マカビー第一書 第十一章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > マカビー第一書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第十一章[編集]

1 エジプトのわうはままさごごとたいぐんおほくのぐんかんとをあつめ、いつはりをもてみづからアレキサンドルのくにしゅけんうばひ、これをおのれくにくはへんことをもとめたり。
2 かれやはらぎことばをもてスリヤにいたりしかば、まちまちひとびとかれのためにもんひらきて、これをむかへたり。そはかれはそのしうとなりければ、アレキサンドルわうかれらに、これをむかふべきことをめいじたるなり。
3 さてかれトレマイのまちまちりしときおのおのまちに、しゅびたいとしてそのぐんたいたむろせしめたり。
4 されどかれアゾトにちかづきしときひとびとかれに、にてかれたるダゴンのみやと、らされたるアゾトおよびそのまはりと、そとてられししかばねと、せんさうにてかれたるものどもをしめしたり。そはそれらのものかれみちかさねたればなり。
5 ひとびとヨナタンをめんとて、かれなにをなししかを、わうげしに、わうはそのくちつぐみたり。
6 ヨナタン、ヨッパにてせいだいわうむかへ、かれらたがひあいさつして、ともにそこねむれり。
7 ヨナタン、わうともにエルテロとばるるかはまできたり、しかしてエルサレムにかへれり。
8 されどプトレミオわううみへるセルキヤにいたるまで、うみべまちまちしゅけんにぎり、アレキサンドルについて、しきはかりごとをめぐらせり。
9 かれデメトリオにつかひつかはして、いひけるは『きたれ、われらたがひけいやくをなさん。さらばわれなんぢに、アレキサンドルのものとせしわがむすめあたへん。しかしてなんぢなんぢちちくにをさむべし。
10 われ、わがむすめをアレキサンドルにあたへしことをゆ。そはかれわれをころさんとはかればなり。』
11 かれ、かくアレキサンドルをそしれり。そはかれ、そのわうこくむさぼたればなり。
12 しかしてかれおのむすめをアレキサンドルよりうばひて、これをデメトリオにあたへしかば、ふたりあひだへだたりて、あらはにてきいをもつにいたれり。
13 プトレミオ、アンテオケにりて、みづからアジアのわうくわんいただき、ふたつのわうくわんすなはちエジプトのわうくわんとアジアのわうくわんとを、そのかしらいただけり。
14 アレキサンドルわうは、そのときキリキヤにありき。そのちはうひとびとそむたればなり。
15 しかしてアレキサンドル、プトレミオのなせしことをきき、かれたたかひまじへんとてきたりしかば、プトレミオすすで、たいぐんをもてかれむかち、これをくわいさうせしめたり。
16 かくてアレキサンドルはアラビヤにのがれ、そこにかくさんとせしが、プトレミオわうたかめられたり。
17 さればアラビヤびと、ザブデエル、アレキサンドルのくびをとりて、これをプトレミオにおくれり。
18 しかるにプトレミオわうみっかのちに、かれとりでにありしあるものどもは、そのとりでにありしほかものどもによりてころされたり。
19 しかしてだいひゃくろくじふしちねんにデメトリオ、わうゐけり。

20 そのころヨナタン、ユダヤのひとびとあつめて、エルサレムにあるじゃうさいうばはんとし、おほくのこうじゃうきつくれり。
21 おのくにびとにくみしあるものども、すなはおきてをかせしものどもわうもといたり、かれにヨナタンがじゃうさいかこみむることをげたり。
22 わうこれをききていかりぬ。されどこれをききしときただちでてトレマイにきたり、ヨナタンに、これをかみむべからざることと、トレマイにいそきたりてかれひ、かれかたるべきこととをおくれり。
23 されどヨナタンこれをききしときなほかみむることをめいきて、イスラエルのちゃうらうおよさいしあるものをえらび、みづかきけんをかして、
24 きんぎんいふくおよくさぐさおくりものたづさへ、わうはんとしてトレマイにおもむきぬ。しかしてかれわうまへめぐみたり。
25 そのときたみのうちのあるふはふなるものども、ヨナタンにさからひてつぶやきぬ。
26 されどわうかれたいしてそのせんぱいのなししがごとくなし、かれをそのともまへたかめ、
27 だいさいししょくと、さきにかれのもちしすべてのめいよとをかたうし、そのおもなるともあひだかれあがめたり。
28 ヨナタンはに、ユダヤとさんしうおよびサマリヤのくにこうふめんぢょせられんことをもとめ、かれさんびゃくタラントををさむべきことをやくそくしたり。
29 わうはこれをゆるし、すべてこれらのことにつきて、つぎごとふみおくれり。

