マカビー第一書 第十三章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > マカビー第一書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十三章[編集]

1 そのときシモン、トルポンがたいぐんひきゐてユダのきたり、これをまったほろぼさんとするをけり。
2 かれひとびとおののきておほいなる恐怖のうちにあるをしかば、エルサレムにのぼきてたみともあつめ、
3 かれらはげましていへり『なんぢらは、われとわがきゃうだいたちとわがちちいへとがおきてせいじょとにたいしてなししすべてのことと、われらのたるたたかひなやみとをる。
4 これによりてわがきゃうだいたちはみなイスラエルのためにに、ただわれのみのこれり。
5 さればわれ、いかなるなやみときにも、けっしてわがいのちをしむことをせじ。われはわがきゃうだいたちにまさらざればなり。
6 われわがくにびとのために、わがせいじょのために、またわがさいしのためにあだむくいん。そはすべてのいはうじんはなはだしきにくしみをもて、われらほろぼさんがためにつどへばなり。』
7 これらのことばきしときたみせいしんあたらしきいのちえあがれり。
8 かれらおほごゑこたへていひけるは『なんぢなんぢきゃうだいユダとヨナタンとにかはるわれらのしだうしゃなり。
9 なんぢわれらのためにたたかへ。なんぢわれらふことをばわれらことごとくなすべし』と。
10 かくてかれすべてのせんたういんあつめ、いそぎてエルサレムのいしがきつくろはしめ、そのまはりばうびほどこしたり。
11 しかしてかれアブサロムのヨナタンをたいぐんともにヨッパにつかはしければ、かれそこにりしものどもをいだして、そこにとどまれり。

12 トルポンはユダのらんとし、たいぐんひきゐてトレマイよりすすでしが、ヨナタンはとりことしてかれともにありき。
13 されどシモンはひらのかなたなるアデダにえいれり。
14 トルポンはシモンがそのきゃうだいヨナタンにかはりてち、かれたたかひまじへんとするをり、つかひかれもとつかはしていひけるは
15 『われらなんぢきゃうだいヨナタンをとらへたるは、かれがそのつとめゆゑわうきんこをさむべききんせんのためなり。
16 さればいまぎんひゃくこタラントとひとじちのためにかれふたりとをおくれ。こはかれかいはうせらるるときわれらそむかざらんがためなり。』
17 シモンはかれらかれたいしていつはかたるをれり。されどかれたみおほいなるにくしみはんことをおそれて、かねとをかれらおくれり。
18 すなはかれかねとをおくらざりしゆゑにヨナタンねりとかれらはんことをおそれたるなり。
19 かくてかれかねとをおくれり。しかるにトルポンかれあざむき、ヨナタンをかいはうせざりき。
20 こののちトルポン、くにしんりゃくしてこれをほろぼさんとてきたり、アドラにつうずるみちのほとりまですすめり。しかしてシモンとそのぐんたいとは、かれところには、いかなるところまでもすすでぬ。
21 さてじゃうさいりしものどもトルポンのもとつかひつかはし、あらのぎてかれらもときたり、かれらりゃうしょくおくれとせきたててたり。
22 ここにおいてトルポンそのすべてのきへいそなへしが、そのおほゆきりければ、かれそのゆきゆゑきたらざりき。しかしてかれすすみてギレアデのきたれり。
23 されどかれバスカバにちかづけるとき、ヨナタンをころしてかれそこはうむれり。
24 かくてトルポンめぐらしておのくにけり。

25 ここにおいてシモンつかひつかはして、そのきゃうだいヨナタンのほねり、これをそのふそまちモデインにはうむりぬ。
26 しかしてぜんイスラエルかれのためにおほいなるかなしみをなし、おほくのあひだふくしたり。
27 シモンそのちちきゃうだいたちのはかて、そのうしろまへとをみがきたるいしもてつくり、これをたかえしめたり。
28 かくてかれ、そのちちのため、そのははのため、またそのよにんきゃうだいたちのために、ななつのピラミッドつくり、これをおのおのあひたいせしめたり。
29 しかしてこれらたいしてかれたくみなるくふうをめぐらし、そのまはりおほいなるはしらゑて、そのうへとこしへきねんとしてあらゆるしゅるいぶぐそろへ、かつそれらぶぐほかりたるふねきて、かいじゃうかうするひとびとこれらのものをるやうにせり。
30 これはかれがモデインにつくりたるはかにして、こんにちいたるまでそこにあり。

