マカビー第一書 第三章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > マカビー第一書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第三章[編集]

1 そのときかれ、マカビオとばれたるユダ、かれかはりてちぬ。
2 しかしてかれのすべてのきやうだいたちと、そのちゝにつけるすべてのものはみなかれたすけ、よろこびてイスラエルのたゝかひさんかしたり。
3 かれはそのたみのためにおほいなるくわうえいきよじんむねあてをつけ、たゝかひふさはしきよろひまとひ、たいごとゝのへ、そのつるぎをもてぐんたいまもれり。
4 かれはそのおこなひしゝごとく、えてをあさるしゝごとくなりき。
5 かれむはふなるものさがいだしてこれをひ、たみなやまししものどもをきぬ。
6 むはふなるものどもかれおそれておのゝき、すべてふはふのわざをなすものはなはだしくまどひぬ。しかしてすくいかれうちゆたかにありき。
7 かれおほくのわうたちをいからせ、そのわざをもてヤコブをよろこばせたれば、かれきおくはとこしへにしゆくせられたり。
8 かれはユダのまち〳〵へめぐりて、けいけんならぬものどもをよりほろぼし、イスラエルよりみいかりれり。
9 かくてかれは、のはてにまでそのられ、ほろびんとせしものをもともあつめぬ。

10 ときにアポロニオいはうじんとサマリアよりのたいぐんあつめ、イスラエルにむかひてのぼれり。
11 ユダこれをり、かれむかへんとてき、これをちてころせり。おほくのものきずひ、たふれてにしが、あるものどもはのがれぬ。
12 かれらぶんどりものしが、ユダはアポロニオのつるぎにつけ、一しやうがいそれをもてたゝかへり。

13 シリアぐんしやうセロン、ユダがかれもとちゆうしんなるひと〴〵むれあつめしことと、それらひと〴〵ともたゝかひおもむくこととをきて、
14 いひぬ『われはみづかをなして、くにくわうえいん、われはユダおよかれともなるものどもとたゝかひて、わうことばむなしくせん。』
15 かくてけいけんならぬものどものたいぐんかれたすけてイスラエルのらにあたむくいんとてけり。

16 かれベテホロンののぼみちちかづきしに、ユダはわづかぐんたいをもてかれむかへんとてけり。
17 されどイスラエルのひと〴〵かれらをたんとてきたれるぐんたいしとき、ユダにいへり『われらなにをなしんや。かくもちひさぐんたいをもて、かくもおほいなるつよぐんたいといかでたゝかふをんや、われらはけふなにしよくもつをもとらざれば、ちからよわりたり。』
18 ユダいふ『おほくのものわづかのもののめらるるはたやすきことなり、てんにとりては、おほくのものによりてすくふも、わづかのものによりてすくふもひとつなり。
19 たゝかひつはぐんぜいおほきにかゝはりなし。されどちからてんよりきたる。
20 かれらたかぶりふはふとにちてわれらにきたり、われらとわれらのつまこほろぼし、またわれらをとりこにせんとす。
21 されどわれらはわれらのいのちとわれらのおきてのためにたゝかふべし。
22 しゆみづかわれらのかほまへわれらやぶたまはん。されどなんぢらはかれらおそるるえうなし。』

23 さてかれかたることをめしときにはかかれらうへびかかりければセロンとそのぐんぜいかれまへやぶれたり。
24 かれらはベテホロンをくだりて、ひらのまでかれらひつめしが、およそ八百にんのものたふれたり。されどぢゆうみんはペリシテびとのがれたり。

25 ユダとそのきやうだいたいするおそれかれらたいするおのゝきかれらまはりくに〴〵のぞみ、
26 かれわうみゝにまでたつしければ、すべてのくにびとユダのたゝかひにつきてかたりぬ。

