マカビー第一書 第八章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > マカビー第一書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第八章[編集]

1 ユダ、ロマびとめいせいけり。かれらいさましきたみにして、みづかかれらめいくはるるものよろこけ、かれらもときたるすべてのものしんわをなす、
2 かれらいさましきたみなりと。ひと〴〵かれげしはこれなり。ロマびとはガラタびとあひだせんさうゑんせいをなし、これをやぶりて、みつぎれしめ、
3 イスパニヤのおいては、そこにありしきん〴〵くわうざんにせんがために、もろもろのことをなし、
4 かれらはかりごとにんたいとによりてすべてのばしよせいふくし(それらのばしよかれらよりはなはだしくとほかりき)、かれらさからひてはてよりきたりしわうたちをちてこれをやぶり、またくに〴〵に、としごとみつぎかれらをさめしめたり。
5 またキテムのわうピリポとペルセス、およともにロマびとさからひてへいげしものどもを、かれらたゝかひやぶりてこれをふくせしめたり。
6 アジアのだいわうアンテオコスもまたかれらたいして、百二十のぞううまへいしやはなはだしきたいぐんとをひきゐてたゝかひしが、かれらのためにやぶられたり。
7 かれらかれをいけどりにし、かれかれあとぐものも、かれらおほいなるみつぎをさめ、ひとじちおよび一くくわくとちあたふべきことをこれにめいじたり。
8 すなはちそのとちはインドのくに、メデヤ、ルデヤ、およかれらくに〴〵のいともよきぶぶんにして、かれらはこれをかれよりうばひ、ユメネわうあたへたり。
9 しかしてギリシヤのひと〴〵きたりてかれらほろぼさんとはかりしとき
10 そのことかれらられければ、かれらギリシヤびとたいしていちしやうすゐつかはして、かれらたゝかひ、かれらおほくのものどもきずつたふれてねり。かれら、ギリシヤびとつまこらをとりことし、かれらかすめ、かれらとちせいふくして、そのとりでうちくだき、かれらとらへて、こんにちいたるまでこれをどれいとなせり。
11 そのくに〴〵しま〴〵は、かれらさからひておこごとにこれをほろぼし、これをかれらしもべとなしぬ。
12 されどかれらともかれらたよものらとは、かれらよくしんわをなす。かくかれらちかくに〴〵とほくに〴〵とをせいふくせしかば、かれらめいせいをきくものみなこれをおそれたり。
13 かつかれらたすけてわうとなさんとするものをば、かれらこれをわうとなし、またおのれらほつするままにこれをくらゐよりおとす。かくてかれらはなはだしくおのれたかめたり。
14 しかしてかれらた[な]にびとも、かんむりをいただき、むらさきころもて、みづかほこるがごときことなかりき。
15 またかれらおのれらのためげんらうゐんつくり、ひゞ三百二十にんのものさばききて、つねたみのためにはかり、かれらちつじよたもたしめたり。
16 またかれらはそのこくせいとしごとひとりものゆだねてひと〴〵をさめしめ、くにぜんたいつかさどらしむ。すべてのものこれにしたがひ、かれらあひだねたみあらそひあることなし。

17 ここにおいてユダ、アコスのなるヨハネの、ユポレモと、エレアザルのヤソンとをゑらび、これをロマにつかはして、しんわどうめいとをむすばしめ、
18 ロマびとかれらよりくびきのぞかんことをもとめしめたり。そはかれら、ギリシヤびとわうこくがイスラエルをどれいとせしことをたればなり。
19 しかしてかれらロマにけり。(みちはいととほかりき。)かれらげんらうゐんこたへていひぬ
20 『マカビオとばるるユダとそのきやうだいたち、われらかれらつかはして、なんぢられんめいむすばしめ、やはらぎをなさしむ。これわれらなんぢらどうめいしやとなり、ともとなりんがためなり。』

21 このことかれらによしとえたり。
22 これはかれらしんちゆうたくうへにてしるし、へいわれんめいとのきねんとしてかれらほぞんせんがために、エルサレムにおくれるきろくうつしなり。

23 『ロマびとおよびユダヤびとに、うみにもりくにもへいあんとこしへにあれ。つるぎてきかれらよりとほざかるべし。
24 されどもしたゝかひロマに、もしくはそのりやうちないけるれんめいこくひとつにおこらば、
25 ユダヤびとくにれんめいこくとして、そのさだめられたるえうかうしたがひ、まごゝろつくしてこれをたすくべし。
26 またかれらたゝかひをなすものたいしては、ロマにしとゆるごとく、りやうしよくぶききんせんせんぱくなどをきふよすべからず。ユダヤびとなにものをもよきすることなく、このけふていまもるべきなり。
27 かつこれとおなじく、もしたゝかひユダヤびとくにおこらば、ロマびとは、さだめられたるえうかうしたがひ、れんめいしやとしてまごゝろつくしてこれをたすくべし。
28 またそのてきどうめいしやたいしては、ロマにしとゆるごとく、りやうしよくぶききんせんせんぱくきようきふせざるべし。ロマびといつはりなくこのけふていまもらん。
29 これらことばしたがひて、ロマびとはユダヤのたみとかくけいやくむすべり。
30 されどもしいまよりのちめいやくしやいつぱうなんらかのかうもくふかし、もしくはさくぢよせんとほつするときは、かれらそのほつするごとくこれをなすをべし。しかしてかれらふかし、もしくはさくぢよせしかうもくなににてもいうかうとなるべし。
31 デメトリオわうかれらになししあくにつきては、われかれおくりていへり「いかなれば、なんぢは、なんぢくびきわれらともにしてれんめいしやなるユダヤびとうへおもくせしや」と。
32 さればもしかれらにんぢむかひてなにごとかをあげつらはば、われかれらたいしておこなひ、なんぢともかいりくよりかれらたゝかふべし。』