マカビー第一書 第六章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > マカビー第一書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第六章[編集]

1 そのころアンテオコスわうやまちくに〴〵たびけるが、ペルシヤのエルマイにきん〴〵ゆたかなる、だたるめるまちあることをけり。
2 そのところにあるみやはなはだしくみ、さきにギリシヤびとをさめたりしマケドニヤわうピリポのアレキサンドルがのこせるきんたてむなあておよぶきざうせりといはる。
3 かれきたりてまちせんりやうし、これをうばはんとせしが、そのことまちひとびときこえければ、あたはざりき。
4 まちひと〴〵ちてかれにたゝかひいどみしかば、かれのがれ、こゝろたのしまずしてそこよりバビロンにかへれり。

5 ときしもかれもとに、ペルシヤへのはうこくをもたらしきたれるものあり。いはく、ユダのおもむきしぐんぜいはいそうし、
6 ルシアははじめ、つよぐんぜいひきゐてすゝみしが、ユダヤびとまへやぶれ、ユダヤびとぶきぐんぜいおよびそのやぶりたるぐんたいよりうばりしやまなすぶんどりものゆゑつよくなり、
7 エルサレムにありしだんうへに、かつかれつくりしあらにくむべきものをばかれらおろし、もとごとせいじよまはりかれまちベテスラとに、たかいしがきをめぐらせりと。
8 わうこれらのことをきしときおどろきていたくうごかされ、とこうへよこたはりて、かなしみのためにやまひたり。そはことかれののぞみしごとらざりしゆゑなり。
9 おほいなるかなしみあらたかれのぞみしかば、かれおほくのあひだそこにありて、ぬるためにそなへをなせり。
10 すなはちかれ、おのがすべてのともしよせていひぬ『ねむりわがり、わがこゝろおもひわづらひのためによわれり。
11 われわがこゝろにいへり「いかなるなやみにわれきたりしぞ、いまわがおちいりしは、いかにおほいなるこうずゐぞ、われはわがちからによりてめぐまれ、かつあいせられたりき」と。
12 されどわれいまおもづ、かつてわがエルサレムになししあくを、ひとつかはしてそこよりきん〴〵うつわものいだし、いはれなくユダのたみらをほろぼさしめしことを。
13 このゆゑにわれ、これらわざはひわがうへきたりしをみとむ。よ、われはおほいなるかなしみによりてとつくににてぬるなり。』
14 かれそのともひとりなるピリポをして、そのくにぜんたいをさめしめ、
15 かれにそのかむんりころもいんしやうとをあたへたり。これそのアンテオコスのやういくかれたくして、これをわうとなさんがためなり。
16 かくてアンテオコスわうだい百四十九ねんにそこにねり。
17 ルシア、わうり、わかときやういくきたれるそのアンテオコスをくらゐかしめ、そのをユパトルとびぬ。

18 さてじやうさいにありしものども、イスラエルびとらをせいじよまはりめて、つねかれらくるしめ、いはうじんつようせんことをもとめたり。
19 ユダかれらほろぼさんとほつし、かれらかこめんがために、すべてのたみあつめぬ。
20 かれらともにあつまりて、だい百五十ねんかれらはうゐし、とうしやだいこうじやうきとをつくれり。
21 しかるにはうゐせられしものどものうちあるものきたりしに、イスラエルのうちなるかみしんぜざるひと〴〵あるもの、かれらくははりぬ。
22 かれらわうもときていへり『いつまでなんぢは、さばきおこなひてわれらのきやうだいあだむくたまはざるか。
23 われらはよろこびてなんぢちゝつお[か]へ、かれことばあゆみ、かれいましめしたがへり。
24 このゆゑたみじやうさいかこみて、われらよりはなされたり。しかるにわれらのおほくのものをば、かれらごところして、われらのもちものかすれり。
25 しかしてかれらただわれらにむかひてのみならず、そのくにざかひすべてのものむかひて、そのひろげたり。
26 よ、かれらけふエルサレムのじやうさいたいしてえいり、これをらんとす。しかしてかれらすでせいじよとベテスラとをかためたり。
27 なんぢもしすみやかかれらむかはずば、かれらはこれよりもおほいなることをなして、なんぢつひかれらおさふるあたはざるにいたらん。』