27 されどアンテオコスわうこれらのことをきしときいきどほりたされ、つかひつかはして、おのりやうちないのすべてのぐんぜいあつめ、はなはだしくつよぐんたいつくれり。
28 かれそのくらひらきて、そのへいしらに一ねんぶんはうしうあたへ、いかなるえうきうにもおうぜんことをめいじたり。
29 かれそのきんせんのそのくらなかけたると、くにみつぎすくなくなれるとをたり。これはかれはじめよりありしおきてのぞかんがために、うへにもたらしたるあらそひわざはひとによるなり。
30 しかしてかれ、そのさきにゆるやかなるをもてあたへたるほうしうおくりものとをあたふるにえざるをおそれたり。かれさきわうたちよりもおほくのものをもちたりしなり。
31 かれそのこゝろうちにいたくおもまどひ、ペルシヤにおもむきてそのくに〴〵よりみつぎをさめしめ、きんせんあつめんとけつしんしたり。
32 かれわうしつけつぞくの一にんなるたうとひとルシアを、エジプトのさかひよりユフラテがはいたるまでのわうのつとめをとるためにのこし、
33 かれかへきたるまでに、そのアンテオコスをたづさきたるべきことをめいじたり。
34 しかしてかれそのぐんぜいざうなかばとをかれわかち、そのなすべきすべてのことをこれにめいじ、ユダヤとエルサレムにめるひと〴〵につきては、
35 かれらぐんたいをさしけてイスラエルのちからとエルサレムののこれるものとをほろぼし、かれらきねんをそのところよりのぞくべきこと、
36 またかれらさかひうちこと〴〵ことくにびとましめ、そのとちくぢにてかれらわかつべきことをめいじたり。
37 しかしてわうはそのぐんぜいのこれるなかばをとり、だい百四十七ねんに、アンテオケより、すなはちそのしゆふよりり、ユフラテがはわたりてさんちくに〴〵おもむけり。

38 ルシアは、ドリメネのプトレミオ、ニカノル、ゴルギヤなど、わうともなるちからあるひと〴〵えらび、
39 かれらとともに四萬にんほへいと七千のきへいとをつかはして、ユダのおもむかしめ、わうことばしたがひてこれをほろぼさしめんとせり。
40 かれらそのぐんぜいひきゐてすゝみ、ひらのくになるエマオにちかづきぬ。
41 くにあきうどかれらのをききて、はなはおほくのきん〴〵をとり、かせをもち、イスラエルのらをどれいにせんとて、そのえいきたれり。かつかれらにスリヤとペリシテびととのぐんぜいくははりぬ。

42 ユダとそのきやうだいたちわざはひくははり、ぐんぜいそのさかひえいるをたり。またかれらは、たみほろぼし、かれらつべしとわうめいじたることばれり。
43 かれらたがひにそのとなりびとにいひけるは、『われらはわれらのたみあれあとたん、われらはわれらのたみせいじよのためにたゝかふべし。』
44 いくさそなへんがためともにいのらんとて、またじひあはれみとをもとめんとて、くわいしゆうつどきたれり。
45 かくてエルサレムはむものなくしてあらのごとく、そのらはひとりもこれにでいりせざりき。せいじよふみにじられ、ことくにびとらはじやうさいめ、いはうじんそのうちやどりぬ。かくてよろこびはヤコブよりられ、ふえことみたり。
46 かれらとともにあつまりてエルサレムのかなたなるミヅパにきたれり。そはミヅパには、さきにイスラエルのためのいのりばありたればなり。
47 そのかれらだんじきし、あさぬのまとひ、あたまはひかうむり、そのころもき、
48 おきてふみひらきたり。そのおきてふみいはうじんらが、そのなかに、かれらぐうぞうかたちさぐりたるものなりき。
49 しかしてかれらさいしさいふくはつほと十ぶんの一のそなへものとをたづさきたりて、まんぐわんをはりしナザレびとはげましぬ。
50 かれてんむかひ、たからかにさけびていひけるは、『われこれらひと〴〵につきてなにをなすべきか、いづこにわれかれらはこぶべき。
51 なんぢせいじよふみにじされ、けがされ、なんぢさいしらはかなしみうちにありてひくくせられたり。
52 よ、いはうじんわれらをほろぼさんとてともつどふ。なんぢは、かれらわれらにつきてなにおもふかをたまへり。
53 なんぢたすたまふにあらずば、いかでわれら、かれらまへんや。』
54 かれらラツパをらし、おほごゑもてさけべり。

55 のちユダ、たみしだうしや、千にんをさ、百にんをさ、五十にんをさ、十にんをさてたり。
56 しかしてかれいへるもの、こんやくせしもの、ぶだうそのけしもの、およおそれおゝのくものに、おの〳〵おきてしたがひておのいへかへるべきことをめいじたり。
57 ぐんたいすゝみてエマオのみなみえいりぬ。
58 しかしてユダいふ『ぶぐをよろひてをゝしくし、あしたのためにそなへよ。これなんぢら、われらとせいじよとをほろぼさんとて、われらにさからひてともにつどこれらいはうじんたゝかはんがためなり。
59 われらのくにせいじよとのわざはひんよりは、たゝかひおいなんかたわれらにとりてよければなり。
60 されどみこゝろてんけるがごとく、しゆなしたまへかし。』