30 『デメトリオわうきゃうだいヨナタンおよびユダヤこくみんへいあんいのる。
31 われらなんぢらにつきて、われらしんぞくラステネにおくりしふみうつしを、なんぢらもんがために、なんぢらにおくる。
32 デメトリオわうちちラステネのへいあんいのる。
33 われら、われらのともなるユダヤびとわれらしめししかういゆゑに、かれらくにぜんをなし、われらにとりてただしきことまもることをけっしんせり。
34 さればわれらかれらは、ユダヤのおよびさきにサマリヤのくによりくはへられしアペレマ、ルダ、ラマタイムのさんちはうと、かれらくわんけいあるすべてのものをかたほしょうせり。これエルサレムにていけにへをささぐるすべてのひとびとのためにして、かれらは、わうがさきにとしごとに、かれらよりけしなりいでものくだものとををさむるをえうせざるなり。
35 いまよりのちわれらかかはほかのことにつきては、すなはわれらかかはじふいちぜいこくぜい、またわれらかかはえんぜいわうしつぜいとにつきては、われらこれをすべてかれらあたへん。
36 しかしてこれらのもののひとつだに、いまよりとこしへむかうとせられざるべし。
37 さればいまこころもちひてふみうつしつくり、これをヨナタンにあたへて、せいなるやまうへにて、てきたうなるいちじるしきところかかげしむべし。』

38 デメトリオわう、そのくにかれのまへおだやかなることと、かれてむかふものなきこととをて、いはうじんしまじまよりおこもちひしへいしほかは、そのすべてのへいしおのおのおのくにかへらしめたり。しかるにかれふそたちのぐんたいみなかれにくみぬ。
39 さて、さきにアレキサンドルにぞくせしひとびとうちひとりなるトルポンは、すべてのぐんたいのデメトリオにつきてつぶやくをて、アレキサンドルのわかアンテオコスをやういくせしアラビヤびとエマルクのもといたり、
40 ちちかはりてわうとならしむればかれわたせとせまれり。しかしてかれ、デメトリオのなししことと、そのぐんたいがデメトリオをにくみしそのにくしみとをエマルクにげ、おほくのあひだここにとどまれり。

41 さてヨナタン、デメトリオわうつかひつかはして、じゃうさいひとびとおよとりでひとびとえずイスラエルにさからひてたたかふがゆゑに、これをエルサレムよりいださんことをもとめたり。
42 デメトリオつかひをヨナタンにおくり、これにこたへていひけるは『われただなんぢなんぢくにのためにこれをなすのみならず、もしわれよきをりみいださば、なんぢなんぢくにおほいあがむべし。
43 さればいまなんぢもしわがためにたたかひとびとをわがもとつかはさば、なんぢはよきことをなすなり。そはわがぐんたいみなそむけばなり。』
44 ここにおいてヨナタンさんぜんにんゆうしたちをアンテオケにつかはせり。かれらわうもといたりしかば、わうこれをよろこべり。
45 そのときまちひとびとまちまなかともあつまりて、そのかずじふまんにんたっせしが、かれらわうころさんとほっせり。
46 わうきゅうでんなかにはのがれ、まちひとびとまちつうろせんりゃうして、たたかひはじめぬ。
47 しかしてわうユダヤびとびておのれたすけしめしかば、かれらただちにともあつまりて、おのおのまちうちき、そのうちに、じふまんにんたっするほどのものをころせり。
48 しかしてかれらそのまちはなちて、おほくのぶんどりもの、かつわうすくいだせり。
49 まちのものども、ユダヤびとのそのほっするごとくにまちしゅけんにぎれるをて、そのこころいたくよわり、わうたんぐわんして、いひけるは
50 『われらなんぢみぎあたへて、やはらぎをなせ。しかしてユダヤびとわれらとわれらのまちたいするたたかひめしめよ。』
51 かれらそのぶきいだしてやはらぎをなし、ユダヤびとわうまへに、またそのわうこくにありしすべてのひとびとまへあがめられ、ほおくのぶんどりものをもてエルサレムにかへれり。
52 デメトリオわうはそのくにわうゐにつき、かれまへおだやかなりき。
53 されどかれかたりしところはすべていつはりにして、みづからヨナタンよりとほざかり、ヨナタンがおのれあたへしえきしたがひてかれむくいず、はなはだしくかれなやまませり。

