マカビー第一書 第五章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > マカビー第一書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第五章[編集]

1 しかるにまはりのいはうじんだんきづかれ、せいじよはさきのごとほうけんせられしことをききて、いたくいかれり。
2 かくてかれらかれらのうちるヤコブのやからほろぼさんとてあひはかり、たみうちにてかれらころし、またほろぼはじめぬ。
3 そのときユダ、アクラバテネにてイヅミヤのエサウのらとたゝかひまじへり。そはかれらイスラエルをかこみたればなり。しかしてユダかれらちておほいなるさつりくおこなひ、かれらほこりうちくだき、おほくのものをうばひとれり。
4 かれまたバイアンのらのあくおぼえたり。かれらみちまちぶせし、たみにとりてわなとなり、つまづきとなれるものなり。
5 かれらユダによりてやぐらおしこめられぬ。ユダかれらたいしてえいり、まつたかれらほろぼし、そのところたふはなち、そのうちのすべてのものとともにこれをけり。
6 かれまたアンモンのらにむかひしに、たいぐんおほくのものども、そのしやうテモテオとともにあるをみいだせり。
7 しかしてユダかれらおほくのたゝかひをまじへ、そのめんぜんにてこれをやぶりたり。
8 かくてユダかれらちてヤゼルとそのむら〳〵うばり、ふたゝびユダヤにかへりぬ。

9 ギレアデにありしいはうじんくにざかひにありしイスラエルびとほろぼさんとて、ともあつまりたれば、かれらダテマのとりでのがれ、
10 ユダとそのきやうだいたちにふみおくりていへり『われらのまはりいはうじんわれらをほろぼさんとてともあつまる。
11 かれらすゝでて、われらのこもれるとりでうばはんとす。かれらぐんぜいしやうはテモテオなり。
12 さればいまきたりてわれらをかれらよりすくせ。われらのおほくのものたふさるるなり。
13 トビアのにありしわれらのすべてのきやうだいたちは、わたされ、かれらはそのつまこら、またそのもちものはこり、一千にんばかりのひとほろぼせり。』
14 ふみまれあひだに、よ、ガリラヤよりほかつかひたちきたれり。かれらかれたるころもにつけ、かくしるされたるはうこくしよたづさへたり。
15 いはく『トレマイのものども、ツロとシドンのものども、いはうじんのガリラヤぜんたいわれらほろぼさんとてともあつまれり。』

16 ユダとそのたみこれらことばをききたるときおほいなるくわいしゆうともあつまり、なやみうちにありて、てきおそひかれらきやうだいたちのために、なにをなさんかとあひはかれり。
17 ユダそのきやうだいシモンにいへり『ひと〴〵うちより三にんゑらびて、ガリラヤになんぢきやうだいたちをすくせ。されどわれとわがきやうだいヨナタンはギレアデのおもむくべし。』
18 かくてかれザカリアのヨセフとアザリヤとをたみしだうしやとして、ぐんぜいのこりともにユダヤにのこらしめ、これをまもらしめたり。
19 ユダかれらめいじていひけるは『なんぢこれらたみみまもり、われらのかへきたるまで、いはうじんたゝかひまじふな。』
20 かくてシモンにはガリラヤにくために三千にん、ユダにはギレアデのくために八千にんわかたれぬ。

21 シモンはガリラヤにおもむきて、いくたびいはうじんたゝかひ、いはうじんかれまへやぶれたり。
22 シモンかれらひてトレマイのもんいたりしが、そこにていはうじんのうちよりおよそ三千にんたふれ、かれそのぶんどりものたり。
23 かれら、ガリラヤとアルバタにありしものどもを、そのつまこおよびそのすべてのもちものともたづさへ、おほいなるよろこびをもてユダヤにかへれり。

24 ユダ・マカビオとそのきやうだいヨナタンはヨルダンをわたりてみつかほどあらのり、
25 ナバテアびとひしが、それらひと〴〵へいわなるさまにてかれらむかへ、ギレアデのおいて、かれらきやうだいたちのうへおこりしことをこと〴〵くこれにげぬ。
26 かれらおほくのものがいかにボソラとボソル、またアレマ、カスポル、マケド、カルナイムにめられしか(これらのまち〳〵つよおほいなりき)、
27 またそのほかのものらは、いかにギレアデのほかまち〳〵められしか、またいかにかれらあすとりでめてこれをうばひ、一にちうちそれらひと〴〵こと〴〵ほろぼすべきことをめいじたるかをげぬ。
28 かくてユダとそのぐんたいにはかあらのみちよりボソラにむかひ、まちせんりやうして、すべてのをとこつるぎにかけてころし、そのもちものうばひとり、はなちてまちけり。
29 かれそこよりうつり、とりでたつするまですゝみぬ。
30 あしたおよびてかれらをあげてあ[み]しに、よ、かぞつくあたはざるほどおほくのたみうんていこうじやうきとをもちひてとりでめ、ひと〴〵これにたいしてたゝかたり。
31 ユダたゝかひすではじまりて、まちさけび、ラッパとおほいなるひゞきともてんのぼれるをて、
32 そのぐんぜいのものどもにいへり『けふなんぢら、なんぢらのきやうだいたちのためにたゝかへ。』
33 かれひと〴〵を三くみわかちてそのうしろすゝみしが、かれらラッパをらし、いのりうちよばはれり。
34 テモテオのぐんたい、それはマカビオなるをて、かれまへよりのがれしが、マカビオかれらちておほいなるさつりくおこなひ、そのかれらたふししことおよそ八千にんおよびぬ。
35 かれミヅパにすゝみてこれをめ、これをりて、そのすべてのをとこころし、もちものうばひ、をもてまちきぬ。
36 そこよりかれすゝみてカスポル、マケド、ボソル、およびギレアデのほかまち〳〵れり。

