マカビー第一書 第九章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > マカビー第一書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第九章[編集]

1 デメトリオは、ニカノルそのぐんたいともたふれしをきしかば、バクキデスとアルキモとを、かれぐんぜいうよくともに、ふたたびユダのつかはせり。
2 かれらギルガルへのみちよりすすみ、アルベラなるメサロテにたいしてえいり、これをうばひておほくのたみころせり。
3 しかしてだいひゃくじふねんいちがつに、かれらエルサレムにたいしてえいり、
4 まんほへいせんきへいとをひきゐてベレアにすすきぬ。
5 ユダはエラサにえいりしが、えりぬきへいさんぜんかれともにありき。
6 かれらてきぐんたいぐんと、そのかずおびただしきとをて、いたくおそれたり。しかしておほくのものぐんたいよりで、のこれるものはっぴゃくにんらざるほどとなれり。
7 ユダはそのへいでしを、かつたたかひかれうへせまれるをて、こころにいたくうれへたり。かれかれらあつむるときなかりしかば、こころよわれり。
8 ここにおいてかれのこれるものどもにいひけるは『いざわれら、ちあがりてわれらのてきむかかん。われかれらたたかひまじふるをんか』と。
9 かれらかれをおもとどまらしめんとしていひけるは『われけっしてあたはざるべし。いまはむしろわれらに、われらのいのちすくはしめよ。われふたたかへきたりて、われらとわれらのきゃうだいたち、ともかれらたたかはん。されどいまわれらのかずすくななし。』
10 ユダいふ『しかあらざれ、われこれをなしてかれらのがるべけんや。われらとききたらば、われらかれらきゃうだいたちのために、をとこらしくにて、われらのくわうえいたいするそしりのこすべきにあらず』と。
11 ぐんぜいえいはなれてすすみ、かれらたたかひまじへんとてちぬ。きへいにたいわかれ、いしぐるもの、ゆみくものは、しゅりょくひとびとぜんせんにてたたかひとびととのまへけり。
12 されどバクキデスはうよくにあり、ふたつのはうぢんつくりてすすみ、へいしそのラッパをらせり。
13 ユダのかたはらなるひとびともまたラッパをらし、ぶきひびきによりてふるひ、たたかひまじへられて、あしたよりゆふべまでつづきぬ。
14 ユダはバクキデスとかれぐんたいしゅりよくうよくにあるをて、こころゆうきてるすべてのものとともにそこにいたりしかば、
15 うよくかれらのためにやぶられ、ユダはかれらをアゾトのやままでおひてり。
16 さよくにありしものどもうよくやぶれたるををめぐらしてユダおよかれともにあるもののあとへり。
17 たたかひはげしくなり、きずつたふれてねるものいづれのかたにもおほくありき。
18 つひにユダもたふれ、のこれるもののがれたり。
19 ヨナタンとシモン、そのきゃうだいユダをとりて、これをモデインにけるそのせんぞたちのはかはうむりぬ。
20 かれらかれのためにき、ぜんイスラエルかれのためにおほいなるかなしみをなし、おほくのあひだふくしていへり
21 『いかにしてつよもの、イスラエルのすくひぬしたふれしぞ』と。
22 ほかのユダのおこなひかれたたかひかれのなせしいさましきわざ、またかれおほいなることなど、ここにしるされず。それらははなはだしくおほければなり。

23 ユダのねるのちふはふなるものどもイスラエルのすべてのさかひかしらいだし、あくおこなへるすべてのものどもあがれり。
24 そのころいとおほいなるききんありしかば、くにげてかれらかたむけり。
25 しかしてバクキデスかみしんぜざるひとびとえらびて、これをくにをさとなせり。
26 かれらユダのともさがいだして、これをバクキデスのもとともなきしかば、かれかれらあだむくい、かれらあざけりぬ。
27 かくてイスラエルに、よげんしゃかれらあらはれずなりしときよりこのかたなかりしほどおほいなるなやみありき。
28 ユダのすべてのともともにつどひ、ヨナタンにいひぬ
29 『なんぢきゃうだいユダにたれば、われらのてきとバクキデスにむかひて、またわれらのたみのうちにてわれらをにくものあひだすすく、かれごとひとなし。
30 さればわれらこのなんぢえらび、かれかはりてわれらのきみまたしやうすゐとなす。これなんぢわれらたたかひをなさんがためなり。』
31 かくてヨナタンしゅけんをとり、そのきゃうだいユダにかはりてちぬ。

32 バクキデスこれをりしかば、かれころさんことをもとめぬ。
33 ヨナタンとそのきゃうだいシモンまたかれともにありしすべてのものこれをりぬ。しかしてかれらテコアのあらののがれ、アスパルのいけみづぎはえいりぬ。
34 バクキデスあんそくにちにこれをり、かれとそのすべてのぐんたい、ヨルダンをきたりぬ。
35 ヨナタンたみしだうしゃなるかれきゃうだいつかはして、かれともなるナバテヤびとかれらにもつおほければ、これをかれらたくすることをひぬ。
36 ヤンブリのらメダバよりきたり、ヨハネとかれのすべてのもちものとをうばひてかれらみちけり。

