ポール・グレイ・ホフマンの死去に際するジェラルド・フォードの大統領声明

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動

声明[編集]

ポール・グレイ・ホフマンの生涯は、1つのではなく数多のサクセス・ストーリーであった。優秀かつ精力的な経営者であった彼は、卓越した公僕として、また偉大な人道主義者として米国と世界に奉仕し続けた。

ステュードベーカー・パッカード社における彼の業績は、彼が米国産業界の巨人の1人であることを示した。第二次世界大戦終結後、マーシャル・プランの初代長官たる彼の知性と慈悲は、荒廃した欧州の再建に貢献した。ホフマン氏は、国連における数々の要職の全てで功績を挙げ、フォード財団及び共和国のための基金 (Fund for the Republic) に奉職した。

彼の生涯は、常に波乱万丈であった。生来の優れた公務員であった奥様のアンナや家族のため、フォード夫人と私は、偉大かつ愛すべき米国人の逝去に際し、我々の心からの共感と遺憾の意を表したい。

底本[編集]

この文書は、アメリカ合衆国においては、同国の著作権法に基づき、同国の連邦政府と雇用関係にある公務員がその職務上作成したアメリカ合衆国政府の著作物17 U. S. C. §105参考和訳))に該当するため、パブリックドメインの状態にあります。また、日本国においては、同国の著作権法13条に規定するもの(憲法その他の法令、通達、判決など)に該当するアメリカ合衆国政府の著作物のみに限り、パブリックドメインの状態にあると解されます。それ以外の国では、当該国の著作権法に基づいて、著作権の対象であるか否かが判断されます。


注意: これは、アメリカ合衆国政府の著作物についてのみ効力を有します。アメリカ合衆国の各、その他の地方自治体が作成した著作物に対しては適用できません。また、日本国著作権法13条に規定するものに該当しないアメリカ合衆国政府の著作物の場合、日本国内において著作権が発生しているものとして扱われることになると解されるため、この著作権タグのみでは著作権ポリシーの要件を満たすことができません。その場合は、日本国の著作権上パブリックドメインの状態にある著作物、またはCC BY-SA 3.0及びGDFLに適合しているライセンスのもとに公表している著作物のいずれかであることを提示するテンプレートを追加してください。

原文の著作権・ライセンスは別添タグの通りですが、訳文はクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスのもとで利用できます。追加の条件が適用される場合があります。詳細については利用規約を参照してください。