37 さてこれらのことののちテモテオぐんぜいあつめ、をがはかなたなるラポンにたいしてえいりぬ。
38 ユダはぐんさぐるためにひと〴〵つかはししが、かれらはうこくをもたらしていへり『われらのまはりなるすべてのいはうじんはなはだしきたいぐんあつめたり。
39 かれらアラビヤびとやとひておのれらたすけしめ、をがはかなたぢんり、なんぢたいしてたゝかひまじふるそなへせり。』ここにおいてユダかれらたんとてすゝみぬ。
40 ユダとそのぐんたいをがはのほとりにちかづけるとき、テモテオかれぐんぜいしやうたちにいひぬ『もしかれはじめわれらにむかひてわたきたらば、われかれかうすることあたはざるべし。そはかれはなはだしくわれらにまさるべければなり。
41 されどもしかれおそれてかはむかふぢんらば、われかはわたりてかれめ、かれたいしてかちん。』
42 さてユダながれのほとりにちかづきしときかれたみがくしやらををがはのほとりにとゞまらしめ、かれらめいじていへり『たれをもえいとゞまらしめず、こと〴〵いくさでしめよ』と。
43 かれまづかれらむかひてかはわたり、すべてのたみかれしたがへり。すべてのいはうじんかれめんぜんにてやぶれ、そのぶきてて、カルナイムにあるみやのがれたり。
44 かれらまちせんりやうし、をもてみやとそのなかのすべてのものをきたり。かくてカルナイムやぶれ、かれらもはやユダのめんぜんつことあたはざりき。

45 ユダはすべてのイスラエルびと、ギレアデのにありしひと〴〵を、せうよりだいいたるまで、そのさいしら、そのもちもの、はなはだしきおほいなるぐんぜいを、ユダのともなかへらんがためにあつめたり。
46 かくてかれらエフロンまできたりしが、まちおほいにしていとつよく、かれみちくらゐせり。かれらここをみぎにもひだりにもくることあたはず、そのまなかとほらざるをざりき。
47 まちひと〴〵なかこもり、いしをもてもんふさぎぬ。
48 ユダやはらぎことばかれらおくりていひけるは『われ[我]なんぢらのとほりてわれらのくにおもむかんとするにて、なんぢらになにがいをもくはへざるべし。われらはたゞわれらのあしにてぐるのみなり。』されどかれらかれたいしてもんひらかざりき。
49 ユダぐんたいれいつたへてかくじんにそのところえいらしめたり。
50 しかしてえいれるぐんたいひと〴〵しうじつしうやまちたいしてたゝかひしかば、まちかれわたされぬ。
51 かれすべてのをとこつるぎにかけてほろぼし、まちこぼち、ぶんどりものころされしものどものうへえてまちとほれり。
52 かれらヨルダンをえ、ベテシヤンのかなたなるおほいなるいたりぬ。
53 しかしてユダおくれしひと〴〵ともあつめ、みちすがらたみはげまして、ユダのかへるまでおよべり。
54 かれらおほいなるよろこびをもてシオンのやまのぼり、まつたはんさいをささげたり。そはかれらのうちひとりだもころされずしてあんぜんかへりたればなり。

55 ユダとヨナタン、ギレアデのりしに、トレマイのまへなるガリラヤにありしシモン、
56 ザカリヤのヨセフ、およびアザリヤ、すなはぐんぜいちやうたち、かれらゑんせいたゝかひにつきて、またかれらなにをなししかにつきてけり。
57 かれらいふ『われらも、われらのためにべし、いざわれきてわれらのまはりいはうじんたゝかはん。』
58 しかしてかれらともにありしぐんたいひと〴〵めいじてのち、ヤムニヤのかたおもむけり。
59 そのときゴリギヤとそのへいしまちでて、かれらむかちぬ。
60 ヨセフとアザリヤのがれてユダヤのさかひまではれぬ。しかしてイスラエルのたみのうちよりおよそ二千にんたふれたり。
61 かくてたみそうくづれとなれり。これかれらユダとそのきやうだいたちにかずしてたゝかひをなさんとしたればなり。
62 されどかれらは、そのによりてすくひイスラエルにあたへられしひと〴〵すゑにはあらざりき。

63 をゝしきユダとそのきやうだいたちは、そのをききしすべてのイスラエルびととすべてのいはうじんまへはなはだしくあがめられぬ。
64 ひと〴〵くわんせいげてかれらもとともつどへり。

65 ユダとそのきやうだいたちすゝでて、みなみむかへるにてエサウのらとたゝかひ、ヘブロンとそのまはりむら〳〵ち、そのとりでたふし、そのまはりのやぐらきぬ。
66 かれペリシテびとむかひてすゝみ、サマリヤびとけり。
67 、あるさいしこうをたてんとほつし、ひとのすすめにしたがはずしてたゝかひで、つひにそのたゝかひにてころされぬ。
68 ユダはをめぐらしてアゾトとペリシテびとむかひ、そのさいだんたふし、をもてそのかみ〴〵てうぞうき、ものうばひて、ユダのかへれり。