37 されどのことありしのち、ヨナタンとシモンに、ヤンブリのおほいなるこんれいをなし、カナンのひとりおほいなるきぞくむすめはなよめとし、おほいなるぎゃうれつをもて、ナダバよりともなきたるとげしものあり。
38 ここにおいて、かれらそのきゃうだいヨハネをおもおこし、きて、やまかげかくせり。
39 かれらげてしに、よ、おほいなるさわぎおほくのにもつはなむこ、またかれともだちときゃうだいたち、ねうはちうたうたうものおほくのぶきとをもてるかれらはんとてすすきたれり。
40 かれらそのまちぶせせしところよりかれらむかひてちあがり、これをころせり。おほくのものきずたふれてに、のこれるものやまのがれしかば、かれらそのすべてのもちものうばひとれり。
41 かくてこんれいかはり、うたうたうものこゑかなしみかはれり。
42 かくてかれら、そのきゃうだいは、おもふままにひびいて、ヨルダンのぬまちかへりたり。

43 バクキデスこれをききて、あんそくにちに、たいぐんひきゐてヨルダンのきしきたりぬ。
44 そのときヨナタンかれのともがらにいひぬ『われいまちあがりてわれらのいのちのためにたたかふべし。そはけふきのふにもおとつひにもあらず。
45 そはよ、われらのまへにもうしろにもたたかひあり。かつヨルダンのみづこなちにもかなたにもあり、またぬまもりとありて、をめぐらすべきところなし。
46 さればいまなんぢらなんぢらのてきよりすくはれんがためてんむかひてよばはれ。』
47 かくてたたかひまじへられ、ヨナタンはバクキデスをたんとてべしが、かれをめぐらしてれり。
48 ヨナタンおよかれともにありしものどもヨルダンにおどり、かなたきしおよきぬ。されどほかものらは、かれらむかひてヨルダンをわたらざりき。
49 バクキデスのともがらおよいっせんにんたふれたり。
50 かくてかれエルサレムにかへりぬ。しかしてかれらユダヤに、もろもろけんごなるまちて、エリコにありしとりで、エマオ、ベテホロン、ベテル、テムナテ、パラトン、およびテポンを、たかいしきがきもんくわんとをもてかためたり。
51 しかしてかれイスラエルをくるしむるために、そこにゑいへいきぬ。
52 かれまたベテスラのまちとガザラとじゃうさいとをかためて、ぐんたいき、りゃうしょくたくはへぬ。
53 かつかれくにおもなるひとびとらをひとじちとし、かれらをエルサレムのじゃうさいひとやとうじたり。

54 だいひゃくじふさんねんぐわつに、アルキモ、せいじょなかにはいしがきくづすことをめいじ、よげんしゃたちのゐげふこぼちぬ。
55 しかしてこれをこぼはじめしそのとき、アルキモたれて、かれくわだてさまたげられ、そのくちとざされ、ちゅうぶにかかりて、もはやものいうことも、おのかじにつきてめいずることもあたはずなりぬ。
56 かくてアルキモおほいなるくつうをもてねり。
57 バクキデス、アルキモのにしをしかば、わうもとかへれり。かくてユダのねんあひだやすみたり。

58 しかしてすべてのふはふなるひとびとともにはかりていひけるは『よ、ヨナタンおよかれとともなるものどもあんぜんに、かつへいおんれば、われいま、バクキデスをともなきたるべし。かれいちやうちかれらとらへん。』
59 かれらきてかれはかりぬ。
60 ここにおいかれすすで、たいぐんひききたりて、ひみつふみをユダヤにるすべてのどうめいしゃおくり、ヨナタンおよかれともものどもをとらふべきことをげたり。されどかれらあたはざりき。かれらはかりごとユダヤびとられたればなり。
61 しかしてヨナタンおよびともにひとびとあくおこなふものなる、そのくにひとびとおよじふにんとらへてこれをころしたり。
62 ヨナタンとシモン、およかれらともにありしひとびとかれらとほあらのにあるベテバシにつれき、さきにたふされしものをててこれをかためたり。
63 バクキデスこれをりしかば、そのぐんぜいあつめて、ユダヤにものどもにおくれり。
64 かれすすみゆき、ベテバシにむかひてえいり、ひさしきにわたりてこれとたたかひ、こうじゃうきゑたり。
65 ヨナタンはそのきゃうだいシモンをまちのこきてゐなかおもむきしが、かれわづかひとびとともけり。
66 しかしてかれオドメラとそのきゃうだいたち、およびパシロンのらをそのてんまくにててり。
67 かれら、それらのものどもをち、ちからましくははりてすすはじめぬ。シモンおよかれともなるひとびとまちでて、こうじゃうきはなち、
68 バクキデスとたたかひしかば、バクキデスかれらのためにやぶられ、かれらいたくかれくるしめぬ。そはかれはかりごとこうげきむなしくなりたればなり。
69 かれおのれくにきたるべきことをすすめしふはふなるものどもにたいしてはなはだしくいかり、そのおほくのものをころせり。されどみづからはおのらんとおもへり。
70 ヨナタンこれをりてかれもとつかひつかはせり。これかれらたがひわぼくをなし、かれをしてとりこかれらかへさしめんがためなり。
71 かれこれをだくし、そのことばしたがひておこなひ、いっしゃうあひだがいくはへざることをヨナタンにちかへり。
72 ここにおいかれ、さきにユダのよりとらへたりしとりこを、かれかへし、りておのくにかへり、もはやかれらくにざかひきたらざりき。
73 かくてヨナタンはミクマシにみ、たみさばはじめて、イスラエルのうちよりかみしんぜざるものどもをとりのぞけり。