かれらおのくにひとあしだもらしめざらんためなり。
26 かれそのぢんえいかんじゃたちをつかはししに、かへきたりて、かれらにかくかくのしかたにてめかかるやうめいぜられたることをふくめいしたり。
27 されどるるやいなやヨナタンそのへいしらにめいじて、ぶさうしてもすがらのたたかひそなへしめ、かつぢんえいまはりせうへいけり。
28 てきのものどもヨナタンとかれへいしたたかひそなへをなししことをきしかば、こころうちおそおののき、ぢんえいをともしてれり。
29 されどヨナタンとそのへいしあさいたるまで、これをらざりき。そはかれらゆるひかりたればなり。
30 ヨナタンかれらひしがこれにひつかざりき。そはかれらエルテロスがはえてりたればなり。
31 ここにおいてヨナタンくびすをめぐらして、ザバデアびとばるるアラビヤびとむかひ、これをちて、そのもちものうばへり。
32 かれそこよりすすみてダマスコにきたり、ひろくにうちへめぐれり。
33 シモンはきて、そのたびぢをアシケロンと、これにちかとりでまですすめ、つひにヨッパにいたりてこれをせんりゃうしたり。
34 そはかれ、かれらがそのとりでをデメトリオのひとびとわたさんとおもりしことをきたればなり。さればかれしゅびへいきてこれをまもらしめぬ。

35 ヨナタンかへりて、たみちゃうらうらをあつめ、これとはかりて、ユダヤにとりでつくり、
36 エルサレムのいしがきたかくし、じゃうさいまちとのあひだつくやまつくり、まちじゃうさいとをへだわかちてこりつせしめ、うりかひすることをざらしめんとせり。
37 すなはかれらともあつまりてまちきづきしが、ひがしがはをがはいしがきりしかば、カペナタとばるるところつくろひたり。
38 シモンはまたひらのくににアデダをきづきて、これにばうびほどこし、もんくわんとをつくれり。

39 トルポンは、アジアををさめて、みづかわうくわんいただき、アンテオコスわうたいしてそのべんことをほっせり。
40 されどかれ、ヨナタンのかれにかくなさしめざるべきことと、かれたいしてたたかひいどまんことをおそれて、ヨナタンをほろぼさんがため、いかにもしてこれをとらへんとほっせり。かくてかれすすみてベテシャンにきたれり。
41 ここにおいてヨナタンせんばつせられたるよんせんにんへいひきゐて、かれむかへんとてで、ベテシャンにきたりぬ。
42 トルポンかれたいぐんひききたれるをしかば、かれぶることをおそれ、
43 れいつくしてかれけ、これをそのすべてのせんいうすゐせんし、おくりものあたへ、かつそのぐんたいおのれたいするがごとかれふくじゅうすべきことをめいじたり。
44 かくてかれヨナタンにいひぬ『われあひだなにたたかひのなきに、なにゆゑなんぢかれらのすべてのたみなやますか。
45 さればいまへいしをそのいへかへらしめ、なんぢみづからのために、なんぢともにあるべきわづかものえらびて、われともにトレマイにきたれ。さらばわれこれをなんぢあたへ、かつほかとりでほかぐんたいとすべてのやくにんとをなんぢあたへん。しかしてわれはかへるべし。わがきたれるはこのためなればなり。』
46 ヨナタンはかれしんじて、そのいへるごとくになし、そのぐんたいらしめたれば、かれらユダのかへきたれり。
47 されどかれさんぜんにんのものをおのれのためにのこせしが、そのうちせんにんをガリラヤにとどめ、いっせんにんともけり。
48 さてヨナタン、トレマイにるやいなや、トレマイのひとひどもかとざして、かれをかけ、かれともきたりしすべてのものをつるぎをもてころせり。
49 しかしてトルポン、ヨナタンのすべてのへいしほろぼさんとて、ぐんたいきへいとをガリラヤに、すなはちそのだいへいげんおくれり。
50 へいしヨナタンのとらへられてころされしことと、かれともりしものどものころされしこととをり、たがひはげましつつみっしふしてそのみちにすすみ、たたかひそなへたり。
51 しかるにかれらむかひしものども、かれらいのちけてたたかはんとするをしかば、ふたたかへきたれり。
52 かくてかれらみなあんぜんにユダのかへり、ヨナタンおよかれともにありしひとびとのためにふくせり。しかしてかれらいたくおそれ、ぜんイスラエルおほいなるかなしみをなせり。
53 しかるにかれらまはりなるすべてのいはうじんかれらまったほろぼさんことをもとめたり。かれらいひぬ『かれらしゅけんしゃをも、かれらたすくるものをももたざれば、いざわれらかれらたたかひひて、かれらきおくひとびとあひだよりらん。』