54 さてのちトルポン、せうねんアンテオコスとともにかへり、アンテオコスしゅけんにぎりてわうくわんいただきぬ。
55 しかしてさきにデメトリオのはづかしめてらしめしすべてのぐんたいかれもとあつまり、デメトリオにさからひてたたかひしかば、デメトリオやぶれはしりぬ。
56 トルポンざううばひて、アンテオケをせんりゃうせり。
57 しかるにわかきアンテオコス、ヨナタンにふみおくりていひけるは『われなんぢだいさいししょくかたうし、なんぢししうをさめしめ、なんぢわうともひとりとなす。』
58 しかしてかれヨナタンに、きんうつはものしょくきとをあたへ、きんぱいにてみ、むらさきころもきんしめがねもちふることをゆるしたり。
59 またヨナタンのきゃうだいシモンを、ツロのかいていよりエジプトのさかひいたるまでのしゃうぐんとなせり。
60 ここにおいてヨナタンでてかはむかういたり、まちまちへめぐれり。しかしてスリヤのすべてのぐんたいかれもとあつまりて、かれどうめいしゃとなれり。かれアシケロンにきたりしに、まちひとびとれいつくしてかれむかへぬ。
61 しかるにそこよりガザにいたりしときまちひとびとかれもんとざしければ、かれこれをかこみ、はなちてまちまはりき、りゃくだつおこなへり。
62 しかしてガザのひとびとヨナタンにひしかば、かれそのみぎかれらあたへ、そのきみたちのらをひとじちとして、エルサレムにおくり、かれはそのくにとほりてダマスコまでいたれり。

63 そのときヨナタン、デメトリオのきみたちが、かれをそのしょくよりしりぞけんがために、たいぐんひきゐてガリラヤのケデシにきたりしことをきしかば、
64 これをたんとてでしが、そのきゃうだいシモンをばくにのこせり。
65 シモンはベテスラにたいしてえいり、おほくのあひだこれとたたかひ、これをふうさしたり。
66 かれらかれにそのみぎあたへんことをもとめたればこれをあたへ、かれらをそこよりいだして、まちせんりゃうし、しゅびたいをそこにけり。
67 ヨナタンとそのぐんたいゲネサレのみづのほとりにえいり、あさはやくハヅルのひらのでたり。
68 しかしてよ、ことくにびとぐんたいやまふくへいきて、ひらのかれむかへ、かれあひせっしてたいしぬ。
69 しかるにまちぶせりしものどもそのところよりあがりていくさくははりしかば、ヨナタンのかたはらりしものことごとのがれ、
70 ぐんたいしゃうなるアブサロムの、マタテヤとカルピのユダのほかひとりのこらざりき。
71 ここにおいてヨナタンそのころもき、かしらつちかうむりていのりぬ。
72 しかしてかれふたたかれらたたかひてこれをやぶりしかば、かれらのがれたり。
73 かれかたはらよりのがれしものどもこれをて、かれもとかへり、かれとともにてきひてケデシなるそのぢんえいまでいたり、そこにてこれをかこみたり。
74 そのことくにびとたふれしものおよさんぜんにんなりき。かくてヨナタンはエルサレムにかへれり。