マカビー第一書 第七章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > マカビー第一書
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第七章[編集]

1 だい百五十一ねんに、セリウコスのデメトリオ、ロマよりきたり、わづかひと〴〵ともうみへるひとつのまちのぼきて、そこををさめたり。
2 かれそのふそたちのわうきゆうはいらんとせしとき、そのぐんたいアンテオコスとルシアとをとらへて、これをかれもときたれり。
3 そのことかれられたれば、かれ『われかれらかほしめすな』といひぬ。ここにおいかれぐんたいかれらをころせり。
4 かくてデメトリオそのくにわうゐきぬ。
5 そのとき、すべての、ふはふにしてかみしんぜざるイスラエルのひと〴〵かれもときたれり。かれらしだうしやはアルキモにて、だいさいしたらんことをほつたりしものなり。
6 かれらたみざんげんしてわうにいへり『ユダとそのきやうだいたちなんぢのすべてのともほろぼし、われらをわれらのくによりらせり。
7 さればいまなんぢしんらいたまひとおくり、きてかれが、われらとわうくにきたらしめしあれすたれと、またいかにかれが、かれらとすべてかれらたすけしものとをばつせしかをさせたまへ。』
8 わうおのともひとりなるバクキデスをゑらべり。かれかはむかふくにをさめ、わうこくうちにてのおほいなるひとにして、わうちゆうしんなりき。
9 わうかれとかのかみしんぜざるアルキモをつかはし、かれだいさいしつとめほしようし、イスラエルのらにあたかへすべきことをめいじたり。

10 かれらすゝで、たいぐんをもてユダのきたりしが、かれユダとそのきやうだいたちにいつはりてやはらぎことばおくれり。
11 されどかれらは、そのことばこゝろをとめざりき。そはかれらそれものどもの、たいぐんひききたれることをりたればなり。
12 そのときアルキモとバクキデスとのもとに、がくしやひとくみせいぎもとめてあつまきたれり。
13 ハシデームはイスラエルのらのうちにて、かれらとのやはらぎもとめしはじめのものなりき。
14 そはかれらいへり『アロンのすゑさいしたるものちからをもてきたる、かれわれらになにあくをもなさざるべし。』
15 かくてかれ、かれらやはらぎことばをかはし、かれらちかひていひけるは『われらはなんぢらにもなんぢらのともらにもがいくはへざるべし』と。
16 かれらかれをしんじたり。しかるにかれ、かれうちより六十にんとらへて、一にちうちにこれをころせり。かくしるされしことばごとし。
17 『かれらなんぢのせいとにくけものあたへたり、そのをエルサレムのまはりみづのごとくながしたり、しかしてこれはうむるものなかりき。』

18 かくてかれらおそれすべてのたみのぞみたり。そはかれらいへり『かれらうちまことさばきもあるなし。そはかれらかれらちかひしけいやくせいやくとをやぶりたればなり』と。
19 バクキデス、エルサレムよりうつりてベゼテにえいり、つかひつかはし、かれともりてはなりしおほくのもの、および、あるひと〴〵とらへて、これをころし、おほいなるあなれたり。
20 しかしてかれアルキモにくにゆだね、かれたすくるために、かれもとぐんたいのこしぬ。かくてバクキデスはわうもとれり。

21 アルキモはおのれさいしつとめのためにはげみぬ。
22 たみくるめしすべてのもの、ユダのをさめて、イスラエルにおほいなるがいをなししもの、かれもとあつまれり。
23 ユダ、アルキモとそのともがらが、いはうじんまさりてイスラエルのらになししすべてのあくたり。
24 かれまはりなるユダヤのすべてのさかひきて、かれはなりしひと〴〵むくいしかば、かれらこのくにることをためらひたり。
25 されどアルキモ、ユダとそのともがらつよくなりしをて、おのれかれらおさふるあたはざるをり、わうもとかへりて、かれらたいするしきざんげんをなせり。

26 わうは、おのうやまへるきみたちのひとりにて、イスラエルをにくみ、そのてきたりしニカノルをつかはして、たみほろぼすことをめいじたり。
27 ニカノルたいぐんひきゐてエルサレムにきたれり。かれユダとそのきやうだいたちにいつはりてへいわことばおくり、いひけるは
28 『われなんぢらとのあひだたゝかひあらざれ、われへいわなんぢらのかほんがためにわづかひとともかん』と。
29 しかしてかれユダのもときたり、かれらたがひへいわあいさつせり。されどてきばうりよくによりてユダをとらふるそなへをなせり。
30 このこと、すなはかれいつはりをもてかれのもときたりしことユダにられしかば、ユダいたくかれおそれ、もはやそのかほるをほつせざりき。
31 ニカノルおのはかりごとみいだされしをり、ユダとたゝかはんとてカパルサラマのそときたり。
32 しかしてニカノルのかたおよそ五百にんのものたふれしかば、かれらダビデのまちのがれたり。

33 これらのことののちに、ニカノル、シオンのやまのぼりしに、せいじよよりあるさいしら、またたみちやうらうのあるものどもきたりてへいわかれあいさつし、かれわうのためにささげられありしまつたはんさいしめしたり。
34 しかるにかれかれらあざけり、かれらわらひ、またかれらをはづかしめて、たかぶりかたり、
35 いかのゝしりていへり『ユダとそのぐんたいわがわたさるるにあらずば、われふたゝへいわうちきたるとも、いへかではかざるべし』と。しかしてかれおほいなるいかりをもてけり。
36 さいしたちりてだんみやまへち、きていのりぬ。
37 『なんぢいへを、なんぢみなによりてばしめ、なんぢたみのためのいのりねがひとのいへたらしめたまへり。
38 ねがはくはものとそのぐんたいとにあたかへたまへ。かれらつるぎにてたふれしめたまへ。かれらばうとくおぼえ、かれらにもはやくるをゆるたまなかれ。』

39 ニカノル、エルサレムをでてベテホロンにえいりしが、シリヤのぐんぜいかれもときたれり。
40 ユダは三千にんへいひきゐてアダサにえいれり。しかしてユダいのりていへり
41 『わうよりきたりしものどもばうとくおこなひしときなんぢみつかひきて、かれらのうち十八萬五千にんてり。
42 かくのごとく、けふわれらのまへいくさやぶたまへ。ねがはくはのすべてのものをして、かれなんぢせいじよのゝしりしことをらしめたまへ。ねがくはかれをそのあくしたがひてさばたまへ。』
43 しかしてアダルのつきの十三にちりやうぐんたゝかひまじへしが、ニカノルのぐんたいやぶれ、かれみづからそのたゝかひたふれたるもののはじめとなりぬ。
44 さてかれぐんたいニカノルのたふれしをときかれらそのぶきててのがれたり。
45 ユダヤびとに一にちほどかれらひて、アサダよりガザラにたつするまでにおよび、あひづのラツパをらして、ひと〴〵けいはうつたへたり。
46 ひと〴〵まはりなるユダヤのすべてのむら〳〵よりきたりてかれらかこみければ、かれらおのれものきかへり、こと〴〵つるぎよりたふれ、のこれるものひとりもなかりき。
47 かれらぶんどりものかすめとりしものとを、ニカノルのくびと、かれがかくもたかぶりてひろげしみぎのてとをりとりてこれをたづさきたり、エルサレムのそとにこれをさらしたり。
48 たみいたくよろこび、そのおほいなるよろこびとしてまもりぬ。
49 かれらとしごとまもることをさだめたり。すなはちアダルのつきの十三にちなり。
50 かくてユダのしばしあひだあんそくたり。