31 さてトルポンわかわうアンテオコスをあざむきてかれころし、
32 かれかはりてみづかわうとなり、アジアのわうくわんいただきて、おほいなるわざはひくにうへにもたらせり。
33 シモンはユダヤのとりできづき、たかやぐらおほいなるいしがきもんくわんとをもてそのまはりをめぐらし、とりでうちりゃうしょくたくはへたり。
34 かくてシモン、ひとびとえらびてこれをデメトリオわうつかはし、くにめんぜいにせんことをへり。トルポンのなししことはすべてりゃくだつのためなりければなり。
35 デメトリオわうこれらことばたいしてかれもとつかひつかはし、かれこたへてつぎごとふみおくれり。

36 『デメトリオわうだいさいしにしてわうたちのともなるシモンとユダヤのちゃうらうおよこくみんへいあんいのる。
37 われらなんぢらおくりしきんくわんしゅろえだとをけたり。われらなんぢらおほいなるやはらぎをなし、われらやくにんたちにおくりて、なんぢらめんぜいきょかせんとす。
38 われらなんぢらかくげんすることはすべてかくりつせられん。なんぢらきづきしえうがいなんぢらのものたるべし。
39 こんにちまでをかされたるしっさくあやまちとはわれらこれをゆるさん。もしエルサレムにおいちょうしゅうせられたるほかぜいあらば、もはやこれをちょうしゅうせしめざるべし。
40 しかしてもし、なんぢらうちわれらきゅうていにふせきするにふさはそしきものあらばこれをにふせきせしめ、われらあひだわぼくをなさしむべし。』

41 だいひゃくしちじふねんいはうじんくびきイスラエルよりとりのぞかれたり。
42 かくてたみら、ユダヤびとたいしゃうにしてしきしゃなるだいさいしちゃうシモンのだいいちねんに、かれらしょうしょおよけいやくしょきにふはじめたり。

43 そのころシモン、ガザラにたいしてえいり、ぐんたいをもてこれをかこみ、こうじゃうきつくりてまちたづさきたり、やぐらちてこれをれり。
44 しかしてそのこうじゃうきうちにありしものどもまちうちおどりしかば、まちうちおほいなるときこゑおこれり。
45 しかしてまちひとびところもき、そのさいしともいしがきおもむき、おほごゑさけびて、シモンにそのみぎかれらあたへんことをへり。
46 かれらいふ『われらよわきにしたがひてわれらをあしらわず、なんぢじひしたがひてあしらえ。』
47 かくてシモンかれらわぼくし、かれらたたかはざりき。シモンかれらまちそといだし、ぐうざうのありしいへいへきよめて、うたうたい、かつさんびしつつまちれり。
48 かれすべてのけがれまちうちよりのぞきさり、おきてしたがひとびとそこきて、これをまへにありしよりもさらつよきものとなし、そこにおのれためすまひつくれり。

49 されどエルサレムのじゃうさいひとびとそとづることとほかばしょくこととうりかひすることとをさまたげられたれば、はなはだしくゑ、かれらのうちおほくのひとびとうゑのためににたり。
50 かれらシモンによばはりて、そのみぎかれらあたへんことをもとめたればこれをあたへぬ。しかしてかれかれらそこよりいだし、じゃうさいをそのけがれよりきよめたり。
51 かくてかれだいひゃくしちじふいちねんぐわつじふさんにちに、さんびしゅろえだとをもて、ことをもて、ねうはちをもて、こきゅうをもて、せいかをもて、またをもてこれにれり。そはおほいなるてきイスラエルのうちよりほろぼされたればなり。
52 しかしてかれとしごとよろこびをもてまもるべきことをめいじたり。じゃうさいかたはらにありしかみみやをかをば、まへよりもこれをつよくし、かれとそのともがらそこにめり。
53 シモン、そのヨハネのいさましきひとなるをかれぜんぐんしきしゃとなせり。ヨハネはガザラにみぬ。