28 わうこれをききしときいかりて、すべてのかれともかれぐんぜいしやうたち、またうまつかさどるものどもをともあつめたり。
29 そのうちにはくに〴〵より、うみしま〴〵より、かれもときたれるやとひへいそつむれもありき。
30 そのぐんたいかずは、ほへい十萬、きへい二萬、たゝかひらされしざう三十二とうなりき。
31 しかしてかれらイヅミヤをすゝみ、ベタスラにたいしてえいり、おほくのあひだこれとたゝかひ、またたゝかひきかいつくれり。ベタスラのひと〴〵きたり、はなちてかれらき、いさましくたゝかへり。
32 ユダ、しろよりすゝで、わうぢんえいたいして、ベテザカリヤにえいりぬ。
33 わうあさはやで、ぜんそくりよくもてそのぐんたいをベテザカリアのみちすゝめしかば、そのぐんたいたゝかひそなへをなして、ラツパをらせり。
34 しかしてかれらざうたゝかひそなへんがために、これにぶだうくはしめせり。
35 またかれらそれらざうれつとゝのへ、ざうざうあひだに、くさりかたびらまとひ、しんちゆうかぶとかしらにいただける一千にんへいそつはいし、おの〳〵ざうに五百にんえりぬききへいそなへたり。
36 これらのものはざうりしところにあらかじめそなへられしにて、ざうところにはかれらともきてざうよりはなれざりき。
37 おほひをなせるつよやぐら、おのおののざううへかれしが、それはたくみなるくふうをもてざうむすけられ、そのうへにこれをぎよするインドじんほかに、いくさをなす三十二にんいさましきひと〴〵れり。
38 きへいのこりしものをば、かれらぐんたいこなたかなたとの二かしよきて、てきおそれおこさしめ、はうぢんによりてこれをまもらしめたり。
39 さてひかりきんしんちゆうたてうへかゞやきしときやま〳〵りはえて、たいまつゆるがごとくなりき。
40 しかしてわうぐんたいの一たかやま〳〵うへに、またあるものはひくうへひろがり、たしかにしてみだれざるあゆみにてすゝみぬ。
41 そのぐんぜいひゞきぐんぜいかうしんぶきおととをききしものはみなふるおのゝきぬ。そはそのぐんたいはなはだしくおほいにしてつよかりければなり。
42 ユダとそのぐんたいこれにちかづきてたゝかひしに、わうぐんたいのもの六百にんたふれたり。
43 アバランとばれたるエレアザル、わうむなあてをもてよそほはれたるいつとうざうしが、それはのすべてのざうよりもたかく、わうそのうへにあるがごとえたり。
44 ここにおいかれ、そのたみすくいだしてとこしへんがためにおのれあたへ、
45 いさましくはうぢんたゞなかすゝりて、これにはしり、みぎひだりたふししかば、かれらこなたかなたはなれたり。
46 かれざうしたりて、したよりこれをさしころししかば、ざうに、かれのうへたふれ、かれつひにそこにてねり。
47 しかしてユダヤびとわうこくちからと、ぐんたいはげしきこうげきとをしかば、そこをれり。

48 されどわうぐんぜいかれらめんとてエルサレムにのぼき、わうはユダヤにむかひ、シオンのやまむかひてえいれり。
49 しかしてかれベテスラのひと〴〵わぼくせり。これかれらはうゐふべきしよくもつなかりしゆゑまちよりきたりたればなり。それはにとりてあんそくとしなりき。
50 わうベテスラをせんりやうして、これをまもらしむるため、そこにゑいへいけり。
51 かれおほくのあひだせいじよたいしてえいり、とうしやだいきづきて、こうじやうきいしとをぐるきかいなげやりとうしやきおよいしなげきなどをそなへたり。
52 しかるにユダヤびともまた、かれらきかいたいするきかいつくりておほくのあひだたゝかへり。
53 されどせいじよにはりやうしよくきはてたり。それはしちねんめにして、いはうじんうちよりあんぜんのためにユダヤにのがきたりしひと〴〵みなたくはへられしものののこりくらひたればなり。
54 せいじよにはすこしのもののこされしのみなりき。ひと〴〵うえせまられておのお〳〵おのところけり。

55 そのころルシアきけるは、アンテオコスわうなほりしときわうゐがしめんとてそのアンテオコスのやういくたくせるピリポ、
56 わうともにありしぐんたいひきゐてペルシヤとメデヤよりかへり、みづかこくせいうばはんとしつつありと。
57 ここにおいかれいそぎらんとし、わうぐんぜいしやうすゐらとひと〴〵にいへり『われらごとよわくなり。われらのしよくもつとぼしく、われらのえいれるところつよく、かつわうこくのことどもわれらのうへにかかりきたる。
58 さればいまわれこれらひと〴〵みぎあたへて、かれらおよびすべてかれらくにびとわぼくをなし、
59 かれらけいやくむすびて、さきのごとかれらを、そのおきてしたがひてあゆましめん。かれらわれらのほろぼししかれらおきてゆゑいかりて、これらのすべてのことをなせるなり。』
60 しかしてことばわうきみたちとに、よしとえければ、かれつかひつかはしてかれらかうわもとめしに、かれらこれをれたり。
61 かくてわうきみたちかれらちかひければ、かれとりでよりきたれり。
62 しかるにわうシオンのやまり、そのところえうがいてそのちかひしちかひないがしろにし、まはりいしがきたふすべきめいくだせり。
63 かくかれいそぎりてアンテオケにかへり、ピリポがまちをさとなりるをみいだし、かれたゝかひ、ちからをもてまちうばへり。