ベン・シラの智慧 第四十章

提供: Wikisource
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikisource:宗教 > 聖書 > 旧約聖書続篇 > ベン・シラの智慧
  • : この文書ではルビが使用されています。ここでは「ルビ」の形で再現しています。一部の古いブラウザでは、ルビが正しく見えない場合があります。

第四十章[編集]

1 おほいなるなやみはすべてのひとのためにつくられたり。おもくびきはアダムのこらうへにありて、そのははたいでしより、ばんもつははうちはうむらるるいたるなり。
2 きたるべきことのまちまうけとはかれらおもひなやまし、こころおそれおこさしむ。
3 くわうえいするものよりつちちりとをもてひくくせられしものいたるまで、
4 むらさきころもかんむりとをくるものよりたいまそふくまとものいたるまで、
5 みないかりねたみなやみふあん、またおそれいきどほりあらそひとをつ。そのとこにつきてやすときよるねむりはそのちしきふ。
6 かれにはすこしやすみなく、みまもりごとくそのねむりのちに、またたたかひよりのがきたりしものごとく、そのこころまぼろしをもてなやまさる。
7 かれはそのすくひときめざめ、みづかなにおそれなきをあやしむ。

8 ひとよりけものいたるまで、にくなるものはみなかくのごとく、つみびとはこれをしちばいせり。
9 ながすこととあらそひつるぎわざはひききんくわんなんむち
10 これらはすべてあくにんのためにつくられ、またかれらゆゑこうずゐきたりぬ。
11 つちよりでたるすべてのものはつちかへり、みづよりでたるすべてのものはうみかへる。

12 すべてのまいなひふせいとはり、しんかうとこしへたん。
13 ただしからざるひともちものかはごとかわき、あめなかおほいなるいかづちごととどろきてくべし。
14 おほみづながづるときいはまろばさるるごとく、それはにわかすべし。
15 けいけんならぬものらはおほくのえだいださず、いはうへきよからざるごとし。
16 みづなかかわぎちとにゆるものはすべてのくさまへかるべし。
17 めぐみしゅくふくてるそのごとく、あはれみとこしへのこらん。

18 みづかつものと、はたらくものとのいのちうるはし、されどたからみいだひとふたつにまさる。
19 らと、まちつることとはひとぐ、されどけってんなきつまふたつにまさる。
20 ぶだうしゅおんがくとはこころよろこばしむ。されどちゑあいすることはふたつにまさる。
21 ふゑこととはうたうるはしくす。されどこころよしたふたつにまさる。
22 なんぢしとやかさとうるはしさとをほっせん。されどみどりなるむぎはこれにまさる。
23 ともはんりょけっしてあやまたざるべし。されどをっとともなるつまはこのふたつにまさる。
24 きゃうだいたすけてとはなやみときのためにあり、されどほどこしはこのふたつにまさすくひなり。
25 きんぎんとはあしかたたしむ。されどおもんぱかりはこのふたつにまさる。
26 とみちからとはこころたかむ。されどしゅたいするおそれはこのふたつにまさる。しゅたいするおそれにはなにけたるものなく、なにたすけえうするものなし。
27 しゅたいするおそれめぐみそのごとく、あらゆるくわうえいをもてひとおほふ。

28 わがよ、こつじきせいかつおちいるな。ものふよりはぬるかたまされり。
29 たにんしょくたくうかがものは、くともくるあたひなし。かれたにんしょくもつによりておのたましひけがさん。されどかしこく、よくをしへられたるひとはこれにきづくべし。
30 はぢらぬひとくちにはものごひかんみならんも、そのはらにはゆべし。